初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:望海風斗


スポンサードリンク

 



※本日のブログは、腐女子臭がほんのり漂ってます。
 「腐女子てなぁに?」という方は、
 今日のブログは飛ばしてくださいっ!!

※そしてすごくどうでもいいこと
 書いてる気がします。
 怒らないでね…。
 好きなんです、望海さん。


さて。雪組の組本の表紙が出てますね。
引っ張ってこれる画像がなかったので、
詳しくはこちら↓でご確認いただくとして。

ザ・タカラヅカ VII 雪組特集 | 宝塚クリエイティブアーツ公式ショッピングサイト|TCAオンラインショップ 

見てない方に文字で説明すると、
寝転がってる望海さんのむn…いや、お腹の上に
ちぎさんが頭をのせて寝てて、
そのちぎさんの腕にはみゆちゃんが抱かれてて、
みゆちゃんはちぎさんのむn…いや、お腹の上に
頭を乗せてる…という構図。
(´∀`*)

なんというか…こう…エr…じゃなくて…
よくわからないけどカオス。
だいたい望海さんが二人を受け止めてること自体、
そうとう新鮮な気がする。
雨宮さんの中では、「総●男役」の望海さんが!

ああもう、伏字にすると
何を言ってるのかわからないよ(笑)!
かけざんでいったらうしろにくるほうね。

『アル・カポネ』の時に密かに思っていたのだが、
望海さんのアルは、まさに総●だったんですよ。
周りにイタリアンマフィアのイケメンはべらせて。

なんでだろう…望海さんがいつも
そういうわけじゃないんだけど、
なんだか望海さんが強い男を演じると、
特に男に囲まれた男を演じると、
激しく総●臭がするというか。

なんか、望海さんて
男役に囲まれてるほうが
ヘンな色気が出るように見える。
それか、ひとりで物に絡んでる時。

逆に娘役と絡んでても、
別になんとも思わないんだよね……。
不思議。
男女の色気っていうより
同僚感がするというか…(笑)。

よく友達と冗談で、
「望海さんの相手役は
男役か机か金庫がいいよね!」って
言ってたくらいです。
マントでもいいよ。

あ、脱線した。

で、雪組トリデンテって、
こんなイメージでしたっけ。

私は、ツンなちぎさんと、デレなみゆちゃんと、
それをニマニマしながら見ている望海さん、
っていうのが、トリデンテの
デフォルトだと思ってたのだけど。

この組本の表紙からは
新しい関係性が妄想できます。

望海さんが、ちぎみゆに絡まれてる美少年的な?
(少年という年でもないが)
(無表情で何を考えてるかわからない)
(そういう美少年好き)
(単に俺の好みか)
(楽しそう)

組本の中身も楽しみです。

いい加減、何を言ってるのか
自分でもわからなくなってきたので、
もう寝ます。

おやすみなさい…。 



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ザ・タカラヅカ 7 雪組特集 宝塚ムック 【ムック】
価格:2300円(税込、送料無料) (2017/4/9時点)


ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 
ちょいとチェックするのを忘れていたら、
かんぽさんのサイトが更新されていました。

望海さんへの一問一答がアップされているよ。
印象に残っているアドリブのエピソードを聞くとは!
望海さんの弱いところをついてきますな。

かんぽドリームシアター 望海風斗の一問一答 - かんぽ生命
「ルパン三世」の作品のときですね! これから一緒になって仲間になろうみたいな歌を歌ったあと、「じゃあ、あとはよろしくね」みたいなセリフを言ってルパンのちぎさん(早霧せいなさん)が去っていく場面です。 当時は、そのアドリブをうまく返せない自分が悔しかったです。捌けてから思いつくんですよ(笑)。 ちょうど組替えした初めての作品だったので毎日が試練だったのですが、そういうこともあって周りの人も助けてくれて、、、、あのアドリブシーンのおかげで一気に(雪組に)解け込めました!
あのアドリブ、おもしろかったので
(望海さんがへっぽこだったこと含め)
(↑褒めてます)
観劇した日は全部メモしてある(笑)。

ブログで公開しようかな?
需要あるかしら。

見たいという方は、
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

さて、望海さんのトップ発表に、
OGの方々からも
続々とお祝いコメントが出ています。

(2017/03/10 ツイッターコメント追加)











そしてInstagram。
まずは同期から。
 




😭😭😭 #言葉にならない #おめでとう #あや #本当に #おめでとう #雪組 #大好きだ #絆.

香音有希Yuki kaonさん(@yukako_saqua)がシェアした投稿 -



花組時代にご一緒だった方々。










雪組時代にご一緒の方々。












そして鳴海じゅんさん(笑)。


コメント欄が
表示されていないかもしれないですが、
(なんでか表示されたりされなかったりする)
(ご面倒ですが、クリックして見てみてください)
みなさん、望海さんとの
エピソードを披露されていて 
愛されてるんだなぁとほろり。

雪組の自慢の殿様になってくだされ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
望海さんトップ決定のニュースをまとめました。
こうやって並べてみても、
まだ夢見てるみたいで実感がないや。
すごく不思議な気持ち。

でもとにかく。
とにかくおめでとうございます。

相手役が真彩希帆ちゃんで
私は嬉しいです。

真彩ちゃんがもっともっと成長するのを
楽しみにしてます。

宝塚・雪組トップに望海風斗さん 相手役は真彩希帆さん:朝日新聞デジタル
 宝塚歌劇団は9日、雪組の新しいトップスターに望海風斗(のぞみふうと)さんが、トップ娘役に真彩希帆(まあやきほ)さんが就任すると発表した。7月24日付。
 望海さんは横浜市出身。2003年に入団し、抜群の歌唱力と演技力が持ち味の男役スターとして活躍してきた。埼玉県蕨市出身の真彩さんは12年が初舞台。安定した歌声で早くから抜擢(ばってき)され、花組、星組をへて今年1月に雪組へ異動した。

【宝塚歌劇団】雪組トップ、望海風斗さんが就任へ 相手役は真彩希帆さん - 産経WEST
 宝塚歌劇団は9日、雪組の次期トップスターに、同組男役スターの望海風斗(のぞみ・ふうと)さん=写真=が就任することを発表した。7月23日付で退団するトップ、早霧(さぎり)せいなさんの後任。相手役の次期娘役トップには、今年1月末に星組から雪組に組替えをしたばかりの真彩希帆(まあや・きほ)さん=写真=を迎えることも、併せて発表された。

望海風斗が雪組トップ、真彩希帆がトップ娘役 : スポーツ報知
 宝塚歌劇団は9日、雪組の望海風斗(のぞみ・ふうと)と真彩希帆(まあや・きほ)が、次期雪組トップコンビに就任することを発表した。
 「幕末太陽傳(たいようでん)」「Dramatic“S”!」(兵庫・宝塚大劇場で4月21日~5月29日、東京宝塚劇場で6月16日~7月23日)で同時退団する現トップコンビの早霧(さぎり)せいな、咲妃(さきひ)みゆの後任。7月24日付。8月25日開幕の全国ツアー「琥珀色の雨にぬれて」「“D”ramatic S!」がプレお披露目公演となる。

宝塚雪組トップに望海風斗さん 娘役トップは真彩希帆さん:話題のニュース:中日新聞(CHUNICHI Web)
 宝塚歌劇団は9日、次期雪組トップスターに望海風斗さんが、娘役トップに真彩希帆さんが決まったと発表した。7月に退団するトップスター早霧せいなさん、娘役トップ咲妃みゆさんの後任。
 望海さんは横浜市出身で、2003年に初舞台を踏んだ。真彩さんは埼玉県出身で、初舞台は12年。新トップコンビのお披露目公演は、大阪市の梅田芸術劇場メインホールを皮切りに8月25日から始まる雪組全国ツアー公演「琥珀色の雨にぬれて」「“D”ramatic S!」。
 
宝塚歌劇雪組、次期トップコンビに望海風斗&真彩希帆 - ステージナタリー
宝塚歌劇雪組の次期トップコンビが決定。トップスターを望海風斗、トップ娘役を真彩希帆がそれぞれ務めることが明らかになった。

宝塚、雪組新トップスターに望海風斗さん : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
 宝塚歌劇団は9日、7月に退団する雪組トップスター早霧せいなさんの後任に望海風斗さんが、早霧さんと同時退団するトップ娘役の咲妃みゆさんの後任に真彩希帆さんが、それぞれ7月24日付で就任すると発表した。

でもね、
トップ発表がすごく嬉しい反面、
終わりの始まりであることも感じていて。
実はいま、逃げ出したい気持ち。

これまでは、ひとつひとつ
「できるようになった」
と喜んでいたことが、
これからはひとつひとつ
「これが最後かも」って思う。

ほんとのこと言うとね、
前の前の公演くらいから
「もう@@してるとこ見るのは
これが最後かも」って思って、
涙でちゃってた。

トップになるって嬉しい気持ちと、
1日1日進んでいくことの恐怖が
入り混じってる。

私、だいぶ望海さんのこと好きなんだなぁ。

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
雪組次期トップスターに望海風斗さん、 
トップ娘役に真彩希帆さんが決定しました。

待ちに待った今日。
下級生の頃からずっと見てきた
望海さんがとうとうトップになるなんて、
なんだか不思議な感じがします。

雪組 次期トップスター、トップ娘役について | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
この度、雪組 次期トップスターに望海 風斗、次期トップ娘役に真彩 希帆が決定しましたのでお知らせいたします。 なお、望海 風斗、真彩 希帆の新トップコンビとしてのお披露目公演は、2017年8月25日に初日を迎える雪組全国ツアー公演『琥珀色の雨にぬれて』『“D”ramatic S!』となります。  
正直、まさか「D」のほうを当ててくるなんて
思ってなかった…(笑)。
やりよるな。

2017年 公演ラインアップ【全国ツアー】<8月~9月・雪組『琥珀色の雨にぬれて』『“D”ramatic S!』> | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
雪組公演
■主演・・・望海 風斗、真彩 希帆
◆全国ツアー:2017年8月25日(金)~9月18日(月)

ミュージカル・ロマン 『琥珀色の雨にぬれて』
作/柴田 侑宏、演出/正塚 晴彦
1920年代の爛熟期のパリを舞台に、戦火を潜り抜けても純粋さを失わない貴族の青年クロードと、魔性の女シャロンとの恋を中心に、クロードを慕う少女フランソワーズ、シャロンに惚れるジゴロのルイを交えた、4人の男女が織り成す恋愛心理劇。プロローグから当時流行のタンゴの名曲をきかせて、ドラマの起伏を描き出しました。1984年に高汐巴、若葉ひろみらによる花組にて初演後、度々再演を重ねてきた秀作ドラマが、雪組新トップコンビ望海風斗と真彩希帆のお披露目公演として甦ります。

Show Spirit 『“D”ramatic S!』 
作・演出/中村 一徳
雪組(Snow troupe)の魅力を、最大限詰め込んだショーシーン(Show Scene)の数々をお届けする“Song & Dancing Show”。 新たに“D”もキーワードに加えた全国ツアー版として、望海風斗を中心とした新生雪組が奏でる“Dramatic”で“Dynamic”なショーにご期待下さい。   

『琥珀色の雨にぬれて』って
ちゃんと見たことないんだよね。
見なくては。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 

↑このページのトップヘ