初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『THESCARLETPIMPERNEL』


スポンサードリンク

 

 
昨日、星組大劇場公演
『THE SCARLET PIMPERNEL』の
新人公演が行われました。

2回めの主演となったぴーすけ(天華えまさん)と、
雪組から組み替えした有沙瞳ちゃん。

有沙瞳ちゃんは、星組にあってると思う!
雪組にはちょっと濃いと思っていたので、
さらに活躍できる場所に行けて
よかったなぁと思います。

宝塚星組・天華えまが「スカピン」で新人公演2度目のセンター「キラキラできたかな? : スポーツ報知
宝塚歌劇星組ミュージカル「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)」の新人公演が28日、兵庫・宝塚大劇場で上演された。
 今月で入団6年目に入った男役ホープ・天華(あまはな)えまが、前回の大劇場公演「桜華に舞え」に続いて2回連続の新公センター。定評のある歌唱力を生かし、本編を短縮しても1時間50分を超す大作を全力で完走した。カーテンコールでは「たくさんの人に支えられて『ひとかけらの勇気』を振り絞ることができました」と主題歌のタイトルに引っかけて感謝を述べ、「宝塚のために、星組のために、頑張っていきたい」と熱く誓った。

宝塚星組新人公演 天華えまが2度目の主演 紅ゆずるから激励「ドーンとやったらええねん」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
天華は前回の「桜華に舞え」に続く連続主演。同作はフランス革命後の動乱期を舞台に、罪のない貴族を助けようと立ち上がるイギリス貴族パーシーの活躍を描く痛快活劇。天華は透き通った歌声を響かせ、すっきりとしたヒーロー像でファンを魅了した。この日朝、一番にトップスターの紅(くれない)ゆずるから連絡を受け「キラキラして楽しむのが一番。ドーンとやったらええねん」などと背中を押され、好演につなげた。
 ところが、カーテンコールでは「自分一人では『ひとかけらの勇気』を振り絞ることはできませんでした。本当にたくさんの方の支えがあって振り絞れました」と、公演の主題歌「ひとかけら―」にひっかけあいさつすると感極まって涙声になる一幕もあった。
 また、ヒロインのマルグリットは同期で雪組から昨年12月に組替えしてきた有沙瞳(ありさ・ひとみ)が熱演。「東京公演に向けてもっと成長していきたい」と前を向いた。

天華えま「ドーンといったらええねん」に救われた - 芸能 : 日刊スポーツ
 さらには「今日は朝イチで(紅から)『キラキラ、楽しんで』ってメールもいただきました」とも。天華は無事に大役を終え「とても大事にされている役なのに、ああいう言葉で送り出してくれるさゆみさん(紅)の懐の広さ、大きさに感謝したい」と話した。

星組新人公演 マッハ文朱の長女・桃堂が代表であいさつ 主演天華「キラキラしました」/芸能/デイリースポーツ online
宝塚歌劇団星組新人公演「スカーレットピンパーネル」が28日、兵庫・宝塚大劇場で行われた。新人公演は初舞台から7年目までの生徒で上演。新人公演の最上級生として、元女子プロレスラーでタレントのマッハ文朱の長女・桃堂純(とうどう・じゅん)が「みんながひとかけらの勇気を持ち、全身全霊で演じました」と代表してあいさつした。

まだ大劇スカピン見れてないー。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 
いろいろ情報過多な今週。
紅さん、大劇場お披露目
初日おめでとうございます!



えーと、まだ全然情報追いきれてないのですが、
とりあえず見出しに
「ピコ太郎」という文字が踊りまくってる。

宝塚星組「スカーレット ピンパーネル」が開幕…ピコ太郎ネタも投入 : スポーツ報知
宝塚歌劇星組公演「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)」(潤色&演出・小池修一郎)が10日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。
 新トップコンビ、紅(くれない)ゆずる&綺咲愛里(きさき・あいり)の大劇場お披露目公演。演劇ファンに「スカピン」の略称で愛される名作で、宝塚では2008年の星組、10年の月組公演に続く7年ぶりの上演。紅は08年の新人公演で初主演しており、綺咲は10年の上演が初舞台作。深い縁のある作品で“新生星組”をアピールした。

宝塚星組新トップ・紅ゆずる お披露目公演でピコ太郎ネタも/芸能/デイリースポーツ online
劇中、ヒョウ柄の衣装を引き合いに、ピコ太郎のPPAPネタを盛り込むなど、従来のトップの枠に入りきらないコメディエンヌぶりを見せた。
 初日は立ち見まで出る盛況。演出家の小池修一郎氏は紅の魅力を「トップになると二枚目にこだわることが多いが、紅は違う」とそのコメディエンヌぶりを高く評価。その言葉通り、二番手の礼真琴(れい・まこと)との舞踏会の衣装のやり取りで「ヒョウ柄の上着とヒョウ柄のパンツで行ったらどうか」とPPAPの振りを入れるなど、大阪出身トップらしく、格好いいだけではなくお笑いのセンスも見せた。
 その一方で、見せ場では芝居と歌で魅了。小池氏も「舞台をけん引している」と称賛した。だが紅は「千秋楽に作品の成功が実感できてはじめて、夢がかなったと思える」と気を引き締めていた。

宝塚歌劇団のニュース - 紅ゆずる「ヒョウ柄の上着にヒョウ柄のパンツ ピコ太郎スタイルで行ったらどうだ」 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
本番前に行われた公開げいこでは、敵役のショーヴラン(礼真琴)相手に「ヒョウ柄の上着にヒョウ柄のパンツ…。ピコ太郎スタイルで(舞踏会に)行ったらどうだ」と、時事ネタ?も盛り込み関係者さえも笑わせた。

ああ、なるほど。舞台稽古で披露したネタなのですな。
てか、初日のネタはなんだったんだろ。
(あとで探してみよう)


初日直前まで、
紅さん体調あまりよくなかったんですね。

星組新トップ紅ゆずるお披露目、振幅ある演技で魅了 - 芸能 : 日刊スポーツ
 凛々しい立ち姿から正義感をあふれさせたかと思えば、笑いのセンスを生かしたお調子者演技。紅らしい初日となったが、実は、裏では厳しい闘いもあった。
 小池氏によると「2日ほど前から(紅の)のどの調子が悪くなった」という。けいこでの発声量をセーブさせるなどし、初日へ体調を整えてきた。
 無事に初日を迎え、小池氏は「熱も出たと言っていたので、風邪のようですが、今日は全力を出せていた」と話していた。


【宝塚歌劇団】衝撃! 紅ゆずる『PPAP』 星組の新トップ「ヒダまで“浪花魂”コミカルに」本拠地お披露目公演(1/2ページ) - 産経WEST
 娘役新トップの綺咲は、メークの力も借りて艶やかな大人の女性に。安定した歌唱を見せ、稽古をしっかりと積んだ成果がうかがえた。男役スター、礼は圧巻の歌唱力で信念を貫く男の熱さと恋に揺れるナイーブさで魅せた。
 
▼お写真はこちらから。
星組「スカーレット ピンパーネル」(2017年3月10日)/宝塚フォト/芸能/デイリースポーツ online  

新生星組\(^o^)/
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
先日発表になった星組『スカピン』
新人公演の主な配役。

星組『スカピン』新人公演主演に天華 えま&有沙 瞳 : 初心者のための宝塚観劇講座
遥斗 勇帆くんてノーマーク!
99期さんかぁ。
きっとお歌がうまいんでしょうね(推測)。

私、何を書いてるんでしょうかね。
昨年の新人公演で、がっつり見てました。

星組新人公演『こうもり』、新公とは思えぬクオリティで感動。 : 初心者のための宝塚観劇講座
遥斗 勇帆(オルロフスキー公爵(ロシアの皇太子)) 
やりすぎないおもしろさというか、真面目なおもしろさがよく出てました。

友人に
「遥斗勇帆くんって
ノーチェックだったわ」
と話したら、 
「ほら、新人公演で
マギーさんの役やった子ですよ」
と言われ。

ああああああああああ!
あの子でしたか!!!!

となりました(笑)。

うまかった。
そう、よく覚えてる。
専科の貫禄あった。

ノーチェックなんて言ってごめんね。
改めて…楽しみにしています。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 


星組大劇場公演『THE SCARLET PIMPERNEL』の
新人公演の主な配役が発表になりました。
ぴーすけ(天華えまさん)&有沙 瞳さん。
 
キャスト | 星組公演 『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
パーシヴァル・ブレイクニー【英国貴族。通称パーシー】 天華 えま
マルグリット・サン・ジュスト【元女優。パーシーの妻】 有沙 瞳
ショーヴラン【『スカーレットピンパーネル』探索のスパイ】遥斗 勇帆
マクシミリアン・ロベスピエール【フランス共和政府指導者】綾 凰華

遥斗 勇帆くんてノーマーク!
99期さんかぁ。
きっとお歌がうまいんでしょうね(推測)。
 
有沙 瞳さんのマルグリットも、
お歌が楽しみです。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
本日行われた
星組『THE SCARLET PIMPERNEL』
制作発表のニュースまとめです。

新トップ紅ゆずる「星組の良さ、伝統を受け継ぎ」 - BIGLOBEニュース
宝塚歌劇星組の新トップスター紅ゆずるが主演するミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」(3月10日〜4月17日=宝塚大劇場、5月5日〜6月11日=東京宝塚劇場)の会見が23日、都内で行われた。
 
星組新トップ・紅ゆずる、二面性を出したい|日テレNEWS24
 新トップスターの紅ゆずるとトップ娘役の綺咲愛里の披露公演で、2008年の星組による初演、10年の月組による再演に続く、7年ぶりの再々演。
 紅は「15年間、星組で培ったものをお披露目できると思います。皆さまのご期待に添えるように、まい進してまいりたいと思います」と、きりりとした表情で決意。綺咲も「星組の一員として、星組の娘役として、日々精進したいと思います」と誓った。
▼ことちゃん(礼真琴さん)の写真も。 
【星組】“生粋の星組っ子”紅ゆずる「培ったものをお披露目できたら」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
 2002年に初舞台を踏んだ紅は、これまで組替えがなく“生粋の星組っ子”で、「15年間、星組で培ったものをお披露目できたら。初日には皆さまのご期待に添える舞台をお見せできるように、邁進(まいしん)していきたい」と意気込んだ。綺咲も「初日まで稽古を重ね、紅さん率いる星組の一員として、星組の娘役として日々精進して参りたい」と誓った。
 
星組新トップ・紅ゆずる「しゃべらなければ利口に見える」と苦笑 その二面性も役柄に - BIGLOBEニュース
今回、演じるパーシーについて紅は、「二面性のある役柄だと思っております」と話し、「紳士な振舞いと正義感の強さをしっかり出していきたいなと思います」と力強く語る。演出の小池氏からは「笑いと憂いの部分の二面性」が紅自身の持ち味という発言もあったが、それについては「二面性はすごくあると思います。しゃべらなければとても利口に見えるとよくおっしゃっていただいて(笑)。でもしゃべらないということは私には無理なので…」と苦笑いしつつ、「今回は二面性がある役なので、自分自身の二面性も使っていきたいと思います」と話した。

(中略)

 そして「最近の若い子たちはちょっと引っ込み思案で、『みんなと一緒でなければ…』という考えがどこかあるのかなと感じています。一人ひとりがどういう思いで宝塚を志したのか、そういう初心をみんなに思い出してもらいたい」と後輩への期待を寄せた。そして「トップコンビの空気感は周りに伝わるもの。下級生たちに、二人がこういうふうにやってるから、じゃあこうしようと思ってもらえるようになりたいと思っています」とトップの自覚を滲ませた。

▼写真がたくさん。
星組新トップ・紅ゆずる「しゃべらなければ利口に見える」と苦笑 その二面性も役柄に/2017年1月23日 - 写真 - エンタメ - ニュース - クランクイン! 

いよいよ星組新トップコンビが
大劇場でお披露目なんだなぁと
感慨深いものがあります。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ