初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:美弥るりか


スポンサードリンク

 

 
月組の全ツ、バウその他公演の
裏が発表になりました。
美弥るりかさんのディナーショーと、
としくん(宇月颯さん)他の
ミュージック・パフォーマンス。

ミュージック・パフォーマンスって
しかもDS値段ってなんだろう。

としくんは絶対に
バウにも全ツには出られないスケジュールなのだけど、
美弥ちゃんは全ツ出る可能性はありますな。


美弥 るりか ディナーショー | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
宝塚ホテル
<日時> 2017年10月25日(水)・26日(木)
<場所> 6階「宝寿の間」
<料金> 27,500円(税サ込)
※その他詳細は、決定次第ご案内いたします。   

第一ホテル東京
<日時> 2017年10月29日(日)・30日(月)
<場所> 5階「ラ・ローズ」
<料金> 27,500円(税サ込)

※その他詳細は、決定次第ご案内いたします。   


宝塚歌劇月組ミュージック・パフォーマンス | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
<タイトル> 『未定』 
<構成・演出> 未定
<出演者> (月組)宇月 颯 ほか   

宝塚ホテル
<日時> 2017年11月27日(月)・28日(火)
<場所> 3階「琥珀の間」
<料金> 27,500円(税サ込)

※その他詳細は、決定次第ご案内いたします。   

ホテルグランドパレス
<日時> 2017年12月10日(日)・11日(月)
<場所> 2階「ダイヤモンドルーム」
<料金> 27,500円(税サ込)

※その他詳細は、決定次第ご案内いたします。

美弥ちゃん、初表紙(だよね?)おめでとう!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

歌劇 2017年 06月号 [雑誌]
価格:720円(税込、送料無料) (2017/6/5時点)



そして、としくん雪にこないかなーと
密かに期待してたのだけど、
このスケジュールだとだめですな。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 


格安国内旅行なら阪急交通社で!




昨日、月組の美弥ちゃん(美弥るりかさん)主演、
DC・ACT公演『瑠璃色の刻』が初日を迎えました。



宝塚月組・美弥るりか「瑠璃色の刻」開幕!「2つの顔の切り替え面白い」 : スポーツ報知
宝塚歌劇月組2番手スター・美弥(みや)るりかの主演ミュージカル「瑠璃色の刻(とき)」(作&演出・原田諒)が29日、大阪・梅田のシアター・ドラマシティで開幕した。
 ヨーロッパに実在したとされる“不老不死の怪人”サン・ジェルマン伯爵に自分の顔がそっくりと知った旅役者シモン(美弥)が、彼になりすましてベルサイユ宮殿に乗り込み、やがてフランスを激震させるストーリー。

宝塚月組2番手・美弥るりか単独初主演「瑠璃色の刻」 妖しい美しさで魅了/芸能/デイリースポーツ online
タカラヅカ屈指の人気を誇る美弥にとって、これが初の単独主演となる。
 美弥は18世紀のフランスを舞台に、不死伝説に彩られたサン・ジェルマン伯爵に成りすました旅回りの俳優シモンを演じた。大劇場公演「グランドホテル」では病に侵された初老の会計士を演じ、役者としての幅が広がった。今回は前作とは打って変わった妖しい魅力で、客席のファンの心を鷲づかみにしていた。

宝塚月組美弥るりか、単独初主演公演に感極まる - 芸能 : 日刊スポーツ
 「このすてきな空間の中で、最後にごあいさつをさせていただける喜びを実感しております。ここまで私を導いてくださった全ての方々に感謝しています」。途中、感極まって声が裏返る場面もあった。
 物語は、18世紀のフランスが舞台。革命が迫るベルサイユ宮殿で、謎多き「サン・ジェルマン伯爵」と偽って生きる旅一座の青年・シモンを演じる。相棒のジャック役には、雪組から月組へ移ってきたばかりの月城(つきしろ)かなとを迎え、美弥は初めてのセンターに立っている。「瑠璃色をより深く、濃い色に染め上げられるよう、千秋楽のその日まで頑張って参ります」と、主演の決意も口にした。

宝塚歌劇団のニュース - 美弥るりか 入団15年目での単独初主演公演開幕「すべての皆様に感謝」 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
 カーテンコールでは「初の単独主演、ステキな空間の中でこうやって最後にあいさつできる喜びを実感しております。ここまで導いてくださったすべての皆様に感謝申し上げます」とあいさつ。入団15年目での初主演に感無量の表情だった。
 美弥は旅役者の青年シモンと、伯爵になりすました時の“2役”に「私もタカラジェンヌとして生きる自分と本名に戻った時の自分があって、この役の気持ちが分かるような気がする」と話していた。

▼写真はこちら。
月組DC「瑠璃色の刻」(2017年4月29日)/宝塚フォト/芸能/デイリースポーツ online 

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ