初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:明日海りお


スポンサードリンク

 


本日、都内で花組大劇場公演『ポーの一族』の制作発表が行われ、花組の明日海りおさん、仙名彩世あん、柚香光さん、演出の小池修一郎先生、原作の萩尾望都さんが出席されました。 
 
ゆきちゃん(仙名彩世さん)がポーツネル男爵夫人シーラなら、あきらくん(瀬戸かずやさん)演じるポーツネル男爵も制作発表に出てほしいなーと思っていたのですが、それは叶わず。まあ仕方ないけど。ポーツネル一家を一足早く見てみたかった。

ですが、倒れそうに美しい写真が届きました。これは…やばい。






▲ありがたや………!

▲なにげにこれ、一番聞きたかった情報ですな。


ニュース記事も出てきました。

明日海りお、『ポーの一族』エドガー役に原作者・萩尾望都「イメージ以上!」と大絶賛 (クランクイン!) - Yahoo!ニュース
明日海は「先生方とファンの皆さまにご納得いただけるものを作りたい。漫画というのは音声がないので、自分のイマジネーションをフル活用して演じたいと思います」と意気込みを語った。
“少女漫画の神”萩尾望都さん「ポーの一族」明日海りおのエドガー姿に「いやん、もう~」と大興奮 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
萩尾さんは、明日海のエドガー姿を見て「いやん、もう~、心臓ドキドキ。あまりにイメージ以上で。この世のものと思えない。素晴らしすぎ。頭がどこかにいってしまいそう」と自身が生み出したキャラクターを興奮して直視できないほど。 

 歌劇団を代表する演出家、小池氏が宝塚に入ろうと思ったきっかけが、今作の舞台化だった。30年近く前、偶然、喫茶店で萩尾さんと遭遇し「ファンです。いつか『ポーの一族』をやらせてほしい」と、アポなしの初対面にも関わらず、名刺を渡して“直訴”していた。
明日海りお、人気漫画が原作舞台に挑戦「イマジネーションをフル活用」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース
 初のミュージカル化にOKを出した萩尾さんは「私のイメージを超えた美しい世界が目の前に広がるのが予感できそうでドキドキ、ワクワクしています」とキャスト、スタッフにエールを送った。花組トップ娘役、仙名彩世と柚香光も出席した。
明日海りお、原作者の絶賛に「ホッ」…伝説のコミック「ポーの一族」舞台化 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 「ポーの一族」は漫画家・萩尾望都氏の伝説的コミックが原作。熱狂的ファンが多く、演出の小池修一郎氏は「『設定を変えたら、萩尾望都が許しても、わたしが許さない』という手紙をいただきました」と苦笑いで説明したほどだ。
▲手紙出してはいませんが、私も設定は変えてほしくないです(笑)。『銀河英雄伝説』と『るろうに剣心』の出来を忘れてはいないよ‥‥‥(←原作ファン的にどうなんだと思ったやつ)(特に銀英)。

明日海りお「ときめきの物語」ふん装姿で舞台PR (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
 明日海は「ときめきの物語が詰まった作品。舞台化の責任を感じて緊張するけれど、萩尾さん、原作のファンの方など、みなさんが納得できる作品をつくりたい」と話した。
▼お写真たくさん。 
明日海りお、『ポーの一族』エドガー役に原作者・萩尾望都「イメージ以上!」と大絶賛/2017年11月16日 - エンタメ - ニュース - クランクイン!
 明日海は、自身が演じるエドガーについて「すべてが魅力的。表情や目のさみしさ、後頭部に感じるオーラ…少年なのにセクシーで、惹きつけられる。それを私がどう表現していいか悩んでいます」と語る。しかし、この日の発表会の冒頭、本作の一部をパフォーマンスした明日海を観た萩尾は、その圧倒的な存在感に「心臓がバクバクして…。言葉にならない。イメージ以上でした」と絶賛していた。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


 


みどころがありすぎて
毎日楽しい花組『ハンナのお花屋さん』。

今日は中継でご覧になる方も多いと思うので、
満を辞して(うそ)
(やっと)
明日海りおさん演じる
お花屋さんの店長・クリスの
絶対に見てほしいポイントのご紹介。

お芝居全体を通して、
クリスさんはめちゃいい感じで、
人間的にも尊敬できる店長なんですが。

どうやら恋愛ごとに関しては
なかなかうまくいかないようで(笑)。

店員からいろいろ弱点を指摘されたりします。

で、いよいよ最後は
若干ネタバレにはなりますが、
ハッピーエンドなので、
ゆきちゃん(仙名彩世さん)演じる
ミアとよい感じになって終わるわけです。

その、2幕のお芝居最後3分くらいの
クリスさんがもう!
かわいすぎて!
たまりません。

可愛くて仕方ないポイントは3つ。
  1.  パソコンを見てミアが訪ねてくると知り、ウキウキで家の中に入るクリス。足取り軽やかで、まるでスキップしているように入っていきます。かわいすぎる。
  2. ミアに猫の件を告白された時のクリス。「お願いがあるの」と切り出され、「なに?」と嬉しそうな顔をしてからの、口をあけてのポカン顔。めちゃ可愛いです。これは絶対に映ると思う。劇場ではクリスさんが下手を向いて立ってるので、上手席からはこの顔がちゃんと見えないのです。
  3. 最後の最後、テーブル越しにミアの手をにぎるクリス。自分の手の上にミアの手を重ねさせるのですが、幕が下りる直前くらいに、クリスの親指がミアの手の甲をトンってするのです。トンって時もあれば、ツイって時もあれば、スーって時もあるけど(笑)。とにかく最後にゆっくり親指を乗せる。それがたまらないです。ミアを愛おしいと思う気持ちが全部乗っかってる気がして。
中継にどのくらい映るかわからないけど、
ぜひぜひ見てみてください。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ