初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:明日海りお


スポンサードリンク

 

 
花組次回大劇場公演『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』の先行画像が出ました(昨日)。

みりおさん(明日海りおさん)っ! 超絶かっこいい………!! しばらく『ポーの一族』で可愛い〜神秘的なみりおさんを見続けていたので、こういうちょっと黒い感じに飢えてました! ありがとうございます原田先生。

花組公演 『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
江戸時代初期、幕府による禁教令が発布された後も、九州・天草の地には数多くのキリシタンが隠れ住んでいた。そこに一人の男が流れ着く。自らの過去を多く語ろうとしないその男は、キリシタン大名だったかつての領主・小西行長の遺臣によって拾われ、四郎と名づけられた。周囲の人々に頑なな四郎だったが、一人の娘との出会いを通じてキリシタンの教えを知ることになる。その頃、肥前島原藩主によるキリシタン弾圧と過酷な年貢の取り立てに、民衆たちの我慢は限界に達していた。天草、そして島原の人々の為、立ち上がることを決意する四郎。はたして彼は真の救世主(メサイア)となり得たのか、そして人々の心に何を残したのか……?
 
さて。

よく考えたら、みりおさんが天草四郎だってことはわかったいたのだけど、じゃあ光ちゃん(柚香光さん)は何をやるんだって話ですよ。

あらすじに出てくる人は、「一人の娘」「小西行長の遺臣」「肥前島原藩主」「民衆たち」あたりなんですが、「一人の娘」がゆきちゃん(仙名彩世さん)であることはまあ想像できる。

では光ちゃんは。

みりおさんを拾って名前をつける光ちゃん。

キリシタン弾圧と過酷な年貢を強いる藩主・柚香光。

我慢の限界に達した民衆のリーダー的な男・光。
(イメージ。『星逢一夜』 の源太みたいな?)

さあどれだ。

(想像中)

怖い藩主か、野性味あふれる民衆がいいなぁ。

楽しみにしています。原田先生。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

 


花組トップスターのみりおさん(明日海りおさん)が、1月4日発売の雑誌「AERA」の表紙を飾っているそうです。撮影は蜷川実花さん。美しい。そしてポーみある。ポーみ? 『ポーの一族』感ね。

main

【創刊以来初!】宝塚“現役”トップスター明日海りおさんが「AERA」表紙に!撮影は蜷川実花|株式会社朝日新聞出版のプレスリリース
宝塚歌劇団で活躍したのち、俳優などとしてアエラの表紙に登場した方は多くいますが、「現役トップスター」の登場は初めて。創刊以来30年を迎える2018年に至ってやっと実現しました。

宝塚歌劇団全5組のなかでも「花組」のトップスターは、「女子たちの理想の男性像」を具現化した存在。その華やかさは、一瞬、セットの花々が色あせて見えるほどでした。  

中面のインタビューでは、1月1日から宝塚大劇場で上演される「ポーの一族」について、「男役には向かない」と悩んだ過去や自身がいまもあこがれ続ける宝塚の魅力などについて語っています。
「成功企業が祀る神様」特集の一貫かと思いました…(笑)。(←まだ中見てないけど、違う…よね? きっと…)

ある種、成功企業が祀る神様には違いないので…。



ランキング参加しています。ポチッと応援していただけると元気でます♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

 
いよいよ明日初日を迎えます、花組大劇場『ポーの一族』。みりおさん(明日海りおさん)のインタビュー記事が出ていました。

【華麗なる宝塚】明日海りお「ポーの一族」元日開幕 夢に住まわせてくれる漫画の力、「宝塚の舞台の上でも出したい」(1/4ページ) - 産経WEST
宝塚歌劇団花組トップ、明日海(あすみ)りお主演「ポーの一族」が来年1月1日、兵庫・宝塚大劇場で開幕する。昭和47年に1作目が発表されて以来、幅広い層を魅了する漫画家、萩尾望都(はぎお・もと)氏の不朽の名作を、演出の小池修一郎氏が初ミュージカル化。明日海は「組の皆のエネルギーがみなぎっている。“気”が大切なので、しっかりと引っ張っていきたい」と力強く語る。

で、気になるのがこのあたり。

【華麗なる宝塚】明日海りお「ポーの一族」元日開幕 夢に住まわせてくれる漫画の力、「宝塚の舞台の上でも出したい」(2/4ページ) - 産経WEST
稽古中、努力家の美しきトップの役作りに手応えを感じてか、演出の小池からはほぼ注文がなく、「心配しなくても大丈夫」と言われた。もっとも本人は「今までどの役もダメ出しの連続で、エンジンをかけていただいていたので、逆にとても心配」と己に厳しい。 「エドガーはふとした表情も人を引きつける。少年っぽさがありつつ、人より長く生きている落ち着きや達観など独特の雰囲気をかもしたいですね」。バンパネラが人のエナジー(血)を吸い取る場面は、「宝塚なので、ドラマチックに美しくセクシーに見えるように」とほほ笑んだ。
エドガーが血を吸う場面、原作通りにいくなら音くり寿ちゃんが吸われるのかな。「セクシーに見えるように」って!! 楽しみすぎます。

明日の夕方には「私もみりおさんに血を吸われたいです」って人が続出しているのかしら。どきどき。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ