初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 初心者にオススメ


スポンサードリンク

 

このブログでもご質問いただいたり、
普段も周りの人から言われるように、
宝塚のチケットはやっぱり
取りづらい印象があるようでして。
(実際に取りづらいってのもある)
(特に東京なんかは)

阪急交通社の貸切公演は
比較的初心者にも優しい
しかも、A席B席2枚組プランは割引もあるので、
定期的にこのブログでも
オススメしていきたいところです。

発売時期はメール配信登録していただくなり、
こまめにサイトをチェックするといいのですが、
宝塚ファンでも忘れがちです(おい)。

個人的な意見ですが、
宿泊つきで1階S席1~2列目に26800円なら
まあ、出してもいいかな……という感じ。
(あとはホテルのランクで値段が違います)

1、2列目はさすがに
「一生こんないい席では見られないかも」と
思いながら見ることになるので、
多少はお金を出してもいいかと思います。
S席1、2列はセンターではありませんが、
十分テンションがあがります。

逆に8列目以降は、
今後も観劇するなら、
巡ってくるチャンスはあります!
無理して宿泊、食事付きにしなくてもいいかも。
(SS席が7列目までなので、
そのうしろのS席からは、ということで)

初めて観劇するなら、
全体がよく見えて
オペラなしでもジェンヌさんの顔がわかる
できれば10〜13列くらいがオススメです。

舞台上のジェンヌさんから
視線をもらったりするのは、
ジェンヌさんや席の上手・下手にもよりますが、
4、5列くらいまでが多いかな。

はじっこの席だと花道がありますので、
7、8列くらいまでいけます。

阪急貸切公演のチケットはこちらから。
 

こちらの記事もあわせてどうぞ。
初心者にオススメの席は? : 初心者のための宝塚観劇講座

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。


宝塚を観劇するために、
全国から兵庫県、または東京の劇場に
ファンが集まってきます。

雨宮さんは拠点が東京ですので、
兵庫や大阪、名古屋、全国ツアーの際は
「遠征する!」ということになります。

観劇のために旅行するなんて…と
最初は勇気がいるかもしれませんが、
慣れれば宝塚の大劇場まではすぐです
(物理的には遠いですが(笑))。

さて、遠征の際に準備することは
交通、宿、チケットの確保
です。
このとき最も難しいのが「宿」の確保でしょう。
(大劇場へのアクセスは
宝塚大劇場・バウホールの場所は?」をご覧ください)

宝塚の大劇場近くの宿泊施設

宝塚ワシントンホテル

阪急宝塚駅前すぐのホテルです。
観劇の際、一番便利なホテルだと思います。



お部屋で宝塚専門の有料チャンネル
「スカイステージ」を見ることができます。

ただ、土日やお茶会日、初日、千秋楽近辺は
混み合っており、予約がとれないことも多いです。

ホテル1階のレストランは
朝7時からオープンしており、
比較的空いていますのでオススメです。

元日は宝塚で公演が行われるにもかかわらず、
劇場周辺のお店はことごとくおやすみ。
ホテルのレストランだけが頼りです。
お正月に遠征した時もお世話になりました(笑)。

藤田観光の株主優待券を使って
半額で泊まることもできます。

宝塚ホテル

宝塚大劇場のオフィシャルホテルです。
阪急宝塚南口駅前すぐ。



1926年創業のクラシックホテルなので、
雰囲気はとても素敵。
一度は泊まる価値はあるでしょう。
ただ、お部屋によっては
少々古いと感じるかもしれません。

お部屋で宝塚専門の有料チャンネル
「スカイステージ」を見ることができます。

こちらも土日やお茶会日、初日、千秋楽近辺は
混み合っており、予約がとれないことも多いです。
特にスターさんのお茶会は
このホテルで行われるのが定番。
お茶会日は宿泊だけでなく
大勢の人が集まっています。

この宝塚ホテル、移転が予定されていますので、
一度泊まってみたいという方は早めにどうぞ。

神戸新聞NEXT|社会|宝塚ホテル移転へ 開業89年、建物が老朽化
阪急阪神ホールディングス(HD、大阪市)は15日、1926年開業の老舗「宝塚ホテル」(兵庫県宝塚市梅野町)を、宝塚大劇場の隣接地に移転させる方針を明らかにした。新たな施設の概要や移転時期などは未定という。
【民間】宝塚ホテルの移転建て替えは客室数が約200室、18年4月に着工(会員) | 建設ニュース
阪急電鉄(大阪市北区)は、「宝塚ホテル」(兵庫県宝塚市)の移転建て替えで、新ホテルの客室数を現ホテルから約1・5倍に増やして200室程度とし、宝塚大劇場に隣接する宝塚大劇場西駐車場に建設する。先行して宝塚大劇場の北側に300台程度を収容する3階建ての立体駐車場を整備し、ホテルの建設は2018年4月上旬ごろの着手を予定している。新ホテルは1階と2階に宴会場やレストランが入り、3-5階が客室となる。

 
宝塚温泉 ホテル若水 

阪急宝塚駅から
武庫川を渡った先にある旅館です。



いわゆる温泉宿ですので、
お食事の時間などが決まっています。
観劇と温泉を楽しむ旅行にはぴったりです。
 
入り待ち出待ちまでやってみたい方は、
多少不自由を感じるかもしれません。
お値段はホテルより少々高めになっています。

宝塚イン

阪急宝塚駅から武庫川を渡り、
右に曲がったところにある宿泊施設です。



インターネットなどで予約はできず、
電話で空室を確認するシステム。

お部屋は1つ1つ独立していますが、
管理人さんがいるペンション、
という雰囲気です。

最近泊まっていないのでわかりませんが、
シャンプーやボディソープなどのアメニティは
お部屋に置いてなかったように記憶しています。


宝塚大劇場周辺の大きな宿泊施設はこの4つ。
他に女性専用の民宿、プチホテルなどもあります。

ホテルカレント宝塚 

宝塚歌劇場前交差点近くにある、
女性専用のホステル形式の宿泊施設です。






急に遠征を決めると
なかなか宿が見つからないこともあります。

そういうときは伊丹や三田、
梅田、大阪などのホテルを利用しています。

観劇前日に遠征するときは、
新大阪のホテルに宿泊することもあります。

お値段と交通の便を考えて、
定宿を見つけるのもいいと思います。

▼直前だとすごく安くなるホテルもあるみたい。


楽しい遠征を!
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ