初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:永久輝せあ


スポンサードリンク

 


雪組大劇場新人公演『ひかりふる路』、難しい演目ですが新人公演ならではの仕上がりでおもしろかったです。ということで、感想の続き。

マリー=アンヌ:潤 花

初ヒロインの潤花ちゃん。『CAPTAIN NEMO』では準ヒロインポジションだったのだけど、いまひとつ実力がどんな感じなのかわかりづらい役だったので、私は彼女のお芝居をちゃんと見るのはこれが初めて。とてもいいヒロインでした。

まずは存在感がとっても貴族だった。育ちがいいというか、高貴な感じ。これって、持って生まれたものが大きいので、宝塚の娘役としてはとても有利だと思います。舞台に出てきて、そこに立っているだけで、貴族の娘だってわかるのはすごい。喋り方も落ち着いていて大人っぽかったし、芯の強い感じも出てたなぁ。

あとはお化粧が、もうちょっと自分に似合うものが見つけられたら、さらに美しくなると思います。

ジョルジュ・ジャック・ダントン:叶 ゆうり

叶ゆうりくんは、安定のビジュアル。安定のオラオラ感。安定のアニキ感。

ジョルジュの見どころは、ロベスピエールとの息を飲む掛け合い(2場面)だと思うのだけど、このお芝居の間って本当に難しいんだなと思いました。綾さんと叶ゆうりくんの掛け合いも、きっと東京公演ではもっといい感じに噛み合うはず。成長が楽しみです(東京の新人公演は見られないけど…)。

タレーラン・ペリゴール:陽向 春輝

はっちさん(夏美ようさん)のお役をやったたわしちゃん。うまかったなぁ。本当にうまかった。無理して年配の雰囲気は出さず、どちらかというと年齢不詳。見た目はめちゃ悪役。表情も動きもめちゃ悪そう。完全に自分の役にしてた。

星南のぞみちゃん演じるマノン・ロラン夫人と絡む場面がほとんどなのだけど、たわしちゃんのお芝居がうますぎて、のぞみちゃんもいつもより上手に見えてくるという…(笑)。今後も楽しみです。

カミーユ・デムーラン:永久輝 せあ

ひとこちゃん(永久輝せあ)さんは、こまちゃん(沙央くらまさん)演じるロベスピエールの友人で気の弱いジャーナリストのカミーユ役。

最初のほうは本役さんのお芝居に似てるなぁと思ったのだけど、途中からひとこちゃんらしさをメキメキ発揮。最大の見どころ(というか最大にして唯一)であるジョルジュに「帰ってきて」と手紙を出す場面、ひとこちゃんの歌で泣きました。

新人公演って、全てを忘れてお芝居に感情移入することが難しかったりするのだけど(あの子もこの子も見たい、新人公演ならではのポイントはどこかな、とか邪念がいろいろありまして…)、ひとこちゃんが出てきた瞬間、本公演と同じくらいお芝居の世界に集中できた。で、泣いた。

ひとこちゃんはもう、本公演で重要な役ができちゃうくらいの力量があるなぁと、改めて思ったのでした。

ルノー夫人:彩 みちる

みちるちゃんもお芝居上手でした。梨花ますみさん演じる印刷工房のおかみさん・ルノー夫人役で、ちょっと年上の役。みちるちゃん自身は全然若くて可愛いのだけど、セリフのひとつひとつに「肝っ玉かあさん感」が滲みでていて、すごく頼りになりそうな年上の女性に見えました。

イザベル :有栖 妃華

102期、研2のありすちゃん(有栖妃華さん)。愛すみれちゃん演じるイザベル役でした。女性たちが集会している場面に移る時にソロを歌うのですが。歌も上手だし、「あの子誰?」と思わせる花があった。これから活躍する機会があるといいなぁ。
 
他にもきらりと光る人がたくさん。今後が楽しみな新人公演でした。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


 

 
昨日、雪組大劇新人公演『幕末太陽傳』が行われました。
主演はひとこちゃん(永久輝せあさん)。
ヒロインはひまりちゃん(野々花ひまりさん)。

ひとこちゃんは、初日からしばらく
咲ちゃん(彩風咲奈さん)の代役もつとめ、
ショーの代役もこなし、
それで新人公演もお稽古もやっていたわけで、
本当に大変だっただろうなと思います。

宝塚雪組新人公演 4度目主演の永久輝せあ、難役見事に演じ上げる/芸能/デイリースポーツ online
 宝塚歌劇団雪組新人公演「幕末太陽傳」が9日、兵庫・宝塚大劇場で行われ、永久輝(とわき)せあが4度目の主演を務めた。本公演はトップスターコンビの早霧(さぎり)せいなと咲妃(さきひ)みゆの退団公演。古典落語をモチーフにした作品で、主人公はいわゆるタカラヅカの男役の格好良さとは対極で、若手が演じるには難しい役。永久輝も「自分が引っ張る役ではなく、回りに影響される役」とその難しさに向き合い、見事に演じ上げた。

“早霧チルドレン”の宝塚雪組・永久輝せあが新人公演4度目センター「初心に帰った」 : スポーツ報知
本公演は早霧とトップ娘役・咲妃(さきひ)みゆのサヨナラ公演。終演後、永久輝は、背中を追ってきた早霧について「一から全部教えていただいた、思い入れの深い方。その早霧さんの集大成の役。初心に帰って早霧さんを拝見して勉強させていただきました」。本公演では開幕(4月21日)から5日間、休演していた3番手スター・彩風咲奈の代役も務め、「大変ではありましたが、いろんな役を通してこの作品を知ることができました」と話した。
 女郎・おそめ役は、5年目の野々花(ののか)ひまり。新人公演初ヒロインで「初めてで緊張しましたが、舞台上で永久輝さんのお顔を見ると安心しました」とホッとした表情で大舞台を振り返った。

永久輝せあリーダーの覚悟「仲間にアドバイスも」 - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M
 「早霧さんの集大成の役をさせてもらえて、本当にうれしかった。今回は(本役が早霧の新人公演の役は)5度目ですが、初心に帰って、一から早霧さんのお芝居を勉強し直そうとおけいこしてきました」
 主役の佐平次は、無一文で大尽遊びに興じる設定。宝塚王道の二枚目ではなく、劇団きっての芝居巧者・早霧ならではの役作りを近くで見てきた。
 「早霧さんからは『よし次、よし次と、次々に起きる事件をひとつひとつ、しっかり区切りをつけてから次にいけば、流れるような芝居になるから』とアドバイスされ、そう考えて演じました」

宝塚・雪組新人公演「幕末太陽傳」 天性の華やかさで軽やかに演じる(1/2ページ) - 産経WEST
カーテンコール。新人公演最上級生の中の長であり、主演の永久輝は「自分発信ではなく、周りに感化されて生き方を変える役柄なので。なかなか、つかめずに苦労しました」と個性的な主人公を演じる難しさをまず口にした。
 苦心していた折、新人公演メンバーそれぞれが、必死に役柄に取り組む姿を見たそう。「弱気になっていちゃダメだと。佐平次のように周りに心を動かされました」と振り返った。
 終演後、永久輝は「舞台稽古とお客さまが入った空間はまったく違う。とても緊張しました」と苦笑い。本公演はトップスター、早霧(さぎり)せいなのサヨナラ公演。芸達者な早霧の役柄を、永久輝が新人公演で演じるのは今回で5回目となる。「一から全部教えていただいた方。その早霧さんの集大成となる役柄を演じさせていただけることが本当にうれしくて。初心に帰って一から早霧さんのお芝居を勉強しました」。

宝塚歌劇団のニュース - 永久輝せあ 4度目新公主演 落ち着いた芝居運びで魅了 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
同作は、トップスター早霧せいなのサヨナラ公演ということでも注目の舞台。新公で主演含め、5度も早霧の役を経験してきた永久輝も特別の思いがあったようで「早霧さんには何から何まで教わり、そんな方が集大成としてやる役を、こうやってさせて頂くのはすごくうれしかったし、初心に帰って勉強したかった」と感謝した。
 同作の初日、4月21日には休演した雪組スター・彩風咲奈(あやかぜ・さきな)の代役を演じるなど、舞台裏ではドタバタもあったようだが、永久輝は「(自分だけの役でなく)いろんな役をやることで、今回の新人公演の役をできたのはプラスになった」と前向きにとらえていた。

この間の『NEW WAVE』や
『幕末』『DS』の初日を見ると、
ひとこちゃんは、一人で本舞台に立ってても、
ちゃんと空間を埋められてるなぁと
思いました。

これからの活躍も楽しみ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ