初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:明日海りお


スポンサードリンク

 


花組トップスターのみりおさん(明日海りおさん)が、1月4日発売の雑誌「AERA」の表紙を飾っているそうです。撮影は蜷川実花さん。美しい。そしてポーみある。ポーみ? 『ポーの一族』感ね。

main

【創刊以来初!】宝塚“現役”トップスター明日海りおさんが「AERA」表紙に!撮影は蜷川実花|株式会社朝日新聞出版のプレスリリース
宝塚歌劇団で活躍したのち、俳優などとしてアエラの表紙に登場した方は多くいますが、「現役トップスター」の登場は初めて。創刊以来30年を迎える2018年に至ってやっと実現しました。

宝塚歌劇団全5組のなかでも「花組」のトップスターは、「女子たちの理想の男性像」を具現化した存在。その華やかさは、一瞬、セットの花々が色あせて見えるほどでした。  

中面のインタビューでは、1月1日から宝塚大劇場で上演される「ポーの一族」について、「男役には向かない」と悩んだ過去や自身がいまもあこがれ続ける宝塚の魅力などについて語っています。
「成功企業が祀る神様」特集の一貫かと思いました…(笑)。(←まだ中見てないけど、違う…よね? きっと…)

ある種、成功企業が祀る神様には違いないので…。



ランキング参加しています。ポチッと応援していただけると元気でます♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

 
いよいよ明日初日を迎えます、花組大劇場『ポーの一族』。みりおさん(明日海りおさん)のインタビュー記事が出ていました。

【華麗なる宝塚】明日海りお「ポーの一族」元日開幕 夢に住まわせてくれる漫画の力、「宝塚の舞台の上でも出したい」(1/4ページ) - 産経WEST
宝塚歌劇団花組トップ、明日海(あすみ)りお主演「ポーの一族」が来年1月1日、兵庫・宝塚大劇場で開幕する。昭和47年に1作目が発表されて以来、幅広い層を魅了する漫画家、萩尾望都(はぎお・もと)氏の不朽の名作を、演出の小池修一郎氏が初ミュージカル化。明日海は「組の皆のエネルギーがみなぎっている。“気”が大切なので、しっかりと引っ張っていきたい」と力強く語る。

で、気になるのがこのあたり。

【華麗なる宝塚】明日海りお「ポーの一族」元日開幕 夢に住まわせてくれる漫画の力、「宝塚の舞台の上でも出したい」(2/4ページ) - 産経WEST
稽古中、努力家の美しきトップの役作りに手応えを感じてか、演出の小池からはほぼ注文がなく、「心配しなくても大丈夫」と言われた。もっとも本人は「今までどの役もダメ出しの連続で、エンジンをかけていただいていたので、逆にとても心配」と己に厳しい。 「エドガーはふとした表情も人を引きつける。少年っぽさがありつつ、人より長く生きている落ち着きや達観など独特の雰囲気をかもしたいですね」。バンパネラが人のエナジー(血)を吸い取る場面は、「宝塚なので、ドラマチックに美しくセクシーに見えるように」とほほ笑んだ。
エドガーが血を吸う場面、原作通りにいくなら音くり寿ちゃんが吸われるのかな。「セクシーに見えるように」って!! 楽しみすぎます。

明日の夕方には「私もみりおさんに血を吸われたいです」って人が続出しているのかしら。どきどき。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


本日、都内で花組大劇場公演『ポーの一族』の制作発表が行われ、花組の明日海りおさん、仙名彩世あん、柚香光さん、演出の小池修一郎先生、原作の萩尾望都さんが出席されました。 
 
ゆきちゃん(仙名彩世さん)がポーツネル男爵夫人シーラなら、あきらくん(瀬戸かずやさん)演じるポーツネル男爵も制作発表に出てほしいなーと思っていたのですが、それは叶わず。まあ仕方ないけど。ポーツネル一家を一足早く見てみたかった。

ですが、倒れそうに美しい写真が届きました。これは…やばい。






▲ありがたや………!

▲なにげにこれ、一番聞きたかった情報ですな。


ニュース記事も出てきました。

明日海りお、『ポーの一族』エドガー役に原作者・萩尾望都「イメージ以上!」と大絶賛 (クランクイン!) - Yahoo!ニュース
明日海は「先生方とファンの皆さまにご納得いただけるものを作りたい。漫画というのは音声がないので、自分のイマジネーションをフル活用して演じたいと思います」と意気込みを語った。
“少女漫画の神”萩尾望都さん「ポーの一族」明日海りおのエドガー姿に「いやん、もう~」と大興奮 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
萩尾さんは、明日海のエドガー姿を見て「いやん、もう~、心臓ドキドキ。あまりにイメージ以上で。この世のものと思えない。素晴らしすぎ。頭がどこかにいってしまいそう」と自身が生み出したキャラクターを興奮して直視できないほど。 

 歌劇団を代表する演出家、小池氏が宝塚に入ろうと思ったきっかけが、今作の舞台化だった。30年近く前、偶然、喫茶店で萩尾さんと遭遇し「ファンです。いつか『ポーの一族』をやらせてほしい」と、アポなしの初対面にも関わらず、名刺を渡して“直訴”していた。
明日海りお、人気漫画が原作舞台に挑戦「イマジネーションをフル活用」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース
 初のミュージカル化にOKを出した萩尾さんは「私のイメージを超えた美しい世界が目の前に広がるのが予感できそうでドキドキ、ワクワクしています」とキャスト、スタッフにエールを送った。花組トップ娘役、仙名彩世と柚香光も出席した。
明日海りお、原作者の絶賛に「ホッ」…伝説のコミック「ポーの一族」舞台化 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 「ポーの一族」は漫画家・萩尾望都氏の伝説的コミックが原作。熱狂的ファンが多く、演出の小池修一郎氏は「『設定を変えたら、萩尾望都が許しても、わたしが許さない』という手紙をいただきました」と苦笑いで説明したほどだ。
▲手紙出してはいませんが、私も設定は変えてほしくないです(笑)。『銀河英雄伝説』と『るろうに剣心』の出来を忘れてはいないよ‥‥‥(←原作ファン的にどうなんだと思ったやつ)(特に銀英)。

明日海りお「ときめきの物語」ふん装姿で舞台PR (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
 明日海は「ときめきの物語が詰まった作品。舞台化の責任を感じて緊張するけれど、萩尾さん、原作のファンの方など、みなさんが納得できる作品をつくりたい」と話した。
▼お写真たくさん。 
明日海りお、『ポーの一族』エドガー役に原作者・萩尾望都「イメージ以上!」と大絶賛/2017年11月16日 - エンタメ - ニュース - クランクイン!
 明日海は、自身が演じるエドガーについて「すべてが魅力的。表情や目のさみしさ、後頭部に感じるオーラ…少年なのにセクシーで、惹きつけられる。それを私がどう表現していいか悩んでいます」と語る。しかし、この日の発表会の冒頭、本作の一部をパフォーマンスした明日海を観た萩尾は、その圧倒的な存在感に「心臓がバクバクして…。言葉にならない。イメージ以上でした」と絶賛していた。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


 

↑このページのトップヘ