初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:100期


スポンサードリンク

 

 
いまかいまかと待っていた、花組『ポーの一族』新人公演の主な配役がでました。

キャスト | 花組公演 『ポーの一族』 | 宝塚歌劇公式ホームページ 

エドガー・ポーツネル :聖乃 あすか
シーラ・ポーツネル男爵夫人 :城妃 美伶
アラン・トワイライト :飛龍 つかさ

100期の聖乃あすかちゃんが、新人公演初主演です。先日の『はいからさんが通る』でも目立っていたので、新人公演の主演くるかなと思っていましたが、やっぱりそうでしたね。

個人的にはせのほの(帆純まひろくんと聖乃あすかちゃん)のコンビで見たかったけど

つかさくん、どんなアランになるんだろう。

楽しみにしています。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。




 

 
10月24日、星組大劇場新人公演
『ベルリン、わが愛』が行われました。

主演は100期の極美慎くんと、星蘭ひとみちゃん。

ニュースまとめです。

星組新人公演主演は異色の空手ガール・極美慎 舞台あいさつでも道場訓引用 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
宝塚歌劇団星組新人公演「ベルリン、わが愛」が24日、兵庫・宝塚大劇場で上演され、極美慎(きわみ・しん)が100期生としてトップを切って主演した。
宝塚歌劇団星組 4年目の極美慎が初主演「今の自分はどこか重なる部分がありました」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
カーテンコールでは緊張から放たれホッとしたのか、極美は時々声を震わせながら「大きな夢を追いかける主人公のテオと、今の自分はどこか重なる部分がありました」などとあいさつ。本役でトップスターの紅(くれない)ゆずるからは開演直前、「やればできる」とメッセージ入りのポートレートをもらったそうで「気合がグッと入りました」と笑った。
 また、入団3年目の星蘭(せいら)ひとみが初ヒロインに抜てきされた。トップ娘役の綺咲愛里(きさき・あいり)からは本番直前に化粧を直してもらったそうで「娘役としてまだまだなので、これからもっと頑張って成長したい」と頬を紅潮させた。
星組の極美慎が100期生初の主演!紅ゆずるが激励 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
 「紅さんのようにはかっこよく、スマートに着こなせないし、歩けない。歌も何回か(声が)ひっくり返ってしまった。でも、自分ができることをやろう、舞台を楽しもうと思って、臨みました」
 冒頭、銀橋でソロの熱唱があり、その場面は「最初は緊張したんですけど、その分、(大劇場を独り占めし)気持ちよかった」と笑顔で振り返った。
宝塚星組・極美慎が新人公演初センター!紅ゆずるの「やればできる」に「気合がグッと入った」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
ナチスの圧力に負けず、自分の理想の作品にこだわる映画監督テオを、若々しく、のびのびと演じた。終演後、極美は言葉を詰まらせながら「映画を愛し、大きな夢に向かってひたすら進む姿は、どこか自分と重なるところがありました。テオという役にも感謝しています」と、あいさつした。
 元雪組トップ・壮一帆(現女優)を思わせる正統派のルックスの持ち主。音楽学校入学前に励んでいた空手の道場訓が芸名の由来で、174センチの高身長を誇る。カーテンコールでは「一つ、質実剛健をもって…」と空手の道場訓も披露して、さらなる精進を誓った。
ひとまず、おつかれさまでした!
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


雪組の下級生の中で
個人的に注目しているのが
100期の星加梨杏ちゃん。

東京公演が始まってしばらくは
いつものりあんちゃんだと思っていたんですが、
10日ぶりくらいに観劇したら、
明らかに格段に男らしくなっている。

うまく言えないけど、
これまでちょっと背伸びして
キザっていたのが、
いつの間にかストンとはまっていた。

なんかちょっと、
「緩さ」を身につけたって感じ。

がむしゃら期を超えて
色気が出てきたー!

『Dramatic“S”!』のピンクの衣装の中詰とかね。
暗転する直前にウインクするんですよ。
(誰に訴えてる)
手をあげてて、
それがちょっと顔にかかるので
隙間からしか見えないのに!

ああ、りあんちゃんの成長を見るのが
本当に楽しいです。

そしてドキドキします(笑)。

でもね、中詰で本舞台の奥にいる
緩い色気のりあんちゃんを見てから
銀橋にいる望海さんを見たら。

めっちゃキレッキレで踊ってた(笑)。
それはそれで色気がある。


一言で色気といっても、
いろんな表現ありますな。

宝塚の沼はまだまだ深い。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ