初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:愛月ひかる


スポンサードリンク

 


いつも見出しに「感想(1)」とか書いてますが、(1)だけで終わることも多々あるので続き書いてない時はすいません。

滑り込みで、愛ちゃん(愛月ひかるさん)主演の日本青年館公演『不滅の棘』を観てきました。


観て、きました。

きました。

きました。

私、愛ちゃん好きなんです(いきなり告白)。

このあたりでやたら絶賛している。
限りなくエロいルキーニ、愛月ひかるさん。 : 初心者のための宝塚観劇講座

愛ちゃんの「ファーストフォトブック」メイキング映像にデレる。 : 初心者のための宝塚観劇講座 

なんか、私の周りは愛ちゃんに厳しい人が多いので、せめてブログでは盛大に讃えたいのです。

前々から語っているように、私は愛ちゃんが娘役さんと組んだ時の感じが好き。どことなく下心が見えるというか、どんな娘役さんと組んでいても、相手役さんに間違いなく一番の愛情を注いでいる感じというか、必ず自分のモノにしてやるみたいな感じというか。なんか生々しい感情が見えるところが好きなのです。

『不滅の棘』は、そんな愛ちゃんの生々しい感情が、さらに一段上がった表現になった感じがした。

『不滅の棘』はすごく雑に言うと、300年前にとある医者が、自ら発明した不老不死の薬を自分の息子である宮廷歌手を実験台にして飲ませ、不老不死となってしまった息子は女をとっかえひっかえしながら歌手として現代まで生きながらえているという話。

人は必ず死ぬ。

でも死なないとなったら?

ゴールの見えない道をどうやって走ればいいのか。

『ポーの一族』にも似たテーマではあるのだけど。

一人で生きていかざるをえない主人公エロールの寂しさみたいなものが、愛ちゃんの目の奥にずっとあってね…。

愛する人と息子が目の前から消え、一緒にいられなかったことを何年も経ってみんな死んでしまってから悔やむ姿とかね。

若い頃エロールと関係を持った(たぶん)おばあさん・カメリアが迫った時、ちゃんと相手をしてあげる悲しい優しさとかね。

生々しい感情の奥に、悲しさとか苦しさみたいなものがあって。

なんかすごく泣けた。

終演後は誰ともしゃべらずに、この感情をひとりでじっと味わいたいタイプの作品でした。

あ、それでタイトルに書いた「すんごいドリーム」ってなんだよって話ですよね。

作品中で、愛ちゃんがいろんな女性に言い寄られて、それを全部ちゃんと相手してあげてるのだけど。若い娘さんからおばあさんまで、わけ隔てなく相手してくれるんですわ。ちゃんとそれなりの愛情(同情かもしれないけど)を持って接してくれる。

こんなドリームってないよ! 

カメリアがエロールへのトキメキをずっと胸に抱いていること、気持ち悪がらずにちゃんと受け止めてくれる。

ドリーム中のドリームだよ!

ただ、最後にタチアナ(せいこちゃん/純矢ちとせさん)が”氷のベッドに寝かされてるみたいだった、がっかり!”みたいなこと言うので、相手をしてあげた先で何が起こっているのかは不明です(笑)。自分勝手でへたくそなのかもしれない(そういう言い方やめて)。

で。愛ちゃん、カッコイイところは普通に超絶かっこよかった(普通なのか超絶なのかどっちだ)。愛ちゃんの、ちょっとやりすぎ感のあるキザり方って、ほんのり花組っぽくもある。だからなんか好きなのかなー。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング 

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。





 


宙組の愛ちゃん(愛月ひかるさん)主演のDC公演『不滅の棘』、スタートしております。初日を観劇した友人が「案外おもしろかったよ!」と言っておりました。案外って……!


というわけで、ニュースまとめ。

20周年の宙組、愛月ひかる主演で始動 | ニュース | Lmaga.jp
173cmの長身に真っ白なスーツやコートが映える愛月は、1930年代のプラハに生きる有名歌手エロール・マックスウェルを、歌も聴かせながらクールに演じる。不老不死ゆえ虚無的で挑発的な言動を繰り返し、女性には魔性の顔も見せる一方、過去に唯一愛し合ったフリーダ・プルスへの想いを心に秘めている様を、特に終盤は切なさが滲む演技で魅せた。
確かに、宙組20周年イヤーがこの公演からスタートなんだわ。

宝塚宙組・愛月ひかるの初外部主演作「不滅の棘」開幕「歌のステップアップを!」 : スポーツ報知
 宝塚歌劇宙組3番手スター・愛月(あいづき)ひかるの外部劇場初主演作「不滅の棘(とげ)」が7日、大阪・梅田のシアター・ドラマシティで初日を迎えた。
 2014年9月のバウホール公演「SANCTUARY」以来、3年4か月の主演作。2003年の花組トップスター・春野寿美礼(はるの・すみれ)の主演作の再演で“永遠の命”を与えられたため、300年以上もすさんだ心で生きている男・エロールを演じた。愛月は「300年生きていても、昔の彼の純粋な部分がどこかにあれば、最後にグッと来るのでは」と役どころを語った。
3番手スターって書いてある…そういうことなのかな? そうなのかな? それならそれでいいんだけど…。

宝塚のニュース - 宝塚宙組・愛月ひかるの初外部主演作「不滅の棘」開幕「歌のステップアップを!」 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
 脚本・演出は「鳳凰伝」「王家に捧ぐ歌」などの木村信司氏。エロールは歌手でもあり、愛月は「木村先生が、初めて歌と芝居の融合を実現させた作品。いかに芝居からの連動で歌を歌うか。歌は確実にステップアップしていきたい」と、宙組20周年イヤーに、さらなる飛躍を誓った。

【華麗なる宝塚】愛月ひかる「不滅の棘」 自己中な「俺様」役、“やり過ぎない格好良さ”、「引き算の芝居覚え、成長したい」(1/3ページ) - 産経WEST
チェコの作家の戯曲「マクロプロス事件」をもとに、平成15年に初演された話題作の再演。主演で初東上する愛月は「東京公演主演は1つの目標でした。このタイミングで、この作品でできて、本当にうれしい」と話す。

私は観劇するの東京公演の最後のほうになりそうなので、楽しみにしてます。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング 

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。





今年の『タカスペ』は、ライブ中継を観劇してきました。(去年は雪組公演中だったので、タカスペは欠席でした)

今回はちゃんとした感想というより、覚書です。ついでに今年の観劇を振り返ったりしています。
  • 花組コーナーで、忘れかけていた『邪馬台国の風』を思い出した(笑)。
  • 今年の花組はいろいろ大変でしたよねぇ。
  • 光ちゃんが二番手ポジにいることに感動。
  • 花娘かわいい。
  • 華優希ちゃんかわいい。
  • 雪組コーナーのお衣装がピンクで、望海さんと真彩ちゃんがピンクで並んでるだけで泣けてきた。リアルに。雪組のトップさんになって嬉しいし幸せにやってるみたいなので喜ばしいけど、ことあるごとに「花だったら」と思ってしまう。まあ、仕方ないね。
  • ネモ船長再来。
  • 真彩ちゃんかわいい。
  • そうだ、どうでもいいけど生田先生、東西で公演する時は、毎回途中で改訂が入っちゃうけど(権力に負けたのかなーって感じの)、頑張って! 自分を信じて戦って!
  • 今年は『長崎しぐれ坂』だけ見に行けなかった、そういえば。
  • 結愛かれんちゃんかわいい(定期post)。
  • かれんちゃん見たさに不自然な方向を見つめるライブビューイング。
  • でも生の舞台ではないのでどんなに横向いても映ってないものは見えない。
  • 宙組はあれかね、パリ祭からの選曲が多かったのかな?
  • 『VIVA! FESTA!』楽しかったね。
  • そうそう、コーラスの中に私の好きな花宮沙羅ちゃんが。
  • 轟さんは調子が悪いのかと思った…。
  • けれど後半すごかった…。
  • トップ4人のトークがグダグダしてておもしろかった。
  • みりおさんの「あやちゃん」呼びな。
  • 望海さんが「あやちゃん」て呼ばれてるのを見ると、なんかこっちが照れる。
  • 私が見た回のお客様とのセリフ掛け合いコーナーは、たま様とお客様のオスアン。たま様がアンドレで、お客さんがオスカル。お客さんがノリノリでお芝居される方で、むしろアンドレやってもらいたかったw お上手でした。お客さんのほうが印象に残って、たま様がどんな芝居してたのか忘れました。
  • 娘役シャッフル、いつもは「やっぱりいつものコンビ最高だな」って思うんだけど。
  • だけど。
  • 望海さんとゆきちゃん(仙名彩世さん)のカップルが驚くほどしっくりきて…。
  • 望海さんと真彩ちゃん大好きだけど。大好きなんだけど。
  • ああ、ゆきちゃんいいなぁと思ってしまった。
  • 望海さんが、ゆきちゃんの表情に引っ張られるように包容力のある男な顔になってて。
  • そうだった、こういう顔が見たいんだったと。
  • 望海さんとゆきちゃんコンビで何か見たいなぁと思ってしまったのでした。
  • で、タイトルに書いた何が「残酷」なのかというと。
  • 『タカスペ』ってトップ二番手以外の生徒さんのポジションが、いやってほど明確になる場でもありまして。
  • 愛ちゃん(愛月ひかるさん)が。”ああ、このラインに入ったのか”という。あからさまなチームに組み込まれていて。「新人公演主演やって、そこそこのとこまで行ったけどトップ路線ではないのかな…」というポジションを私は勝手に「2.5番手」と呼んでいるんですが。そんな2.5番手ラインに入った気がした『タカスペ』でした。
  • 真ん中に立てるのは一人だけなので、その路線からはずれる人がいるのはいつもわかっていることなんだけど。その順番が大きく変わる瞬間に出くわすと、なんだかとてもさみしいというか、胸が締め付けられる思いがします。
  • いちおうまだ希望は捨ててないのだけど。どう組み替え妄想をしても、今のままでは行き場がない。
  • でもそうやって宝塚100年の歴史が紡がれ、数々のスターが生まれてきたんだよねぇ…。たくさんの涙や悔しさに支えられてきた舞台でもある。
  • という部分も含めて、私は宝塚が好きだと思いました。
というわけで、今年もよく観劇しました。

バックナンバー 2017年 | 宝塚歌劇公式ホームページ 

↑ここに掲載されている演目で観劇できなかったのは、『宝塚舞踊会』と『長崎しぐれ坂』。あとは全部観られました。出演者に拍手ですが、私も頑張った(笑)。

今年は久々に超えてはならない大台を超えてしまった(たぶん中日『星逢一夜』とACT『ハンナのお花屋さん』を観劇しすぎたせい)ので、来年は少し控えめに観劇しようと思ってみたり。でも、なるべく全部の公演を観劇したいと思っています。いつどこで、どんな輝く人に出会うかわからないからね!

年末年始は、未掲載の書きかけ記事を地味にアップしていると思います(笑)。

そして年明けは、花組『ポーの一族』からスタートです。

というわけで、ブログ自体はまだ年内も記事アップしていきますが、今年のシメっぽいのは今回で。今後ともどうぞよろしくお願いしますー!

なんて書いてる間に組み替え発表とか出たらどうしよう。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ