初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:風色日向


スポンサードリンク

 



聖乃さん、風間さん、縣さん、極美さん、風色さんが、「2025年日本国際博覧会アンバサダー」に就任したことが発表になりました。
 
「2025年日本国際博覧会アンバサダー」就任について | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
このたび、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会からの要請を受け、「2025年日本国際博覧会アンバサダー」に、宝塚歌劇団として就任することとなりました。 つきましては以下の5名が、関連イベントごとに出演いたします。

(花組)聖乃 あすか
(月組)風間 柚乃
(雪組)縣 千
(星組)極美 慎
(宙組)風色 日向   





https://www.expo2025.or.jp/wp/wp-content/uploads/20200214ambassador.pdf 
宝塚歌劇団は阪急電鉄の創始者・小林一三により設立され、1914 年の最初の公演以来、歌・ダンス・芝居を 織り交ぜ、古典から現代劇まで、男性と女性の両方の役を全て女性だけで上演する劇団です。このたびは、創設 100 周年を迎えた 2014 年以降入団の若手男役 5 名が、アンバサダーとして務めさせて頂きます。



2025年日本国際博覧会ってなんだっけー、あ、大阪万博か…。

これ、今後5年間拘束ってことなのかな?

他には、松本幸四郎さん、コブクロさんなど。

コブクロ、2025年日本国際博覧会アンバサダーに就任 | BARKS
コブクロが、“大阪・関西万博の顔”として万博の魅力を伝える「2025年日本国際博覧会アンバサダー」に就任した。 
結成の地・大阪で開催される2025年日本国際博覧会に向けて、小渕健太郎は「アンバサダーに就任させて頂ける事に誇りを持ち、これからも大阪への想いとそのエネルギーを、音楽を通じて人々に伝える事で、万博の成功に少しでも力を添える事ができればと思っています」、黒田俊介も「万博開催に向かって、大阪を盛り上げていけるよう、全力で頑張っていきたいと思います」と意気込みを述べている。

万博PRに松本幸四郎さんを起用 公式アンバサダー:話題のニュース:中日新聞(CHUNICHI Web)
2025年大阪・関西万博の運営主体となる官民組織「日本国際博覧会協会」が、PRを担う公式アンバサダーに歌舞伎役者の十代目松本幸四郎さん(47)を新たに起用することが14日、関係者への取材で分かった。
 誘致段階でアンバサダーを務めたお笑いコンビ「ダウンタウン」も引き続き活動することが固まった。大阪・関西万博は関西以外での認知度不足が指摘されており、発信役としての期待がかかる。さらに人数を増やすことも検討している。
 大阪・関西万博は25年4月13日~10月13日の184日間を予定。協会は春に公式ロゴマークを決め、周知にさらに力を入れる方針だ。

▼ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

 



昨日、宙組大劇場新人公演『El Japón -イスパニアのサムライ-』が行われました。

102期の風色日向さん、同じく102期の花宮沙羅ちゃんが2人初主演&ヒロイン。無事に終わったみたいでよかったー。改めておめでとう💗

というわけでニュースまとめ。








 
宝塚宙組・風色日向が初センター「真っ白」から「温かなオレンジ色に」 : スポーツ報知
宝塚歌劇宙組ミュージカル「エル ハポン―イスパニアのサムライ―」の新人公演が3日、兵庫・宝塚大劇場で上演された。
 入団4年目の第102期生・風色日向(かぜいろ・ひゅうが)が新人公演初主演。カーテンコールでは「舞台に立つということは大変な覚悟が必要ですが、それでもやっぱり舞台が大好きで、幸せだと改めて感じることができました」と、あいさつした。

宝塚注目株の風色日向「幸せ」宙組新人公演で初主演 - 芸能 : 日刊スポーツ
舞台と客席をつなぐ宝塚大劇場の銀橋。スターが通る“道”を初めて渡った風色は「銀橋を渡ったのも、歌ったのも初めてなので、うれしいし、本当に幸せだなと思いました。感動しました」。175センチの長身スター候補生は、端正な顔をほころばせた。
今作は、今も「ハポン(日本)」姓を名乗る人が住むスペイン南部の町が舞台。江戸時代の慶長遣欧使節団にまつわる話を描く。本役の宙組トップ真風涼帆からは「芯(しん)のあるサムライ。魂とか、たたずまい、内面からにじみ出るものがなければ務まらない」とアドバイスされ、心身ともに主人公になりきろうと、稽古に励んできた。

宝塚宙組・風色日向「心臓バクバク」新人公演初主演も堂々― スポニチ Sponichi Annex 芸能
初ヒロインの花宮沙羅(はなみや・さら)はエトワールも務めたことがある実力派で、この日も美声をとどろかせた。風色とは同期であることから「東京公演に向けてセリフのキャッチボールとかデュエットとか、もっと高めたい」とさらなる飛躍を誓った。

▼ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

格安国内旅行なら阪急交通社で!
▲阪急交通社のサイトの、右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


↑このページのトップヘ