初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『MEANDMYGIRL』


スポンサードリンク

 


本日、東京公演『ME AND MY GIRL』を観劇してきました。マイ楽。一週間ぶりに花組を観劇したら、アドリブが尋常じゃない量に増えていて、めちゃ笑いました\(^o^)/ 覚えきれないほどのアドリブ…脳内レコーダーがあったら全部録画しておきたかったです。もう、花組さん最高。

「抜け穴」のくだりで、ジャスパー・トリング卿(夕霧らいさん)が

「この屋敷に抜け穴なんてありましたかな〜だいもんだいだなぁ」

と言ったので、この流れはまさか…と思ったら、どうやら望海風斗さんご観劇だった模様。 

さらに二幕の図書館でまたしてもジャスパー・トリング卿が

ふーとばされる!」

とマントにくるまれて退場されとりました(笑)。

これは大劇場で望海さんがご観劇された時と同じですな。
望海さんが『ミーマイ』観劇で、アドリブがだいもんまつり。 : 初心者のための宝塚観劇講座

ほかにこんなアドリブも仕込まれていたようです! 雨宮さんはあさっての方向を見ていたらしく、全く気付かず…。



で、雨宮さんのどうしようもない記憶力でかろうじて覚えているその他の場面。

*サリーが「ビル、なにするなにするなにする? ねえなにするなにする?」ていうと、ビルは「19回も聞くなよぉ」。

*「お嬢様にシェリーを」と言われたサリーが「サリー?」。ビルが「シェリーだよ。サリーは飲まないだろ?」って(笑)。

*光ちゃん(柚香光さん)ジャッキーが、前に見た時より数倍ぷんすかしてて可愛かった。

*「PTO」はビルいわく、「パーチェスター ときどき おもしろい」。でもパーちゃんの帰り際に「ときどきじゃなくて、いつもおもしろいよ」とフォローしてました。優しい。

*「太陽が帽子をかぶってる」のとこ、上手の前のほうに帆純まひろくんと華優希ちゃんという、俺得カップルが踊っているせいで、ほかの人を見られなかった………。

*ここでいつも、こりのちゃん(美花 梨乃さん)がまひろくんに絡みにくるんだけど、こりのちゃんは一幕冒頭のビルがお屋敷に来る前もメイドでまひろくんに絡んでるの。なので、個人的には「こりのちゃんはまひろくんのこと好きなんだぁ」と生ぬるく見守ってます(笑)。

*二幕のジェラルドの「僕は君が好きだ」からのジャッキーとのくだりが、めちゃくちゃ自然なカップルの会話で、すんごいよかった。今まで一番好き。そのあとジャッキーがボールを叩いて「くそっ」っていうのがガチ男子でおもしろかったです(笑)。

*そういや幻想の場面でまひろくんとみれいちゃん(城妃 美伶さん)のカップル、公演初期はみれいちゃんが街灯の影に隠れてまひろくんが「あれぇ?」って探してたのに、いつからか、みれいちゃんが隠れたのを知ってるまひろくんが「隠れたの知ってるけど、見失って探すふり」をするようになったのよね。

そんなこんなで、まひろ充した花組マイ楽でした。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


花組東京新人公演『ME AND MY GIRL』を7月7日、見てきました。今さらですが感想を。

大劇場新人公演とはメインキャストの2人が演じる場面が違ったり、役替わりがあったりで、脳内で1本にくっつけたり別の組み合わせ考えたりしながら見てきました(ややこしい)。

いい新人公演でした。

ひとことでいいますと、「とてもいい新人公演でした」。

新人公演の感想って、いろいろあると思うのです。成長してた、あの子の声を初めてきいた、こんな子がいたなんてびっくり、などなど。で、そういうのをひっくるめてみんな言うのは「いい新人公演でした」。今回、本当にいい新人公演でした。

綺城ひか理さんのビルが本当に素敵だったのです

今回は、大劇場とは反対であかちゃん(綺城 ひか理さん)と音くり寿ちゃんが一幕のビル&サリーを演じました。

一幕のほうが二人の絡みが多いので、どういうカップルを演じたかったのかがよくわかるのですが、まあこの二人、本当に素敵でした。

今回の新人公演まで、あかちゃんがこんなにセリフをしゃべり、歌い、踊るところを見たことがなかった。本公演でも「どこに出てたっけ?」って積極的に探さないと見つけられないくらい(街頭の灯りつけてます)。なので正直なところ、期待のしようもないし、むしろ「なんであかちゃんなんだろう?」くらいに思う部分もありました(失礼)。

それがね。ものすごく愛のあるビルだったの!

本当にサリーのことが大好きで大事で離れたくなくて、サリーと一緒にいるためにはどうしたらいいか、何をおいても一番に考えてるビルだった。

本当に素敵でした。ハットトリックだったりいろんな段取りもほぼ問題なくクリア。ソファででんぐり返ししてハットかぶるのもうまくいきました(お稽古では1/2の確率でしかできなかったんだそう)。しかもソファから降りてそのまま下手のフラワースタンドごと袖ギリギリまで突進して、マリアに「戻して、そこにシルシしてあるでしょ」って言われるアドリブつき。おもしろかったです。

音くり寿ちゃんは、大劇場と変わらずうまい。女に嫌われない女を演じるのが本当にうまい。一幕のサリーって、一歩間違えばちょっとイヤな子になっちゃうんだけど、音くり寿ちゃんはギリギリのところでフッと素直な女の子の顔を見せてくるんです。それまで「この子なに!?」と思っていても、ここで急に見ている自分の懐にすっと入ってくる。感情移入しやすい女の子を演じてくれるなぁと思って見てました。あとは、お化粧でもっと可愛くなれるはず!

二幕は優波くん(優波 慧さん)とみれいちゃん(城妃 美伶さん)のカップルがビル&サリーを演じました。

優波くんのビルは、リアル男子系。あかちゃんのビルが少女漫画の男の子なら、優波くんはEXILEっていうか(笑)。この感じわかってもらえるかなぁ。 男子が女子にウケようとカッコつけてる感じというか。そういう男子が好きな人は、優波くんのビルはタイプなんじゃないかと思います\(^o^)/

みれいちゃんは、地毛で勝負してきた! 大劇場はカツラだったよね? どうして地毛にしたんだろう。でも似合ってました。 

まひろジェラルドが可愛すぎる件

個人的に楽しみにしていたのは、聖乃くん(聖乃あすかさん)のジャッキーと、まひろくん(帆純まひろさん)のジェラルド。

聖乃くんは素顔も可愛いし、男役の時も可愛いし(いい意味で)、とにかく可愛いのに、女役をやるとどうしたあんなに大女感が出るんだろう(°_°) 髪の毛のラインと、ジャッキーのドレス首まわりのラインがつながって見えて、ちょっとすっきり感がなかったかも。どうにもそこが残念でした。首もとがすっきりしてたら、もうちょっと華奢なジャッキーになれた気がする。動きは固かったのですが、育ちのいい感じのジャッキーでした。お化粧はね、目をつむった時の顔がもうちょっと綺麗になるといいなと思ったのでした。

で、まひろジェラルドですよ、問題は。ほんっと可愛かった(笑)。ジャッキーから指輪を投げ返されてキャッチした後、ずっと「なんで返してくるんだよう」って顔で指輪を見てるんですよ。で、ポッケにしまってしばらくしたらまた取り出して「なんでかなぁ」て見てるの(笑)。なにこのかわいい生物。他の人が歌ってる時についついリズム刻んじゃったり、とにかく自由。自由なおぼっちゃん。ジャッキーが好きで、邪念がない感じ(笑)。いい具合に子供っぽくて、ジャッキーに振り回されてて、相手にされないと拗ねて。このままジャッキーと結婚して、すごくいいおじいちゃんになりそうな気がする(なにその妄想)。

二人の貫禄あるマリア

マリアは、一幕が乙羽映見ちゃんで、二幕が春妃うららちゃん。映見ちゃんはお歌もばっちりだし、見た感じも貫禄があるマリアでした。喋り方も落ち着いていていいトーンだったのだけど、逆にそれが少しも乱れないのが気になったかな…。

うららちゃんのマリアは、ちゃんと歌えてました! 図書室でビルがご先祖の本を床に投げ捨てる場面、私、あれを見るとビルのことが嫌いになりそうになるんだけど(どのビルがやっても嫌なの)、うららちゃんのマリアは、このビルの態度にちゃんとキレてくれて、なんかすっきりしました。

今回の新人公演はメインキャラが東西で違う場面を演じていたので、成長の過程なんかはわかりづらかったのですが、あちこちのお茶会なんかで話をきくと中の人たちは得るものも多かったようで。今後の下級生がまた楽しみになりました。本当にお疲れさまでした。 

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
今度の日曜7月10日から15日(金)まで、東京スカイツリータウンの中にある「J:COM Wonder Studio」で『ベルサイユのばら』の衣装、パネル展が開催されます。

会場でアンケートに答えると抽選で7月17日の花組『ME AND MY GIRL』貸切公演のチケットも当たるそうです。

J:COMが宝塚歌劇貸切公演を開催!:時事ドットコム
J:COMの宝塚歌劇貸切公演に合わせて、7月10日(日)から7月15日(金)までの6日間、東京スカイツリータウン(R)内「J:COM Wonder Studio」で、スペシャルイベント「J:COM × タカラヅカ・スカイ・ステージ Present 宝塚歌劇 衣装・パネル展&トークショー」を開催。

公演衣装や写真パネルなどの展示に加え、イベント期間中の7月14日(木)には、元宝塚歌劇団トップスターの榛名由梨さんと紫吹淳さんをお招きし、宝塚歌劇の魅力について、たっぷりお話をうかがいます。

宝塚歌劇『ベルサイユのばら』衣装・パネル展&トークショー | J:COM Wonder Studio | MYJCOM テレビ番組・視聴情報、動画配信が満載 

宝塚歌劇『ベルサイユのばら』衣装・パネル展&トークショー
開催場所:東京スカイツリータウン ソラマチ5F9番地「J:COM Wonder Studio」
開催日時:7月10(日)~7月15日(金)10:30~20:30
展示内容: ◆公演衣装 4点(オスカル、アンドレ、フェルゼン、マリー・アントワネット)
◆歴代公演の名場面パネル 5点
◆歴代の『ベルサイユのばら』ポスター(複製) 15点
◆宝塚解説パネル 3点

その他
シャンシャンと背負い羽根を身に着けての記念撮影コーナー。
また、アンケートに記入すると、7月17日(日)J:COM貸切公演『ME AND MY GIRL』のチケットが当たる抽選会に参加できます。

トークショー
7月14日(木)14:00~
出演者:元宝塚歌劇団トップスター ・榛名由梨さん ・紫吹淳さん

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
花組東京公演『ME AND MY GIRL』の千秋楽が、ライブ中継されることが決定しました。
 
main

花組 東京宝塚劇場公演千秋楽 『ME AND MY GIRL』 ライブ中継について | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
以下の通り、花組 東京宝塚劇場公演千秋楽の模様をライブ中継致します。   

日時 2016年7月31日(日)15:30上映開始
※千秋楽挨拶、退団者挨拶の中継はございません。あらかじめ、ご了承ください。   

料金 4,600円(税込/全席指定)   
 
ライブ・ビューイング・ジャパン : 宝塚歌劇 花組東京宝塚劇場公演千秋楽『ME AND MY GIRL』ライブ中継 

花組に関して下級生ウォッチに余念のない雨宮さんにとっては、ライブ中継は物語の真ん中しか映らないので「見たい人が見られない」というストレスもあるんですが、純粋にストーリーを楽しみたい方は十分満足できると思います\(^o^)/ 

今回はさすがに海外での上映はないのかな? 台湾やればいいのに。

前回の雪組『るろうに剣心』の千秋楽はライブ中継で見たのですが、劇場では見られないドアップのお顔が見られたり、ライン音源ではっきりセリフが聞こえたりと、新しい発見もいろいろありました。

あと、皆さんポップコーンやビールを片手に見ているのもなんだか新鮮でした(笑)。日曜の午後にビール飲みながら千秋楽の中継見るとか、なんか素敵な気がしてきました。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


2016年5月17日に行われた花組大劇場新人公演『ME AND MY GIRL』を観劇しました。客席もなんだかドキドキの妙な一体感。

新人公演演出は原田諒先生。言われてみればヘアフォード邸の場面とか、原田先生ぽかった気もする(言われないとわからない程度ですが)。

開演前のアナウンスで、優波くん(優波 慧さん)が名前を言ったあとに拍手が入ったので、あかちゃん(綺城 ひか理さん)の名前がかき消されてしまって残念。東京では名前言うの待ってから拍手しようと思いました。

さて。ふわっとした感想を。

優波 慧(ウイリアム・スナイブスン(ビル)【一幕】)
なかなかかっこよかったです。麻子さん(瀬奈じゅんさん)を彷彿とさせるビルの役作りでした。下町育ちの感じ、よく出てました。サリーのことが大好きなのもよくわかった。ワインの瓶を放り投げるとき、めっちゃ高く投げたのでドキドキした。ハットトリックができないんだけど、さもできてる風にやりきったのが可愛かったです(笑)。

綺城 ひか理(ウイリアム・スナイブスン(ビル)【二幕】)
あかちゃんは身長が高いので、サリーとの身長差に萌え。うしろからハグして、サリーの肩に顎が乗っかるっていいね( ´ ▽ ` ) 二幕のビルなのでもうすでに上品になっていましたが、東京では一幕の下町ビルなので、どう変化するか楽しみです。あれんくん(亜蓮冬馬さん)とのコンビも見たかったなぁ。

城妃 美伶(サリー・スミス【一幕】)
みれいちゃんは、元気いっぱいな女の子は上手なのだけど、やっぱり愛情表現もう一歩な感じ。なんだか奥のほうに遠慮が見えるというか。その辺りがもっと出てくるといいなぁと思ってます。髪型頑張ってて、上手に弱点をカバーしてました。

音 くり寿(サリー・スミス【二幕】)
二幕でいきなり「顎で受けなさい」銀橋ソロという、見ているこっちも緊張する登場だったのですが、堂々としていてびっくり。サリーが気丈に振舞っていながらも、すごく傷ついているというか、無理やり自分を納得させて身を引こうとしていることが、このソロで痛いほど伝わってきました。音くり寿ちゃん、やっぱりうまいなぁ。

千幸 あき(ジャスパー・トリング卿)
一歩間違えると文化祭という、ギリギリの役作りでした(笑)。どうなんだろう。判断に迷うところ。観劇しながら「え、誰がやってるんだっけ。あとでパンフ確認しなくちゃ」と思ったのは事実。

矢吹 世奈(セドリック・パーチェスター) 
最初に出てきた時は「普通だなぁ」と思ったんです。でも、じわじわおもしろさというか、良さが出てきた。すごく特徴があるわけじゃないのに、きちんと存在感があった。不思議です。

亜蓮 冬馬(ジョン・トレメイン卿【一幕】)
あれんくん! 今回の新人公演で個人的に一番好きだったのが、あれんくんのジョン卿! カチンとくることがあると顔を真っ赤にして怒るおじさま、という感じ。きっと漫画にしたら頭から湯気が出てる。おもしろかったなぁ。また見たいなぁ。東京公演が楽しみ。

飛龍 つかさ(ジョン・トレメイン卿【二幕】)
つかさくんは、図書室で酔っ払った時が関西のおじさんぽいジョン卿でした。あれ、つかさくんて関西出身だっけ。
(公式さん見てきた)
東京出身だ…。なんで関西ぽかったんだろう。その他は素敵でした(笑)。

春妃 うらら(ディーン・マリア公爵夫人【一幕】)
落ち着いてて素敵なマリアでした。パーティのおもてなし指導の場面(応接間)もおもしろかったなぁ。

乙羽 映見(ディーン・マリア公爵夫人【二幕】)
えみちゃんも素敵なマリアだった。凛としていて、貴族のプライドが感じられて。図書室の場面の「ヘアフォードの歌」も見事でした(スカステニュースでも流れてたやつね)。

聖乃 あすか(ジェラルド・ボリングボーク)
あすかちゃん、可愛かったです。やっぱりこないだの『リンカーン』の子役に無理があったんだなぁ。大人の役はいい感じでした。ただ、ちょっとききちゃん(芹香斗亜さん)のジェラルドに似てたかなぁ。まあ、ジェラルドってあんまりバリエーション見たことないので、仕方ないのだけど。お歌も上手でした。

帆純 まひろ(ジャクリーン・カーストン(ジャッキー))
美人なジャッキーになるのは予想できたんだけど、ちゃんとオカマ感がありつつ(褒めてます)美人だったので雨宮さんは大満足でした。もうちょっと声が通るにようなるとなおよいのだけど。男役の時とは発声が違うのかな。わかりませんが。前回の『新源氏』新人公演に続いての女役だったので、東京での男役がとっても楽しみです。

若草 萌香(アナスタシア・ブラウン夫人)
今回、すごいなぁと思ったのが萌香ちゃんのブラウン夫人。おもしろかったなぁ。いい役者さんでした。

そして、本公演中からひそかに「かわいいなぁ」とデレてしまうのが100期の
華優希ちゃん。早くどんな子かわかるような役がつくといいなあ。

メインキャストは東京の新人公演では出る場面が変わってしまうので、宝塚から東京への成長がわかりづらいのですが、大劇場の記憶を総動員して東京公演は脳内で1本ものに変換したいと思います。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ