初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:上田久美子


スポンサードリンク

 

 
昨日は午後からばたついていて
全然宝塚情報に触れてなかったんですが、
宙組次回大劇場公演『神々の土地』の
先行画像が出てましたね…。

宙組公演 『神々の土地』『クラシカル ビジュー』 | 宝塚歌劇公式ホームページ


うっすら雪をかぶった
まあ様(朝夏まなとさん)…。

で、よく考えたらまだ何も
ドミトリー・パヴロヴィチ・ロマノフ大公について
調べてないや…。

 ラスプーチン殺害 ドミトリ・パヴロヴィチ・ロマノフ - 名のもとに生きて 

こちらのサイトに
詳しく書かれておりました。
なんだかすごい人生。

上田久美子先生の手で
どんな作品になるのか…
楽しみです。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 


先日、こんなニュースが話題になりました。

米国人が会話の中で
最もいらだちを感じる表現のトップは
8年連続で「どうでもいい」


米国人がいらだつ表現は8年連続で「どうでもいい」=調査 | ロイター
米マリスト大学が21日発表した毎年恒例の調査によると、米国人が会話の中で最もいらだちを感じる表現のトップは8年連続で「どうでもいい」(whatever)となった。回答者の38%が、この表現にいらだつと回答した。

調査は1─9日に1005人を対象に実施。その結果、2番目にいらだつ表現は「悪気はないけど」(no offense, but)となり、5人に1人が最もいらだつ表現に挙げた。 3位は「だよね?」(Ya know, right)と「すごすぎ」(I can't even)で共に14%。「どでかい」(huge)は5位で8%が最もいらだつ表現に挙げた。

宝塚で「どうでもいい」と言えば、
正塚先生作品に必ず一度は登場する
(んじゃないかと思う)迷台詞!

(何の作品か思い出せないけど、
よく出てくる印象)

先日の『私立探偵ケイレブ・ハント』の中でも、
にわさん(奏乃 はるとさん)演じる
映画監督が「もう、どうでもいい」って
言ってましたよね〜。

初日のこの台詞聞いた時、
”ああ、正塚先生だわ…”って思ったもの(笑)。


ちなみに、雨宮的な統計では
上田久美子先生作品によく出る台詞は
子供に向かって大人が言う
「お前は賢い子だ」です。
『星逢一夜』の時は
「賢い子じゃ」だったっけな。

宝塚の主人公は
賢くなくてはならないのですな。
(まあ、ヒーローだしね)


ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



以前、このような記事を書きました。

初心者のための宝塚観劇講座 : 上田久美子先生の次回作はSF!?

現在上演中の『星逢一夜』が超高評価(雨宮的に)の上田久美子先生が、以前、次回作の構想を聞かれ、


「もしも人類が水星へ移住せざるを得なかったら、というSFもの」 


という驚きのプランを明かした件です。

先日、上田先生のインタビュー記事がネットニュースに掲載されていましたが、SF構想案、意外と本気かもしれません。

演出家・上田久美子、期待の「星逢一夜」で東京宝塚劇場デビュー(1/2ページ) - 産経ニュース 

なんすか、「パンクSFも書きたい」って! 


というか、上田先生、これまでいろんな意味でクラシカルな(「翼ある人びと」のベートーベンを除く。あの役はある意味パンクだ)作品が続いてきましたが、SFに「パンク」までつけてきたよ。思わず「パンク」の意味を再確認してしまいました。あれだよね、SEX PISTOLS的な。反体制的な。この「パンクSF」が思想的なものなのか、ファッションとか音楽的な(要するに舞台演出としてのパンク)ものなのかわかりませんが、お待ちしてます、パンクSF。宙組かな、宙組がいいな。




 



↓気に入ったらこちらを押していただけると嬉しいです!

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

朝日新聞デジタルの「月刊タカラヅカ」で、現在上演中の雪組『星逢一夜』が好評の演出家・上田久美子先生のインタビューが掲載されています。
http://digital.asahi.com/articles/ASH7N5198H7NPTFC00D.html  


記事の内容自体は「なるほど」と納得のものなんですが、見逃せないのが最後の一文。次回作の構想を聞かれて、上田先生はこう答えています。


「もしも人類が水星へ移住せざるを得なかったら、というSFもの」 

 
SFですか!? あ、でも「銀河英雄伝説」もある種のSFですし、別に宇宙人の話というわけではなさそうなので大丈夫か…(大丈夫ってなんだ)。

水星にはほとんど大気がない上、太陽に一番近く、昼は400度以上、夜はマイナス160度になる(人間にとっては)過酷な環境の星。 ただし極の地域では永久に太陽が当たらない場所が存在しているため、そこなら住めるかも。水や氷も発見されているそうです。それから、太陽の動きをもとに1日を数えるなら、水星での1日は地球での176日分。長いね、1日が。重力は地球の1/3程度。

ガチで移住する悲恋(←悲恋じゃなくてもいいけど悲劇的なやつ)でもいいですが、上田先生がコメディをやったらどうなるのか興味あります。

 




宝塚歌劇団 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ