初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:新人公演


スポンサードリンク

 


花組大劇場新人公演『ポーの一族』の感想の続き。

ジャン・クリフォード(本役・鳳月杏さん)の亜蓮くん(亜蓮冬馬さん)がすごくいいお芝居をしてた。

完全に、チャラい(笑)。チャラいお医者。

私が特に好きだったのは、頭に怪我を負ったエドガーがクリフォードに診てもらう場面。嫌味を言われて「10年経ったら言いたまえ」とかわし、そこにエドガーが「僕はこのまんまですよ」と返すのですが。クリフォードの”たわいもない話を軽く流すように言う”姿と、エドガーがそれを達観して「このまんま」と言う姿の対比がとってもよかったです。二人の間に100年の溝が見えた。

さらに、雷を避けるためにクリフォードとシーラが海辺の小屋に逃げ込む場面。雷を恐れたシーラがクリフォードに何度か抱きつくのですが。1回目は”おおっ”という感じだったのに対し、2回目は”これはもう完璧にイケる”って感じでいやらしくニヤッとした亜蓮くんがすごかった。

細かいところで強烈なインパクトを残していった亜蓮くんなのでした。

やっぱりお芝居うまいなぁ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング 

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。



花組大劇場新人公演『ポーの一族』。芸達者な下級生がたくさんいたのですが、今回気になったのは、アボット支配人(本役は和海しょうさん)を演じた101期のたつきちゃん(龍季澪ちゃん)

本公演でも今回はダブルトリオに入っているたつきちゃん。歌える子なんだなぁと思って見ていたのですが、新人公演で改めて「おお!」と感心しました。

2幕最初の「ホテル・ブラックプール」でまるっと1曲歌うのですが、冒頭の「Welcome to Hotel Blackpool」の発音がちゃんとしててまず驚く(笑)。

そして、ちゃんとミュージカルになってた! 

こんな言い方は失礼だとは思うけど、私は歌がうまいのと歌で芝居ができるのは違う能力だと思っていて。たつきちゃんは両方持ってる人でした。

歌を聴いているのだけど、脳内にお芝居として印象が残るというか。 言ってることが自然に入ってくる感じ。

とにかく、初めてちゃんとお歌を聞いたけれど、「おおお!」と思ったのでした。

今後の活躍も楽しみ。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング 

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。




 

 
昨日行われた花組大劇場新人公演『ポーの一族』のニュースまとめです。

花組新人公演『ポーの一族』 聖乃あすか堂々の初主演「ゴンドラが気持ちよかった」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
宝塚歌劇団花組新人公演「ポーの一族」が23日、兵庫・宝塚大劇場で行われた、主人公のエドガーには、入団4年目となる100期生の聖乃あすかが初主演した。本役のトップスター明日海りおは、原作である萩尾望都氏の同名漫画から抜け出したような、永遠の美少年ぶりを見せている。だが聖乃も明日海とはまた違った圧倒的美貌で、登場からファンの目を釘付けに。原作が多くのファンを持つだけに、通常の作品以上に“外見”を問われるが、難なくクリアした。

花組「ポーの一族」で4年目・聖乃あすかが初センター「人間じゃない素肌感を意識しました」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
 記念の第100期生・聖乃(せいの)あすかが、入団4年目で初主演。歌劇団の若手でも屈指の美貌を生かし、永遠の時を生きるさだめのバンパネラ(吸血鬼)の少年・エドガーを演じた。カーテンコールでは緊張の面持ちで「バンパネラとして懸命に生きるエドガーのように、私も一瞬一瞬を大切に、精いっぱい努力していきます」とあいさつした。

聖乃あすか初主演抜てき「新鮮さ楽しさを感じた」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
聖乃は「透明感を出そうと、今日は化粧の下地から研究しました」。明日海からは「リラックスして、ケガなくやれればいいから」と助言され、気持ちも軽くなったという。
 節目の100期入団で、同期ではすでに昨年9月、星組の極美慎(きわみ・しん)が新人公演のセンターに立っている。 
 100期生2人目の主演をゲット。センターの重みを実感したといい「一緒に(新人公演を)作ってきた仲間、先輩、スタッフさん、そして応援してくださるファンの方、たくさんの愛を強く感じました」と気を引き締めた。
 今回、相手役ヒロインを務めた城妃美伶(しろき・みれい)は、聖乃より3年先輩で、ヒロイン経験も豊富。主人公青年の義母役を演じ、大人の色香を漂わせる難役を情感たっぷりにこなした。 
 「(役柄に)なりきることができて、幸せです。ホッとしています」
 本役のトップ娘役、仙名彩世(せんな・あやせ)からは「体をバンパネラ(役柄の永遠の命を持つバンパイア)にしなさい」と難しいアドバイスを受け、たたずまいから研究して舞台に立った。
 城妃ら97期生は、今作で7年までの新人公演を卒業する。城妃は「ここまで(新人学年の)7年、皆さまに支えられ、感謝の気持ちでいっぱいです。明日からの本公演、東京での新人公演も、お稽古で芝居を深めていきたい」と話していた。

【宝塚歌劇】「漫画史上に残る名作」を熱演 宝塚・花組新人公演「ポーの一族」聖乃あすか(1/2ページ) - 産経WEST
 終演後の取材で聖乃は「明日海さんのエドガーには果てしなく遠いです」と反省しきり。もっとも、ラストシーンでゴンドラに乗って客席を見たときは「気持ち良かったです」とも。今作で改めて舞台に立つ楽しさ、新鮮さを知るとともに、「この役に出合い、誰かを思う優しい気持ち、周囲への感謝を感じることもできました」。収穫も大きかったという。
 本役の明日海からは「リラックスしてけがのないように」と言われた。“永遠の美少年”役ゆえ、容姿から細かく役作りをしている明日海から化粧法も学んだそう。「人間ではない役。透明感のある肌に見せるよう、ベースメークから研究しました」と話した。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


↑このページのトップヘ