初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『ローマの休日』


スポンサードリンク

 


梅田芸術劇場メインホールで上演中の雪組『ローマの休日』を観劇してきました。

役替わりの本題に入る前に、細々したこと。

アン王女の一幕のブラウスが変わってた! ずっと一幕と二幕のブラウスが全く違うことに違和感を感じていたんですが、ちょっと似た感じのになり違和感が減りました(笑)。

アン王女の靴って、前からオープントゥでしたっけ(記憶なし)。

ジェラート売りのおーじくん(桜路 薫さん)のアドリブが相変わらずでいい。
「その髪型よく似合ってるね」からの「かわいい顔がよく見えるよ」とか。
「ジェラートはなるべく早く食べたほうがいいよ」からの「君を見つめる男たちの視線で溶けちゃうといけないからね」とか。これにはみゆちゃん(咲妃みゆさん)もちょっと笑ってました(笑)。

カフェの客、朝風先輩(朝風れいさん)とるるちゃん(水沙瑠流さん)のカップルも相変わらずでいい。
朝風先輩がやりたい放題です。雨宮さんが観劇した日は、シャンパングラスを持つるるちゃんの手を握ったり、テーブルの下で自分の膝をるるちゃんの足に押し付けたり(エロい。すこぶるエロい)、腰を抱いてくすぐったり。やり方がリアルすぎる(笑)。大好きです、そんな朝風先輩が。

ジャズクラブの歌手・あすくん(久城あすさん)の髪型がイイ感じ。前髪多めでイケメン度が増してる。

さて。役替わりについて。

主人公ジョーの仕事仲間であるアーヴィング・ラドビッチがれいこちゃん(月城かなとさん)に、アン王女の髪をカットする美容師マリオが翔ちゃん(彩凪翔さん)に役替わりしたバージョン。

翔ちゃんのマリオは、例えるなら新進気鋭のカリスマ美容師。れいこちゃんのマリオは人情たっぷりベテラン美容師。全然違う役作りでおもしろかったです。

マリオの役自体がトリッキーなので、そもそも正統派男役という感じにはならないのだけど、翔マリオは宝塚っぽい感じに仕上がっていました。うまく言えないのだけど、翔ちゃんってよくも悪くも真ん中芝居をする人だと思うのです。脇役感がないというか。それが、ヘンテコなマリオとあわさってミラクルな人物を生み出していました。

一方、れいこちゃんのアーヴィングは、見た目チャラっとしてるけど、いいヤツなんだなぁという男。ラスト、王女のスクープをお蔵入りにしようとするジョーに泣く泣く同意する場面、「一番腹立たしいのは俺だ、お前なんかのために大金持ちになるチャンスをふいにしようとしてる」からの「王女の会見には遅れるなよ」(みたいな台詞)ってところが、ものすごくよかったのです。

怒っているのだけど、悔しいのだけど、ジョーの気持ちもよくわかる。そんな苛立ちと、「会見には遅れるな」という一言に込められた優しさ。この短い台詞でアーヴィングという男の懐の深さやジョーとの関係を見事に表現してた。

役替わりBパターンは、ジョーとアン王女の別れでだけでなく、ジョーとアーヴィングの友情に泣きました。 いやぁ、まさかここで涙出るとは思わなかった。

自分でも驚きました。

役替わりを経てのAパターンも見たかったなぁ(観劇予定なし)。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




 

 
昨日、雪組梅田芸術劇場公演『ローマの休日』が初日を迎えました。

今回は、翔ちゃん(彩凪翔さん)とれいこちゃん(月城かなとさん)が役替わり。

役替わり日程はこちらでご確認ください。
雪組公演『ローマの休日』主な配役と役替わりについて | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ 

観劇した友人の話を聞くと、役替わりもなかなかおもしろそう。ただ、「大阪は笑いに厳しいな」って言ってました('A`|||)どんな感じになっているのか、楽しみです。

さて、短いですが初日の模様がニュースになっています。相変わらずちぎさん(早霧せいなさん)のご挨拶は「ちゃんとしているのになぜか笑えてしまう」ものだったようです。

宝塚雪組「ローマの休日」大阪公演開幕 早霧せいな「長かったね~」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
宝塚歌劇団雪組公演「ローマの休日」大阪公演が30日、梅田芸術劇場で開幕した。同作はオードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペックで世界的にヒットした名作の宝塚版。

ちょっ、スポニチさん! 「カミながらあいさつ」って! そんなこと書かなくていいじゃない(笑)。

宝塚雪組「ローマの休日」開幕「長かったね~」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
 同作は6月に名古屋・中日劇場で開幕し、東京公演を経て今回の大阪公演がしめくくり。トップスター早霧は、カーテンコールで「お稽古は5月中旬から始まりまして。ここまで2カ月半、長かったね~。有名なことわざに“ローマは1日にして成らず”とありますが“ローマの休日は1日にして成らず”を加えたい」とカミながらあいさつし、超満員の客席をわかせた。公演は8月15日まで。


やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






先週、赤坂ACTシアターの雪組『ローマの休日』を観劇してきました。

私が観劇した日は、二幕のジョーとアン王女がヴェスパ二人乗りで登場するはずの場面で、街の露店が出てガヤガヤしている中、どこからかちぎさんの「動かない」「動かない」という声が聞こえ、しばらくしてから無事にヴェスパが出てきました。よかったです。



舞台用に改造したヴェスパはこれ一台しかないそうで、OGの朝海ひかるさんが2010年に主演をつとめた『ローマの休日』で使われたものなんだとか。

これね。なんか宝塚版よりスピードが出ているような気がするけど、気のせいでしょう。

よく考えたら代替がないわけで、故障したら怖いなぁと思いました。でもまあ、無事でよかった。

そうそう、ジョーが、カフェでアーヴィングにアン王女を引合せる場面。舞台上手で朝風先輩(朝風れいさん)と水沙瑠流ちゃんのカップルがずっとなんかやってるんです。朝風先輩がブルスケッタみたいなの食べさせてあげたり、瑠流ちゃんを下から覗き込むようにしてじっと目を見て話を聞いたり。最初はちょっと距離のあるカップルが、最後は肩を抱いて去ってゆくまでの経過が楽しめます。世の中の非モテ男子は、この朝風先輩のテクニックを見て勉強したらいいよ! ここだけは本編そっちのけでガン見してしまいました。

それから、アン王女が一幕と二幕でどうして違うブラウスを着ているのか、やっぱり理由がわかりません。周りの友達に聞いても誰もわからないと言う。むしろ気にしてなかったって人もいる(笑)。わかる方がいらしたら、ぜひコメントくださいませ。地味にモヤモヤしてる(笑)。

そうそう、『ローマの休日』のル・サンクも発売されています。



やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
東京・赤坂ACTシアターで公演中の雪組『ローマの休日』。お芝居のテンポもさらによくなって、客席の笑い声も増えました。

とてもナチュラルにジョーとして存在していたちぎさん(早霧せいなさん)ですが、役を作り上げる上でいろんなご苦労があったんですね。

東京公演も観劇してきましたが、やっぱりジョーはめちゃ気配りのできるイイ男でした(笑)。

早霧せいな「名優さんたちをライバル視してやりたい」舞台「ローマの休日」 : スポーツ報知
早霧は「ルパン3世」や「るろうに剣心」といったアニメや実写映画で人気の作品への出演が続く。縛られずに役作りをしているというが「名優さんたちをかなりライバル視して明日からやりたいなと思います」と力強く語った。

 コミカルなシーンも多く、咲妃は「コミカルにするところは(早霧さんが)こうだよ、ということを教えてくださる。間とかそういうものが少し違うだけで変わってくる。そういうのが本当にお上手なので素晴らしいなと思います」と娘役らしく早霧をじっと見つめて話した。  「宝塚なので男性側が主軸になるという部分もある」と早霧が話すように、映画とはひと味もふた味も違う宝塚版「ローマの休日」となっている。

「ローマの休日」 宝塚・雪組 早霧せいな 役作りで逆取材…「記者ってジョーみたいに身勝手!?」(1/2ページ) - 産経ニュース
早霧は、舞台となるローマはプライベートで2度訪れたが、観光名所「真実の口」には行っていないという。「他に行きたい場所が多過ぎて。この作品をやると分かっていたら、行ったのに」。バイクは制作発表で乗ったのが初体験。「タカラジェンヌは“バイク禁止”。私も風を切る感覚は好きですが、寒がりで日差しも苦手だから」と笑う。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 
雪組『ローマの休日』の赤坂ACTシアター公演が、本日初日を迎えます。中日初日しか見てないので、どのくらい変わったのか楽しみです♪

仮面外した心、美しい熱唱 宝塚版「ローマの休日」:朝日新聞デジタル
 不朽の名作映画の舞台化である。色彩感に富む音楽と乗りのいいダンスが万華鏡のように華やぐ舞台で、宝塚歌劇の真骨頂でもある「優しさに満ちた愛」がドラマチックに弾んだ。

 欧州歴訪中の某国王女とローマ駐在の新聞記者が紡ぐ淡い恋物語だ。田渕大輔脚本・演出の宝塚版は野心家の若い新聞記者が主役。彼と王女がつかの間の出会いで愛情の機微に触れて人間的にも成長する姿を、友情や人情も絡めながら甘酸っぱい青春賛歌として活写する。
 
(月刊タカラヅカ)早霧せいな 野心的なジョー役:朝日新聞デジタル
 雪組がノッている。宝塚大劇場公演と東京公演を通して、昨年の「ルパン三世」から「星逢(ほしあい)一夜」「るろうに剣心」と3作連続で客席稼働率100%超を記録した。組をひっぱるスターたちはさらに、新たな男性像に挑む。

 だれもが知っている世界的な名作映画「ローマの休日」。初の宝塚版とは、プレッシャーでは? 雪組を率いるトップスター早霧(さぎり)せいなは笑ってこう明かす。「オードリー・ヘプバーンが演じたアン王女役でなくてよかった」

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ



↑このページのトップヘ