初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:退団


スポンサードリンク

 

 
月組100期男役の新斗希矢さんが
2017年3月31日に付けで退団されました。

月組 退団者のお知らせ | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   

月組
新 斗希矢

2017年3月31日付で退団

突然で驚きました。

『NOBUNAGA』新人公演のルイス・フロイス
『A-EN』の個性的なトラヴィスなど
最近はとても印象に残るお芝居をしていただけに、
残念だなぁと思います。

千秋楽翌日退団とか、
集合日退団はたまにありますが、
年度末退団というのは珍しい。
(と思ったら、4月1日が集合日なので
集合日前日退団ってことかも)

新年度から何かやりたいことが見つかったのかな?

最初に芸名を見た時、
「うたプリ」お好きなのかしらー
と思ったことが懐かしく思い出されます(笑)。

次の道も、幸せな毎日でありますように。
おつかれさまでした。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


1473025986745

だいたいいつも、上記のページは退団翌朝10時くらいに更新されるので、この絵が見られるのもあと数時間。(画像クリックすると飛びます)

昨日、月組トップスターの龍真咲さんが無事に宝塚をご卒業されました。まさおさん、ファンのみなさん、本当にお疲れさまでした!

千秋楽、ニュース記事まとめ。
 
龍真咲 ファン8千人に見送られ宝塚卒業 「命を賭けて走り続けた」/芸能/デイリースポーツ online
 宝塚歌劇団月組トップスター龍真咲(りゅう・まさき)が4日、東京宝塚劇場で退団公演「NOBUNAGA~下天の夢~/Forever LOVE!!」の千秋楽を迎え、パレードではファン8000人に見送られ、16年間のタカラジェンヌ生活に別れを告げた。
 サヨナラショーのラストでは舞台袖に引き上げる際に「すべてやり尽くした」という思いを込め、右手で高らかにガッツポーズ。緑のはかまの正装姿で最後の大階段を下りると「命を賭けて走り続けて、今ここにたどり着きました。タカラヅカは私にたくさんの夢を見せてくれた。その夢と現実が重なり合った今、龍真咲はタカラヅカを卒業します」と感無量の表情を見せた。

月組トップスター・龍真咲サヨナラ公演、東京公演千秋楽 : スポーツ報知
(以下、挨拶全文)  

命をかけて走り続け、いま、ここにたどり着きました。2016年9月4日、皆さまの愛を体いっぱいに感じ、いただきました日々。仲間と過ごす最後の日。そして、私自身が決意をする日。
 宝塚歌劇は、幼い私に夢を授け、いま、この瞬間まで、夢をつくる意欲を与え続けてくれました。そして私は、たくさんの夢を見させていただきました。
 私が見た景色は、真っ白に光り輝き、あまりにいたわしく感動的で、言葉にならないほどでした。
 そして、夢と現実が重なり合いました。龍真咲は宝塚を卒業します。目に見えないからこそ、大切な夢と愛と勇気を、これからも育んで参りたいと思います。
 そしてまた、夢を育てる意欲がわいてきたとき、皆さまにお会いできる日を、心より、楽しみにしております。明日からも、皆さまにたくさんのハッピーが訪れますよう、心から思っております。
 私を、この光り輝く世界に導いてくださいました皆さま、感謝の気持ちでいっぱいです。愛を込めまして、本当にありがとうございました。

龍真咲、宝塚生活に終止符「安堵してます」|日テレNEWS24
 宝塚の最後の舞台を務めあげ、「あふれるばかりの思いで言葉にするのが難しいです」と率直な心境を明かし、「何はともあれ、こうして無事に千秋楽を迎えることができましたこと、(16年間の)宝塚生活にピリオドを打つことができましたこと、安堵(あんど)しております。本当にありがとうございました」と晴れやかな表情であいさつした。  続くサヨナラパレードは、約8000人のファンが見守った。

【月組】龍真咲、“再会”約束 宝塚退団公演にファン8000人 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
 終演後のサヨナラショーでは思い出の歌や踊りを次々に披露し、袖にはける際は「全てをやりつくした」との思いを込めて、右腕を高くつきあげた。最後の大階段を緑のはかま姿で降り、「夢を育てる意欲が湧いたとき、皆様にお会いできる日を心より楽しみにしています」と“再会”を約束。涙はなく、爽やかなラストとなった。

月組トップ龍真咲「やり尽くした」退団公演千秋楽 - 芸能 : 日刊スポーツ
 ファンに向けたあいさつでは「命をかけて走り続けて今、ここにたどり着きました。たくさんの夢を見させていただきました。光り輝く世界に導いてくださいました皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。夢を育む意欲が湧いた時、またお会いできることを楽しみにしております」と話し、カーテンコールに何度も応え、ファンを喜ばせた。
 約8000人に見送られた劇場前のパレード。龍は「終わってしまいました。皆さん、燃え尽き症候群にならないで」と笑顔であいさつ、サヨナラショーから会見、パレードと涙はなく、終始すがすがしい笑みを見せた。
 01年に入団、同歌劇団100周年時最後のトップ。
この1文を見て、ああ、ひとつの時代が終わったんだなぁと実感。涙が出てきました。

月組トップスター龍真咲、退団公演千秋楽「全力をやりつくした」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
 その後の会見では、サヨナラショーの最後に袖にはける際、右腕を高く突き上げたときの質問に対し、「全力をやりつくした感じです」と満足そうな表情をみせた。  劇場前のサヨナラパレードでは、8000人のファンが詰めかけ、ねぎらいの言葉を掛けていた。

龍真咲、後輩たちへの思い明かす「どれだけ拾ってくれるか期待します」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
 終了後の会見では、後輩たちへの思いを明かした。
 「しっかり私の足跡を、どれだけ拾ってくれるか期待します。私も近年、彩輝(なお)さん、瀬奈(じゅん)さん、霧矢(大夢)さんが残したもの、足跡を拾ってきたつもりだったので。経験してみないと分からないこともありますが、そのときにいろんなものを見つける喜びはあったので、バトンの受け継ぎと、それを見つけてくれるかもしれないと期待しています」とコメントした。
 月組の魅力については、「いろんな意味で包容力が増えてきたと思います。でもそれは私がいた時代の色なので、基盤がある上で、これから月組がどう変化していくか楽しもでもあり、さぁどう出てくるかなというところもあります。私がつくりあげた月組にはいっぺんの悔いはありませんし、力強い組になったと思います」と話していた。
まさおさん、長い間ありがとう。楽しかったです。

次も何かやるようではあるので、楽しみにしています。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ