初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:永久輝せあ


スポンサードリンク

 

 
昨日、雪組大劇新人公演『幕末太陽傳』が行われました。
主演はひとこちゃん(永久輝せあさん)。
ヒロインはひまりちゃん(野々花ひまりさん)。

ひとこちゃんは、初日からしばらく
咲ちゃん(彩風咲奈さん)の代役もつとめ、
ショーの代役もこなし、
それで新人公演もお稽古もやっていたわけで、
本当に大変だっただろうなと思います。

宝塚雪組新人公演 4度目主演の永久輝せあ、難役見事に演じ上げる/芸能/デイリースポーツ online
 宝塚歌劇団雪組新人公演「幕末太陽傳」が9日、兵庫・宝塚大劇場で行われ、永久輝(とわき)せあが4度目の主演を務めた。本公演はトップスターコンビの早霧(さぎり)せいなと咲妃(さきひ)みゆの退団公演。古典落語をモチーフにした作品で、主人公はいわゆるタカラヅカの男役の格好良さとは対極で、若手が演じるには難しい役。永久輝も「自分が引っ張る役ではなく、回りに影響される役」とその難しさに向き合い、見事に演じ上げた。

“早霧チルドレン”の宝塚雪組・永久輝せあが新人公演4度目センター「初心に帰った」 : スポーツ報知
本公演は早霧とトップ娘役・咲妃(さきひ)みゆのサヨナラ公演。終演後、永久輝は、背中を追ってきた早霧について「一から全部教えていただいた、思い入れの深い方。その早霧さんの集大成の役。初心に帰って早霧さんを拝見して勉強させていただきました」。本公演では開幕(4月21日)から5日間、休演していた3番手スター・彩風咲奈の代役も務め、「大変ではありましたが、いろんな役を通してこの作品を知ることができました」と話した。
 女郎・おそめ役は、5年目の野々花(ののか)ひまり。新人公演初ヒロインで「初めてで緊張しましたが、舞台上で永久輝さんのお顔を見ると安心しました」とホッとした表情で大舞台を振り返った。

永久輝せあリーダーの覚悟「仲間にアドバイスも」 - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M
 「早霧さんの集大成の役をさせてもらえて、本当にうれしかった。今回は(本役が早霧の新人公演の役は)5度目ですが、初心に帰って、一から早霧さんのお芝居を勉強し直そうとおけいこしてきました」
 主役の佐平次は、無一文で大尽遊びに興じる設定。宝塚王道の二枚目ではなく、劇団きっての芝居巧者・早霧ならではの役作りを近くで見てきた。
 「早霧さんからは『よし次、よし次と、次々に起きる事件をひとつひとつ、しっかり区切りをつけてから次にいけば、流れるような芝居になるから』とアドバイスされ、そう考えて演じました」

宝塚・雪組新人公演「幕末太陽傳」 天性の華やかさで軽やかに演じる(1/2ページ) - 産経WEST
カーテンコール。新人公演最上級生の中の長であり、主演の永久輝は「自分発信ではなく、周りに感化されて生き方を変える役柄なので。なかなか、つかめずに苦労しました」と個性的な主人公を演じる難しさをまず口にした。
 苦心していた折、新人公演メンバーそれぞれが、必死に役柄に取り組む姿を見たそう。「弱気になっていちゃダメだと。佐平次のように周りに心を動かされました」と振り返った。
 終演後、永久輝は「舞台稽古とお客さまが入った空間はまったく違う。とても緊張しました」と苦笑い。本公演はトップスター、早霧(さぎり)せいなのサヨナラ公演。芸達者な早霧の役柄を、永久輝が新人公演で演じるのは今回で5回目となる。「一から全部教えていただいた方。その早霧さんの集大成となる役柄を演じさせていただけることが本当にうれしくて。初心に帰って一から早霧さんのお芝居を勉強しました」。

宝塚歌劇団のニュース - 永久輝せあ 4度目新公主演 落ち着いた芝居運びで魅了 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
同作は、トップスター早霧せいなのサヨナラ公演ということでも注目の舞台。新公で主演含め、5度も早霧の役を経験してきた永久輝も特別の思いがあったようで「早霧さんには何から何まで教わり、そんな方が集大成としてやる役を、こうやってさせて頂くのはすごくうれしかったし、初心に帰って勉強したかった」と感謝した。
 同作の初日、4月21日には休演した雪組スター・彩風咲奈(あやかぜ・さきな)の代役を演じるなど、舞台裏ではドタバタもあったようだが、永久輝は「(自分だけの役でなく)いろんな役をやることで、今回の新人公演の役をできたのはプラスになった」と前向きにとらえていた。

この間の『NEW WAVE』や
『幕末』『DS』の初日を見ると、
ひとこちゃんは、一人で本舞台に立ってても、
ちゃんと空間を埋められてるなぁと
思いました。

これからの活躍も楽しみ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


4月のスカステでオンエアされる
雪組大劇場公演にむけての番組
「プレ・ステージ!!~歴史のトビラをたたく~」
のロケが行われた模様です。

ナビゲーターは
ひとこちゃん(永久輝せあさん)。

公式さんのツイッターで
ロケの写真をアップしてくれてます。


▼こちらに行ったんですな。
土蔵相模跡 クチコミガイド【フォートラベル】|品川  


そしてこのツイートひとつで記事になってる(笑)。
宝塚雪組・永久輝せあ 品川“遊郭跡”を巡るめがね姿が爽やかすぎる - エキサイトニュース 
宝塚歌劇団雪組で男役の永久輝せあが宝塚歌劇専門チャンネル・TAKARAZUKA SKY STAGE(スカパー!など)の番組収録で品川を巡るロケを行った。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
雪組の次回大劇場公演『幕末太陽傳』
新人公演のキャストが発表になりました。

キャスト | 雪組公演 『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
居残り佐平次 :早霧 せいな /  永久輝 せあ
女郎おそめ :咲妃 みゆ / 野々花 ひまり
高杉晋作 :望海 風斗  / 縣 千

安定のひとこちゃん(永久輝せあさん)。

そして、ひまりちゃん初ヒロインおめでとう!
よかったねぇ…!

そして、縣くんがとうとう二番手役に。
宙組の鷹翔千空くんも同じ101期で
すでに二番手役をやったので、
早すぎるということはないのだろうけれど。

『New Wave』で縣くんのかっこいい顔を見たので、
そのあたりが新人公演でも見られるといいなぁ。

縣千くんの色気も見た:雪組『New Wave! -雪-』(2) : 初心者のための宝塚観劇講座

それから…個人的には100期コンビの
るいくん(眞ノ宮るいくん)
梨杏ちゃん(星加梨杏ちゃん)にも
もうちょっとチャンスをあげてほしい!
歌えるし、アピール力もどんどん出てきたし、
キザってるのもサマになってきたし。

この二人の成長が何より楽しみなのです。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




れいこちゃん(月城かなとさん)、
ひとこちゃん(永久輝せあさん)主演
雪組バウホール公演『New Wave! -雪-』、
観劇してきました。

あちこちチケット探したけど
やっぱり全然なかったですねぇ。
融通してくれた友人に感謝です。

私が観劇した日は
客席に雪組中日チームやら
月組さんやらが見にきていて、
出演者のみなさんも
とっても緊張していたようです。

さて。

ようやく感想を。
テンション高くいきます。

Twitterでも叫びましたが。

れいこひとこの
色気やばい。

マジでやばい。
 
どうなってる。
これ、どうなってるの。
何があった。
れいこひとこに一体何があったんだ。

れいこちゃんのこと、
もちろんこれまでも
美しい人だなぁと思って見てはいたけど、
正直、こんなにエロいと思ったことない。
色気がダダ漏れとはまさにこのことで、
一度見てしまうと目が離せない。
なんかドキドキする。
………困る。
すごいねっとりどろっとした色気が出てて、
観劇してて倒れそうになりました。
(座ってるのだがね)

ふと思ったのは、
れいこちゃんのチャームポイントでもあるえくぼが。
これまでちょっと可愛さにつながってて
それがアンバランスな感じで、
それはそれで魅力的だったのだけど。
気づけば表情にぴったりはまるようになっていたというか。
うまく言えないけど、
えくぼも色っぽいなぁと思ったのです。
れいこちゃんの外見が持ってる大人っぽさに、
いろいろ中身が追いついたという感じもある。

そしてひとこちゃん。
一人で空間を埋める力がすごい。
れいこちゃんとは
全く違うタイプの色気なんだけど、
何か引き込まれるものを持ってて。
表情も動きもダンスも
観ていて全然飽きない。
これって何気にすごい能力だと思う。

れいこひとこの「ナイトアンドデイ」。
(『風と共に去りぬ』のあのデュエットダンスね)
れいこちゃんの表情がまたやばかった。

変な言い方だけど、
「れいこちゃんが人を愛する時は
こんな表情するのね…」っていう(笑)。

そのくらい
ひとこちゃんを見つめる表情が
愛情(色気)たっぷりだった。

あんな顔されたら堕ちるわー。

観劇しながらずっと頭の中をぐるぐるしてたのは
わりかし不埒なことでして(笑)。

れいこちゃんとひとこちゃん、
どちらもすんごい色気で存在感すごい。
この二人は何が違うのかな、と。

二人が大勢の女の子に囲まれてる場面を見て思った。

※以下、あくまでもイメージです。

れいこちゃんは
「もしかして私に気があるの!?」って
思わせぶりな色気で近寄ってきて、
キスしそうなギリギリのところで静止、
じらした挙句に何もしない(笑)。
で、「この人が本当に愛するのは
いったいどんな人なんだろう」って思っちゃう
ミステリアスな感じ。

ひとこちゃんは
「やだイケメン! 付き合えたらいいな」って
思ってる女の子を
片っぱしから食ってくイメージ(笑)。
で、「私だけじゃなかったのね。
この人が本当に愛するのは誰なんだろう」って
ヤキモチやいちゃう感じ。

伝わるかなー、この感じ(笑)。

とにかく、れいこひとこの色気が
すごすぎたってお話でした。

千秋楽まであと少し。
雪組生としてのれいこちゃんも
あと少し…。やっぱりさみしい。
月組観に行くよ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
雪組はどこまでいってもチケット難が続くようです。

中日劇場公演『星逢一夜』の裏では、れいこちゃん(月城かなとさん)とひとこちゃん(永久輝せあさん)のバウ・ショーケース『New Wave! -雪-』が決定しました。

2017年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】<2017年2月・雪組『New Wave! -雪-』> | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
8月4日(木)、2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚バウホール】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   
雪組公演
■主な出演者・・・月城 かなと、永久輝 せあ ほか
◆宝塚バウホール:2017年2月9日(木)~2月19日(日)
一般前売:2017年1月14日(土)
座席料金:全席5,300円

バウ・ショーケース 『New Wave! -雪-』
作・演出/三木 章雄

2013年の花組、2015年の宙組を観劇した際は、あの、ちょっとノリづらいテンポの主題歌になかなか慣れなかったのですが(笑)。若手だけのショーで客席降りもふんだんにありますから、楽しみです。

しかし、こちらも超チケット難になりそうな予感。 しかも全日程が中日公演とかぶってる…。観れる気がしません(すでに諦め気味)。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




 

↑このページのトップヘ