初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 宙組


スポンサードリンク

 


いつも見出しに「感想(1)」とか書いてますが、(1)だけで終わることも多々あるので続き書いてない時はすいません。

滑り込みで、愛ちゃん(愛月ひかるさん)主演の日本青年館公演『不滅の棘』を観てきました。


観て、きました。

きました。

きました。

私、愛ちゃん好きなんです(いきなり告白)。

このあたりでやたら絶賛している。
限りなくエロいルキーニ、愛月ひかるさん。 : 初心者のための宝塚観劇講座

愛ちゃんの「ファーストフォトブック」メイキング映像にデレる。 : 初心者のための宝塚観劇講座 

なんか、私の周りは愛ちゃんに厳しい人が多いので、せめてブログでは盛大に讃えたいのです。

前々から語っているように、私は愛ちゃんが娘役さんと組んだ時の感じが好き。どことなく下心が見えるというか、どんな娘役さんと組んでいても、相手役さんに間違いなく一番の愛情を注いでいる感じというか、必ず自分のモノにしてやるみたいな感じというか。なんか生々しい感情が見えるところが好きなのです。

『不滅の棘』は、そんな愛ちゃんの生々しい感情が、さらに一段上がった表現になった感じがした。

『不滅の棘』はすごく雑に言うと、300年前にとある医者が、自ら発明した不老不死の薬を自分の息子である宮廷歌手を実験台にして飲ませ、不老不死となってしまった息子は女をとっかえひっかえしながら歌手として現代まで生きながらえているという話。

人は必ず死ぬ。

でも死なないとなったら?

ゴールの見えない道をどうやって走ればいいのか。

『ポーの一族』にも似たテーマではあるのだけど。

一人で生きていかざるをえない主人公エロールの寂しさみたいなものが、愛ちゃんの目の奥にずっとあってね…。

愛する人と息子が目の前から消え、一緒にいられなかったことを何年も経ってみんな死んでしまってから悔やむ姿とかね。

若い頃エロールと関係を持った(たぶん)おばあさん・カメリアが迫った時、ちゃんと相手をしてあげる悲しい優しさとかね。

生々しい感情の奥に、悲しさとか苦しさみたいなものがあって。

なんかすごく泣けた。

終演後は誰ともしゃべらずに、この感情をひとりでじっと味わいたいタイプの作品でした。

あ、それでタイトルに書いた「すんごいドリーム」ってなんだよって話ですよね。

作品中で、愛ちゃんがいろんな女性に言い寄られて、それを全部ちゃんと相手してあげてるのだけど。若い娘さんからおばあさんまで、わけ隔てなく相手してくれるんですわ。ちゃんとそれなりの愛情(同情かもしれないけど)を持って接してくれる。

こんなドリームってないよ! 

カメリアがエロールへのトキメキをずっと胸に抱いていること、気持ち悪がらずにちゃんと受け止めてくれる。

ドリーム中のドリームだよ!

ただ、最後にタチアナ(せいこちゃん/純矢ちとせさん)が”氷のベッドに寝かされてるみたいだった、がっかり!”みたいなこと言うので、相手をしてあげた先で何が起こっているのかは不明です(笑)。自分勝手でへたくそなのかもしれない(そういう言い方やめて)。

で。愛ちゃん、カッコイイところは普通に超絶かっこよかった(普通なのか超絶なのかどっちだ)。愛ちゃんの、ちょっとやりすぎ感のあるキザり方って、ほんのり花組っぽくもある。だからなんか好きなのかなー。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング 

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。





 


行ってきました、宙組『WEST SIDE STORY』。



実は私はウエストサイド観るの初めて。映画も見たことないのです。友人にそう言ったら「信じられない!」と言われたあるよ。しかし、見たことないものはないのです。ただ、曲は知ってる。なんでだろう。どこで曲を知ったのか思い出せません(笑)。

でも、ミュージカル作品としての知識は頭にあって、とりあえず物語が現代(といってもすでにちょっと昔の現代)版ロミオとジュリエットだってことは知ってました。

そんな雨宮が見た『WEST SIDE STORY』。宝塚的には普段ない感じ…だよね? なんかいろいろ新鮮だった。

まず幕開け、みんな踊ってる。歌わない。しゃべらない。ただひたすら踊ってる。別に宝塚作品でもそういうことは多々あるけど、それとはなんかちょっと違う雰囲気なのです。よりいっそう「歌わないしゃべらない感」が強いというか。そしてデニムにスニーカー。宝塚じゃなければ別に気にならないのだけど、顔を見るとみんな宝塚なので(そうですよ、宝塚ですよ)なんだか驚く。

そしてずいぶん経ってから、主演の真風涼帆さんがぬるっと登場。気づけば登場してたって感じ(笑)。

最初はわりと「ふうーん」という感じで冷静に見ていたのですが、気づけばトニー(涼帆さん)の恋しちゃったドキドキ感にキュンとしている自分がいて驚き(笑)。かわいい。涼帆さんが超絶かわいい。「MariaMariaMaria」って「Maria」しか歌ってないけどかわいい。

で、ロミジュリでいうところのバルコニーの場面にもキュンとしちゃったりして、「Tonight」の最後のグンナイってとこで、訳も分からず涙(笑)。←こんなところで泣くと思ってないので、泣きつつもあとで振り返ると「(笑)」をつけてしまう。

そんなかわいいトニーが、もともとギャングだったなんて信じられない(笑)。

曲のキーの問題もあるのか、男の子も女の子もちょっと歌いづらそうな部分もあったけど。さすが宙組、でした。

ラストシーンは、音楽もセリフもなくマリアの動きだけで表現されていて、これまた宝塚ではほとんど見ないと思って新鮮でした。と、今は冷静に書きつつも、客席では大号泣でした。

この場面に至るまでは、割と曲が淡々と続いて、場面ごとのつながりも割とざっくりしている印象なのだけど。「細かいことは書いてないけど、だいたいこんな感じになったよ」みたいな(笑)。最後にきて急にマリアの気持ちにいやでもシンクロするような作りになっていて、一気にいろんなことがこみ上げてくる。で、そこにこれまでずっと聞いてきた印象的な曲が頭の中でフラッシュバックしたりして、勝手に走馬灯状態。この最後を知ってから、もう一度最初から見たらもっと泣いちゃうだろうなぁ。

さて、雑な感想箇条書き。

  • 宙組さんはスタイルがいいんじゃ。デニムにスニーカーなのに足長いってどういうこと!? いい。素敵。
  • 幕開きのケンカ、ききちゃん(芹香斗亜さん)が潤奈すばるくんに馬乗りになってキスしたのかと思って勝手にドキドキしてごめん。 
  • 私の好きな花宮沙羅ちゃんはシャークスの女子。
  • ききちゃん足長っ。(←メモ帳にこれだけボソッと書いてあった)
  • やばーい、男の子たちがみんなおそろいのジャンバー着てきた💕
  • フェンス越えるシャークスのみなさんの素敵なこと。 
  • まどかちゃん(星風まどかちゃん)かわいいな、おい。
  • そらかずき(和希そらさん)の迫力やばい。うまい。強姦未遂のとこ泣いた。ジェッツの男子たちも恐かったもん。
  • あきも(秋音光くん)、弱くてかわいい。星柄のパーカーのフード出すのとか反則。かわいい。
  • 知ってる曲ばっかりで楽しい。 
  • ずんちゃん(桜木みなとさん)いい子なのに悪そう(笑) 。
  • かなこちゃん(春瀬央季さん)はすごく悪そう。ヤカラ感すごい。 エロい。好き(どさくさに紛れて告白)。
  • すっしーさん(寿つかささん)😭 
  • じゅんこさん(英真なおきさん)と涼帆さんのお芝居、なんかほっこりするわ。とうこさん(安蘭けいさん)時代の星組思い出す。 
  • ききちゃん、この宙組の並びしっくりくるわ。 
  • ききちゃんと、そらかずきがカップルかと思うとザワザワする💖
  • そう考えると、そらかずきの娘役の役作りは星組っぽい気もする。
  • 夢白あやちゃん、よいお芝居していたなぁ。
  • なんか、いろんなことが奇跡的にマッチしている。
  • それから、水音志保ちゃんも可愛かった。 
残念ながら1回しか観られないのですが、楽しかったです。梅芸バージョンはキャスト変わるんだろうか…。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング 

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。

 


宙組の愛ちゃん(愛月ひかるさん)主演のDC公演『不滅の棘』、スタートしております。初日を観劇した友人が「案外おもしろかったよ!」と言っておりました。案外って……!


というわけで、ニュースまとめ。

20周年の宙組、愛月ひかる主演で始動 | ニュース | Lmaga.jp
173cmの長身に真っ白なスーツやコートが映える愛月は、1930年代のプラハに生きる有名歌手エロール・マックスウェルを、歌も聴かせながらクールに演じる。不老不死ゆえ虚無的で挑発的な言動を繰り返し、女性には魔性の顔も見せる一方、過去に唯一愛し合ったフリーダ・プルスへの想いを心に秘めている様を、特に終盤は切なさが滲む演技で魅せた。
確かに、宙組20周年イヤーがこの公演からスタートなんだわ。

宝塚宙組・愛月ひかるの初外部主演作「不滅の棘」開幕「歌のステップアップを!」 : スポーツ報知
 宝塚歌劇宙組3番手スター・愛月(あいづき)ひかるの外部劇場初主演作「不滅の棘(とげ)」が7日、大阪・梅田のシアター・ドラマシティで初日を迎えた。
 2014年9月のバウホール公演「SANCTUARY」以来、3年4か月の主演作。2003年の花組トップスター・春野寿美礼(はるの・すみれ)の主演作の再演で“永遠の命”を与えられたため、300年以上もすさんだ心で生きている男・エロールを演じた。愛月は「300年生きていても、昔の彼の純粋な部分がどこかにあれば、最後にグッと来るのでは」と役どころを語った。
3番手スターって書いてある…そういうことなのかな? そうなのかな? それならそれでいいんだけど…。

宝塚のニュース - 宝塚宙組・愛月ひかるの初外部主演作「不滅の棘」開幕「歌のステップアップを!」 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
 脚本・演出は「鳳凰伝」「王家に捧ぐ歌」などの木村信司氏。エロールは歌手でもあり、愛月は「木村先生が、初めて歌と芝居の融合を実現させた作品。いかに芝居からの連動で歌を歌うか。歌は確実にステップアップしていきたい」と、宙組20周年イヤーに、さらなる飛躍を誓った。

【華麗なる宝塚】愛月ひかる「不滅の棘」 自己中な「俺様」役、“やり過ぎない格好良さ”、「引き算の芝居覚え、成長したい」(1/3ページ) - 産経WEST
チェコの作家の戯曲「マクロプロス事件」をもとに、平成15年に初演された話題作の再演。主演で初東上する愛月は「東京公演主演は1つの目標でした。このタイミングで、この作品でできて、本当にうれしい」と話す。

私は観劇するの東京公演の最後のほうになりそうなので、楽しみにしてます。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング 

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。




↑このページのトップヘ