初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:音楽学校


スポンサードリンク

 

元月組トップスターの
あさこさん(瀬奈じゅんさん)が
予科時代を振り返って話していました。

瀬奈じゅんが明かす宝塚音楽学校時代 入学初日に思わず笑いも - ライブドアニュース
--上下関係がとても厳しいと聞きますが。

「入学初日から始まります。宝塚音楽学校には下級生の予科生と、上級生の本科生の2学年しかありません。まず入学式のあと、オリエンテーションみたいな感じで、本科生が予科生を指導する『対面式』があります。講堂に入ってくる姿勢や歩き方ひとつで、まず注意されます。予科生と本科生にわかれて円になって向かい合うのですが、立つときに足の角度が60度にならなくてはいけない。たまたま、私の横に立っていたコが60度より開いていたんです。先輩に『〇〇さん、立ち方が違う。脚開き過ぎ』と怒られて。すると、予科生全員で『すみませんでした』と、皆で謝らなくてはいけないんです。謝ったあと、隣のコが60度くらいに直したら『勝手に直さないで―!』って、怒られるんです。『失礼します。足の角度を直させて頂きます』と許可を取らなくちゃいけないんです」
いろんな方が、音楽学校時代の話をされますが。
正直「大変だなぁ」とか
「そこまでやるんだ」って思うわけです。

でも、よく考えたら宝塚って、
一度に80人近い役者が舞台に出て、
それぞれ役があり、衣装が何着もあり、
舞台の裏をこれだけの人数が駆け回り、
毎日定時に幕が開き、定時に終わる。
それを1ヶ月くり返す。

役者としての技量だけでなく、
人としての基本ができていないと
とてもじゃないけどまわらない。

社会人になって、新入社員なんかが入ってくると、
「なんでもっと早く言わないの!」
「こうなる前に質問してよ」
「あの子どこいった!」
ってことがよくあります(笑)。

音楽学校入学時って、
新入社員みたいなもんで
(まだ働いてはいないけど)
みっちり2年かけてそういう裏側の動きも
教えてくれるってのは
いまどきありがたいことですよね。

新入社員も、ちゃんとそこらへん教育されないと
「どうしてこうなった!?」ってことが
いつまでも改善されないまま
大きくなっちゃうから(笑)。




どうでもいい話ですが、宝塚ファンも、
ファンクラブに入って
粛粛と活動しているような人は、
割とこの上下関係に敏感になります(笑)。

下級生のファンクラブに入った人は、
それまで愛称呼び捨てにしていた
上級生のスターさんを
急に「〇〇さん」って丁寧に呼び始めたり。

なぜか、ファン同士にも
上級生下級生感が発生するからおもしろい。

雨宮さんはかつて、
非路線スターさんのファンクラブに入っていたのですが、
ファンが少ないので(おい)
全国ツアーなんかの時は
入り待ちがひとりぼっちだったりしたのです。

「この子、いつもひとりだわ」って
どこかで見てらしたんでしょうね(笑)、
上級生のファンクラブの方が
「せっかくだからランチご一緒しましょう」って
誘ってくださる。

観劇がかぶらない時でも、
何かあるとわざわざ
「〇〇ちゃん、今日は**がかっこよかったわよ」と
下級生の感想を教えてくださる。

上級生ファンの方が、
下級生ファンの面倒をみてくれたのです(笑)。
(雨宮さんが頼りなさげとか
そういうことではないと思いたいです)

そんなご縁で知り合って、
今もおつきあいのある方、
たくさんいます。 

宝塚ファンって、
素敵な人がたくさんいるのです。 
(よそのファンの人もそうでしょうけど)

大人になってから友達を作るのって
なかなか難しいけれど、
宝塚ファン同士だと、
いろんな世代の人と仲良くなれる。

観劇を楽しむのはもちろん、
素敵なお友達ができるという点でも
宝塚ファンでよかったなぁと思う
今日この頃です。 
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 

昨日、宝塚音楽学校の入学式でした。
入学式へ向かうご家族の姿を
たくさん見かけましたよ〜。

ご入学おめでとうございます。

さて、ニュースもいろいろ出てます。

未来のタカラジェンヌ 宝塚音楽学校で入学式 | NHKニュース
兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で入学式が行われ、未来のタカラジェンヌを目指す40人が、2年後の初舞台に向け第一歩を踏み出しました。 宝塚歌劇団の団員を養成する宝塚音楽学校の入学式には、およそ26倍という難関を突破した新入生40人が出席しました。

夢へスタートライン 宝塚音楽学校で105期生入学式  :日本経済新聞
午前10時からの入学式で、新入生総代の新井紀香さん=兵庫県西宮市出身=は「喜びと感謝の気持ちでいっぱい。立派な舞台人になるため限りない芸の道を進む」と決意を表明。
 宝塚歌劇団月組組長の憧花ゆりのさんが「人の心に何かを伝えることは簡単ではない。お客さまに夢や希望を届けられる舞台づくりを目指し努力を重ねてください」とエールを送った。
 同校によると、新入生は26.1倍の難関を突破した。出身地は15都道府県にまたがる。

▼入学式の記事と一緒に
 予科生の生活まで書かれたものも。
宝塚音楽学校“鉄の掟” 校則ではなく生徒らが自ら生み出す 自衛隊で1日訓練も/芸能/デイリースポーツ online
校内では壁に沿って歩き、角は直角に曲がる。また校内での笑顔はNG。さらに阪急電車にはお辞儀しなければならない。
 さらに私服も化粧はもちろん、派手な色合いは厳禁で黒、グレーといった地味な色合いで“予科服”と呼ばれている。髪の毛も一筋の乱れも許されず、男役志望はリーゼント、娘役志望はキッチリと編んだ三つ編みで、先はピンとしゃちほこのように跳ね上がっている。
 だがこれらの“鉄の掟”は、校則で決まっているものではなく、生徒らが自主的に生み出し、代々受け継がれているものだ。
学校関係者によれば  
▽「笑顔禁止」 話を真剣に聞き、相手に失礼のないようにするため。  
▽「阪急電車にお辞儀」 上級生が乗っている“かもしれない”ため。  
▽「予科服」などの身だしなみ 華美な格好は避けるため。  
など理由があってのことで、それが発展していまの形になったという。

オリックス風岡コーチの娘・里々奈さんも宝塚入学 : スポーツ報知
プロ野球・オリックスの風岡尚幸一軍内野守備走塁コーチ(49)のまな娘・風岡里々奈さんも入学した。
 
スポーツ報知・中日担当記者の娘も宝塚に入学「巨人・小林のようなラッキーガールに」 : スポーツ報知
スポーツ報知の中日担当・田中昌宏記者(42)の長女・田中愛梨さん(15)も新入生40人に名を連ねた。
 4歳からバレエを始め、ロシア短期留学の経験もある本格派。11歳で宝塚に魅せられ、一発合格した。愛梨さんは「番号を見つけた時、一瞬、時が止まったかと思った。運がよかったなと、しみじみ実感した」と話しているという。田中記者は「松岡恵さんがDeNA・筒香、ヤクルト・山田だとすれば、うちの子は大舞台で意外性を発揮する巨人・小林のようなラッキーガールになってほしい」と野球に例えて期待を寄せた。

▼動画あり
神戸新聞NEXT|文化|宝塚音楽学校 夢舞台へ最初の一歩 40人入学式
兵庫県出身の6人を含む新入生は、伝統のグレーの制服を着て講堂に整列。小林公一校長は式辞で「一日一日、健康に留意しながら頑張ってほしい。成長を心から楽しみにしている」と激励した。
 
宝塚音楽学校で入学式 TBS NEWS
18日午前10時、倍率およそ26倍の難関を突破した新入生40人が、緊張した面持ちで入場してきました。元プロテニス選手でタレントの松岡修造さんの娘、松岡恵さんも伝統の制服に身を包み、タカラジェンヌへと新たな一歩を踏み出します。そして、新入生を代表して、新井紀香さんが抱負を述べました。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ