初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 初心者にオススメ


スポンサードリンク

 

東京公演の千秋楽恒例になりつつある、
映画館での「ライブ中継」 。

このブログにも「ライブ中継」の
観劇方法を探してたどり着く方がいるようなので、
私が観た時の様子をお知らせしますね。

映画と同じノリの方と、
劇場で観劇するようなノリの方、
両方いらっしゃいます。

映画を見るように、
ポップコーンやビールを片手に見る方もいます。

ただし、拍手を入れてる方はいませんでした。
(私は思わず拍手しちゃいそうになる派)
(もしかして、誰かが拍手切ったら一緒にするかも)


気になるスターさんが
スクリーンいっぱいアップで観られるので
オペラグラスいらずで、なかなか楽しいです。

その代わり、下級生ファンの方は
観たいところが映らない、という
ちょっとしたモヤモヤがあるかもしれません。

そこは割り切って、
”主演さんの目線で物語を追う”という
下級生ファンが劇場では絶対にできない
真正面からの観劇を楽しむのもいいと思います(笑)。

飲み食いしながら観るのは、
好き嫌いがあるとは思いますが、
ポップコーンにビールを片手に観劇なんて、
劇場では絶対にできないことなので、
これもまた楽しいかもしれませんね。

劇場と同じように、幕間休憩があります。
(そりゃそうだ、生中継だから)



しかし、ライブ中継が
劇場B席より高いのが気になりません?
気になる方は…ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


昨年の『ルパン三世』の時もそうだったのですが、「『るろ剣』が初めての宝塚観劇」という方が客席にたくさんいらっしゃいます\(^o^)/ 

そんな方の間で漏れ聞こえてくる疑問に、勝手にちょこちょこお答えしようという企画です。

疑問1:「え、3時間もやるの!?」
はい…今回の演目は1幕1時間15分、30分の幕間休憩を挟んで2幕が1時間15分、合計3時間となっています(基本的に、宝塚の大劇場公演は全て3時間コースです)。そのかわり、定刻に始まり、定刻に終わりますのでご安心ください。

ちなみに、昨年は前半の1時間半が『ルパン三世』で、休憩を挟んで後半は『ファンシー・ガイ』というショーでした。『ルパン三世』を楽しそうに観劇していたのに、ショーの時間になっても戻ってこない方、たくさんいました。帰っちゃったんでしょうね…。幕間に劇場の係員に「このあと、何かあるんですか?」と聞いている方も、何人も見かけました(笑)。

今回は1幕ではお話が終わりませんので、さすがに帰っちゃう方はいないと思います!


疑問2:「剣心が主役なのに、写真の並びがヘンじゃない?」
IMG_6009 (1)

宝塚大劇場の改札を入って左の壁に、主な出演者の写真が飾られています。ご覧いただくとわかるように、主人公の緋村剣心が左から3番目、ヒロインの神谷薫が一番右にいます。普通に考えれば主役から順番に並びそうなもの、この壁の写真では何の順番かわかりませんね。実はこれ、「芝居の中での重要な役順ではなく、宝塚に入団した順に並んでいる」んです。左側から公演中の組の中で芸歴が長い順、ということになります。ただし、メインキャストやヒロインは芸歴が短くても写真が飾られるため、右のほうになるとヒロインより芸歴が長くても写真が飾られない人もいます。


いかがでしょうか。『るろうに剣心』で宝塚初観劇される方、ぜひ劇場の雰囲気も楽しんでくださいね。




宝塚歌劇団 ブログランキングへ

 



 

↑このページのトップヘ