初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:明日海りお


スポンサードリンク

 


今日のスカステニュースで、花組のお稽古場情報が流れまして。みりおさん(明日海りおさん)とさおたさん(高翔みず希さん)が公演に関するお話をされました。

お芝居はどんな雰囲気がまだわからないけど、ショーに関してはかなり…いやほとんど全部の話をしてくれた気がします。

『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』

  • 天草四郎についての資料が少ないので、新たに原田先生オリジナルの設定が加わっている。
  • かいらぎという海の海賊、異国にも転々とするような荒々しい男(四郎)なところからスタート。
  • 天草四郎が天草に流れ着いて、天草の人々に出会う。天草の人は心が清らか。
  • さおたさんは、村の物知りなじいさん。
  • ミサの歌のところは神聖さと懐かしさもある素敵な場面。キリスト教の信仰は、今の私たちが思うものとは違うもしれない。
  • ただの百姓一揆とは違い、神にすがって救いを求めているところから四郎によって立ち上がるまでを描く。その過程を描くのが課題。
  • 天草と島原で藩主が違う。島原藩はちなつ(鳳月杏さん)。ちなつが本当にひどいことしている。ちなつのあんな役は見たことない(どんなひどいの!?)。
  • 徳川幕府の人、信綱(水美舞斗さん)は重要なポイントになってくる。
  • 光ちゃん(柚香光さん)演じる山田は、乱で一人生き残る。絵師。サンタマリアの絵を描いたりしている。ゆきちゃん演じるをモデルにしたルウを描いている。見つかったら身に危険が及ぶのにそれでもみんなのために描いている。そんな彼と四郎が出会い、天草のために立ち上がる。
  • どんなに弾圧されようと無抵抗のまま健気にひたすらに神に祈る姿を見て、四郎はもどかしさや憤りを感じる。死んで天国に行けても意味がない、自分たちの手でパライソを築こうよ、と。自分を救ってくれたみなさんを今度は自分の手で救いたい。タイトルにもなっている「メサイア」につながって行けたら。
  • 大ナンバーの曲も素晴らしいし、みんなの瞳や涙も素晴らしい。
  • 大階段で立ち回り。迫力を出そうという先生の発想。歴史のままいくと、そこで全員が死ぬ。悲しい場面だけど、感動してもらえるようなスリルと暖かさのある立ち回りになればいいな、と。
  • 四郎チームは袖なしアレンジ着物にロングブーツ。幕府の人は日本モノの着物。お侍さんの格好。

『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』

  • 次から次へともりだくさん。
  • 宝塚の古典的な場面と、新しい発想の場面が交互にくる。
  • 息つく暇がない。「ついてきてください(みりお)」
  • プロローグは怪しい。男女カップルで「シークレットガーデン」真夜中の舞踏会というイメージ。羽扇、盆も回る。
  • そのままラインダンスに。可愛いお花たちの蜜を、蜂さんのマイティ(水美舞斗さん)が吸って飛び回る。
  • 光ちゃんが傘をさしながらの場面。通行人として、警察官や買い物客、自転車で通る桜舞しおんくんなどが通る。天真みちるさん&新菜かほちゃんは大道芸人カップル。物売りのビック(羽立光来さん)。oguri先生の場面。おしゃれ。
  • ヤンさん(安寿ミラさん)振り付けの場面。みりおさんが伝説のマノレテというマタドール。ちなつロメロが作家としてその出来事を歌とセリフで語る。

  • 中詰は瀬戸さん(瀬戸かずやさん)で南国トロピカルな世界。曲はTUBEを歌い継ぎ、それが全員になったときに「HOT LIMIT」「HIGH PRESSURE」(いずれもT.M.Revolution)を歌い踊り、客席降り。




  • みりおさんが歌うバージョン、パッケージは売りきれなんですが。


    配信版はDLできます。
    hhttps://itunes.apple.com/jp/album/special-box-rio-asumi-single/1258049279

    これ、あれだよね、先生が「りお様的にもオールOK」って言わせたいだけだよね(笑)。

  • ローマの場面。グラディエーター・みりお(明日海りおさん)にローマの美女が絡む。一番の美女(!?)・柚香光さんと恋におち‥‥る!?
  • ガーシュインのメドレー。ゆきちゃん(仙名彩世さん)がミニスカスーツで男役をひきつれて、男役が大階段に並んでシルクハットにケーン。「 I got rhythm」から「Rhapsody in blue」に変化。
  • 若手男役のアイドルの場面。それぞれ「俺はこういう系男子だ」ってキャラがしっかりある。
  • フィナーレナンバー「エターナルガーデン宝塚」は、野口先生が「いまの宝塚我が心のふるさみたいなナンバーにしたい」と言ってたそう。
  • デュエットダンスはブーケを使った新しい感覚の場面。
なんかもうショー見た気がしてきたYO!(言い過ぎです)

楽しみだなー。だなー!

▼ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団ランキング

▼右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
格安国内旅行なら阪急交通社で!



▼その他の宝塚系ブログさんはこちらから。

 
花組の年末の振り分け、みりおさん(明日海りおさん)とゆきちゃん(仙名彩世さん)で、スペシャルステージ『Delight Holiday』になりました。

2018年 公演ラインアップ【舞浜アンフィシアター】<2018年11月~12月・花組『Delight Holiday』> | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
花組公演
■主演・・・明日海 りお、仙名 彩世
◆舞浜アンフィシアター:2018年11月30日(金)~12月9日(日)
一般前売:2018年10月13日(土) 座席料金:全席8,800円
※当初発表の公演スケジュールから変更(公演を追加)して上演いたします。

スペシャルステージ 『Delight Holiday』
作・演出/稲葉 太地

街中が煌めく、クリスマスを間近に控えたホリデーシーズンをテーマとした場面を中心に構成する、心躍る華やかなスペシャルステージです。明日海りおを中心とした花組メンバーが、客席と一体になって創り上げる夢の一時をお楽しみください。 エンターテイメントの一大拠点・舞浜にある大型シアター・舞浜アンフィシアターにて、宝塚歌劇が初めてお届けする作品となります。   
「スペシャルステージ」としか書かれていないので、ショーなのかコンサートなのか芝居もあるのかさっぱりわかりません(笑)。

みりコン(仮)とかいって、そんなのチケット激戦に決まってるだろーーーーと思ったら、舞浜アンフィシアターって、キャパ2170席もあるんですね。東京宝塚劇場と同じくらい。

客席 | 舞浜アンフィシアター
ステージを取り囲む客席は2,170席。前後の幅にゆとりをもたせた客席にはカップホルダーを備え、ドリンクや軽食を楽しみながらゆとりの鑑賞スタイルを提供します。
これなら、1枚くらいなんとかチケットゲットできるんではないだろうか…。

演出は稲葉先生。

みりおさんとは、2015年の『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』以来になるのかな?

先日のまいてぃ(水美舞斗さん)バウ『Senhor CRUZEIRO』も稲葉先生だったので、バウチームでめぼしい人を見つけたのでしょうか。



東京ディズニーランド、ディズニーシーの近く…終演後に遊びに行きたいねぇ。中の人も行きたいだろうねぇ(笑)。

宝塚初のアンフィシアター公演、クリスマスシーズン描く花組「Delight Holiday」 - ステージナタリー
宝塚歌劇花組「スペシャルステージ『Delight Holiday』」が11月30日から12月9日まで千葉・舞浜アンフィシアターで上演される。 明日海りお、仙名彩世らが出演し、作・演出を稲葉太地が担当する「Delight Holiday」は、クリスマスを間近に控えたホリデーシーズンをテーマに構成される作品。なお宝塚歌劇団が舞浜アンフィシアターで公演を行うのは今回が初となる。

宝塚花組トップ明日海りお主演舞台がTDRで上演へ - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M
 宝塚歌劇団は29日、花組トップ明日海りお主演の「スペシャルステージ Delight Holiday」(11月30日~12月9日)を、東京ディズニーリゾートにある「舞浜アンフィシアター」で上演すると発表した。同所での宝塚作上演は初めて。

▼ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団ランキング

▼右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
格安国内旅行なら阪急交通社で!



▼その他の宝塚系ブログさんはこちらから。

 

↑このページのトップヘ