初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『Dramatic“S”!』


スポンサードリンク

 

 
咲ちゃん(彩風咲奈さん)が復帰と思ったら、
103期さんに休演が出てしまいました。

雪組 宝塚大劇場公演 休演者のお知らせ | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
雪組 宝塚大劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』の休演者をお知らせいたします。

研究科一年(第103期生) 瑠皇 りあ
※体調不良の為、4月27日(木)11時公演より休演いたします。 なお、復帰時期については現在のところ未定となっております。  
ああ、あのイケメンさんだわ…。


宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




 
初日から休演していた
雪組の咲ちゃん(彩風咲奈さん)が
今日から復帰だそうです。

よかったよー。

雪組 宝塚大劇場公演 休演者復帰のお知らせ | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
雪組 宝塚大劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』を休演させていただいておりました彩風 咲奈は、4月25日(火)13時公演より復帰いたします。

なんとなく休演理由は聞こえていたけど、
ようやく顔が見られるので嬉しい。

おかえりー。待ってたよ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
昨日初日を迎えた雪組大劇場公演。



ひとまずニュース記事をいろいろと。

咲ちゃん(彩風咲奈さん)は
大劇場公演の早い段階で戻ってくる、との発言も。


早霧せいな&妃咲みゆ サヨナラ公演が宝塚大劇場で開幕― スポニチ Sponichi Annex 芸能
 宝塚歌劇団雪組トップスター早霧(さぎり)せいな、トップ娘役・妃咲(ひさき)みゆのサヨナラ公演「幕末太陽傳/Dramatic“S”」が21日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。
 「幕末―」は江戸の品川遊郭を舞台に起こるさまざまな人間模様をコミカルに描いたもので、故・フランキー堺さん主演で映画化され、日本のコメディー映画の傑作として今も語り継がれる傑作。早霧が演じる左平次は、宝塚のトップスターが演じる「ザ・二枚目」ではないが「見た目ではなく生き方の格好良さで見せたい」(早霧)と話していた通り、劇団随一の演技力で超満員の客席を魅了した。
 
早霧せいな&咲妃みゆサヨナラ公演開幕 本拠で魅了 - BIGLOBEニュース
品川の遊郭・相模屋を舞台。早霧演じる佐平次は、大尽遊びに興じたあげく、無一文を白状して居座り、番頭まがいに振る舞いながら、次々に騒動を解決し、礼金をため込んでいく。
 病を隠しながら、ひょうひょうと生きる役柄に、早霧は「ちょっとずる賢くて、世渡りもうまく、人の懐にスッと入っていく。彼のちゃめっ気をうまく出したい」と言い、けいこに励んできた。
 宝塚伝統の二枚目ではないキャラクターに、早霧は「最後にこんな大物がきたか」と苦笑しながら、役作り。劇団屈指の芝居巧者トップが、男役17年の集大成を存分に発揮している。

宝塚雪組トップコンビ早霧&咲妃サヨナラ公演開幕 3番手・彩風は病気休演/芸能/デイリースポーツ online
宝塚歌劇団雪組トップコンビ早霧(さぎり)せいなと咲妃(さきひ)みゆのサヨナラ公演でもあり103期生初舞台作となる「幕末太陽傳/Dramatic“S”!」が21日、宝塚大劇場で開幕した。
(中略)
 また3番手の彩風咲奈(あやかぜ・さきな)が病気のため休演。「幕末-」では永久輝(とわき)せあが、ショーでは永久輝、彩凪翔(あやなぎ・しょう)、真那春人(まな・はると)らのスターが代役を務めた。復帰は未定。

宝塚雪組・早霧せいな&咲妃みゆのサヨナラ公演開幕!デュエットダンスは「別れの曲」で : スポーツ報知
ショーの「―“S”」では鳳翔大(ほうしょう・だい)、香稜(かりょう)しずるら他の退団者とともに組子に囲まれ、雪組の「絆」が伝わる演出も。早霧は「今の未来の雪組を予感させるようなショーにしていけたら。私はこれで最後ですけど、次にはだいもん(次期トップ・望海風斗)が控えてますし、みんながそれぞれの持ち場で輝ける構成になっているのでは」。咲妃との最後のデュエットダンスは、ショパンの「別れの曲」に乗せて踊った。
 本公演は第103期生の初舞台公演でもあり、上演前には40人が並び、口上で「『清く正しく美しく』の精神を胸に精進してまいります」と宣誓。ラインダンスでは39人(けがで1人休演)が笑顔いっぱいにロケットを披露した。
 また、3番手スター・彩風咲奈(あやかぜ・さきな)が体調不良のため休演。「幕末―」の若旦那・徳三郎役は永久輝(とわき)せあが務め、ショーも永久輝ら雪組生が彩風の不在を埋めた。関係者は「けがではない。大劇場公演の早い段階で戻ってくるでしょう」と話した。

【宝塚歌劇団】雪組トップ、早霧せいなサヨナラ公演開幕 「幕末太陽傳」「Dramatic“S”!」 唯一無二のトップコンビ最後の舞台(2/2ページ) - 産経WEST
体調不良でこの日休演した男役スター、彩風咲奈(あやかぜ・さきな)に代わり、相模屋の若旦那を演じた男役スターの永久輝(とわき)せあはコミカルな芝居で観客を魅了。長州藩士役の彩凪翔(あやなぎ・しょう)、相模屋の女中役の次期娘役トップ、真彩希帆(まあや・きほ)らの好演も光った。
 
宝塚103期生、恒例のラインダンス 花束ゆめ「清く正しく美しく」/芸能/デイリースポーツ online
今春宝塚歌劇団に入団した103期生40人が21日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic“S”!」(~5月29日)で初舞台を踏んだ。
 芝居前には黒紋付きに緑の袴の正装でズラリと。首席入団の花束(はなたば)ゆめが「清く正しく美しくの教えを胸に、舞台に精進してまいります」と口上を述べた。

▼写真いろいろ。
雪組「幕末太陽傳/Dramatic“S”!」(2017年4月21日)/宝塚フォト/芸能/デイリースポーツ online 

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
昨日初日を迎えた雪組『幕末』『DS』。
大劇場千秋楽のライブ中継が決定しました。

大劇場の千秋楽がライビュって
初めて?かな?
絶対観られないと思ってたので、
嬉しい。楽しみ。行く。

main


宝塚歌劇 雪組宝塚大劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』千秋楽 ライブ中継 開催決定!
《タイトル》 宝塚歌劇 雪組宝塚大劇場公演 『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』千秋楽 ライブ中継
《日  時》 2017年5月29日(月)13:00開演
《会  場》 全国各地の映画館 ※開場時間は映画館によって異なります。  
上映劇場はこちら http://liveviewing.jp/bakumatsutaiyouden/
《料  金》 4,600円(全席指定/税込) ※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
《チケット》
【先行抽選販売】 2017年4月22日(土)11:00 ~ 5月8日(月)12:00
▶チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/bakumatsu-lv/(PC、モバイル共通)
▶特電によるお申込み:0570-02-9955 特電はPコードが必要になります。Pコードは各映画館により異なります。 各映画館のPコードはこちら http://w.pia.jp/t/bakumatsu-p/
【一般発売】 2017年5月20日(土)11:00 ~ 5月26日(金)12:00
▶チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/bakumatsu-lv/(PC、モバイル共通)
▶全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗にて販売 ※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。  


ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
明日初日を迎える雪組大劇場公演。
残念ながら休演者が出てしまいました。

咲ちゃん(彩風咲奈さん)………。

雪組 宝塚大劇場公演 休演者のお知らせ | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
雪組 宝塚大劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic“S”!』の休演者をお知らせいたします。   

雪組
彩風 咲奈
※体調不良の為、4月21日(金)15時公演より休演いたします。 なお、復帰時期につきましては、現在のところ未定となっております。

■『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』代役
息子徳三郎・・・彩風 咲奈→永久輝 せあ
倉造息子清七・・・永久輝 せあ→縣 千
ガエン者玄平・・・縣 千→日和 春磨   

お稽古場映像に映ってないとか、
いろいろありましたが、
やっぱり休演なんですね…。

体調不良ということですが、
早く復帰できますように…。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ