初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:退団会見


スポンサードリンク

 

 
まあ様(朝夏まなとさん)の退団会見、
行われたようです。

宝塚宙組トップ・朝夏まなと退団会見…相手役・実咲凜音に「ゴメンね」 : スポーツ報知
 4月30日付で一足早く退団する「相手役というより同志という存在」のトップ娘役・実咲凜音(みさき・りおん)には、ほかの宙組生より先に報告した。「彼女の退団公演中の発表になるので『ゴメンね』と伝えたら『そんなの全然気にしないでください』と返されました」。ファンに愛された“まぁみりコンビ”は同時退団とはならなかったが「時期はズレてしまったけど、実咲が一人の舞台人として卒業する姿を見たかった。私は私で、自分の宝塚人生に区切りを付けたいと思った」と説明した。
 組子には今月6日の宝塚大劇場千秋楽の終演後に退団を告げ「みんな険しい表情で聞いてました。『最後まで付いてきてね』と言うと『ハイ!』。頼もしいなと思いました」。同期生で、「スカーレット ピンパーネル」での大劇場トップお披露目開幕を10日に控える星組新トップスター・紅ゆずるには「さみしい、さみしい」と、別れを惜しまれたという。
 退団後については「目の前の事に必死で…。まだ何も考えられないです」。結婚の可能性については「ございません。ご期待に添えずスミマセン」と苦笑した。

朝夏まなと 宝塚退団会見「男役をまっとうしたい」 - 芸能 : 日刊スポーツ
 朝夏が退団を意識したのは、昨年7月に初演20年の節目に主演した「エリザベート-愛と死の輪舞-」だった。
 「(主役の)トートをやり遂げたときに、大作に挑戦することで、組の意識がひとつになったと感じ、自身もトートを演じきり、充実感を感じました」
 実咲はすでに、その前々作「王家に捧ぐ歌」から退団を意識し始めており、朝夏が退団を決めた頃には、先に退団の意思を告げられており、1作ずれての卒業となった経緯も説明した。
 「彼女は相手役というよりも同志のような存在。実咲には『大きな花を咲かせて欲しい』と言ってきましたし、1人の舞台人として卒業を見送りたかった。私は私で宝塚人生に区切りをつけたかった」

みりおんの卒業を、
「一人の舞台人として見送りたかった」
というのが嬉しい。

それはまあ様の卒業についても言えることだから。

でもやっぱりさみしいです。

(2017/03/09追加記事)
宝塚宙組トップ・朝夏まなと、笑顔で退団経緯を語る(1/5ページ) - 産経WEST
 真っ白なジャケットに黒色のパンツ姿の朝夏は、「この立場(トップ)に立たせていただいてから、退団時期はずっと考えていましたが、やはり強く思ったのは『エリザベート』に出演させていただき、やり遂げたとき」と振り返る。
 同作の日本上演20周年という節目の年に上演という重責を担い、トップとして宙組を率いて成功させた。「大作に挑戦する組のみんなの意識が1つになった感覚と、私も(主人公の)トートに挑戦でき、一つの充実感を得た。今かなと(退団を)決意しました」

朝夏まなと 宝塚退団会見「男役をまっとうしたい」 - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M
 朝夏は02年入団。花組に配属。実咲も花組からスタートし、花組時代からコンビを組んできた。朝夏が12年に宙組へ移ると、ひとあし先に実咲が宙組へ異動しており、前トップ凰稀(おうき)かなめの相手役に続いて、自らの相手娘役に就いた。
 朝夏自身、実咲の存在は大きかったといい「(先に積んだ実咲の)2年の主演娘役経験が実になり、支えてもらった」と感謝した。

朝夏まなと退団会見 結婚質問に「ご期待に添えず」と謝罪/芸能/デイリースポーツ online
 退団後については「目の前のことに必死で、まだ何も考えられないです」。結婚について問われると「その質問、来ましたね。予定ございません。ご期待にそえず、すみません」と笑顔で返した。
 15年前に初舞台を踏んだ自分に「幸せだよ、って声をかけたい」と語り「卒業のその日まで男役として進化し続けたい」と誓った。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 
雪組さんは今日から東京公演舞台稽古。
ちぎさんも元気に楽屋に入られたと
ちぎさんファンの友人から連絡ありました。

さて、昨日行われた、ちぎさん(早霧せいなさん)と
みゆちゃん(咲妃みゆさん)の退団会見の模様が
公式さんにもアップされました。


雪組トップスター・早霧せいな 退団記者会見 | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
~トップに就任してから思い出に残っていること~
「100周年の大運動会です。10年に一度のビッグイベントにあたって、雪組優勝への熱い思い、そして私と咲妃のトップコンビのお披露目の場であるという身の引き締まる思いが重なりました。あの日を経験し、何か一歩ステップアップできたような気がしていて、忘れられない大切な日です。」
あの運動会の雪組さんはかっこよかったなぁ。
衣装もすごかったし、組らしさが出てて。
いいコンビが生まれたなーって思ったものです。
(しみじみ)
(運動会の星組さんの気合いはすごかった)
(星組応援席の気合いもすごかった)
(正直、あの気合いに他組ファンはビビった)


雪組トップ娘役・咲妃みゆ 退団記者会見 | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
~心に残るできごと~
「宝塚音楽学校に入学し、宝塚歌劇団で過ごした日々の全てが宝物です。月組から雪組への組替えも大きな転機でしたが、なによりも大きなできごとは、やはり早霧さんの相手役をさせていただけたことです。」

みゆちゃんは、
誰の相手役になっても不足のない
娘役さんだと思っていたので、
ちぎさんとコンビを組むとわかった時は、
「ちぎさんがゲットしたかぁ!」
という気分でした。 
 
というわけで、 
そんな二人が幸せなら、
それでいいのです。

ああ、そうだ、
『Greatest HITS!』のデュエットダンス。
二人が出会ってから
共に成長してゆく姿が表現されていて、
めっちゃ泣く。

二人同時退団ってわかったら、
きっともっと泣いちゃうと思う。

詳しい感想はまたあとで書きます。 
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
早霧せいなさんの退団会見の2時間半後、
みゆちゃん(咲妃みゆさん)の退団会見が
行われました。


【宝塚歌劇団】「迷いはありませんでした」“添い遂げ退団”の雪組娘役トップ、咲妃みゆ会見(1/3ページ) - 産経WEST
トップと娘役トップが同日に会見するのは異例のこと。咲妃は「おこがましい気持ちもありますが、(早霧と)片時も離れたくないと思ってやってきたので。神様が最後にこういった形で皆さまに伝える機会をプレゼントをしてくださった」と目を潤ませた。

改めて、二人の結びつきは、
想像以上に深いものなんだなぁと。

しかしなんでしょうね、
このニュース記事を読んでいると、
娘を嫁に出す親の気持ちになるというか(笑)。

よかったね、っていうのと、
手元を離れていくのね、っていうのと、
幸せになってね、みたいな。

もうすぐ東京公演始まるので、
とにかくめいっぱい
二人のコンビ感を堪能しようと思います。


ちぎさんは予想していたけど、
みゆちゃんはどうするのかな
と思っていただけに、
やっぱり辞めちゃうのが余計寂しい。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 

 
ちぎさん(早霧せいなさん)の退団会見の
ニュースが入ってきました。

泣くよ………。

(徐々に追加していきます)
宝塚歌劇団のニュース - 宝塚雪組・早霧せいな退団会見「永遠に男役をやっていたいけど…」 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
 来年7月で宝塚歌劇団を退団することになった雪組男役トップスター・早霧せいなが22日、大阪市内のホテルで退団会見を行った。涙はなく「卒業する最後の日まで、雪組の仲間と、心を込めて精いっぱい舞台を務めたい」と話した。
 2014年のトップ就任から、大劇場公演の集客率が4作連続100%超えを達成し「単独の組では史上初めて。人間的な部分も素晴らしいトップ」と小川友次理事長が絶賛する人気者。01年4月入団から16年3か月での卒業となる。
 
宝塚・早霧せいなが退団会見 咲妃みゆとのダブル退団に「いい記念日になった」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
 来年7月23日での退団を発表した宝塚歌劇団雪組トップスター早霧(さぎり)せいなが22日、大阪市内のホテルで会見した。
 トップに就任した14年9月から「いつかこういう(退団の)日が来る」と覚悟していたという早霧は、今年の2月「るろうに剣心」の大劇場公演が終わった直後に、相手役の咲妃(さきひ)みゆに退団の意向を伝えた。咲妃も「一緒に退団したい」と即答したという。
 この日は奇しくも「いい夫婦」の日。劇団きっての“トップコンビ”2人が同時に退団を発表したことに「ねらったワケではないし、それは偶然。でもいい記念日になりました」と笑った。

早霧せいな退団会見、涙こらえ笑顔で「宝塚愛」 - 芸能 : 日刊スポーツ
 「まだまだ宝塚の男役に夢中でいたい」

 「今このままの自分で止まっていられるなら、肉体も精神も体力も。ずっと宝塚にいたいんですけど、そんなの無理じゃないですか。だから私はスッと去っていきます」

早霧せいな「私たちらしい」咲妃みゆと同日退団会見 - 芸能 : 日刊スポーツ
 「私立探偵 ケイレブ・ハント」の東京宝塚劇場公演開幕を25日に控えることから、日程がなかったため、異例の娘役と同日会見になったといい、いい夫婦の日会見も偶然とした。
 ただし、ファンから「ちぎみゆ」とコンビの愛称もつけられ、仲良しで知られる2人だけに、この流れに早霧は「私と咲妃の関係性からしたら、ねらったわけではないけど、私たちらしいと思います。結婚はしないんですけどね」と笑わせていた。

〈速報〉早霧せいな退団会見、涙こらえ笑顔で「宝塚愛」 - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M
 もともと、小さいころから宝塚にあこがれて、レッスンしてきたわけではなく、学生時代に宝塚を知り、入団を決意。入団後には、男役にさらに魅せられ、かつて「男役は天職。この世界があってよかった」と話したこともある。
 それほど、入れ込んだ宝塚の世界だけに、早霧の心には、トップとして責任を果たした安心感と、寂しさがあるようだ。「入団前の私なら、今の自分に『よかったね、幸せ者』と言ってやります」とも口にした。
 退団後については何も考えられないようで「そのとき、自分が決断したことを、私を支えてくれた人たちと相談して、応援してくれるならそっちへ行きたい」とし、芸能活動の継続には「クエスチョンです」とした。
 また、恒例の結婚予定への質問には「女性としてあこがれはありますが、その前に、私は宝塚の男役にあこがれて、その道1本できたので、結婚にも目を向けてみたいですが、向けたところで誰もいません」と笑いながら答えた。
 そして、ちゃめっ気たっぷりに「だから、募集しております。でも、ファンの皆さんの期待を裏切りたくないので、ひそかに!」とジョークも続けて笑わせた。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
昨日行われた、みりおん(実咲凜音さん)の退団発表会見の記事まとめです。

彼女の言葉を読むだけで、涙が出てきます。

研1さんで出演した花組『EXICITER!!』で、まあ様と手をつないで銀橋に出てきたとき、(とここまで書いてみて、手をつないでたっけ?と記憶が混乱。あとで確認してみます)「この子見たことないけど誰!?」って驚いたのを今でも昨日のことのように思い出します。

自分で思っていた以上に、みりおんのことが好きらしい、私。

『エリザベート』はチケット難であまり見られないので、その次の公演はたくさん観に行きたいなぁ。

実咲凜音が涙の退団「10年…あっという間でした」 - 芸能 : 日刊スポーツ
退団については「主演娘役(トップ娘役)を言われたときから、意識はしていましたが、肌で感じたのは『王家』のときでした」。朝夏との本拠地お披露目だった「王家に捧ぐ歌」で、ヒロインのアイーダを演じているとき、卒業を考え始めたという。
 朝夏には昨年末、退団の意向を相談し「私の思いを受け止めてくださった」と感謝。入団時からの悲願だった「エリザベート」の公演も、今月22日に兵庫・宝塚大劇場公演の千秋楽を迎え、退団発表にいたった。「幸せで、充実感があふれて、本当に幸せだなと、あらためて感じながら、演じていました。最後まで、1日1日を大切に務めたいと思います」と口にすると、表情を引き締めた。

実咲凜音が宝塚退団会見「あっという間でした」 /芸能/デイリースポーツ online
 宙組トップスター朝夏まなとの大劇場トップお披露目公演「王家に捧ぐ歌」の初日に、退団を決意。「素晴らしい作品で大きな役をいただき、組としてのパワーと情熱を感じることができたので」と振り返り「本当にあっという間でした」と涙を浮かべた。退団後については「まだ何も考えられない。タカラヅカ人生を全うしたい」と全力投球を誓った。

宝塚宙組トップ娘役、実咲凜音が退団会見「最後の日まで頑張りたい」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
 「退団の時は白に決めていた」と、純白のワンピースに白のヒールで登場した実咲は「この立場(トップ娘役)にさせて頂いた時から退団のことは常に頭にありました」と明かした。具体的には昨年6月、トップスター・朝夏(あさか)まなとの大劇場お披露目公演となった大作「王家に捧ぐ歌」でアイーダを演じた時。「作品も素晴らしかったし、組の突き抜けたパワーを感じたから」と明かした。

実咲凜音 涙の退団会見「あっという間でした」/芸能/デイリースポーツ online
 朝夏にも相談し「稽古場などでも、より一層1日1日を大切にしてきました」と明かし、「音楽学校から考えるとタカラヅカに入って10年。本当にあっという間でした」と振り返り、涙を浮かべた。  凰稀からは「一緒に並んで欲しい」という言葉が印象的だったという実咲。また朝夏からは「大きく手を広げ、待っていて下さった」と感謝した。退団後は「まだ何も考えられない。タカラヅカ人生を全うしたい」と笑顔で話した。


やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村





↑このページのトップヘ