初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:珠城りょう


スポンサードリンク

 

 
先日、月組大劇場公演『All for One』
観劇してきましたー。

おもしろかった!

登場人物の気持ちを考えて
ゆっくりじっくり…、
というタイプの演目ではないので、
要所要所で「あれ、これでいいの!?」と
思ったりはしますけど、
全体的に軽いタッチなので
「まあいっか」と楽に見られます。

物語はサクサク進みます。
宝塚初心者の方にもおススメしやすいかも。

そんな作品について、
演出の小池先生と、
主演のたま様(珠城りょうさん)が
インタビューに答えていました。

【華麗なる宝塚】若きトップ・珠城りょうは「自分を縛っていた“タガ”が外れ、解放された」 『All for One』脚本・演出の小池修一郎氏語る(1/3ページ) - 産経WEST
月組は、珠城(たまき)りょうという若いトップが立ち、組の雰囲気が変わりました。同じメンバーでも、存在の仕方や光り方など、「位相」が微妙に変化し、面白いなと感じています。今作はそんな今の月組にぴったり合った群像劇です。

 トップの珠城は、包容力のあるとても魅力的なスターです。3年前の「PUCK」で、初演時に天海祐希(あまみ・ゆうき)が演じた明るい若者役を演じてもらったのですが、稽古をすればするほど、彼女のまじめさが前面に出てしまって、おおらかな魅力を出せずにいました。

 ですが、トップとして大劇場2作目の今回、自分で自分をしばっていた「たが」が外れ、解放されてきている。青いつぼみがふくらみ、花が咲き出した勢い、旬のスターの魅力にあふれています。

【華麗なる宝塚】珠城りょう、あっという間のトップ就任1年「以前より楽に呼吸できる」 『All for One』上演中(1/3ページ) - 産経WEST
 主人公は田舎からフランスにきた「純粋でまっすぐな青年」。典型的なヒーローで、今回はウソのない人間である人柄が強調して描かれているという。 

 「自然豊かなところで育った大らかさが出せれば。共感はしやすいです。私も田舎出身なので。え、そこじゃない? ははは」。役柄同様、大らかに笑う。 「芯がぶれない強さは、自分もそうですね。信念や思ったことをすごく大事に過ごすタイプなので」 

 主人公をとりまく人々が個性豊かゆえ、「自分がシンプルに演じれば演じるほど、その対比が際だつ」と考える。かつて男役だった娘役トップ、愛希がルイ14世役なのも斬新だ。「群像劇なので、題名通り、組の1人1人の力が作品に反映されると思います」





ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。


いよいよ来週初日を迎える、月組大劇場公演『All for One』。スカステニュースでたま様(珠城りょうさん)とすーさん(憧花ゆりのさん)がお稽古場の様子を話していました。というわけで、箇条書き。

『All for One』はコメディ作品

  • たま様は、小池先生のオリジナル作品に出演するのは初めて。 
  • この作品はコメディ。集合日の翌日、小池先生に「この作品はコメディです」と言われたらしい。
  • コメディコメディしたコメディ。
  • コメディのさじ加減が難しい模様。
  • いつも以上に新鮮に、その時の空気感を敏感に感じて演じなくては。
  • アクション、殺陣もあり。
  • 新しい殺陣の先生も三人いらしている。クリハラ先生、ニイミ先生、アサイ先生。
クリハラ先生というのは、この栗原先生かしら。
栗原直樹
「スカーレット・ピンパーネル」 | 紅はこべ | 宝塚歌劇星組 | スペシャルサイト
これまで様々な映像、舞台(歌舞伎、オペラ、ミュージカル、ストレート)において殺陣師 國井正廣氏のもとプレイヤーとして参加し、日本特有の動きや表現のある殺陣に強く影響を受ける。 日本刀を使った殺陣、コンバットアクション、逮捕術、空手、ボクシング、合気道などの特殊な動きも得意としながら、脚本・演出の流れの中、役の生理をふまえた上で、リアル性を追求しただけでは表現しきれない効果的な殺陣を重視している。

アサイ先生というのは、こちらの浅井先生ですな。
浅井星光
浅井星光(HOSHIMI) (@rcollection1)さんのツイート – Twitter
浅井星光(HOSHIMI) @rcollection1 RHYTHM COLLECTIONリーダー。Japan action awards2015でベストアクション監督賞受賞。 漫画家小山ゆうは神! ABC-Z五関君、河合君!後藤冬樹、山口良一押し!宝塚歌劇月組公演『All for One 』~ダルタニアンと太陽王~擬闘担当
  • 宮廷剣術と西洋剣術が出てくるのだけど、構え方などが違う。西洋剣術は実践、宮廷剣術は王宮の人々が嗜むためのもの。

ハッピーに終われる作品

  • 物語前半に、たま様演じるダルタニアンが、ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)演じるルイ14世に剣術を教える場面がある。
  • すーさんは、ルイ14世のお母さん。ちゃぴちゃんのお母さん役は何度かやっているので通じ合うものがあって楽しんでやっている。
  • こまちゃん(沙央くらまさん)が愛らしい。愛されキャラ。稽古場でもみんな笑ってる。本人は「おもしろいの!?」ってピンときていない様子。
  • れいこちゃん(月城かなとさん)が月組生として大劇場デビュー。まさかあんな風になるとは(あんな風ってどんな感じ!?)。
  • 三銃士…というか四銃士。周りが個性的なキャラなので、ダルタニアンはまっすぐで飾らない、無骨さ、情熱的で一本芯が通った人(←すーさん曰く、珠城りょうのような人)。
  • 美弥るりかさん演じるアラミスは美男子、としくん(宇月颯さん)のアトスはビジュアルも素敵、立ち回りもすごい、ありちゃん(暁千星さん)のポルトスは本人にとって挑戦。
  • ハッピーに楽しくスカッと終われる作品。
とりあえず、無事に幕が開きそうでよかったです(そこ!?)。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 

↑このページのトップヘ