初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『Dramatic“S”!』


スポンサードリンク

 


いよいよ来週21日に初日が迫った
103期生のお披露目公演、
雪組『Dramatic “S”!』。

初舞台ロケットの稽古お披露目が
ニュースになってました。

ひとこちゃん(永久輝せあさん)が
ロケットボーイなんですね。

YouTubeにさっそく動画があがってますが、
近年稀に見るハードな振り付け…。
これはなかなか大変そうです。

KAZUMI-BOY先生の振り付けですって。
ひとり怪我でお休みしているので
39人でのロケットになったようです。

初日には戻ってこられるといいのだけど。



【動画】“宝塚歌劇団新世紀組”103期生、息ピッタリ 稽古場で初ラインダンス披露(1/2ページ) - 産経WEST
 宝塚歌劇団に今春入団した103期生の39人が12日、兵庫県宝塚市の歌劇団稽古場で、ラインダンスを披露した。新タカラジェンヌは、21日に宝塚大劇場で開幕する、雪組トップコンビ、早霧(さぎり)せいなと咲妃(さきひ)みゆのサヨナラ公演「Dramatic“S”!」(作・演出、中村一徳氏)で、この日欠席した1人を含む、同期40人で初舞台を踏む予定。
 宝塚歌劇団の新世紀にあたる101周年に入団した初舞台生はこの日、黒のレオタードにタイツ姿で登場。雪組スターの永久輝(とわき)せあが歌唱後、ガーシュウィン兄弟による名曲「ス・ワンダフル」に乗せて、ラインダンス。ドミノ倒しのように順番に体を倒していく動きや、マスゲームのようなフォーメーション・ダンスなど斬新な振りつけもこなし、約4分半、軽快にステップを踏んでいた。


お衣装はこんな感じ。

宝塚歌劇団 初舞台生がラインダンスお披露目/芸能/デイリースポーツ online 

宝塚歌劇団103期生 笑顔を絶やさず恒例のラインダンス― スポニチ Sponichi Annex 芸能
21日に兵庫・宝塚大劇場で開幕する雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic“S”!」で初舞台を踏む宝塚歌劇団103期生が12日、宝塚市の同劇団稽古場で恒例のラインダンスを公開した。
 雪組スター永久輝(とわき)せあの熱唱の後、流れるように登場した初舞台生は、胸に白い布で芸名を書いた黒のレオタード姿で、約4分半ものラインダンスを披露。足上げやハードなダンスで、初舞台生は息を上げながらも笑顔を絶やさず初々しさいっぱいのパフォーマンスとなった。

神戸新聞NEXT|文化|新ジェンヌ40人 息ぴったりのラインダンス披露
 黒のレオタード姿で稽古場に登場した新タカラジェンヌたちは、はじけるような笑顔で息のぴったり合った踊りを披露。ラインダンスでは音楽に合わせて力強く脚を振り上げて「ヤァ!」と元気な掛け声を響かせた。
 花束ゆめさんは「103期生は周りからも仲がいいと言われる。初舞台ではまとまりがあるところを見てもらいたい」と話していた。


ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


次回の雪組大劇場公演『幕末太陽傳』は
トップコンビ、早霧せいなさん、咲妃みゆさんの
退団公演。

本日がお稽古の集合日で、
他にも退団される方が発表になりました。

雪組 退団者のお知らせ | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   

雪組
早霧 せいな -すでに発表済-
鳳翔 大
香綾 しずる
桃花 ひな
星乃 あんり
咲妃 みゆ -すでに発表済-
蒼井 美樹

2017年7月23日(雪組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団
大ちゃん(鳳翔大さん)と
がおちゃん(香綾しずるさん)は
中日でこれでもかってくらいキラキラしてたから、
もしかして…って思ってた。

特にがおちゃんね…。
これまでとは別人なんじゃないかってくらい、
キラキラしてたんだよね…。

そしてひなちゃん、あんりちゃん、蒼井美樹ちゃん。
好きな娘役さんが3人も。

あんりちゃん………。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

あかん、自分で思っていた以上にショックかも。

みんな中日組なんだよね。
そうだよね、バウに出てた子は
ショースターとして
育っていってほしい人ばかりだもんね…。

これで一気に雪組も変わるねぇ。
ポチッと応援お願いします。

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


先日行われた、
雪組『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』
制作発表会の模様がYouTubeにアップされました。




『幕末太陽傳』は、
落語の「居残り佐平次」などを
ベースに作られているってことで、
原作の映画は見ずに
最近は落語を聞いていたんですが(笑)。

▼こちらを購入。


ちょうどアニメ「昭和元禄落語心中」の
第2期第3話にも「居残り」が出てきましたんで、
ご紹介しておきます。
先にCDを聞いていたので、
頭の部分ですぐにわかったよ(笑)。
(その前に「居残り」って言ってるけど)
3話の最後のほうです。



私は落語はそんなに詳しくなくて、
お世話になっている師匠の独演会に 
たまーーに出かけるくらいなのですが。
改めて聞いてみると、
いろいろ楽しいですな。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


ポスターが出たってことは…
今日が制作発表会だった模様。
14時情報解禁だったんですね〜。

出席されているみなさんの
ツイートやらなんやら。まとめ。








早霧せいな、退団公演は「心を込めた舞台にしたい」 - BIGLOBEニュース
映画でフランキー堺が演じた左平次役の早霧は「話は面白いけれど、最初は左平次をできるか不安もあった。愛されるキャラクターになれるかが大切で、今まで以上に進化し、心を込めた舞台にしたい」。同時に退団する娘役トップの咲妃みゆも「色っぽい女性を作り上げたい」と話せば、高杉晋作役の望海風斗は「映画で石原裕次郎さんが演じた役。気持ちをリフレッシュして楽しんでやりたい」。

早霧せいな サヨナラ公演に意欲「今まで以上に進化」/芸能/デイリースポーツ online
会見の冒頭では、早霧、咲妃と望海風斗の3人が「幕末-」の一場面を披露。早霧は最後の舞台への思いを「今まで以上に進化して、心を込めた舞台をお届けしたい」と語った。また、サヨナラ公演が和物となったことには「この作品をやるために、これまで経験を積んできたのではという気がします。和の心を大切に、皆さまにお伝えしたい」と意気込みを口にした。
 早霧は14年9月にトップスターに就任し、過去5公演はすべて全席完売したという。会見で宝塚歌劇団の小川友次理事長は「新たな伝説を作ってくれた。平成の雪組を引っ張ってくれた、ゴールデンコンビ」と退団を惜しんだ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


本日、来年4〜7月の雪組大劇場公演のライナップが発表になりました。

2017年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】<2017年4月~7月・雪組公演『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』> | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場】【東京宝塚劇場】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

雪組公演
■主演・・・早霧 せいな、咲妃 みゆ
◆宝塚大劇場:2017年4月21日(金)~5月29日(月) 一般前売:2017年3月18日(土)
◆東京宝塚劇場:2017年6月16日(金)~7月23日(日) 一般前売:2017年5月14日(日)

ミュージカル・コメディ 『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』
~原作 映画「幕末太陽傳」©日活株式会社 監督/川島 雄三 脚本/田中 啓一、川島 雄三、今村 昌平~
脚本・演出/小柳 奈穂子


1957年に封切られた、鬼才・川島雄三監督の代表作である映画「幕末太陽傳」。「居残り佐平次」を中心に、「品川心中」、「三枚起請」、「お見立て」他の古典落語を組み合わせ、実在した品川の遊廓・相模屋を舞台に起こる様々な人間模様を軽妙なタッチで描いた、日本映画史に燦然と輝く名作です。 幕末の品川宿。一文無しのまま相模屋を訪れ、女郎おそめを揚げて大尽遊びに興じた佐平次は、翌朝飄々と居残りを決め込んでしまう。そして番頭まがいの仕事を始め、次々と起きる騒ぎを持前の度胸と機転で解決しては、お礼の金をちゃっかり貯めこんでいた。相模屋で攘夷の計画を練る高杉晋作らとも交友を深め、いつしか佐平次は、廓の人気者となるのだが…。生への活力が漲る中に憂いを漂わせる人情喜劇に、早霧せいなを中心とした雪組が挑みます。

Show Spirit 『Dramatic “S”!』
作・演出/中村 一徳

“S”をキーワードに繰り広げる「Song&dancing Show」。ショースター(Show Star)として輝き(Splendor)を放つ早霧せいな(Seina Sagiri)率いる雪組(Snow troupe)の魅力を、最大限詰め込んだショーシーン(Show Scene)の数々をお届け致します。 また、宝塚大劇場公演は第103期初舞台生のお披露目公演となります。

お芝居は日本物が再び回ってきました。ということは、来年の雪組さんはずっと日本物ってことですね。

まずは演出が小柳先生というのは個人的には嬉しい! ちぎさん(早霧せいなさん)がトップになられてからは『ルパン三世』に続き2度目。正直、他の演出家との作品も見てみたいですが、ちぎさんと小柳先生なら間違いないだろうという安心感もあります。

この『幕末太陽傳』、原作映画があるんですね。



  
レンタル版もあるので、嬉しいです。見てみよう。

そしてショーのタイトルが…。やはりそういう流れなのでしょうか。

次回の東京公演あたりは、日々落ち着かない感じになるやもしれん。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村





↑このページのトップヘ