初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:七海ひろき


スポンサードリンク

 


星組・梅田芸術劇場公演
マサラ・ミュージカル
『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』が
千秋楽を迎えました。


雨宮さんも2回ほど観劇してきました。
恐れていたアンコールのマサラタイムも
日替わりで教えてくれる生徒さんのおかげで
なんとか無事にクリア。
(ただし、「ハ リッパ!」のタイミングだけは
最後までうまくいかず)

1月の国際フォーラムホールCとは
一部キャストが変わって上演された
今回の梅芸版『オーム・シャンティ・オーム』。

1月は、プレお披露目ということもあって
お祝いムードでいい感じでしたが。

再演は、メインキャストの一人である
ムケーシュがかいちゃん(七海ひろきさん)に、
主役オームの親友であるパップーが
まおさん(麻央侑希さん)になるなど、
キャストが変わっての上演。

初演もおもしろかったのですが、
再演はこの二人の振り切り方がすごくて、
よりいっそうコミカルな作品になっていました。

かいちゃんのムケーシュは
パッと見ただけで
絶対的な「やなやつ」オーラが出てて、
紅さんチームとの
棲み分けがしっかりできてる。

ただし、イケメン(笑)。

まおさんは、すごくいい意味で
純粋バカなパップーだった。
紅さんとのバランスが
とってもいい感じがしました。

初演の時よりも、
こっちも気軽な気分で観劇できたなぁという印象。
楽しかったです。

帰りに無償にカレーが食べたくなって、
とりあえずカレーパン買って帰ったよね(笑)。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。


七海ひろきさん、バウ単独初主演
『燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-』が
初日を迎えました。
おめでとう、かいちゃん!!!



〈速報〉七海ひろき「愛してもらえる1年に」単独主演作開幕 - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M
 宝塚歌劇団星組の人気スター、七海(ななみ)ひろきが、兵庫・宝塚バウホールで、単独初主演作「燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-」の初日を迎えた。
 03年入団の七海にとって、単独では初めてのセンター。子供のころから時代劇、歴史好き。初主演ミュージカルで、戦国時代を代表する孤高の天才軍略家、竹中半兵衛にふんした。

七海ひろき「愛してもらえる1年に」単独主演作開幕 - BIGLOBEニュース
 七海は「生まれ変わりじゃないか」と言うほど、己の主張を貫いて生きた半兵衛に共感。自身は15年に宙組から星組へ移り、その星組では昨年末、北翔海莉(ほくしょう・かいり)の後任として、紅ゆずるが新トップに就き、新体制がスタートした。
 「昨年はいろんな思いが交錯した」と、変革の時期を振り返りつつ「私は私。他人にも、何事にも左右されない」との自身の原点にも立ち返った。
 そして迎えた新年、17年は初主演ミュージカルで幕開け。「あらためて、半兵衛のように人に左右されず、ただ単純に格好良さを追い求めていきたい。男役七海ひろきをたくさんの人に愛してもらえる1年に」と誓い、開幕を迎えた。

星組スター・七海ひろきの「竹中半兵衛」が開幕 : スポーツ報知
 戦国時代に、豊臣秀吉の天下統一への礎を築いた軍師・竹中重治(通称・半兵衛)の生き様を描く。岐阜県垂井町にある半兵衛の墓に、ヒロイン役の真彩希帆(まあや・きほ)とともに訪れた七海は「実在した人物をやるんだ、と感慨深く受け止めました。日本物ですが、すごくタカラヅカらしい作品。愛、友情、生きることを考えさせられる作品になっています」とPRした。
▼垂井町観光協会のTwitterにも応援コメント!



初日を見た方の感想など。






おまけ。




ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



かいちゃん(七海ひろきさん)登場の
『 Brilliant Dreams +NEXT#30』。

最終回のゲストは
紅ゆずるさんだったわけですが。
(二人で組んだアイドルユニット、
紅さんが異様にかっこよかった)
(うん、かっこよかった)

で、その紅さんへのかいちゃんの
プレゼント攻撃がすごかった(笑)。

まずは紅さんの女装のために、
ブレスレットとヘアアクセをプレゼント。

さらにサプライズで、
撮影現場でネックレスをプレゼント。

▼こちらのブランドのようです。
Cloche[クロチェ] : 天然石のジュエリー

▼案外ガチなお値段でびっくり。
Cloche|クロチェの通販|ELLE SHOP・(エルショップ) 

最後には紅さんに
手作りのブックカバーもプレゼント。 

かいちゃん…すごすぎる……。
相手のことをいろいろ思って
プレゼントを用意できるのって尊敬。

でもって、最後には 
紅さんからかいちゃんに
花束のプレゼント…。
しかも、かいちゃんの好きな
ブルーを基調にして、
アザラシのぬいぐるみ入り❤️

どちらの気遣いもすごい。 

宝塚ファンをやっていると、
ファンの中でもこういう
気遣いができる方にたくさん出会います。

ご贔屓へのプレゼントだけでなく、
お友達へのちょっとしたお礼とか
すごくあったかい気持ちになること
してくれる人が多いの。

こういう人になりたいなって
お手本になる方がたくさん。
……うん、なりたいです。

なんか、こういうところも含めて、
宝塚って好きだなぁ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 

 
昨日、

2017年1月12日(木)~ 1月23日(月)

宝塚バウホールで行われる

星組の七海ひろきさん主演

『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』の

一部配役が発表になりました。



キャスト | 星組公演 『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ 



竹中半兵衛が七海ひろきさん。

そして正室の”いね”が真彩希帆ちゃん\(^o^)/

わーい!



一応公式さんの解説には

「幼き頃より彼に寄り添い支え続けた

正室いね(得月院)との夫婦愛」

と書いてあるのですが、


さくっとググってみると…


「半兵衛はいねの元に寄り付かない」とか

「こずえ」という女がいたとか、

なかなかしょっぱい話も出てくる。


どうか、そこは宝塚ぽく

美しい夫婦愛になりますように…。


今日の記事は

いっぱい改行してみたんだけど 

どうなんだろう。

どっちが読みやすいのかなー。



改行してあるほうがいいよって方は、

ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 

 
Marisolオンラインにかいちゃん(七海ひろきさん)の記事が掲載されてましたー。だいぶ前にアップされたみたいですが

星組・七海ひろきさんのお気に入り『重版出来!』【宝塚スターのマイフェイバリット】Marisol ONLINE|女っぷり上々!40代をもっとキレイに。
そんな七海ひろきさんのマイ・フェイバリットは『重版出来!』。漫画誌の編集部が舞台の松田奈緒子の人気コミックでドラマ化もされた作品。
「ドラマと原作、両方おもしろくて、心に響くことがいっぱいありました。特にドラマ最終回の小日向文世さん演じるベテラン漫画家・三蔵山先生の言葉。『天才も凡人も年齢も性別も人種も国境も関係ない。必要なのは、おもしろい漫画を描くというその一念だ。私は私を諦めない』。彼は、一度は筆を折ろうとするのですが、最終回に生涯漫画家宣言をするわけです。彼の心からの決心にグッときました」
 登場人物それぞれにある心の葛藤が痛いほど伝わってきたという。 「漫画家さんを育てる編集者側の視点も興味深くて。才能とは何なのか。いい作品を売れる作品にするにはどうしたらいいのか。お客さまに喜んでもらうために一番大事なことは何なのか。出版業界のことはこれまで知らなかったのですが、クリエイティブなものを生み出す苦悩は、私たちの仕事と同じだなと思いました」




私もドラマ、見てました。コミックの編集さんって大変なんだなぁと思って。

よく、作品には編集者の意見も反映されてるなんて聞きますけど、宝塚はどうなんでしょうねぇ。関係者のみなさんは、どのくらい脚本に口をはさむんだろうか。たまに「これ、内部で誰も何も言わなかったの?」って脚本もありますが…。

普段、宝塚の原作もの以外はあんまり漫画を読まないのですが、かいちゃんのオススメなら読まないとですね(笑)。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ