初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『THESCARLETPIMPERNEL』


スポンサードリンク

 


先日、やっとこさ星組
『THE SCARLET PIMPERNEL』を
観劇して参りました。

いやぁ、こんな『スカピン』観たことなかった。

初演の『スカピン』を観た時、
ものすごく衝撃的だったんです。
一幕が終わったところで
友人と「すごい作品がきたね!」って
興奮しながら話したのを
今でもはっきり覚えてる。
鳥肌が立つような感じというか。

だから、その時を越える衝撃は
自分にはもうないだろうなと
思っていたのです。

しかし。

紅さんの演じるパーシーは、
これまで観たことのないパーシーで。
(※雨宮さんは紅さんの新人公演主演観てないです)

興奮とはちょっと違うけど、
衝撃的だった(笑)。

まずは…奇人でした。

マルグリットの言うように、
「何を考えてるかわからないところ」が魅力。

まさに「その通り!」と納得する人物でした。

パーシーは、
マルグリットから見た部分だけをとってみれば
比較的まともなんです。

これまでは、このセリフの直前に
仮装のアドリブがあるから
マルグリットの「何を考えてるかわからない」に
なんとなく同意してましたが、
実はわりとまとも。

パーシーには、
彼女に見せてない顔がいろいろあって。
仲間への顔、正義の顔、グラパンとしての顔、
頭のキレるところ等々。
客席からはそのいろんな顔が全部見えてるので
「何を考えてるかわからない」の言葉に
これまでは納得していたのだけど。

マルグリットに見えている部分は、
わりとまともなんです。
(あくまでもパーシー当社比です)

ところが紅さんのパーシーは
マルグリットから見た部分だけでも
「何を考えてるかわからない」。

表情がコロコロ変わる。
冷たく突き放すわけではなく、
どちらかというと道化に走って
その場を逃れる。
その道化っぷりが尋常じゃない。

とんでもない男です(笑)。

そんな紅パーシーが、
実はものすごく愛に溢れていて
ある意味とても弱く
繊細な人間だとわかったのが
「祈り」。

妻に裏の顔があることがわかって、
信じられなくなってしまった時の曲。
それでも、この試練を
乗り越えようと歌うわけですが。

雨宮さんは基本的に、
紅さんのこういうところが好きみたいで。
(そういや、『アンナ・カレーニナ』の時も、
奥さんが浮気してるのを知った
旦那の気持ちで歌ってた場面が
すごくよかったのを
思い出したりして)

「祈り」という曲は、
ちょっとした加減で
マルグリットを憎むみたいに
聞こえちゃうのだけど
(※あくまで印象です)
紅さんのパーシーは
とにかくマルグリットへの愛があって
苦しい胸の内がビシバシ伝わってきた。
泣いた。

私は、この「祈り」の時のパーシーが
本当の本当の素顔で、
あとはもう、全部作った顔なんだと思ってる。
仲間に対しても、マルグリットに対しても。

その繊細な心を隠すために、
マルグリットに対しても
奇人になってしまうんじゃないかと思うんです。
一種の照れ隠しというか。
シャイなんでしょうね、パーシー。

で、これが最後の船上での結婚式の
パーシーの異様なほどの笑顔(笑)につながる。
全てから解放されて、
妻を信じることができて、
本当の本当の心の底からの喜びを得る。

嗚呼、『スカピン』って
愛の物語だったんだなと再認識。

これまでの印象は、
冒険活劇というか、
革命パワーの印象も強くて。
愛の物語が前面に出てる
感じじゃなかったので、
紅さんの愛情表現が
私にはとても衝撃的で。
『スカピン』の新しい解釈ができて
とても面白かったです。

パーシーの話だけで
長くなってしまったので、
他の人物についてはまた。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
 


5月5日に初日を迎えた
星組東京公演『THE SCARLET PIMPERNEL』。
ニュース等々まとめ。
紅さんが幸せそうでなにより。

宝塚歌劇団:星組の東京公演初日 新トップスター紅ゆずる、大階段「絶景」(スポニチ) - 毎日新聞
宝塚歌劇団の星組公演「スカーレット ピンパーネル」が5日、東京宝塚劇場で初日を迎え、星組新トップスターの紅ゆずると新トップ娘役の綺咲愛里が通し稽古に参加した。フランス革命時代のヨーロッパを舞台にした冒険活劇で、新トップコンビは東京お披露目となる。



紅ゆずる「孤独かも知れませんが絶景です」 宝塚新トップコンビが東京お披露目/芸能/デイリースポーツ online
 宝塚での同作の公演は7年ぶり、新トップコンビの東京初お披露目となる。紅はトップとして舞台に立つことに「とても孤独だと言われていますが、何と美しい景色なんでしょう。孤独なのかも知れませんが、トップじゃなきゃ見ることができない。毎日、絶景です」と超前向きなコメントを口にした。
 紅は綺咲とのコンビにも「上っ面のコンビは嫌なので、話し合っていきたい」と表明すると、綺咲も「ついていこうと思っています」と紅を支える決意を明かした。

宝塚星組紅ゆずる、新トップお披露目公演で景色堪能 - 芸能 : 日刊スポーツ
リーダーのパーシー役の紅は大きな羽根を着けて大階段を下りた感想を聞かれ「何て美しいだろうと思った。トップにならないとこの景色は見られない。毎日絶景を眺めています」。

紅ゆずるが見せるひとかけらの勇気!綺咲愛里と「本音で話し合えるコンビに」 - ステージナタリー
通し舞台稽古後に行われた囲み取材には、紅と綺咲が出席。2008年の星組新人公演でも同役を務めた紅は「新人公演では、安蘭さんというお手本の後を追っていましたが、今回は本役として自分なりに膨らませて、パーシーのおちゃらけにも意図があるということを、お客様にしっかりと伝えられればと思います」と意欲を見せ、相手役を務める綺咲は自身の役づくりについて、「マルグリットは大人っぽい女性だが、恋心をくすぐるようなかわいらしさが出せるよう大切に演じたい」と思いを語る。
フィナーレで披露される綺咲とのデュエットダンス時の心境について問われた紅は「心から綺咲をかわいいと思っています」と力強く回答。「上面ではなく、日頃から本音で話し合えるようなコンビになれたら」と抱負を述べるとともに、「組子ともなんでも話し合える関係になりたい。みんなで一つの組なので、私も頼りたいですし、組子にも頼ってほしいです」と胸中を明かした。

【星組】紅ゆずる、初ステージに「絶景」 綺咲愛里と宝塚新トップお披露目 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
トップ娘役の綺咲とのコンビに「上っ面なコンビは嫌なので、日頃から本音で話し合っていきたい」と抱負。綺咲も「ついていきます」と“相思相愛”だった。

星組新トップ紅ゆずる&綺咲愛里 お披露目公演「スカーレットピンパーネル」開幕:芸能・社会:中日スポーツ(CHUNICHI Web)
 囲み取材では劇中の結婚式の衣装で綺咲とツーショットにおさまった。紅は「宝塚で結婚したと思っているので、この姿を見ていただきたかった」と理由を挙げ「何でも話し合えるコンビになりたい。間口を広くして綺咲を受け止めたい」と男らしく宣言。綺咲は「心からドキドキしています。幸せです」とはにかんだ。

囲み取材に出席された方のツイートでも。
お二人の絆も深そうで、
とてもいい感じです。



にしても紅さん、「結婚」て… 。
なんか…テレる(*´∇`*)
(私が言われたわけじゃないのにね) 
(なんかドキドキしちゃうよね)
(紅さんて、こういうこと言っちゃうキャラだったのか)
(好きです)

最後に、紅さんのロングインタビュー。
これまでのこと、たくさん語られてます。
読んだら紅さんのこと、もっと好きになるよ。

【宝塚歌劇】星組、紅ゆずるは美形とお笑い両立の異色のトップ 「スカピン」で、いよいよ東京お披露目! (1/7ページ) - 産経ニュース
 「清く正しく美しく」に“面白く”まで備わった前例なきトップスター、星組の紅(くれない)ゆずる。いよいよ5月5日から、東京宝塚劇場(東京都千代田区)でのお披露目公演「スカーレット ピンパーネル」(以下スカピン、小池修一郎潤色・演出)が開幕する。クールな美貌を裏切る面白トークで、今の心境を語る。
 
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
昨日、星組大劇場公演
『THE SCARLET PIMPERNEL』の
新人公演が行われました。

2回めの主演となったぴーすけ(天華えまさん)と、
雪組から組み替えした有沙瞳ちゃん。

有沙瞳ちゃんは、星組にあってると思う!
雪組にはちょっと濃いと思っていたので、
さらに活躍できる場所に行けて
よかったなぁと思います。

宝塚星組・天華えまが「スカピン」で新人公演2度目のセンター「キラキラできたかな? : スポーツ報知
宝塚歌劇星組ミュージカル「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)」の新人公演が28日、兵庫・宝塚大劇場で上演された。
 今月で入団6年目に入った男役ホープ・天華(あまはな)えまが、前回の大劇場公演「桜華に舞え」に続いて2回連続の新公センター。定評のある歌唱力を生かし、本編を短縮しても1時間50分を超す大作を全力で完走した。カーテンコールでは「たくさんの人に支えられて『ひとかけらの勇気』を振り絞ることができました」と主題歌のタイトルに引っかけて感謝を述べ、「宝塚のために、星組のために、頑張っていきたい」と熱く誓った。

宝塚星組新人公演 天華えまが2度目の主演 紅ゆずるから激励「ドーンとやったらええねん」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
天華は前回の「桜華に舞え」に続く連続主演。同作はフランス革命後の動乱期を舞台に、罪のない貴族を助けようと立ち上がるイギリス貴族パーシーの活躍を描く痛快活劇。天華は透き通った歌声を響かせ、すっきりとしたヒーロー像でファンを魅了した。この日朝、一番にトップスターの紅(くれない)ゆずるから連絡を受け「キラキラして楽しむのが一番。ドーンとやったらええねん」などと背中を押され、好演につなげた。
 ところが、カーテンコールでは「自分一人では『ひとかけらの勇気』を振り絞ることはできませんでした。本当にたくさんの方の支えがあって振り絞れました」と、公演の主題歌「ひとかけら―」にひっかけあいさつすると感極まって涙声になる一幕もあった。
 また、ヒロインのマルグリットは同期で雪組から昨年12月に組替えしてきた有沙瞳(ありさ・ひとみ)が熱演。「東京公演に向けてもっと成長していきたい」と前を向いた。

天華えま「ドーンといったらええねん」に救われた - 芸能 : 日刊スポーツ
 さらには「今日は朝イチで(紅から)『キラキラ、楽しんで』ってメールもいただきました」とも。天華は無事に大役を終え「とても大事にされている役なのに、ああいう言葉で送り出してくれるさゆみさん(紅)の懐の広さ、大きさに感謝したい」と話した。

星組新人公演 マッハ文朱の長女・桃堂が代表であいさつ 主演天華「キラキラしました」/芸能/デイリースポーツ online
宝塚歌劇団星組新人公演「スカーレットピンパーネル」が28日、兵庫・宝塚大劇場で行われた。新人公演は初舞台から7年目までの生徒で上演。新人公演の最上級生として、元女子プロレスラーでタレントのマッハ文朱の長女・桃堂純(とうどう・じゅん)が「みんながひとかけらの勇気を持ち、全身全霊で演じました」と代表してあいさつした。

まだ大劇スカピン見れてないー。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 
いろいろ情報過多な今週。
紅さん、大劇場お披露目
初日おめでとうございます!



えーと、まだ全然情報追いきれてないのですが、
とりあえず見出しに
「ピコ太郎」という文字が踊りまくってる。

宝塚星組「スカーレット ピンパーネル」が開幕…ピコ太郎ネタも投入 : スポーツ報知
宝塚歌劇星組公演「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)」(潤色&演出・小池修一郎)が10日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。
 新トップコンビ、紅(くれない)ゆずる&綺咲愛里(きさき・あいり)の大劇場お披露目公演。演劇ファンに「スカピン」の略称で愛される名作で、宝塚では2008年の星組、10年の月組公演に続く7年ぶりの上演。紅は08年の新人公演で初主演しており、綺咲は10年の上演が初舞台作。深い縁のある作品で“新生星組”をアピールした。

宝塚星組新トップ・紅ゆずる お披露目公演でピコ太郎ネタも/芸能/デイリースポーツ online
劇中、ヒョウ柄の衣装を引き合いに、ピコ太郎のPPAPネタを盛り込むなど、従来のトップの枠に入りきらないコメディエンヌぶりを見せた。
 初日は立ち見まで出る盛況。演出家の小池修一郎氏は紅の魅力を「トップになると二枚目にこだわることが多いが、紅は違う」とそのコメディエンヌぶりを高く評価。その言葉通り、二番手の礼真琴(れい・まこと)との舞踏会の衣装のやり取りで「ヒョウ柄の上着とヒョウ柄のパンツで行ったらどうか」とPPAPの振りを入れるなど、大阪出身トップらしく、格好いいだけではなくお笑いのセンスも見せた。
 その一方で、見せ場では芝居と歌で魅了。小池氏も「舞台をけん引している」と称賛した。だが紅は「千秋楽に作品の成功が実感できてはじめて、夢がかなったと思える」と気を引き締めていた。

宝塚歌劇団のニュース - 紅ゆずる「ヒョウ柄の上着にヒョウ柄のパンツ ピコ太郎スタイルで行ったらどうだ」 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
本番前に行われた公開げいこでは、敵役のショーヴラン(礼真琴)相手に「ヒョウ柄の上着にヒョウ柄のパンツ…。ピコ太郎スタイルで(舞踏会に)行ったらどうだ」と、時事ネタ?も盛り込み関係者さえも笑わせた。

ああ、なるほど。舞台稽古で披露したネタなのですな。
てか、初日のネタはなんだったんだろ。
(あとで探してみよう)


初日直前まで、
紅さん体調あまりよくなかったんですね。

星組新トップ紅ゆずるお披露目、振幅ある演技で魅了 - 芸能 : 日刊スポーツ
 凛々しい立ち姿から正義感をあふれさせたかと思えば、笑いのセンスを生かしたお調子者演技。紅らしい初日となったが、実は、裏では厳しい闘いもあった。
 小池氏によると「2日ほど前から(紅の)のどの調子が悪くなった」という。けいこでの発声量をセーブさせるなどし、初日へ体調を整えてきた。
 無事に初日を迎え、小池氏は「熱も出たと言っていたので、風邪のようですが、今日は全力を出せていた」と話していた。


【宝塚歌劇団】衝撃! 紅ゆずる『PPAP』 星組の新トップ「ヒダまで“浪花魂”コミカルに」本拠地お披露目公演(1/2ページ) - 産経WEST
 娘役新トップの綺咲は、メークの力も借りて艶やかな大人の女性に。安定した歌唱を見せ、稽古をしっかりと積んだ成果がうかがえた。男役スター、礼は圧巻の歌唱力で信念を貫く男の熱さと恋に揺れるナイーブさで魅せた。
 
▼お写真はこちらから。
星組「スカーレット ピンパーネル」(2017年3月10日)/宝塚フォト/芸能/デイリースポーツ online  

新生星組\(^o^)/
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
先日発表になった星組『スカピン』
新人公演の主な配役。

星組『スカピン』新人公演主演に天華 えま&有沙 瞳 : 初心者のための宝塚観劇講座
遥斗 勇帆くんてノーマーク!
99期さんかぁ。
きっとお歌がうまいんでしょうね(推測)。

私、何を書いてるんでしょうかね。
昨年の新人公演で、がっつり見てました。

星組新人公演『こうもり』、新公とは思えぬクオリティで感動。 : 初心者のための宝塚観劇講座
遥斗 勇帆(オルロフスキー公爵(ロシアの皇太子)) 
やりすぎないおもしろさというか、真面目なおもしろさがよく出てました。

友人に
「遥斗勇帆くんって
ノーチェックだったわ」
と話したら、 
「ほら、新人公演で
マギーさんの役やった子ですよ」
と言われ。

ああああああああああ!
あの子でしたか!!!!

となりました(笑)。

うまかった。
そう、よく覚えてる。
専科の貫禄あった。

ノーチェックなんて言ってごめんね。
改めて…楽しみにしています。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 

↑このページのトップヘ