初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『仮面のロマネスク』


スポンサードリンク

 




やっと感想を書く余裕ができました。
(雨宮さんも一応仕事していて)
(月末とか年度末とかいろいろ)
(普通に忙しいのです(笑))

…とブログ書きかけて保存してたら、
マイ楽終わりました。

……と思っていたら、
そうこうしているうちに、
千秋楽も終わってました…。

まだ終わったって信じたくない。
楽しかったよ、花組全国ツアー。

というわけで、
まとまりのない、思い出した順の感想。
『仮面のロマネスク』については
なんだかいろいろあるので
まずはショーから。

『EXCITER!! 2017』

ゆきちゃん(仙名彩世さん)、
トップ娘役就任おめでとう!
ということで。
雨宮さんはかなりの勢いで
ゆきちゃんにオペラロックオンしてた模様。
(みりおさんの声の記憶しかない)
(もったいないことした)
(でもしかたない)
(ゆきちゃん大好き)

梅田初日〜2日目の感想。




初演の『EXCITER!!』を死ぬほど見たので、
この二人が真ん中で一緒にいるだけでもう、
すんごく嬉しかった。
しかも、キラキラのお衣装で。
幸せだったなぁ。



あ、これはお芝居の感想だけども。


ショーの話に戻りますと、
チェンジボックスに入る前の
みりおさん(明日海りおさん)は
猫のぬいぐるみ背負って、
猫のワッペンついたピンクのつなぎ(たしか)で
猫まみれだったんです。

で、その時のゆきちゃんの役名が
「マドンナ・センニャ」。


ミュージカルの場面のマドンナ・センニャと
クリーン・ハリーナが
バッグにおそろいのチャームをつけてて、
それがどうやらご当地モノだったようなのですが。

神奈川公演は肉まんと、なんか中華ぽいチャーム。

で、青森はこれだった気がする。
「いかずきんズ」の、右側のピンクのやつ。


 
オリジナル商品一覧|公益社団法人 八戸市物産協会
いかずきんズファミリー ぬいぐるみ(小) 
たぶんこれ。

そして、客席おりにはいろんなドラマがありました。
お客さんがみりおさんにハンカチ差し出して
みりおさんが汗ふいて返すとか。
(ツアー後半にはみりおさんだけじゃなくて、
あきらにも光ちゃんにもハンカチ出てた)

そんな中で印象に残ったのは、
神奈川初日公演に花乃ちゃんが来てたこと。



クラブの場面の終わりに
みりおさん、あきら、光ちゃんによる
「アハン」な客席おりがあったのですが。
これがなんだかカオスだった。
(お客さんがハンカチ差し出すのもこの場面)

私が目撃した一番すごかったのはこれ。


光ちゃんはわりとデフォルトで
お客さんの顔を触ってた気がする。

さらに、青森18時公演の光ちゃんもすごかった。
通路側席に座ってるけど、
通路にいる光ちゃんじゃなくて
あっちのほうにいるみりおさんを見ていたご婦人に
光ちゃんがそっと背後から忍び寄り。
ご婦人の頭を抱えこむように、自分のほうに引き寄せ。
ご婦人はいまさら光ちゃんのほうを向くこともできずに
されるがまま…。

いやぁ、自分の後頭部が
光ちゃんの下半身に当たってると想像したらもう…。
(下半身ていうな)
(でも下半身)

光ちゃんがぐいぐい攻めてて
目が離せませんでした。

色気すごすぎて。
ダンスニーでなんか溜まってたんだろうか。
それをショーで一気に発散させてるような、
そんな勢いでした。

雨宮さん個人的には、
あきらくんと握手して、
さらにそのまま至近距離で
ウインクをくらったのが
最高にテンション上がった思い出です。

あまりの衝撃に
その後しばらく、オペラ持つ手が震えたよね!

長年宝塚ファンをやってきて、
ここまでピンポイントで攻め込まれたのは初めてです。

なんか、客席おりの感想だけで
こんな分量になってしまった…。
ので、ひとまずアップ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



 
全国ツアー公演では、
終演後のご挨拶の際に、
ご当地出身のタカラジェンヌが紹介されます。

福岡ジェンヌは三人でしたのね。

「宝塚」25日から福岡公演 県内出身3人が抱負 [福岡県] - 西日本新聞
 宝塚歌劇団花組の全国ツアー福岡公演(西日本新聞社など主催)が25、26両日、福岡市・天神の市民会館で開かれる。出演する県内出身のタカラジェンヌ3人が24日、西日本新聞社を訪れ、意気込みを語った。3人は桜舞(おうま)しおんさん(北九州市出身)、春妃(はるひ)うららさん(福岡市出身)、紅羽真希(くれはまき)さん(同)。いずれも福岡公演は初出演という。
 演目はミュージカル「仮面のロマネスク」など。士官のフレネー役の桜舞さんは「地元での公演が夢だったのでうれしい」、小間使いのジル役の春妃さんは「アドリブがあるかも」、貴族のヴァレリー役の紅羽さんは「美しい衣装でせりふもあり、ぜひ見てほしい」と、それぞれ抱負を語った。

そうか、あんりちゃん(星乃あんりさん)が
福岡なんだから、
妹のうららちゃんも福岡だわ(笑)。

次は金曜日からの神奈川公演ですね。
(↑これ、雨宮さんの観劇予定が、でした)
(福岡の次は静岡だよね。そうだよね)
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

 
3月18日、花組全国ツアー
『仮面のロマネスク』『EXCITER!!2017』が
スタートしました。



ゆきちゃん(仙名彩世さん)
トップ娘役就任、おめでとうございます!

嬉しいよう。





明日海りお「ほっ」仙名彩世と新コンビでツアー開幕 - BIGLOBEニュース
宝塚歌劇団花組トップ明日海(あすみ)りおが、相手役に新トップ娘役の仙名彩世(せんな・あやせ)を迎え、新コンビのお披露目となる全国ツアー「仮面のロマネスク」「EXCITER!2017」が18日、大阪・梅田芸術劇場でスタートした。

宝塚花組全国ツアー開幕!新トップ娘役・仙名彩世「本当に幸せです」 : スポーツ報知
 2月に退団した花乃(かの)まりあの後任となる新トップ娘役・仙名彩世(せんな・あやせ)のお披露目公演。カーテンコールで、トップスター・明日海(あすみ)りおから「ファーストデーを迎えた仙名さん、簡潔に一言」とあいさつを促されると、「ハイッ! 本当に幸せです!!」と満開の笑顔を見せた。
 「仮面の―」は昨年の花組全国ツアーに続く上演。官能的な愛の駆け引きを描く宝塚の名作で、仙名は入団10年目の“大人の色気”を発揮した。ショーの「EXCITER!!―」では白い衣装に身を包み、トップコンビのデュエットダンスで拍手を浴びた。
 明日海は「初日からこんなに盛り上がっていただけるとは…。千秋楽だったかな? と思うほどでした。急きょ、午後8時からの追加公演を…しませんが…(笑い)。追加公演をしたいぐらいパワーをいただいた気がします」と、ちゃめっ気たっぷりにファンに感謝した。
 
魅・宝塚、たゆまぬ挑戦:着実な歩み、輝きに 花組新トップ娘役・仙名彩世 - 毎日新聞
 ゆっくりと、着実に歩んできた花組の仙名彩世(せんなあやせ)がトップ娘役に就任し、全国ツアー公演「仮面のロマネスク」「EXCITER!!2017」(18~20日、大阪・梅田芸術劇場メインホール)でお披露目となる。今春入団10年目。「両親に『今まで頑張ったね』と言われて、さまざまなことを思い出した。いろんな時期があったけれど、すべてむだではなかった」とかみしめるように語る。

ほんとにおめでとう。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
3月、4月に行われる
花組全ツ『仮面のロマネスク』の
配役が発表になりました。

キャスト | 花組公演 『仮面のロマネスク』『EXCITER!!2017』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

()内は前回の全国ツアーのキャスト
ーー
ヴァルモン明日海 りお

メルトゥイユ夫人仙名 彩世(花乃 まりあ)

ローズモンド夫人五峰 亜季

法院長高翔 みず希

ブランシャール夫人白姫 あかり(花野 じゅりあ)

ロベール夕霧 らい

ヴィクトワール菜那 くらら(芽吹 幸奈)

ジェルクール伯爵瀬戸 かずや(鳳月 杏)

ダンスニー柚香 光(芹香 斗亜)

テチエンヌ夫人紗愛 せいら(菜那 くらら)

司祭ルブラン航琉 ひびき

ドラノワ夫人更紗 那知(美花 梨乃)

ガボット羽立 光来(舞月 なぎさ)

トゥールベル夫人桜咲 彩花(仙名 彩世)

ジル春妃 うらら(華雅 りりか)

ジラルド夫人新菜 かほ

アゾラン水美 舞斗(優波 慧)

ヴァレリー紅羽 真希(千幸 あき)

ベルロッシュ男爵帆純 まひろ(矢吹 世奈)

ジュリー 優希(春妃 うらら)

リーザ リリカ

ランベール伯爵碧宮 るか

ソフィ:凛乃 しづか(茉玲 さや那)

ボヌール夫人咲乃 深音(茉玲 さや那)

ナヴァラン愛乃 一真(澄月 菜音)

マリナ凜香 百音(桜花 りな)

ルイ飛龍 つかさ(帆純 まひろ)

ドミニク凛乃 しづか

フレネー桜舞 しおん(高峰 潤)

セシル城妃 美伶(音 くり寿)

ジャン まいら(聖乃 あすか)

テチエンヌ公爵一之瀬 航季

ギョーム公爵峰果 とわ(和 礼彩)

ラヴァル芹尚

ヌーボー侑輝 大弥(翼 杏寿)

クレア:三空 凜花

トゥールベル夫人が
べーちゃん(桜咲 彩花さん)\(^o^)/
みりおさんに迫られて苦悩するべーちゃん。
楽しみでしかない。にやにや。

安定のききちゃん(芹香斗亜さん)と
みれいちゃん(城妃 美伶さん)カップル。

まさかの三人組が
うららちゃんとつかさくんと
まいらちゃん。

そしてゆきちゃん(仙名 彩世さん)の恋人が
まひろくん(帆純 まひろさん)。

 優希ちゃんのジュリーも楽しみ。

いろいろ楽しみです!
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 


花組全国ツアー公演『仮面のロマネスク』『Melodia -熱く美しき旋律-』を梅田芸術劇場で観劇してきました。

楽しかった!

花組最高!

前回の東京公演『ME AND MY GIRL』、千秋楽近くに観劇した時、これまでと違うオーラを放つかのちゃん(花乃 まりあさん)を見て「花組トップコンビがようやくいい感じになってきたなぁ」と思ったのですが、今回の全国ツアーでは『Melodia -熱く美しき旋律-』が再演されたことで、より深くそれを感じました。

かのちゃんの舞台での存在の仕方が全然違う。もちろん、「退団を控えているんだ」と思って見ているこちらの気持ちの問題もあると思うのだけど、それを差し引いてもかのちゃんの存在感が全然違った。

なんかね、ちゃんと一人で舞台に立ってるって感じがしたのです。

別にこれまでみりおさん(明日海りおさん)に寄りかかっていたわけではないと思うのだけど、なんというかちょっとした遠慮が見える時があって。

今回の公演ではそんな様子が全くなくて、しっかりと一人で立つことでみりおさんを支えてるって感じ。そのせいか、みりおさんがさらに大人っぽく、男らしく、かっこよく、これまでないほどときめく男役さんに見えたのです。

となりにいる娘役の存在のしかたひとつで、相手役さんの見え方がこれほど変わるんだなあと、改めて思ったのでありました。

とにかく、そんな大人のコンビになったみりかのがとても素敵で、お芝居もショーも、どの場面を見ていてもドキドキして楽しくて、花組最高って思ったのです。

『仮面のロマネスク』

『仮面のロマネスク』を見るのは初めてでした。柴田先生の作品を見ると「あー宝塚だなー」と思うというか。セリフがゆっくりで、動きも少なくて、見ているこちらに噛み砕いて妄想する時間を与えてくれるから(笑)。

さて、みりおさん演じるヴァルモンは、とにかく色気があって、エロくて、ずるがしこそうで、いい加減で(いい意味で)、ときめきました…! 

光源氏の時とはまた違う色気ですわな。

うほー、こんなみりおさんが見たかった! なんならずっと見てたい! ついでに私もみりおさんに「お友達はいやだ」って言われたい!  弄ばれたい(笑)!

やっぱり私は、みりおさんがちょっと鬼畜っぽいというか、ドSというか、性格がねじれた役を演じているのが好きだなぁと思ったのでした。

そしてかのちゃん演じるメルトゥイユ夫人、この人もいい具合に悪い女で、裏の顔と表の顔が違いすぎて「女ってこわい…!」と思わせてくれました。ダンスニーがメルトゥイユとの非を認めた時、彼女がプライドを傷つけられた感じもよかったなー。「こっちが遊んでやってるのに、なに? 私のこと振った気でいるわけ!?」って心の声が聞こえてきそうだった。

そして、最後にヴァルモンに「あなたが好きだった」と言う場面。セリフのひとつひとつが、かのちゃんが次で退団しちゃうことにリンクして、めちゃ泣いてしまったのでした。

ダンスニーがききちゃん(芹香斗亜さん)。ダンスニーがなんかやるたびに、客席では笑いが起こってましたけど、こういう役回りでいいのかしら? ききちゃんだからおもしろく感じるのかな? おもしろかった(笑)。

セシル(音 くり寿ちゃん)もうまかったなー。セシルは後半、精神的にやられちゃうのですが、この短い場面(ヴァルモンに向かって「ダンスニー」と呼びかけるとこ)もよかったです。

トゥールベル夫人はゆきちゃん(仙名 彩世さん)。 ヴァルモンに誘惑されたゆきちゃんが、衝撃のあまりに頭を後ろにがくんてそらせて去って行くのが、宝塚ぽくてツボでした。

でもなんで、ヴァルモンは彼女にあれほど本気になったんだろう。攻略対象としては最適な女性だと思うけど、本気になるほどとは。むしろセシルのほうが本気で落としたくなりそうなんだけど。

そして、ジル(華雅 りりかちゃん)、ルイ(帆純 まひろくん)、ジャン(聖乃 あすかちゃん)の三人組。かわいかったー。お芝居の最後にこの三人が麻袋を持ってはけるんだけど、そこが日替わりっぽい。

3日16時半公演はジャンの袋をルイが持ってあげて(まひろくんが男前でときめいた(笑))、4日12時公演はジャンの袋をジルが持ってあげて、16時半公演はみんなちゃんと自分のを持って走っていきました。この千秋楽はアドリブつき。

ジャン「次どこ行くん?」
汁「広島(?はっきり聞き取れなかったんだけど、たぶん広島だと思うの)じゃけん」
ルイ「大阪好きやねん!」

他には、こりのちゃん(美花 梨乃さん)が可愛すぎて倒れたし、 一之瀬 航季くんも目立ってたなー。

今更ながら原作読んでみようと思ったのでした。



やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ