初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:結愛かれん


スポンサードリンク

 


今年の『タカスペ』は、ライブ中継を観劇してきました。(去年は雪組公演中だったので、タカスペは欠席でした)

今回はちゃんとした感想というより、覚書です。ついでに今年の観劇を振り返ったりしています。
  • 花組コーナーで、忘れかけていた『邪馬台国の風』を思い出した(笑)。
  • 今年の花組はいろいろ大変でしたよねぇ。
  • 光ちゃんが二番手ポジにいることに感動。
  • 花娘かわいい。
  • 華優希ちゃんかわいい。
  • 雪組コーナーのお衣装がピンクで、望海さんと真彩ちゃんがピンクで並んでるだけで泣けてきた。リアルに。雪組のトップさんになって嬉しいし幸せにやってるみたいなので喜ばしいけど、ことあるごとに「花だったら」と思ってしまう。まあ、仕方ないね。
  • ネモ船長再来。
  • 真彩ちゃんかわいい。
  • そうだ、どうでもいいけど生田先生、東西で公演する時は、毎回途中で改訂が入っちゃうけど(権力に負けたのかなーって感じの)、頑張って! 自分を信じて戦って!
  • 今年は『長崎しぐれ坂』だけ見に行けなかった、そういえば。
  • 結愛かれんちゃんかわいい(定期post)。
  • かれんちゃん見たさに不自然な方向を見つめるライブビューイング。
  • でも生の舞台ではないのでどんなに横向いても映ってないものは見えない。
  • 宙組はあれかね、パリ祭からの選曲が多かったのかな?
  • 『VIVA! FESTA!』楽しかったね。
  • そうそう、コーラスの中に私の好きな花宮沙羅ちゃんが。
  • 轟さんは調子が悪いのかと思った…。
  • けれど後半すごかった…。
  • トップ4人のトークがグダグダしてておもしろかった。
  • みりおさんの「あやちゃん」呼びな。
  • 望海さんが「あやちゃん」て呼ばれてるのを見ると、なんかこっちが照れる。
  • 私が見た回のお客様とのセリフ掛け合いコーナーは、たま様とお客様のオスアン。たま様がアンドレで、お客さんがオスカル。お客さんがノリノリでお芝居される方で、むしろアンドレやってもらいたかったw お上手でした。お客さんのほうが印象に残って、たま様がどんな芝居してたのか忘れました。
  • 娘役シャッフル、いつもは「やっぱりいつものコンビ最高だな」って思うんだけど。
  • だけど。
  • 望海さんとゆきちゃん(仙名彩世さん)のカップルが驚くほどしっくりきて…。
  • 望海さんと真彩ちゃん大好きだけど。大好きなんだけど。
  • ああ、ゆきちゃんいいなぁと思ってしまった。
  • 望海さんが、ゆきちゃんの表情に引っ張られるように包容力のある男な顔になってて。
  • そうだった、こういう顔が見たいんだったと。
  • 望海さんとゆきちゃんコンビで何か見たいなぁと思ってしまったのでした。
  • で、タイトルに書いた何が「残酷」なのかというと。
  • 『タカスペ』ってトップ二番手以外の生徒さんのポジションが、いやってほど明確になる場でもありまして。
  • 愛ちゃん(愛月ひかるさん)が。”ああ、このラインに入ったのか”という。あからさまなチームに組み込まれていて。「新人公演主演やって、そこそこのとこまで行ったけどトップ路線ではないのかな…」というポジションを私は勝手に「2.5番手」と呼んでいるんですが。そんな2.5番手ラインに入った気がした『タカスペ』でした。
  • 真ん中に立てるのは一人だけなので、その路線からはずれる人がいるのはいつもわかっていることなんだけど。その順番が大きく変わる瞬間に出くわすと、なんだかとてもさみしいというか、胸が締め付けられる思いがします。
  • いちおうまだ希望は捨ててないのだけど。どう組み替え妄想をしても、今のままでは行き場がない。
  • でもそうやって宝塚100年の歴史が紡がれ、数々のスターが生まれてきたんだよねぇ…。たくさんの涙や悔しさに支えられてきた舞台でもある。
  • という部分も含めて、私は宝塚が好きだと思いました。
というわけで、今年もよく観劇しました。

バックナンバー 2017年 | 宝塚歌劇公式ホームページ 

↑ここに掲載されている演目で観劇できなかったのは、『宝塚舞踊会』と『長崎しぐれ坂』。あとは全部観られました。出演者に拍手ですが、私も頑張った(笑)。

今年は久々に超えてはならない大台を超えてしまった(たぶん中日『星逢一夜』とACT『ハンナのお花屋さん』を観劇しすぎたせい)ので、来年は少し控えめに観劇しようと思ってみたり。でも、なるべく全部の公演を観劇したいと思っています。いつどこで、どんな輝く人に出会うかわからないからね!

年末年始は、未掲載の書きかけ記事を地味にアップしていると思います(笑)。

そして年明けは、花組『ポーの一族』からスタートです。

というわけで、ブログ自体はまだ年内も記事アップしていきますが、今年のシメっぽいのは今回で。今後ともどうぞよろしくお願いしますー!

なんて書いてる間に組み替え発表とか出たらどうしよう。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


さて。台風の進路が気になりますが、
新人公演の感想の続き。

私の大好きな結愛かれんちゃん。
『グランドホテル』の新人公演も
たいそうな色気でもう
デレデレしっぱなしだったのですが。

月新人公演初ヒロイン、結愛かれんちゃんのインタビュー記事が掲載されてました。 : 初心者のための宝塚観劇講座 

(よく考えたら、またしてもちゃんと感想書いてない)

あんなに可愛くて色気のあるかれんちゃんが、
ルイ14世なんてどうするんだ…!と思ってたんです。

ところが!
ルイとして登場したかれんちゃんは、
凛としていて可愛らしいお方だった………。
(それに溢れ出る色気)
(これは隠しきれない)

二十歳というには幼い印象だったけど、
(それはまあ、仕方ない)
(ちゃぴちゃんでもそうだもの)
フランスの、ものすごく美形の男の子で、
それこそ重いものも持たず、
日にも当たらず(イメージ)、
大きくなったような。

傷つかないように大切に育てられたら、
きっとこんな美しい男の子が
出来上がるんじゃないかと思わせる、
そんな美少年でした。

かれんちゃんといえば、
目を細めた笑顔が印象的なのですが、
目ヂカラ強いキリッとした表情も
とてもよい感じでした。
賢そうだった。

ルイから女の子に戻る時も、
自然だったよ。

あまりにルイがいい感じだったので、
もうただの可愛いかれんちゃんでは
物足りなく感じるのではないかと
自分が不安になるほどです。

お歌は、ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)に
合わせたキーだからか、
歌いづらそうだったけれど。
致命的な感じではないので、
場数を踏んで声量がアップすれば
きっともっといい感じになるはず。

今回の新人公演で、
かれんちゃんのまだまだ知らない魅力と
底知れぬ可能性を見たのでした。

また見たいなー、かれんちゃんの男装。
デレ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
 


月組東京新人公演『All for One』
見てきましたー!

とにかく蓮つかさくんがかっこよかった。
もう「れんこんちゃん」なんて呼べない。
「くん」でもないかもしれない。
「蓮つかささん」だ。

とにかくそのくらい
かっこよかった。
(伝わりづらいです) 

最初は、正直なところ
「うまいけどちょっと地味かなー」と
思っていたのです。

しかし!
酒場で!
ルイーズを助けるところ!!!!

なんだかわからないけど、
大人の余裕みたいなものがあって
本能的に「この人についてけば大丈夫」って
思わせる雰囲気がバシバシ出てて、
ものすごい包容力が感じられたの!

そして!
ドキドキするくらいかっこよかった!

蓮つかさくんのダルタニアンは 
壁ドンキャラではなかったけれど、
一緒にいたら安心できそうな男前で、
落ち着いた大人で、
頭が良さそうで、
とっても素敵な男性でした。

かっこよかった。惚れた。
いい声だったしね。

開演前のアナウンスは
周りから「かわいい〜」と
声が聞こえてくるくらい
可愛い声だったのだけど。

お芝居したり歌ったりすると、
よく通るいい声で。
声も素敵だった。

あ、壁ドンの場面。
どぉぉぉぉぉぉん、って音に合わせるように
結愛かれんちゃんのほっぺが
ぷるぷるって震えたんだけど!
あれがもし演技として
わざとやってたならすごすぎる。 
めちゃかわいかった。

結愛かれんちゃんのことは、
私は無条件に大好きなので
次の記事で誉めたたえようと思います。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ