初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:プレお披露目


スポンサードリンク

 


雪組全国ツアー 
『琥珀色の雨にぬれて』『“D”ramatic S!』を
観劇してきました。

お芝居もショーも、
望海さんの幸せそうな姿に
終始デレデレして帰ってきました。

うへへへへ。

 『琥珀色の雨にぬれて』

望海さんのクロードは、
とてつもなくピュアで。
シャロンのこと、
本当に純粋な目で見ていて。
こんな風に見つめられたら、
逆に心が苦しくなるんじゃないかと思うほどで。

ここ最近、個人的には
望海さんのお役にモニョっていたので
久しぶりに気持ちを寄せて
集中して見られる役がきたのも嬉しくて。

すごく大人の恋のようでいて、
実は初恋のような甘さがあり。

物語はクロードの回想によって始まるわけです。
シャロンと出会った時のことを
「妖精のようで、繊細で美しかった」と。

そうして舞台に現れた真彩ちゃん、
本当に妖精みたいで、
軽やかで、美しくて。

そんなシャロンを見て
うわぁ…!ってなってるクロードが
またなんともいえず可愛くて。

シャロンがクロードのこと
「まるで違う星に住んでる」って言うのを、
二人を隔てる言葉と思わず
彼女も同じ星の人間だと迷いなく思えたり。

あまりに当たり前に自然に
そして無意識に恋してるのが
たまらなく愛おしくて。

あの…最後まで観劇すると
実際はもっとたくさんの感想が
湧いてくるんですが。
文字にしようと思い出すと
どうしても最初のピュアな部分で
ニヤニヤして終わってしまい、
肝心な作品の感想がどうしても書けません(笑)。

とにかく、
望海さんのピュアさがすごすぎて、
幸せというか、ニヤニヤというか、
デレデレというかなんというか。

真彩ちゃん、
しっかりひとりで立っててくれて
本当にありがとう、というか(笑)。

書きながら、またしてもニヤニヤしている…。

ちょっといったん
望海さんのピュアさについて話すのやめて、
他の気になる雪組生について
ゆるい感想書きたいと思います。

離脱。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


一歩遅れて、望海さん&真彩ちゃんの
プレお披露目公演の雪組全国ツアー 
『琥珀色の雨にぬれて』『"D"ramatic S!』を
観劇してきました。

東京公演を終えた花組メンバーも
客席にはちらほら見えたりして、
なんかちょっと嬉しくなりました。

私は『琥珀』は見たことなくて、
ここまできたらまっさらな気持ちで挑もうと、
予習しないで参戦しました。

柴田先生らしい、ブワッと燃え上がる恋のお話。
ただし、一筋縄ではいけない障害あり。
美しい言葉づかい、美しいセリフの数々。

舞台セットも決して派手ではないけれど、
情景が浮かび上がって
その時代の空気が感じられる。

クラシックな宝塚ですが、
これはこれでいいなぁと再認識したのでした。

で。望海さん。
本当に本当にトップ就任おめでとう。
泣いた。

ずっと真ん中にいるんだもん。

たくさん歌ってるんだもん。

真彩ちゃんと二人、本当に幸せそうなんだもん。

正直、前は「望海さんがトップになれるなら
嫁なんていらない!」
くらいに思ってた時期もあったんですわ。

嫁はテーブルか金庫でいいわ!みたいな(笑)。

おまけに「望海さんが特定の女子と
ラブラブしてるのなんていや!」みたいな
痛いファン的なことを考えたことすらあり。

トップさんファンによくある(らしい)
「嫁にケチつける小姑」になるんじゃないかと
自分でも不安だったんです(笑)。

考えるのと見るのでは大違い。
前作の大劇場公演から
望海さんと真彩ちゃん、
ちょろっと組んでたので
もうそれで「ステキ!」「最高!」
ってなってはいたんですけども。

あんなに幸せそうな二人を見たら、
こっちも幸せしかないよ!

観劇中(特にショー)、
ずっとニヤついていました。

だって嬉しいんだもん。

真彩ちゃんも本当に綺麗で、
輝いて見えました。

これからもっともっと洗練されて
どんどん変身するんだろうなぁ。

とにかくいろいろ、幸せをもらった全ツでした。

お芝居、ショーの感想は次回。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

 
8月25日、雪組新トップスター
望海風斗さんのプレお披露目公演
『琥珀色の雨に濡れて』『“D”ramatic S!』が
スタートしました。


いやぁ、本当にトップさんになったのね…。
感慨深い。
幸せそうで本当によかった。
心の底からおめでとう。

望海さんと真彩ちゃん。
大好きな二人がコンビを組むなんて
最高すぎです。

(でも真彩ちゃんにもオペラ奪われて)
(望海さんをオペラで追う時間が減ったのは内緒)
(そうか、好きな人が二人同時に出ると)
(こうなってしまうんだな)
(想定外)

【宝塚歌劇団】雪組新トップ、望海風斗、プレお披露目公演初日(1/2ページ) - 産経WEST
望海は「新生・雪組のスタート、心よりうれしいです」と時に涙をみせながらも笑顔であいさつ。雪組恒例の客席との“掛け合い”では「新バージョン」を披露するなど、希望に満ちた船出となった。
 プレお披露目の初日。客席からの割れんばかりの拍手の中でのカーテンコール。望海は「(トップの証である)大きな羽根を背負った感想をここで言わせてください」と切り出した。「出てきた瞬間から、もう…」と言うと、感極まったのか天を仰ぎ、しばし沈黙。「こんな感じです。本当に幸せです。この気持ちを忘れず、舞台に立ちたいと思います」と笑顔で語った。

宝塚新生雪組「希望」の船出!望海風斗は大羽根に涙 - 芸能 : 日刊スポーツ
 無事に初日を終えると、望海は、トップの特権でもある大羽根を初めて背負い、感涙。今公演の取材時には、羽根への感想は「当日、感じたことをしゃべりたい」と封印していた。
 この日、実際に羽根を背負って客前に立つと「大羽根を背負って、ここに立たせていただき、感想を述べたいと思います」と口にしたが、その後は、目に涙を浮かべ、天を仰いだ。
 「あの…出てきた瞬間から…」と言葉を詰まらせた後に「こんな感じです。本当に幸せです」と言い、ファンに感謝した。
 また、その望海の相手役を務める新トップ娘役、真彩は「なんだか夢のようで…はい…。望海さんの隣に立たせてもらえる自覚と、幸せをかみしめて、精いっぱい頑張って、ついていきます」と話していた。

宝塚新生雪組「希望」の船出!望海風斗は大羽根に涙 - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M
 右手を前に出しグルリと大きく2度回し「希望!」。相手娘役の真彩希帆(まあや・きほ)との新トップコンビの名前から命名した新テーマと、ポーズを初披露。望海、真彩ら組メンバーも客席も、会場が一体となって、新ポーズに臨み、新生雪組の船出を祝った。
 雪組は、本拠地の動員記録を更新した前トップコンビ、早霧(さぎり)せいなと咲妃(さきひ)みゆが中心となり、雪組テーマ「絆」を生み出し、ファンから愛されてきた。
 宝塚では、組ごとにテーマがあるわけではなく、「絆」は、前コンビの熱さから生まれた偶然の産物だった。しかし、早霧からトップのバトンを受けた望海は、新生雪組でもテーマ設定を継承。その初日に「絆は早霧さんの大切な宝物として、心の中にしまっておいて、これからは…希望…でいきましょうか」とあいさつし、新テーマを明確に定めた。
 
真彩希帆と二人三脚で歩む希望の道/望海風斗 - 宝塚 ~ 朗らかに ~ - 芸能コラム : 日刊スポーツ
相手娘役に迎えた真彩とも「自然で、作り込まない芝居」を相談。真彩演じる魔性の女・シャロンへの思いも、自身の心を通して考える。
 「家に帰ってからも、今日1日の(けいこ場で真彩が演じる)シャロンのこと、考えて、様子を思い返してみたりしています」
 真彩も初演ヒロインの若葉ひろみに会い、役柄を学んできた。前トップコンビは「ちぎみゆ」と呼ばれ、劇団史上有数の名コンビとして名を残した。トップが相手娘役に対等の立場を求め、互いに手を取り合い成長した異色コンビだった。
 「娘役さんがすてきであってほしいし、堂々と立っていてこそ、お互い刺激を与えあえる。対等でいるためには、彼女(真彩)には相当なプレッシャーだと思う。でも気負わずやってほしい。1人より2人の方が心強いと思いますから」
雨宮さんは来週から全ツ参戦です。
だからまだあんまり感想見ないようにしてるの。
絶対泣くと思う(笑)。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ