初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『神々の土地』


スポンサードリンク

 

 
宙組大劇場新人公演
『神々の土地』が行われました。

なかなか見ごたえある新公だった模様。
演じがいのあるお芝居…いいな……。

宝塚歌劇宙組ホープ・瑠風輝3度目のセンターも反省…「すべてが難しかった」 : スポーツ報知
宝塚歌劇宙組「神々の土地~ロマノフたちの黄昏(たそがれ)~」の新人公演が5日、兵庫・宝塚大劇場で上演された。
  入団6年目の男役ホープ・瑠風輝(るかぜ・ひかる)が、昨年の「Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~」「エリザベート~愛と死の輪舞(ロンド)」に続いて3度目の新人公演センターを務めた。
(中略)
 本公演はトップ娘役不在で上演されているが、ストーリー上、今作で退団する伶美(れいみ)うららが演じる大公妃イリナ(イレーネ)が相手役。今春に入団したばかりの103期生・夢白(ゆめしろ)あやが実質上のヒロインに大抜てきされた。
 通常の新人公演では、終演後の会見にはヒロイン役が出席するが、この日は次期トップ・真風涼帆が本役を務めるフェリックスを演じた3年目の鷹翔千空(たかと・ちあき)が瑠風の横に。「自分ができることを頑張ってさせていただいた」とホッとした表情を見せ、「真風さんからは『枠にとらわれず、チャレンジしなさい』とおっしゃっていただきました」と初々しく話した。

宙組新人公演 3度目主演の瑠風「もっと芝居の引き出し増やしたい」/芸能/デイリースポーツ online
主演の瑠風輝(るかぜ・ひかる)はこれが3度目の主演。トップスターの朝夏まなとの退団公演でもあり「とにかく朝夏さんを目に焼き付け、学ばせていただきました」と、ストレートプレイに近い、難しい芝居に果敢に挑んだ。
 今回の相手役は、今春に初舞台を踏んだばかりの夢白(ゆめしろ)あや。成績4番で入団した期待の娘役で、大抜擢に応え、大人の女性を懸命に演じた。そんな下級生を引っ張り、主演した瑠風は「どれだけ役を愛し、生きられるかが大切。もっと芝居の引き出しを増やすことが課題です」と目標を高く掲げた。
Twitterでもみなさん絶賛。
みなさんの感想読んでるだけで
なんだかワクワクしてくるのです。

▼もえこちゃん(瑠風輝さん)。
 新人公演で大きな役が続いて
 貫禄が出てきた様子。
 スカステニュースで見たご挨拶も
 安定してたなぁ。




▼ヒロイン的な感じに、
 研1の夢白あやさん。
 スカステニュースで見た感じも
 とても落ち着いてた。
 本当に研1さん!? 大人っぽい。



▼まどかちゃん。

▼こってぃ(鷹翔千空さん)。

▼ラスプーチンは留依蒔世さん。




宙組さん、どんどんスターが育ってますな…。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。



宙組大劇場公演
『神々の土地』『クラシカル ビジュー』が
初日を迎えました。

とうとうスタートしてしまった
まあ様(朝夏まなとさん)退団公演。

見に行けるのは大劇場終盤なのですが、
みなさまの感想を見ていると
早く見たい……。
(と思ってどっか遠征できないか考えたけど)
(花組東京と雪組全ツがあるので)
(おまけに月東京もあって)
(どうしても遠征できないことが発覚)
(じっと我慢…)



朝夏まなとサヨナラ公演初日、ソロ場面でファン魅了 - 芸能 : 日刊スポーツ
 芝居の舞台はロシア革命前夜。ロシア帝国最後の皇帝と、その親族、周辺の人々を描いた作品。有能なロシア軍人にふんした朝夏が、大公妃と婚約者への愛、そして国を思う心に揺れる様を描くオリジナルだ。
 役者をイメージして書く「あて書き」に定評のある上田久美子氏が演出を担当。朝夏には「明るくて聡明(そうめい)な中に陰がある」ロシア軍人を配した。
 今年4月に前トップ娘役の実咲凜音(みさき・りおん)が退団後、宙組はトップ娘役不在のまま。今作は相思相愛の大公妃に朝夏と同時退団する伶美(れいみ)うらら、朝夏の婚約者役は、次期トップ娘役・星風まどかが演じ、ダブルヒロインで上演されている。
 革命を進める朝夏の旧友貴族は、次期トップの真風涼帆(まかぜ・すずほ)が好演した。  朝夏はトップ就任時から「宙組の太陽」としての存在を心がけ、目標としてきた。その「太陽」のもと、組メンバーはそれぞれが熱演。人気スターの愛月ひかるは、朝夏にとって敵役となる怪僧ラスプーチンを“怪演”。朝夏・宙組の有終作へ、結束力を見せた。
 また、ショーでは、朝夏の身上から書き下ろし曲「宙の太陽」も用意され、朝夏は満面の笑みでセンターに立った。花組出身で、ダンサーとしても定評がある朝夏は、ソロ場面でもファンを魅了した。
宝塚宙組・朝夏まなと、サヨナラ公演初日で「最高の舞台を作りたい」 : スポーツ報知
 宝塚歌劇宙組トップスター・朝夏まなとのサヨナラ公演「神々の土地~ロマノフたちの黄昏(たそがれ)~」(作&演出・上田久美子)、「クラシカル ビジュー」(同・稲葉太地)が18日、兵庫・宝塚大劇場で初日を迎えた。
 在団15年半を「振り返る時間がないぐらいお稽古に没頭して」取り組んだというラスト作。「最後の舞台なんですけど、最高の舞台を作りたい。オリジナル作で、今の宙組に合った芝居、ショーを表現できるのは幸せ」と平常心で臨んだ。
宙組トップ朝夏まなと退団公演開幕「最高に高いハードル」/芸能/デイリースポーツ online
 「神々の土地は」ロシア革命前夜の皇帝一家を中心とした物語。朝夏は国を憂う、皇帝の一族でもある軍人を演じた。「最後に高いハードルを頂いた。サヨナラ公演というより、これまでで最高のものをお届けしたい」と意欲を見せた。
【宝塚歌劇団】宙組トップ、朝夏まなと サヨナラ公演開幕…ヒーローの「光と影」を高い歌唱力とダンスで演じる(2/2ページ) - 産経WEST
 ショーは、原石から磨かれるダイヤモンド役の朝夏を筆頭に、組のメンバーをさまざまな宝石になぞらえて構成するレビュー。「宙組の太陽でありたい」と言い続けた朝夏の、現在の心情を表したかのような、書き下ろしの楽曲「宙の太陽」はファンの心に染みることだろう。 
 屈指のダンサーでもある朝夏ならではの黒えんび服姿でソロのダンスも用意され、銀橋(エプロンステージ)では華麗なグラン・ジュテ(片足を投げ出す高い跳躍)も披露。客席のファンを魅了していた。
▼写真はこちら。愛ちゃん(愛月ひかるさん)が
 えらいことになってるのと、
 涼帆さんのリフトが一体どうなってるのか
 大変気になります。 
宙組「神々の土地/クラシカル ビジュー」(2017年8月18日)/宝塚フォト/芸能/デイリースポーツ online

Twitterから気になる感想を。














どう考えても楽しみで
泣く気しかしない…。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 

↑このページのトップヘ