初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『王妃の館』


スポンサードリンク

 


大劇場公演の感想を書かないうちに
東京公演が始まってしまったよ…。

と、感想を途中まで書いて放置してたら、
東京公演も終わってしまったよ…。

というわけで、
書きかけの感想をアップしておきます…。
(え)

ーー
さっそく東京公演
宙組『王妃の館』『VIVA! FESTA!』を
観劇してきました。

宙組、楽しすぎる。
どこを見ても安定してる。
イケメン多し。
「宝塚楽しいわ〜」って
ハクハクしてきました(笑)。

とりあえず箇条書き。

『王妃の館』
大劇場よりさらにテンポよく
おもしろくなってました。

一番変わったなあと思ったのは
星風まどかちゃんのお芝居。
元ホステスの女の子なんだけど、
大劇場の時はわりと普通な感じで。
だいぶキャピキャピしたような気がしました。
可愛かったー。

花咲あいりちゃんも、
ホテルの従業員とカンカンの女の子
可愛かったー。
前にも書いたような気もするけれど、
あいりちゃんの指先の使い方が
すごく好きなんです。

鷹翔千空くんと花宮沙羅ちゃんが
エッフェル塔の前で
初々しいカップルをやってたのが
個人的に超ツボでした(笑)。

まあ様(朝夏まなとさん)がトップスターだってこと、
途中で忘れそうになるくらい、
まあ様の顔芸すごかった(笑)。

涼帆さんはもう、
どうやってもおもしろくて(笑)。
私の周りでは、
涼帆さんが出てきただけで
笑いが起こってました。

みりおんもおもしろかった〜。
髪型も可愛かったな。
前髪長く前にたらしてるのも、
前髪編み込みしてるのも。

大好きなかなこちゃん(春瀬央季さん)は
相変わらずどんな場面でもエロくて
超いい感じでした。
なんだろう、あの色気。


『 VIVA! FESTA!』
涼帆さんが。
涼帆さんが完全に男だった…。
涼帆さんはもう男になってしまったに違いない。
あの方が本当は女だなんて
私は信じないよ(笑)。

あの涼帆さんに「ソーラン」て言われたら、
「ソーラン」って返しちゃうよ。

観劇してからしばらく時間が経ったので、
もはや涼帆さんの「ソーラン」の記憶しかない…。
(それは言い過ぎや)

あの、祭りで暴れちゃう地元のヤンキー感…。
怖く見えるけど
本当は友達思いのいいヤツ、みたいな。

今までタカラジェンヌに抱いたことのない
不思議なときめき…。

すごいよ、涼帆さん。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






 


昨日初日を迎えた、宙組東京公演
『王妃の館』『VIVA! FESTA!』。
初日のニュースまとめ。




宝塚・朝夏まなと 実咲凜音を送り出すことが「私の使命」 東京宝塚劇場初日/芸能/デイリースポーツ online
 宝塚の宙組トップスター、朝夏まなと&実咲凜音が31日、東京宝塚劇場で宙組公演「王妃の館」が初日を迎え、開演前に意気込みを語った。
 すでに美咲はこの公演をもって退団を発表。コンビとして集大成となるが、朝夏は「美咲を無事に送り出すことが私の使命」と決意表明。

ソーラン宙組!朝夏まなと、退団控える実咲凜音にエール「大きい花咲かせて」 - ステージナタリー
宝塚歌劇宙組「ミュージカル・コメディ『王妃の館 -Chateau de la Reine-』」「スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』」の東京公演が、本日3月31日に東京・東京宝塚劇場にて開幕。これに先がけ、通し舞台稽古と囲み取材が行われた。

朝夏まなと&実咲凜音 コンビ集大成へ 共に成長誓った/芸能/デイリースポーツ online
 宝塚歌劇団宙組公演「王妃の館」が31日、東京宝塚劇場で初日を迎え、トップスターの朝夏まなとと娘役トップの実咲凜音が意気込みを語った。


来週見に行きまーす。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
宙組大劇新人公演『王妃の館』が無事終わったようです。
留依蒔世くん初主演、おめでとう!
まあ様(朝夏まなとさん)とは
全然違う髪型で挑んだのですね。

東京の新人公演は観劇できそうなので
楽しみにしてまーす!

初センターの宝塚宙組・留依蒔世が自己流ギャグで会場沸かす「あんなにウケるとは」 : スポーツ報知
 本役のトップスター・朝夏まなとから「自分が楽しまないと、お客様に楽しんでもらえない」と助言された留依は、小説のヒントがひらめいて映画「エクソシスト」のように何者かが憑依(ひょうい)するオリジナルギャグも披露し、会場を爆笑の渦に。「拍手までいただいて。あんなにウケるとは」と驚きながらも「役作りをもっと深く掘り下げないと、コメディーは難しい。主演の重さも感じました」。自己評価については「点数は付けられない。判定不能です。まだまだできると思う。もっと高みを目指したい」と、東京宝塚劇場での新人公演(4月13日)に目を向けた。

宝塚宙組「王妃の館」新人公演 7年目留依蒔世「点数の判定は不能です」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
 「私すごい緊張しいなので、最初の場面も手が震えてどうしようもなかった」と振り返った留依だったが、終盤にかけては伸びやかな歌声もさえ客席を魅了。カーテンコールでは緊張がとけてホッとしたのか「私もこの役のようにドンドン成長していきたいと思います」と感極まったように、震えた声であいさつ。「自分の中ではまだまだ高みを目指したいので、点数の判定は不能です」と、反省も忘れなかった。
 2度目の新公ヒロインとなった遥羽(はるは)ららも「私も最初は緊張してしまって。緊張に勝てる自信を持つことが課題」と振り返った。

宙組・留依蒔世が新人公演初主演「ほんとに緊張」 | ORICON NEWS
今作は、浅田次郎氏のベストセラーをミュージカル化。太陽王ルイ14世が残した「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」を舞台に、個性豊かな登場人物による人間模様をコミカルに描く。留依は旅行客の天才小説家役で主演した。 若手ながら優れた芝居心、抜群の歌唱力で頭角を現してきた留依。今春から新人最終の7年目に入るタイミングでの初主演。本役のトップ朝夏(あさか)まなとからは「まず自分が楽しまなきゃだめ」「のびのびやりなさい」とアドバイスされたといい、留依は「コメディーの難しさ、主演の重みをあらためて実感しました」と、さらなる成長の鍵をつかんだ様子だった。

留依の相手役は、新人ヒロイン2度目の遥羽(はるは)らら。ツアーをダブルブッキングする旅行代理店の女社長を演じ「無事に終わり、とりあえずホッとしました。前半が課題です。緊張に勝てませんでした」と反省点を口にした。

今回の新人公演では、2年目の鷹翔千空(たかと・ちあき)が主要キャストのルイ14世に抜てき。本公演では2番手スター、真風涼帆(まかぜ・すずほ)が演じている大役も、堂々とした立ち居振る舞いで、歌唱も見事にこなした。

鷹翔千空くんも楽しみ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ