初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

タグ:『オーム・シャンティ・オーム』


スポンサードリンク

 


星組・梅田芸術劇場公演
マサラ・ミュージカル
『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』が
千秋楽を迎えました。


雨宮さんも2回ほど観劇してきました。
恐れていたアンコールのマサラタイムも
日替わりで教えてくれる生徒さんのおかげで
なんとか無事にクリア。
(ただし、「ハ リッパ!」のタイミングだけは
最後までうまくいかず)

1月の国際フォーラムホールCとは
一部キャストが変わって上演された
今回の梅芸版『オーム・シャンティ・オーム』。

1月は、プレお披露目ということもあって
お祝いムードでいい感じでしたが。

再演は、メインキャストの一人である
ムケーシュがかいちゃん(七海ひろきさん)に、
主役オームの親友であるパップーが
まおさん(麻央侑希さん)になるなど、
キャストが変わっての上演。

初演もおもしろかったのですが、
再演はこの二人の振り切り方がすごくて、
よりいっそうコミカルな作品になっていました。

かいちゃんのムケーシュは
パッと見ただけで
絶対的な「やなやつ」オーラが出てて、
紅さんチームとの
棲み分けがしっかりできてる。

ただし、イケメン(笑)。

まおさんは、すごくいい意味で
純粋バカなパップーだった。
紅さんとのバランスが
とってもいい感じがしました。

初演の時よりも、
こっちも気軽な気分で観劇できたなぁという印象。
楽しかったです。

帰りに無償にカレーが食べたくなって、
とりあえずカレーパン買って帰ったよね(笑)。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

 
本日初日を迎える星組梅芸公演
『オーム・シャンティ・オーム』。
昨日の舞台稽古を、
原作映画の監督がご覧になったようで、
大絶賛していました。

なんか、嬉しいねぇ。

【宝塚歌劇団】星組公演「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」紅ゆずる「お客さまと楽しみたい」 - 産経WEST
宝塚歌劇団の星組トップ、紅(くれない)ゆずる主演「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(脚本・演出、小柳奈穗子氏)の公開舞台稽古が21日、大阪市北区の梅田芸術劇場メインホールで行われた。大ヒットしたボリウッド(インド)映画をミュージカル化。この日は原作を手掛けたファラー・カーン監督が訪れ、宝塚とともに紅を絶賛した。
 稽古後の取材でカーン監督は「私の映画をここまでにしていただいて、言葉がない。本当にありがとうございます。ヒーロー(紅)が素晴らしい。男も女も関係ない。感激しました」と、何度も紅の肩に触れ、女性だけの劇団の舞台への感動を表現した。
 さらにボリウッドのトップ舞踊監督は「ダンスも素晴らしかった。インド映画に連れていきたい。次の映画は日本で、ということも視野に入れています」と話した。

宝塚歌劇団星組「オーム・シャンティ・オーム」通しげいこ 映画版のカーン監督が観劇― スポニチ Sponichi Annex 芸能
カーン氏は、全編ほぼダンスと歌でつづられる宝塚版に「素晴らしくて言葉がありません。私の映画をここmでしてくださってありがとう」と大感激。紅やトップ娘役・綺咲愛里(きさき・あいり)に「映画の方にも出てもらいたいわ。次の映画は日本で作るから」とラブコールを送っていた。

星組紅ゆずるにインド映画の監督「連れて帰りたい」 - BIGLOBEニュース
稽古後、紅とともに取材に応じたカーン監督は「こちらのヒーロー、とってもすばらしい。タレントに男女は関係ないんだと思った。びっくりしました」と言うと、紅の肩に抱きついた。
 カーン監督は、宝塚歌劇が、女性だけの集団によるミュージカルであることに、あらためて驚いた様子。監督は、相手娘役の綺咲愛里(きさき・あいり)とともに「ダンスもすばらしい。この人たち、みんな『ボリウッド(インド映画界)』に連れて帰りたい。次の映画は日本で撮りたいわ」と、感心しきりだった。

宝塚星組・紅ゆずるがトップ始動作再演へ入念リハ!アンコール公演は「お客様も一汗流して」 : スポーツ報知
 通し稽古終了後には映画のメガホンを取った女性監督のファラ・カーンさんも出席して、紅らが会見。紅は「初演の時はガムシャラにインドを求めてやってましたが、出演者もがらりと変わったので、新たな作品をお届けできるよう頑張りたい」と抱負を語った。カーン監督は「タレント(才能)に男女は関係ない。ビックリ。涙を流しながら見ました。ダンスも素晴らしく、みんなボリウッドに連れていって映画を撮りたいぐらい」と絶賛した。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。


22日に初日を迎える
星組梅田芸術劇場メインホール公演
『オーム・シャンティ・オーム ー恋する輪廻ー』。

アンコールフィナーレで
どうやら「お客様もご一緒に踊りましょう!」コーナーがある模様。

前にも言ったかもしれませんが、
雨宮さんはこの「ご一緒に」が
すこぶる苦手なのです。
(へたくそだから)

今回もYouTubeにダンスレッスン動画がアップされたので、
見てみましょう。こちら。



やばい。
どう見ても「簡単でしょ」な雰囲気なんですが、
私にはダンス脳がないのです。
この数個の動作の繰り返しも、
覚えられないのです(笑)。
(動きが覚えられないので、
いつもショーの感想が曖昧でしょ)
(気づいてますよね…)

この

「ハ リッパ!」 

のタイミング、絶対にできないよ…(笑)。 

しかも客席下りあるって言ってるし。
やらないわけにはいかない。

かくなるうえは。

闇練。

タカラジェンヌのみなさんには
恥ずかしくていえないけど、
このくらいでも闇練が必要なのです。

あー、ダンサーさんマジ尊敬。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

 
星組『オーム』に出演予定だった
星組の如月蓮 さんが休演というお知らせが…。

星組 梅田芸術劇場メインホール公演 休演者のお知らせ | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
星組 梅田芸術劇場メインホール公演『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』の休演者をお知らせいたします。   

星組 如月 蓮

※体調不良の為、全日程(2017年7月22日~8月7日)休演いたします。

怪我でなく、体調不良なのか…。
(怪我の時は「怪我の為」って書かれるもんね…)

心配…。
お大事に…。

ポチッと応援お願いします。

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。


『オーム・シャンティ・オーム』の
映画を先に見た友人に、
「映画はそこそこ泣けたんだけど、
星組はどうだった?」と聞かれ、
舞台では別に泣かなかったなぁと思い、
どうも気になるので
映画を見てみました。

あ、その前に、
映画にも星組版にも何度か出てくる
「シンドゥール」なるもの。

ヒンドゥー教の世界で
既婚女性を示すものだそうで。

おでこのところに紅粉を塗る。

▼こういう感じ。



シンドゥールしかり、日本のお歯黒しかり、
既婚であることを示さなくちゃいけないのは
女性ばかりなのが、古い体制を物語っている。

まあ、そんなことはさておき。

映画版を見ました。

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム(字幕版) - Google Play の映画  

GooglePlayでレンタル300円。
便利な世の中です。

結果的に言うと、
私は観劇してから映画を見てよかった。

映画を先に見ちゃうと、
物足りなく感じるかも。
(なんせ映画は3時間弱、
さらに曲数も多いし長いし、
火事の演出も派手だから)
 
先に観劇してから見ると、
「あ、この衣装紅さんも似たシャツ着てた」
「あーちゃんも、こんなぴっちりパンツはいてた」
「娘役さん、この傘持って踊ってた」
「このセリフ、まんま言ってた!」
「この曲も、この曲も歌ってた〜!」
と、答え合わせ感覚で楽しめます。

あとは、映画のほうが
30年前の恋愛っぽさが濃いかな。
亡くなる時が、かなりドラマティックで。
泣けました。

それがあるから30年後が
すこしは納得いくというか。
(相変わらず前世の記憶蘇りに
乖離的な雨宮さん)
 
さらに、完全に紅さんへの
アテガキだと思っていた 
ハッピーエンドとか演説のくだりが、
まさかのオリジナルと同じだった(笑)。

本当にプレお披露目に
ぴったりなセリフです。

というわけで、
映画も一気に楽しめました〜。

観劇してから映画を見るのがオススメ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ