初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:原田諒


スポンサードリンク

 

 
花組次回大劇場公演『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』の先行画像が出ました(昨日)。

みりおさん(明日海りおさん)っ! 超絶かっこいい………!! しばらく『ポーの一族』で可愛い〜神秘的なみりおさんを見続けていたので、こういうちょっと黒い感じに飢えてました! ありがとうございます原田先生。

花組公演 『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
江戸時代初期、幕府による禁教令が発布された後も、九州・天草の地には数多くのキリシタンが隠れ住んでいた。そこに一人の男が流れ着く。自らの過去を多く語ろうとしないその男は、キリシタン大名だったかつての領主・小西行長の遺臣によって拾われ、四郎と名づけられた。周囲の人々に頑なな四郎だったが、一人の娘との出会いを通じてキリシタンの教えを知ることになる。その頃、肥前島原藩主によるキリシタン弾圧と過酷な年貢の取り立てに、民衆たちの我慢は限界に達していた。天草、そして島原の人々の為、立ち上がることを決意する四郎。はたして彼は真の救世主(メサイア)となり得たのか、そして人々の心に何を残したのか……?
 
さて。

よく考えたら、みりおさんが天草四郎だってことはわかったいたのだけど、じゃあ光ちゃん(柚香光さん)は何をやるんだって話ですよ。

あらすじに出てくる人は、「一人の娘」「小西行長の遺臣」「肥前島原藩主」「民衆たち」あたりなんですが、「一人の娘」がゆきちゃん(仙名彩世さん)であることはまあ想像できる。

では光ちゃんは。

みりおさんを拾って名前をつける光ちゃん。

キリシタン弾圧と過酷な年貢を強いる藩主・柚香光。

我慢の限界に達した民衆のリーダー的な男・光。
(イメージ。『星逢一夜』 の源太みたいな?)

さあどれだ。

(想像中)

怖い藩主か、野性味あふれる民衆がいいなぁ。

楽しみにしています。原田先生。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

 


本日、星組大劇場公演
『ベルリン、わが愛』『Bouquet de TAKARAZUKA』
が初日を迎えました。



お稽古場映像だと、
がっつりお芝居して
それぞれのキャラクターも際立ってて
なかなかおもしろそうだったけど、
どんな感じだったのでしょうか。

ちなみに、私が持っている
原田先生作品への印象は、
・物語はあんまり冒険しない
・そつなくまとめる
・役者を選ぶ
・うまくハマると盛り上がる
・クライマックスでめちゃ歌う
・男同士の関係性強め
という感じです(笑)。

では、ツイッターから
ちょっと感想を見てみましょう。










と、なかなかよさげ!
迫力なんかは、回数重ねるうちに
きっとさらに増していくんでしょうなぁ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
 

↑このページのトップヘ