初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『ベルリンわが愛』


スポンサードリンク

 

 
やっとこさ星組公演を観てきました。ナチスの時代の映画の話ってことはなんとなく知っていたけど、何も勉強しないで観劇。

先日の夕刊に劇評載ってました。

宝塚歌劇:星組公演 抵抗貫いた映画人の信念=評・小玉祥子 - 毎日新聞
最初がミュージカル「ベルリン、わが愛」(原田諒作・演出)。  
1927年のベルリン。倒産の危機にある映画会社を立て直すため、助監督テオ(紅(くれない)ゆずる)は、初のトーキー製作を進言し、友人のエーリッヒ(礼真琴)の脚本で自身が監督をつとめた映画をヒットさせる。

感想は箇条書き。120%個人的なメモなので、意味不明です…あいかわず雑です。うっかり読んじゃって「おいこれなんだよ」ってなったらすいません(そういうの投稿しないでって思われるかもしれませんが、自分の老後の楽しみのためにメモしてます)。
  • 天彩峰里ちゃんが可愛すぎた。メイクしてるとことか。とにかく可愛い。
  • 天寿さんと万里柚美さんのカップルが素敵すぎて泣いた。
  • 有沙瞳さんの貫禄…。オープニングから目立ってた。さすが。
  • せお。せおがすごい。
  • 紅さんのナチ軍服姿が見たい(←ずっと言ってるけど、トップさんになられたのでお芝居ではもう無理かもしれないなぁ。ショーでもいいんで………)
  • いくらギャラやコストを下げるといっても、サイレントよりトーキーのほうが制作費かかる気がするんだけどなぁ。だって音楽がいるじゃない? 音楽は安いのかしら。それか、よほどベテラン俳優に高い出演料払ってたとか…それかな(永遠ループ)。
  • はるこちゃんかわいかったよ、はるこちゃん。あのトンチンカンな女の子を演っても可愛くなるのははるこちゃんだからだよ。ああ可愛い。
  • 岡田敬二先生っぽいお衣装のプロローグ。ふわっとした色合いのメルヘンな感じとか。でも酒井先生のレビューです。
  • 天彩峰里ちゃんが可愛すぎた(二度目)。ついでにエトワールの歌声もすごかった。可愛い(←言い過ぎ)
  • 峰里ちゃん見てると自然にこっちも笑顔になっちゃうのよ。
  • でも、スパニッシュの大人っぽい場面ではキリッとしちゃうからまた可愛いと思っちゃう。
  • パリの紅さん銀橋渡り、あーちゃんと有沙瞳さんが同等だったのだけど…。
  • え、と思ってお衣装もじっくり見たのだけど、全く同じ…だよね?
  • せおがすごい(二度目)。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。



 
10月24日、星組大劇場新人公演
『ベルリン、わが愛』が行われました。

主演は100期の極美慎くんと、星蘭ひとみちゃん。

ニュースまとめです。

星組新人公演主演は異色の空手ガール・極美慎 舞台あいさつでも道場訓引用 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
宝塚歌劇団星組新人公演「ベルリン、わが愛」が24日、兵庫・宝塚大劇場で上演され、極美慎(きわみ・しん)が100期生としてトップを切って主演した。
宝塚歌劇団星組 4年目の極美慎が初主演「今の自分はどこか重なる部分がありました」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
カーテンコールでは緊張から放たれホッとしたのか、極美は時々声を震わせながら「大きな夢を追いかける主人公のテオと、今の自分はどこか重なる部分がありました」などとあいさつ。本役でトップスターの紅(くれない)ゆずるからは開演直前、「やればできる」とメッセージ入りのポートレートをもらったそうで「気合がグッと入りました」と笑った。
 また、入団3年目の星蘭(せいら)ひとみが初ヒロインに抜てきされた。トップ娘役の綺咲愛里(きさき・あいり)からは本番直前に化粧を直してもらったそうで「娘役としてまだまだなので、これからもっと頑張って成長したい」と頬を紅潮させた。
星組の極美慎が100期生初の主演!紅ゆずるが激励 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
 「紅さんのようにはかっこよく、スマートに着こなせないし、歩けない。歌も何回か(声が)ひっくり返ってしまった。でも、自分ができることをやろう、舞台を楽しもうと思って、臨みました」
 冒頭、銀橋でソロの熱唱があり、その場面は「最初は緊張したんですけど、その分、(大劇場を独り占めし)気持ちよかった」と笑顔で振り返った。
宝塚星組・極美慎が新人公演初センター!紅ゆずるの「やればできる」に「気合がグッと入った」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
ナチスの圧力に負けず、自分の理想の作品にこだわる映画監督テオを、若々しく、のびのびと演じた。終演後、極美は言葉を詰まらせながら「映画を愛し、大きな夢に向かってひたすら進む姿は、どこか自分と重なるところがありました。テオという役にも感謝しています」と、あいさつした。
 元雪組トップ・壮一帆(現女優)を思わせる正統派のルックスの持ち主。音楽学校入学前に励んでいた空手の道場訓が芸名の由来で、174センチの高身長を誇る。カーテンコールでは「一つ、質実剛健をもって…」と空手の道場訓も披露して、さらなる精進を誓った。
ひとまず、おつかれさまでした!
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

 
昨日始まった星組大劇場公演
『ベルリン』『ブーケ』。

ニュース記事まとめておきます。

【宝塚歌劇団】“新生星組”初のオリジナル2本立て公演開幕 「ベルリン、わが愛」「ブーケ ド タカラヅカ」(1/2ページ) - 産経WEST
トップの紅は、助監督から監督となり、ベルリン初のトーキー映画を作る主人公役。迫る戦争の影にあらがいながら、映画への思いと愛する人を守ろうとする繊細な芝居で表現。積み重ねた男役のキャリアを見せつけた。

紅ゆずる新生星組ショー第1作で伝統の継承アピール - 芸能 : 日刊スポーツ
 紅は、芝居では戦争の影と戦うドイツの映画マンを演じ、見事なスーツの着こなしで魅了。宝塚レビュー90周年記念作を兼ねたショーは、新生星組のショー第1作となり、クラシカルなレビューで、伝統の継承をアピールした。
 コスチュームに頼らない立ち姿。男役16年のキャリアを生かして、難しいスーツ物芝居の幕を開けた。
 紅は主人公を「レトロなかっこよさ、様式美…。厚みのある男性。セピア系が似合い、芯が燃えている男」と、とらえ、役作りをしてきた。

星組トップスター、紅ゆずる「清く、正しく、セクシーに」/芸能/デイリースポーツ online
ビュー「Bouquet-」は演出家の酒井澄夫が手掛ける正統派レビュー。タカラヅカの名曲をアレンジし、レビュー90周年を寿ぐ。紅も「最近の宝塚のショーとは一風違う、王道のレビューです。酒井先生からは『清く、正しく、セクシーに』と指導を受けています」とニヤリ。タカラヅカのモットーは『清く、正しく、美しく』だが、今回は男役のセクシーさを堪能できるレビューに仕上がった。

スーツ姿でアダルトに…宝塚星組・紅ゆずるのトップ初オリジナル作が開幕 : スポーツ報知
「Bouquet―」は「モン・パリ」から始まったタカラヅカレビュー90周年記念作。やわらかい雰囲気で、昭和ムードも漂うエレガントなショーで「“原点”をやっているので、新しく感じてもらえるのでは」(紅)。中詰めでは、星組トップの大先輩・鳳蘭が歌った「セ・マニフィーク」を、様々な衣装の星組生とともに披露。タイトル通り、ブーケのような多彩さを表現した。
▼写真はこちらにも。
星組「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」(9月29日)/宝塚フォト/芸能/デイリースポーツ online



ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ




格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ