初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 観劇以外のお楽しみ


スポンサードリンク

 

宝塚を観劇する際、
開演前や幕間にお隣の席の方と
お話しすることがあるのですが。 

たまに、すごく昔の宝塚について
いろいろと教えてくださるおばさまがいて。

「ああ、ファンの歴史も
こうやって語り継がれていくんだなぁ」と
とても楽しく聞かせていただいています。

雨宮さんが知り合ったおばさまは、
戦前(!)から見ているという80代の方。
その昔、子供ながらにカメラを片手に
宝塚大運動会 に出かけたそうです。
当時はカメラを持っているだけで珍しかったので、
「近くに寄っていいわよ」と
スターさんがいるそばに入れてもらい、
いろんな方の写真を撮ったんだとか。

「これがその写真よ」と見せてくれたのですが、
なんと!
宝塚のレジェンド!

春日野八千代先生が写っていました…!

運動会といえども、着物に袴。
(モノクロ写真なので色はわかりませんが、
緑の袴だったのかな)

今の男役さんのようなショートカットではなく、
「ローマの休日」のアン王女のような
ショートヘア。

そしてサングラス!

かっこいい…。

「このお隣の方は?」と聞いたら、
「これは、乙羽信子さん」ですって。

ということは、
1940年代の運動会でしょうな。

宝塚の運動会の歴史はこんな感じ。

宝塚歌劇団の大運動会 (全文) [宝塚ファン] All About
1928年(昭和3年)、創立15周年を機に、大運動会は年中行事となりました。また1929年(昭和4年)より、宝塚ファン(女性のみ)も招待され、観覧できるようになりました。 この頃の生徒たちは袴姿で競技。模擬店などもあり、憧れのタカラジェンヌを間近で観られる、ファンとの交流の場にもなりました。 1937年(昭和12年)以降は、第二次世界大戦の影響で大運動会は中止。戦後、何度か開催されましたが、大々的に復活したのは、創立60周年にあたる1974年(昭和49年)。『ベルサイユのばら』が初演された年でもあります。場所は阪急ブレーブスの本拠地、西宮球場。 そしてこれより「創立●0周年」には必ず開催されるようになりました。

このおばさま、
春日野先生の入り待ちもしていたようで、
「当時は家の前で待っていて、
劇団に行くのについて行った」と
おっしゃっていました(!)。
入り待ちならぬ、
「家からの出待ち」ですな…。

先日は、東京宝塚劇場でお隣に座った方が、
「前の東宝で、2階席から
ねずみが降ってきたことがあるのよ!」 
と教えてくださいました(笑)。

ファンのお作法も時代とともに変化し、
今のような形になったのも
ここ2、30年の話なんだそう。

宝塚の本筋の歴史もおもしろいですが、
ファンの歴史もなかなかおもしろいのです。

客席で、ファン歴の長い方とご一緒になったら
ぜひお話を聞いてみてください。
思わぬエピソードをお持ちですよ。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 

 
最近は東京でも販売されている
公演ごとの「公演ドリンク」。

今の花組公演ドリンクは、
『邪馬台国の風』にあわせて
古代米を使った日本酒『伊根満開』です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

向井酒造 伊根満開(古代米) 720ml※6本まで1個口で発送可能
価格:1900円(税込、送料別) (2017/6/29時点)




▼以前書いた記事はこちら。
花組『邪馬台国』『Santé!!』公演ドリンク出ました。 : 初心者のための宝塚観劇講座 
 
この日本酒『伊根満開』に関する記事が
出ていました。

「伊根満開」宝塚酔わせて : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
 江戸時代から続く伊根町の蔵元「向井酒造」の女性杜氏とうじ、向井久仁子さん(41)が手がけた日本酒「伊根満開」が、宝塚歌劇の公演をイメージした「公演ドリンク」に選ばれた。宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)で販売され、古代米を使ったピンク色の美酒が、観客の人気を集めている。
 
私は公演ドリンクでこのお酒のことを知りましたが、
酒造さんからしてみたら
「公演ドリンクに選ばれた」
って感じになるのか…。

でも、宝塚の舞台を見て
これまで知らなかったことを知るように、
公演ドリンクを通して
おいしいお酒を知ることができたのも、
いいことだなーと思うのです。

ひとつのことから、
その先のご縁があって。
いろんなご縁がつながるといいなぁと
日頃から思ってます。

宝塚って、ほんとにそういうご縁を
たくさん感じる場所だったりもする。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

 
たいしてお酒に強くないのに、
公演ドリンクは飲んだみたい雨宮です。

公演中に飲むと間違いなく寝てしまうので、
劇場ではこわくて飲めず、
結局毎回、同じお酒を買ってきて
宝塚友達と飲み会を開催しています(笑)。

劇場ではノンアルコールverもあると聞いたのですが、
(毎回あるのかな? それは未確認)
ノンアルコールではなんなので。

で。

花組公演の公演ドリンクも出ました。

花組公演『邪馬台国の風』『Santé!!』特別メニュー公演ドリンク日本酒「伊根満開」と公演カクテル「弥生」、公演ドリンク 赤ワイン「ヴォトル・サンテ ピノ・ノワール」の販売について | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
花組公演『邪馬台国の風』にちなんで、花組宝塚大劇場公演期間中の開演前と幕間休憩時間限定で、古代米(赤米)を一部使用した日本酒「伊根満開」をロックとカクテルにして販売いたします。また、ショー『Santé!!』にちなんで、赤ワイン「ヴォトル・サンテ ピノ・ノワール」を販売いたします。

すてき、ミニボトルがあったわ。
 

雨宮さんはミニボトルくらいでいいかな。



ワインのほうは、コッポラのワイナリーなんですねぇ。





ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

宝塚大劇場のオフィシャルホテル、
宝塚ホテル。

sub3

クラシックホテルとして人気ですが、
老朽化などから建て替えが決まっていました。
現在の場所ではなく、
宝塚大劇場となり、西駐車場があった場所に移転。

sub2

2018年春に着工だそうです。

大正築のホテル、宝塚大劇場の隣に移転 | 最新不動産ニュースサイト「R.E.port」
 1926(大正15)年に開業した洋館ホテル。川向かいに立地する宝塚大劇場のオフィシャルホテルでもある。経年により躯体や基幹設備の老朽化が進んでいることに加え、現行法上の耐震基準を満たしていないこと等から建て替えを行ない、立地も宝塚大劇場の西側隣接地(現・西駐車場)に変更する。
 土地面積約1万2,300平方メートル、延床面積約2万3,000平方メートル、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上5階地下1階建て。客室は、宝塚歌劇の観劇やビジネスユースなど幅広いニーズに対応できるさまざまなルームタイプを備え、現在のホテルを上回る約200室を予定。ディナーショーなどが開催できる大宴会場も備える。

よかった。お茶会もできますね〜! 
完成予想図も公開されました。
手前が花の道。右が宝塚駅、左が大劇場。

main

大劇場前の立体駐車場の工事も進んでいて、
てっぺんの鉄骨が△になってた気がするので、
(私が見た時だけかもしれないので
今度行ったらまた見てきますわ)
大劇場付近の雰囲気を損なわない雰囲気の
駐車場になるんじゃないかと期待。

何にせよ、劇場とホテルが近くのは
とても嬉しいです。
ダブル観劇の時に、
大休憩に部屋に戻れるって素敵すぎる。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




毎年8月、宝塚大劇場近くの武庫川で行われていた
宝塚観光花火大会が
今年も中止となりました。

神戸新聞NEXT|阪神|宝塚観光花火大会、今年も中止 事業費かさみ断念
 兵庫県の宝塚市は15日、毎年8月に開催していた宝塚観光花火大会を、今年も中止することを明らかにした。立ち入り禁止区域内でマンションが建設中のため、会場移転を計画していたが、事業費がかさんだために断念した。開催中止は昨年に続き、2年連続となる。

宝塚南口駅近辺のマンション建設、
すごいですもんね…。

私は一度もこの花火大会を見たことないのですが、
生徒さんたちの話題にたびたびのぼるので、
中止は誠に残念であります。

まあ、明らかに家から見えるだろうに
「別に見ませんでしたー」
って人もいたけど(笑)。

それも含めて、残念です(笑)。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ