初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:桜木みなと


スポンサードリンク

 


行ってきました、宙組『WEST SIDE STORY』。



実は私はウエストサイド観るの初めて。映画も見たことないのです。友人にそう言ったら「信じられない!」と言われたあるよ。しかし、見たことないものはないのです。ただ、曲は知ってる。なんでだろう。どこで曲を知ったのか思い出せません(笑)。

でも、ミュージカル作品としての知識は頭にあって、とりあえず物語が現代(といってもすでにちょっと昔の現代)版ロミオとジュリエットだってことは知ってました。

そんな雨宮が見た『WEST SIDE STORY』。宝塚的には普段ない感じ…だよね? なんかいろいろ新鮮だった。

まず幕開け、みんな踊ってる。歌わない。しゃべらない。ただひたすら踊ってる。別に宝塚作品でもそういうことは多々あるけど、それとはなんかちょっと違う雰囲気なのです。よりいっそう「歌わないしゃべらない感」が強いというか。そしてデニムにスニーカー。宝塚じゃなければ別に気にならないのだけど、顔を見るとみんな宝塚なので(そうですよ、宝塚ですよ)なんだか驚く。

そしてずいぶん経ってから、主演の真風涼帆さんがぬるっと登場。気づけば登場してたって感じ(笑)。

最初はわりと「ふうーん」という感じで冷静に見ていたのですが、気づけばトニー(涼帆さん)の恋しちゃったドキドキ感にキュンとしている自分がいて驚き(笑)。かわいい。涼帆さんが超絶かわいい。「MariaMariaMaria」って「Maria」しか歌ってないけどかわいい。

で、ロミジュリでいうところのバルコニーの場面にもキュンとしちゃったりして、「Tonight」の最後のグンナイってとこで、訳も分からず涙(笑)。←こんなところで泣くと思ってないので、泣きつつもあとで振り返ると「(笑)」をつけてしまう。

そんなかわいいトニーが、もともとギャングだったなんて信じられない(笑)。

曲のキーの問題もあるのか、男の子も女の子もちょっと歌いづらそうな部分もあったけど。さすが宙組、でした。

ラストシーンは、音楽もセリフもなくマリアの動きだけで表現されていて、これまた宝塚ではほとんど見ないと思って新鮮でした。と、今は冷静に書きつつも、客席では大号泣でした。

この場面に至るまでは、割と曲が淡々と続いて、場面ごとのつながりも割とざっくりしている印象なのだけど。「細かいことは書いてないけど、だいたいこんな感じになったよ」みたいな(笑)。最後にきて急にマリアの気持ちにいやでもシンクロするような作りになっていて、一気にいろんなことがこみ上げてくる。で、そこにこれまでずっと聞いてきた印象的な曲が頭の中でフラッシュバックしたりして、勝手に走馬灯状態。この最後を知ってから、もう一度最初から見たらもっと泣いちゃうだろうなぁ。

さて、雑な感想箇条書き。

  • 宙組さんはスタイルがいいんじゃ。デニムにスニーカーなのに足長いってどういうこと!? いい。素敵。
  • 幕開きのケンカ、ききちゃん(芹香斗亜さん)が潤奈すばるくんに馬乗りになってキスしたのかと思って勝手にドキドキしてごめん。 
  • 私の好きな花宮沙羅ちゃんはシャークスの女子。
  • ききちゃん足長っ。(←メモ帳にこれだけボソッと書いてあった)
  • やばーい、男の子たちがみんなおそろいのジャンバー着てきた💕
  • フェンス越えるシャークスのみなさんの素敵なこと。 
  • まどかちゃん(星風まどかちゃん)かわいいな、おい。
  • そらかずき(和希そらさん)の迫力やばい。うまい。強姦未遂のとこ泣いた。ジェッツの男子たちも恐かったもん。
  • あきも(秋音光くん)、弱くてかわいい。星柄のパーカーのフード出すのとか反則。かわいい。
  • 知ってる曲ばっかりで楽しい。 
  • ずんちゃん(桜木みなとさん)いい子なのに悪そう(笑) 。
  • かなこちゃん(春瀬央季さん)はすごく悪そう。ヤカラ感すごい。 エロい。好き(どさくさに紛れて告白)。
  • すっしーさん(寿つかささん)😭 
  • じゅんこさん(英真なおきさん)と涼帆さんのお芝居、なんかほっこりするわ。とうこさん(安蘭けいさん)時代の星組思い出す。 
  • ききちゃん、この宙組の並びしっくりくるわ。 
  • ききちゃんと、そらかずきがカップルかと思うとザワザワする💖
  • そう考えると、そらかずきの娘役の役作りは星組っぽい気もする。
  • 夢白あやちゃん、よいお芝居していたなぁ。
  • なんか、いろんなことが奇跡的にマッチしている。
  • それから、水音志保ちゃんも可愛かった。 
残念ながら1回しか観られないのですが、楽しかったです。梅芸バージョンはキャスト変わるんだろうか…。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング 

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

 

 
ずんちゃん(桜木みなとさん)の
バウ主演公演『パーシャルタイムトラベル』
観劇してきました。

おもしろかったです。
私の知ってる正塚先生作品だと
『カナリア』に近いタイプの
コメディかなぁ。

だいたい、スマホ持って
中世にタイムトリップって
卑怯だよね(笑)。
絶対におもしろくなるでしょ!

ずんちゃんがリアル男子だったら
って妄想がふんだんに楽しめる
(どんなだ)
そんな作品です。

多くの出演者にスポットが当たるし、
なんといっても場面に多くの人が出てるので
下級生チェックもできて
楽しめました〜。

詳しい感想はまた書くとして。
ひとまずニュース記事。

宝塚宙組・桜木みなと 2度目のバウ主演作開幕!「前向きな力がもらえる役」 : スポーツ報知
 宝塚歌劇宙組スター・桜木みなとが主演する「パーシャルタイムトラベル 時空の果てに」(作&演出・正塚晴彦)が9日、兵庫・宝塚バウホールで初日を迎えた。
 入団9年目の桜木は、2015年の「相続人の肖像」以来2度目のバウ主演。ギャング団から抜け出してシンガー・ソングライターを目指し、もがいている青年ジャン(桜木)が突然、中世のイル=ド=フランスにタイムスリップし、現代と行き来する中で“運命の女性”を探し出すSF劇。

【華麗なる宝塚】上級生の技を盗まなかったことに後悔-宙組男役スター・桜木みなと、2度目の主演舞台へ向け肩の力抜け「伸び伸びと」(1/3ページ) - 産経WEST
 今作が過去の自分を振り返るキッカケにも。「誰しもこうしていたらという思いはある。過去は変えられなくても、考えることで今後への姿勢が変わる」
 自身の“後悔”は下級生の頃、上級生の技を盗まなかったこと。「舞台が楽しいだけで。あんなに格好いい先輩が身近にいたのに、遠すぎて技を盗もうと思わなくて。反省です」。だからこそ今、先輩の背中から1つでも多く吸収しようと、より強く思う。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

 
宙組のずんちゃん(桜木みなとさん)主演、
バウ公演『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』の
先行画像が出ました!

宙組公演 『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
シンガーソングライターを目指すジャンは、ある少女に導かれるまま訪れた古物商の店で謎めいた金属の塊を目にする。不思議な魅力に取り憑かれ、その金属の塊を購入したジャンは、小さな作動音と共にめまいのような感覚に襲われてしまう。次の瞬間、ジャンの目の前には、かつて歴史の授業で学んだような中世ヨーロッパの景色が広がっていた……。 予測不可能な時空旅行の中で、恋におち、生きる上で大切なものを見出して行く若者の姿を描く、ファンタジック・ラブコメディ。

この解説をまんま受け止めるなら、
この画像が表現しているのは
中身と顔つき、髪型は
シンガーソングライターを目指すジャンで、
服装が中世ヨーロッパってことですよね。

これ、中世ヨーロッパにだけ行く
とは書いてないんだよね…。

「予測不可能な時空旅行の中」ってことは、
他の時代にたどり着いて、
他のコスプレの可能性もあるってことかしら。

気になる…気になるわ!
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 

↑このページのトップヘ