初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『金色の砂漠』


スポンサードリンク

 


すっかり忘れてましたが、
花組『雪華抄』『金色の砂漠』DVDが
昨日発売されていました。






大劇場収録なんだよね。
(まあ、いつもだいたいそう)
(東京バージョンがほしいなぁ)
(スカステで千秋楽映像流れるの待つか)
 
たまにあるんです、
大劇は大劇でよかったけど、
さらに色濃くなった東京公演が
頭に焼き付いて離れない、ってことが。

この記憶を持ったまま
再び大劇場公演を見ると、
なんかすごい違くて
脳内がリセットされることが多いんだよなぁ。

もうちょっと東京の記憶に
浸っていたいのです。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



 


花組東京新人公演『金色の砂漠』
感想の続きでございます。

前の2つはこちら。
花組東京新人公演『金色の砂漠』を観劇しました(1) : 初心者のための宝塚観劇講座

花組東京新人公演『金色の砂漠』の感想(2) : 初心者のための宝塚観劇講座


賊の女 ラクメ:乙羽 映見

いい女でしたなぁ。
迫力もあった。
ドスがきいてた。
砂漠でも生きていける、
そんな女でした。

奴隷 プリー:聖乃 あすか
あすかちゃんのプリーは
とにかく自由だった。
それから、ジャーとの関係性がよかった。
なんというか、
「奴隷仲間」という感じがして。
親指突っ込んでるくだりも、
全然性格の違う
二人の男の子の会話って感じで。
テンポも雰囲気もよかったなぁ。

ある意味、本役さんより
リアル年齢に近い分
この雰囲気は出しやすいのかもしれないけど。


奴隷 ルババ:若草 萌香
よかったよぉ、萌香ちゃん!
研4にしてこの重々しい感じ。
ルババが重く怪しいと、
『金色の砂漠』という物語が
一気におとぎばなしの世界になる。
(まあ、大事なこともしゃべってるし)
ちゃんとその役割を果たしていたと思いました。

ミーマ
イ新人公演の
アナスタシア・ブラウン夫人もよかったし、
いわゆる娘役って感じじゃないかもしれないけど、
とっても楽しみな役者さんです。


王 ジャハンギール:飛龍 つかさ
ジャハンギール[回想]:侑輝 大弥

つかさくんはやはり、ギラギラしてた!
(って大劇場新人公演の後も書いたよね
って思って遡ってみたら、
下書きしたきりアップしてなかったようだ)
ギラギラしてたのよ。
現役感半端ないというか。
後宮の女がたくさんいても
全然大丈夫、みたいな(笑)。
まさに「力こそ優れた殿方の証」。

だいやくんは、ビジュアルも
つかさくんに似てたよね??


王妃 アムダリヤ:春妃 うらら
アムダリヤ[回想]:咲乃 深音

美しい王妃でした。
ジャハンギールが現役なら、
こちらも現役って感じ。
(下世話な言い方)

そしてみおんちゃん!
影ソロがあったのだけど、美しい歌声!
お芝居もなかなかよくて
今後がものすごく楽しみです。


ピピ[回想]:太凰 旬
だいやくんと共に
注目している102期さん、たおしゅん。
イケメンピピだった(笑)。
しゅっとしててカッコいいです。
ピピはセリフないので
お芝居はどうかわからないのだけど。
あ、新人公演では
ピピが子供を抱いたままでした。
(本公演は兵士が奪うのだけど)

まだまだ細かく見たかったところも
たくさんあるのだけど、
一度の観劇では限界があるよね…。

あ! 
あかちゃん(綺城ひか理さん)のご挨拶は
とってもあっさりでした(笑)。

新人公演メンバーのみなさま、
おつかれさまでした!
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 

↑このページのトップヘ