初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 宙組


スポンサードリンク

 

 
まあ様(朝夏まなとさん)の退団会見、
行われたようです。

宝塚宙組トップ・朝夏まなと退団会見…相手役・実咲凜音に「ゴメンね」 : スポーツ報知
 4月30日付で一足早く退団する「相手役というより同志という存在」のトップ娘役・実咲凜音(みさき・りおん)には、ほかの宙組生より先に報告した。「彼女の退団公演中の発表になるので『ゴメンね』と伝えたら『そんなの全然気にしないでください』と返されました」。ファンに愛された“まぁみりコンビ”は同時退団とはならなかったが「時期はズレてしまったけど、実咲が一人の舞台人として卒業する姿を見たかった。私は私で、自分の宝塚人生に区切りを付けたいと思った」と説明した。
 組子には今月6日の宝塚大劇場千秋楽の終演後に退団を告げ「みんな険しい表情で聞いてました。『最後まで付いてきてね』と言うと『ハイ!』。頼もしいなと思いました」。同期生で、「スカーレット ピンパーネル」での大劇場トップお披露目開幕を10日に控える星組新トップスター・紅ゆずるには「さみしい、さみしい」と、別れを惜しまれたという。
 退団後については「目の前の事に必死で…。まだ何も考えられないです」。結婚の可能性については「ございません。ご期待に添えずスミマセン」と苦笑した。

朝夏まなと 宝塚退団会見「男役をまっとうしたい」 - 芸能 : 日刊スポーツ
 朝夏が退団を意識したのは、昨年7月に初演20年の節目に主演した「エリザベート-愛と死の輪舞-」だった。
 「(主役の)トートをやり遂げたときに、大作に挑戦することで、組の意識がひとつになったと感じ、自身もトートを演じきり、充実感を感じました」
 実咲はすでに、その前々作「王家に捧ぐ歌」から退団を意識し始めており、朝夏が退団を決めた頃には、先に退団の意思を告げられており、1作ずれての卒業となった経緯も説明した。
 「彼女は相手役というよりも同志のような存在。実咲には『大きな花を咲かせて欲しい』と言ってきましたし、1人の舞台人として卒業を見送りたかった。私は私で宝塚人生に区切りをつけたかった」

みりおんの卒業を、
「一人の舞台人として見送りたかった」
というのが嬉しい。

それはまあ様の卒業についても言えることだから。

でもやっぱりさみしいです。

(2017/03/09追加記事)
宝塚宙組トップ・朝夏まなと、笑顔で退団経緯を語る(1/5ページ) - 産経WEST
 真っ白なジャケットに黒色のパンツ姿の朝夏は、「この立場(トップ)に立たせていただいてから、退団時期はずっと考えていましたが、やはり強く思ったのは『エリザベート』に出演させていただき、やり遂げたとき」と振り返る。
 同作の日本上演20周年という節目の年に上演という重責を担い、トップとして宙組を率いて成功させた。「大作に挑戦する組のみんなの意識が1つになった感覚と、私も(主人公の)トートに挑戦でき、一つの充実感を得た。今かなと(退団を)決意しました」

朝夏まなと 宝塚退団会見「男役をまっとうしたい」 - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M
 朝夏は02年入団。花組に配属。実咲も花組からスタートし、花組時代からコンビを組んできた。朝夏が12年に宙組へ移ると、ひとあし先に実咲が宙組へ異動しており、前トップ凰稀(おうき)かなめの相手役に続いて、自らの相手娘役に就いた。
 朝夏自身、実咲の存在は大きかったといい「(先に積んだ実咲の)2年の主演娘役経験が実になり、支えてもらった」と感謝した。

朝夏まなと退団会見 結婚質問に「ご期待に添えず」と謝罪/芸能/デイリースポーツ online
 退団後については「目の前のことに必死で、まだ何も考えられないです」。結婚について問われると「その質問、来ましたね。予定ございません。ご期待にそえず、すみません」と笑顔で返した。
 15年前に初舞台を踏んだ自分に「幸せだよ、って声をかけたい」と語り「卒業のその日まで男役として進化し続けたい」と誓った。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 
昨日、みりおん(実咲凜音さん)が
大劇場をご卒業されたばかりだというのに、
まあ様(朝夏まなとさん)が退団発表………。

宙組トップスター・朝夏まなと 退団会見のお知らせ | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
宙組トップスター・朝夏まなとが、2017年11月19日の東京宝塚劇場公演『神々の土地』『クラシカル ビジュー』の千秋楽をもって退団することとなり、2017年3月8日(水)に記者会見を行います。

。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
まあ様………………。

いろいろ昨日から退団発表があって、
全然気持ちが追いつかない。 

コンサート開催の発表が出た時に、
”もしかして…”という考えもよぎったけど、
まさかこのタイミングで発表だなんて…。

タカラヅカスペシャルに
88期さん89期さんのトップそろって
ワイワイ盛り上がるという夢が破れてしまった……。

ひとまず、明日の会見を待ちます…。

宝塚宙組トップ 朝夏まなとが11月19日付で退団 - 芸能 : 日刊スポーツ
 宝塚歌劇団の宙(そら)組トップスター、朝夏(あさか)まなとが11月19日付で退団することになり7日、発表された。朝夏は8日午前、大阪市内のホテルで退団会見を行う。
 朝夏は02年入団。花組に配属され、172センチの長身とスタイリッシュな立ち姿、得意のダンスに加え、安定した歌唱力や芝居心で、05年「マラケシュ・紅の墓標」で新人公演に初主演。長い手足、大きく個性的な目も特長で、花組時代はAKB48の渡辺麻友が熱心な“推しメン”にあげるなど、多くのファンを魅了してきた。

宝塚宙組トップの朝夏まなとさん、11月退団へ - 産経WEST
 朝夏さんは佐賀市出身。平成14年に初舞台を踏み、花組に配属され、24年に宙組へ組替え。27年、鳳稀(おうき)かなめさんの後任として宙組トップスターに就任。172センチの長身を生かしたキレのあるダンスや伸びやかな歌唱でファンを魅了した。

「まぁ様」もサヨナラ! 宝塚歌劇宙組・朝夏まなとが11月に退団 : スポーツ報知
 朝夏は佐賀市出身で、2002年4月「プラハの春」で初舞台を踏み、今春で入団16年目。花組での“男役十年”を経て、12年6月に宙組へ組替え。15年2月に、凰稀(おうき)かなめ(現女優)の後を継いで宙組トップスターに就任した。
 172センチの長身と長い手足を生かした歌劇団屈指のダンサーとして定評があり、ファンや組子からは「まぁ様」の愛称で親しまれている。昨年は、「エリザベート~愛と死の輪舞(ロンド)~」で黄泉(よみ)の帝王トートを演じ、宝塚初演20周年記念作の重責を果たした。

宝塚歌劇団のニュース - 宝塚宙組トップ、朝夏まなと退団へ 次回大劇場公演がラスト - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
 花組時代からコンビを組んできたトップ娘役・実咲凜音(みさき・りおん)はひと足早く、4月30日、東京公演千秋楽を最後に退団が決定している。6日には入団以来約8年、慣れ親しんだ本拠地・宝塚大劇場での千秋楽を迎えたばかりで、朝夏も「大切な仲間である実咲も大きな花を咲かせつつあると思います。東京公演の最後の日まで一緒にいい作品を作り上げて皆様にお届けしたいと思っております」とあいさつしていた。
 「神々の…」は1916年、ロシア革命に暗躍した怪僧ラスプーチンを暗殺しようとする青年貴族ドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ大公をモデルとし、ロマノフ王朝に生きた人々を描く壮大な物語。同公演ではトップ娘役を置かず上演するのも話題になっていた。

ニュースになっているのを見ると、
これ、現実なんだって思う…。
なんか…すごいさみしい。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


3月6日、宙組トップ娘役のみりおん(実咲凜音さん)が
無事に大劇場をご卒業されました。

ひとまずニュースまとめ。





「必死にもがいた日々が懐かしい」宙組娘役トップ実咲凛音 宝塚大劇場退団公演であいさつ(1/3ページ) - 産経WEST
「宝塚音楽学校の合格発表の日から、ちょうど10年目の春を迎えました。花組から宙組へ異動となり、未熟さゆえの厳しい試練、必死にもがいた日々を今では懐かしく蘇ります」と振り返る。
 花組時代にもコンビを組んだ経験がある宙組トップ、朝夏(あさか)まなとの名を口にした瞬間、涙ぐみ、「こんなに不器用な私を最後まで導いてくださり、感謝…。まだまだサヨナラは言いたくないという思いでいっぱいです」と言葉を詰まらせた実咲。「大好きな宙組の皆さまに見守られ、私はいま幸せに宝塚大劇場を卒業させていただきます、本当にありがとうございました」と語った。

宝塚宙組・実咲凜音 声震わせサヨナラショー/芸能/デイリースポーツ online
 「今、幸せに宝塚大劇場を卒業させていただきます。本当にありがとうございました」と緑の袴姿であいさつした実咲。何度もアンコールがわき起こると、宙組トップスターの朝夏まなとと登場し、「まあ様(朝夏)にお世話になりすぎて、長い時間共に過ごさせていただいて幸せでした」と声を震わせながら感謝した。

実咲凜音「幸せですっ」サヨナラ公演、宝塚で千秋楽 - 芸能 : 日刊スポーツ
 サヨナラ・ショーでは、凰稀と組んだトップ娘役お披露目だった「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」の「蒼氷色の瞳」、朝夏との「王家に捧ぐ歌」から「アイーダの信念」を熱唱。桜木みなとら、同期95期生7人で、思い出の初舞台作「Amour それは…」から「オ・ララ・アムール」を合唱した。
 アンコールにも複数こたえ、最後は、サヨナラ公演でのショーの演目から「YOSAKOI ソーラン」も披露。普段の朝夏に代わって、実咲が音頭をとり「あ~、どっこいしょ! どっこいしょ! ソーラン宙組!」。勇ましくも明るい「ソーラン節」で締めた。

実咲凜音 涙で本拠地に別れ「必死にもがいた日 今では懐かしい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
 最後の大階段を黒の紋付きに緑の袴で下りた実咲は「宝塚音楽学校の合格発表の日から、ちょうど10年目の春を迎えました。まるで昨日のことのように思い出します」と明るく切り出した。
 続けて「花組からこの宙組へ異動となった私は、未熟さゆえの厳しい試練がありました。必死にもがいた日、今では懐かしくよみがえります」と下級生のころから抜てきが続いた境遇ゆえの苦悩を振り返り、最後は「花組からご一緒させていただいた朝夏さん。こんなに不器用な私を最後まで導いてくださり、感謝の気持ちで…。まだまだサヨナラは言いたくない、という思いでいっぱいです」と話すと涙で声を震わせた。
 さらにカーテンコールでは、朝夏からショー「VIVA!…」の名場面「ソーラン節」のかけ声を「やってごらん」とムチャぶりされるも、袴姿でノリノリに披露。「本当に幸せです。東京公演もありますので、最後まで成長できるように努めたい」と締めくくった。

宝塚宙組トップ娘役・実咲凜音ラスト本拠地「まだまだサヨナラを言いたくない」 : スポーツ報知
「たくさん泣いて、たくさん笑った日々」というタカラジェンヌ生活。「未熟さゆえのたくさんの試練がありました」と、花組から宙組に異動し、2012年7月のトップ就任時を振り返り「相手役さんの凰稀(かなめ)さんに付いていかせていただきたいと、必死にもがいた日々。今では懐かしく、よみがえります」。凰稀退団後のトップスター・朝夏まなとは花組時代から慕っていた男役。「こんなに不器用な私を最後まで導いて下さった」と感謝した。


ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
宙組さん、あと1日で千秋楽というところで、
まっぷー(松風輝さん)が怪我のため
ショーを休演という発表がありました。

宙組 宝塚大劇場公演 休演者のお知らせ | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
宙組 宝塚大劇場公演『VIVA! FESTA!』の休演者をお知らせいたします。

 宙組 松風 輝
※怪我の為、『VIVA! FESTA!』を3月5日(日)11時公演より休演いたします。 なお、復帰時期につきましては、現在のところ未定となっております。 『王妃の館 -Château de la Reine-』には出演いたします。  

不幸中の幸いというか、
お芝居で演じられているムノンはお年寄りで、
あまり動きも激しくないので
(といっても少々踊ってましたが)
そのままご出演、ということだそうで。

早くよくなるよう、お祈りしています。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


 


宙組の愛ちゃん(愛月ひかるさん)の
「ファーストフォトブック Vol.5 愛月ひかる」が
明日25日に発売になります。

で。スカステでメイキング番組やってるんですけども。
やばい。
愛ちゃんがエロい。
エロいっていうか、リアル王子でデレる。

雨宮さんは、
愛ちゃんのどことなくエロいとこが好きで
ついつい見てしまうのですが。

▼そのエロさを力説している以前のブログ。
限りなくエロいルキーニ、愛月ひかるさん。 : 初心者のための宝塚観劇講座
雨宮さんは、愛ちゃんの魅力を
「どこからともなくにじみ出る下品なエロさ」
だと思っています(褒めてます)。

下品というのは、
なんというかちょっとリアルというか、
シュッとした役の時でも、娘役と絡むと
「ちゃんと男としての下心がある」という感じ。

言い方はアレですけど、
「あわよくばこの女と…」と思ってる感じがどこかに出てる。
そんなところが好きなのです。

そんなエロさが
メイキング番組でも披露されていまして(笑)。
雨宮さん、録画したやつ謎にリピートしています。

今日は、そんな愛ちゃんを褒めちぎる内容です。
メイキング番組見ながら
感想を吐き出していきます!

まず最初は赤いバラの大きな花束を背負った写真。
金髪、黒のシンプルなスーツ(たぶん)、
蝶ネクタイほどいてだらり、なスタイル。
前髪はらりも美しい。

そしてお寺でお着物、コート+ハットなショット。
愛ちゃんって、いつも割と独特なお洋服を着ていて。
この時のコートも、愛ちゃんしか着られんなぁって感じ。

いかんせんスタイルが尋常じゃなく良いので
すごいお洋服も着こなせちゃう。

扮装写真は「ダルレークの恋」。
ターバン!
相手役さんは遥羽ららちゃん。
どうやら愛ちゃんが
「黒塗りが似合いそう」と思って選んだらしい。

後ろからハグショットとか映ってるんですけど、
やっぱり愛ちゃんは相手役さんに愛がある。
と私は思ってます。
(愛が多くてややこしい)

なんでしょうね、
後ろからハグしてるから
愛ちゃん自身は相手の顔を見てないし、
目線は正面のカメラを向いてるんだけど、
全部の意識は相手役のほうを向いてる感じというか。

もうひとつの扮装写真は
映像には映ってませんが
光源氏をやったようです。
しゃべ化粧の経験がなかったので
真風さんにお化粧を見てもらったそう。

モード写真は、フラミンゴの剥製とともに。
そうだった、愛ちゃんってフラミンゴ好きなんだった。
たしか昔、上級生かなんかに
「フラミンゴに似てる」って言われたんですよね?
フラミンゴの剥製を貸してくれるとこ自分で調べて、
頼んでもらったらしいよ。
そんなに……好きなんだ………!

そして雨宮さん大興奮だったのが
素メイクでの「うたかたの恋」ルドルフとマリー、
別荘の場面を再現してるショット!!!!

マリーは、雪組のりさちゃん(星南のぞみちゃん)。
愛ちゃんはいつか「うたかた」の
ポートレートを撮りたいと思っていたそうで、
りさちゃんが劇団に入ってきた時から
「マリーはこの子にやってもらいたい」って
目をつけていたらしい(笑)。

愛ちゃんとりさちゃんの接点ってあったっけと思ったら、
りさちゃん初舞台が宙組なんですな。

もうね、このね、撮影風景がね!
愛ちゃんが優しそうだし、
りさちゃん可愛いし、
なんだろう、見てるだけでデレーっとなる。
頬が緩む。
美しすぎるショット。

狼男ごっこの場面を再現しているらしく
りさちゃんが「食べてください♡」って言ってるのを、
デレデレしながら見てる愛ちゃん。
それをテレビの前で見ながらデレデレする雨宮。
デレデレの連鎖。

はああああ。

ここだけ何度リピートしたことか。

もう一回見よう。

(リピートして戻ってきました)
愛ちゃんがりさちゃんを見て
「想像通りの可愛さ」とか
「可愛いです」とか
「ただひたすら可愛くてニヤニヤが止まらない」とか
「可愛くて笑っちゃうんですけど!」
と褒めまくってるのもツボ。

愛ちゃんが膝の上にりさちゃんを乗っけて
おでこくっつけてるラブラブショットも
りさちゃんのおさまりがよくて
もう、デレしかない(笑)。

ちなみに、この時の黒のロングブーツは
ききちゃん(芹香斗亜さん)のものだそうです。

続いては、真っ白な部屋で真っ白な洋服の
プライベート感を出したショット。
(オサレすぎて全然プライベート感ないけど)
どうやらここは、笑顔の愛ちゃんが見られそうです。

そして金髪黒タートルニットトレンチコートで
夕暮れな感じのショット。
モデルさんぽい!
これは、どんな写真になってるのか楽しみ。

他にも、アルベルト・べディーニ的ショットや
ききちゃんりくくん(蒼羽りくさん)、
十碧れいやさんとの同期ショット
(べーちゃんも見学に来てた!)もあり。

凰稀かなめさんとの対談もあり。

極め付けは伶美うららさんとの
大人なツーショット。
今の宝塚で大人の色気って言ったら
やっぱりうららさんだわーと
思わせてくれる素敵ショットになってそうです。

はあぁ。
一気に書いた。

雨宮さん、
愛ちゃんのこと好きなんだろうなぁ(笑)。

▼公式さんに短いプロモーション映像あります。
メイキング番組に出てないショットもあるね!

宝塚ファーストフォトブックvol.5 愛月ひかる(DVD付) | 宝塚クリエイティブアーツ公式ショッピングサイト|TCAオンラインショップ
「宝塚ファーストフォトブックvol.5」には、堂々としたスタイルで魅せる宙組男役・愛月ひかるが登場。 上質でセクシーな大人の魅力溢れるタキシード姿や、少し不良っぽいアウトローな表情、冬空の下を粋な着物姿で散策したり、悪役で存在感を見せた『双頭の鷲』稽古場での姿もクローズアップ。また、ロケ撮影で『うたかたの恋』の世界をロマンティックに描いたショットも必見です。再会が嬉しい憧れの先輩との対談やプライベートスナップ、自身を語るインタビューなどももちろん収録。



明日見るのが楽しみ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ