初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 雪組


スポンサードリンク

 


雪組大劇場新人公演『ひかりふる路』、難しい演目ですが新人公演ならではの仕上がりでおもしろかったです。ということで、感想の続き。

マリー=アンヌ:潤 花

初ヒロインの潤花ちゃん。『CAPTAIN NEMO』では準ヒロインポジションだったのだけど、いまひとつ実力がどんな感じなのかわかりづらい役だったので、私は彼女のお芝居をちゃんと見るのはこれが初めて。とてもいいヒロインでした。

まずは存在感がとっても貴族だった。育ちがいいというか、高貴な感じ。これって、持って生まれたものが大きいので、宝塚の娘役としてはとても有利だと思います。舞台に出てきて、そこに立っているだけで、貴族の娘だってわかるのはすごい。喋り方も落ち着いていて大人っぽかったし、芯の強い感じも出てたなぁ。

あとはお化粧が、もうちょっと自分に似合うものが見つけられたら、さらに美しくなると思います。

ジョルジュ・ジャック・ダントン:叶 ゆうり

叶ゆうりくんは、安定のビジュアル。安定のオラオラ感。安定のアニキ感。

ジョルジュの見どころは、ロベスピエールとの息を飲む掛け合い(2場面)だと思うのだけど、このお芝居の間って本当に難しいんだなと思いました。綾さんと叶ゆうりくんの掛け合いも、きっと東京公演ではもっといい感じに噛み合うはず。成長が楽しみです(東京の新人公演は見られないけど…)。

タレーラン・ペリゴール:陽向 春輝

はっちさん(夏美ようさん)のお役をやったたわしちゃん。うまかったなぁ。本当にうまかった。無理して年配の雰囲気は出さず、どちらかというと年齢不詳。見た目はめちゃ悪役。表情も動きもめちゃ悪そう。完全に自分の役にしてた。

星南のぞみちゃん演じるマノン・ロラン夫人と絡む場面がほとんどなのだけど、たわしちゃんのお芝居がうますぎて、のぞみちゃんもいつもより上手に見えてくるという…(笑)。今後も楽しみです。

カミーユ・デムーラン:永久輝 せあ

ひとこちゃん(永久輝せあ)さんは、こまちゃん(沙央くらまさん)演じるロベスピエールの友人で気の弱いジャーナリストのカミーユ役。

最初のほうは本役さんのお芝居に似てるなぁと思ったのだけど、途中からひとこちゃんらしさをメキメキ発揮。最大の見どころ(というか最大にして唯一)であるジョルジュに「帰ってきて」と手紙を出す場面、ひとこちゃんの歌で泣きました。

新人公演って、全てを忘れてお芝居に感情移入することが難しかったりするのだけど(あの子もこの子も見たい、新人公演ならではのポイントはどこかな、とか邪念がいろいろありまして…)、ひとこちゃんが出てきた瞬間、本公演と同じくらいお芝居の世界に集中できた。で、泣いた。

ひとこちゃんはもう、本公演で重要な役ができちゃうくらいの力量があるなぁと、改めて思ったのでした。

ルノー夫人:彩 みちる

みちるちゃんもお芝居上手でした。梨花ますみさん演じる印刷工房のおかみさん・ルノー夫人役で、ちょっと年上の役。みちるちゃん自身は全然若くて可愛いのだけど、セリフのひとつひとつに「肝っ玉かあさん感」が滲みでていて、すごく頼りになりそうな年上の女性に見えました。

イザベル :有栖 妃華

102期、研2のありすちゃん(有栖妃華さん)。愛すみれちゃん演じるイザベル役でした。女性たちが集会している場面に移る時にソロを歌うのですが。歌も上手だし、「あの子誰?」と思わせる花があった。これから活躍する機会があるといいなぁ。
 
他にもきらりと光る人がたくさん。今後が楽しみな新人公演でした。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


 


雪組大劇場新人公演『ひかりふる路』を観劇してきました。主演は星組から組み替えしてきたばかり、98期の綾凰華さん。ヒロインは102期の潤花ちゃんです。

綾さんがどんなお芝居をするのか、そして潤花ちゃんがどんなヒロインになるのか、期待と心配(←余計なお世話だけど、みんな妙に母心)もあって。雪担の友人に会うとみんな「この芝居が新人公演でどうなるのか、気になって仕方ないので観にきた」と言っていました。

そもそも本公演は真ん中二人の歌唱力ありきで作られているようなものなので、それを新人公演でどうこう言う気は全然なくて。むしろ「大変な公演に当たっちゃったね」「頑張れ!」って感じ。そういう客席の空気を含め、「新人公演らしい新人公演」となったのでした。

ロベスピエールが最後に正気に戻った

マクシミリアン・ロベスピエールを演じた綾凰華さん。まずはビジュアルがとても美しかったです。

最初の場面はせり上がりからの歌という、緊張せざるを得ない登場の仕方。最初は「緊張してるかな?」という感じもありましたが、銀橋を渡り終わるころにはしっかりと舞台に立ってました。しかも銀橋から本舞台に戻ると仲間たちが出迎えてくれる場面につながるので、いい顔で走りこんでました。

前半、恐怖政治を行うまでのロベスピエールは、仲間とともに戦う青年なので、ナチュラルにお芝居していたと思います。

で、恐怖政治の宣言から先は、正直私は望海さんの印象が強すぎて、冷静に新人公演を見ることができなかった。観ている私の集中力が足りなかったのかも。

でも衝撃的だったのは、最後に投獄されたロベスピエールが、恐怖政治以前の彼に近い正気に戻っていたこと。

望海さんは、革命期(訳あり青年)→恐怖政治(狂気)→なんかその先のものが見えちゃった人(狂気の進化系)、みたいな三段活用なんですが(イメージ)。

綾さんのロベスピエールは、革命期(明るい青年)→恐怖政治(狂気)→まっとうな大人(正気に戻る)、みたいな感じ。決して以前の彼に戻ったわけじゃないけど、全てを越えて大人として成長した普通の男性に見えた。「普通の」って言い方はあまりよくないけど。「まともな」というか。「狂気」が抜けてるというか。

だからこそ、最後にマリー=アンヌを送り出すのにも、男としての愛情があったように思えて。ある意味、宝塚の主人公らしい主人公だった。

……とここまで感想を書いてきて、改めて望海さんの演じるロベスピエールは姫なんだなぁと思いました(笑)。みんなが言ってる「ヒロイン感」。

どちらの解釈も、その人にしかできない役作りでおもしろいなぁと思った次第です。本当に、演じる人によって全然印象の違うお芝居になるし、観たあとの気分も全然違う。感じることも思うことも全然違う。だから観劇がやめられないのです。


ちょっと気になったのは、綾さんは黒目がちなので目線のお芝居が分かりづらくなってしまうこと(黒目が小さい人は、視線がどこを向いているかめちゃわかりやすいの)。もともと黒目が大きいのか、メイクのせいなのか、コンタクトなのかわかりませんが、もっと視線がはっきりわかるといいなぁと思いました。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


 

↑このページのトップヘ