劇場へ行くと、コアな方はオペラグラスを使って観劇しています。宝塚以外の舞台やコンサートなどで使い慣れている方は、どうぞお手持ちのオペラグラスを持ってご観劇ください。

個人的な感覚ですが、オペラグラスがあるといいなと思うのは、1階17列以降、2階7列以降くらいです。ですから、少し後ろの席のチケットを入手した場合は、オペラグラスがあるといいでしょう。劇場でもレンタルできますが、比較的安価ですので、今後も観劇しそうな場合は購入してもいいかもしれません。劇場でレンタルしてるオペラグラスはこちらです。8倍の倍率です。

Vixen 双眼鏡 アリーナH 8×21WP ダハプリズム式 8×21WP コンパクト 小型軽量 防水 ピンク 13503-5

ご覧いただけるとわかるように、組カラー(花はピンク、月はイエロー、雪はグリーン、星はブルー、宙はパープル)と同じカラーバリエーションで発売されています(笑)。

ただ、オペラグラス初心者の方には、いきなりオペラグラスでの観劇はちょっとハードルが高いかもしれません。オペラグラスを使う際のメリットは気になる人の顔や、舞台での小道具などがよく見えることです。でも、オペラグラスを使い慣れていないと、ピンポイントで見たいところを覗くのがなかなか難しいようです。さらに、オペラグラスで気になるスターの顔を見ているうちに、舞台の違うところで大事なお芝居が進んでいた…なんてこともよくあります。どうぞオペラグラスで夢中になりすぎないよう、ご注意ください(笑)。