初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ:初心者にオススメ > 観劇の心得


スポンサードリンク

 

宝塚に限らず、劇場とコンサート会場はマナーが違います。例えば、コンサートでは声援を送ったり手を振ったり、自由に体を動かしたりしてステージにアピールすることがありますが、劇場では座席に腰掛けたら、途中で声をあげたり動いたりすることはありません。とはいえ、座って自由な姿勢で楽しめばいいのですが、お芝居などではみなさん集中して観劇していますので、他人の邪魔をしない心がけは必要かもしれません。みなさん観劇を楽しみにしていますし、この1回だけしか観劇しない方も多いでしょう。また熱心なファンの中には、お芝居の中で自分の好きなタカラジェンヌが数分しか舞台に登場しない、その数分のために劇場に足を運んでいる方もいます。ですから、ほんのすこしの雑音が命取りになるのです。

《観劇の際に気をつけたいこと》
携帯は電源を切るなどして電波を遮断しておきましょう
着信音が出るのはもってのほかです。マナーモードでもいいじゃないかと思われるかもしれませんが、お芝居のシリアスなシーンなどにバイブ音が響くと、その場面が台無しになってしまいます。また、マナーモードにしていても目覚ましやアラーム、緊急地震速報などは音が出ますので、注意が必要です。(緊急地震速報に関してはいろんなご意見があると思いますが、個人的には、観劇中に鳴ったところでどうにもならないような気もします)

座席の背もたれに背中をつけて座りましょう
前のめりな姿勢になると、その後ろに座っている人は信じられないくらい舞台が見づらくなります。また、座高が高めの方は、すこし浅く腰掛けて背中を背もたれにつけると後ろの方に喜ばれます。背の高い男役OGの方が観劇される際、このようにして座ってらっしゃるのを見かけることもあります。

盛り髪、帽子はやめましょう。 
せっかくの観劇ですからヘアスタイルも気合を入れたいのはわかりますが、普段以上にこんもりとした髪型ですと、はやり後ろの席の方が舞台を見づらくなってしまいます。頭のてっぺんのお団子ヘアなどにも気をつけたほうがいいでしょう。帽子をかぶっている方は、開演前に劇場スタッフの方から脱帽するよう声をかけられることがあります。

ビニール袋の取り扱いに注意しましょう
レジ袋に入れてある飴やペットボトルのドリンクを、観劇中にカバンから取り出す方がいらっしゃいます。レジ袋のカサカサ音は、思った以上に客席に響きます。開演前にレジ袋から取り出して手元に置いておきましょう。

お話し声にも注意しましょう
自分はヒソヒソ声で話していると思っていても、周りには迷惑をかけてしまいます。上演中は集中して観劇し、感想は幕間や終演後に思う存分どうぞ。

咳にもご注意を
劇場の中はとても乾燥しています。そのため、体調万全の方でも、急に咳き込んでしまうことがあります。 咳をする際は、ハンカチなどで口元を押さえてなるべく音が大きくならないようにしましょう。また、飴などをなめながら観劇することで、ある程度咳を防ぐことができます。

普段、観劇の際に気になることをピックアップしてみましたが、宝塚だからといって特別なことはありません。マナーを守って、楽しく観劇していただければと思います。 

宝塚の舞台では「客席下り(きゃくせきおり)」と言って、タカラジェンヌが舞台から客席に下りてくる演出が盛り込まれている時があります。また、客席のドアから登場する「客席出(きゃくせきで)」などもあります。

観客のすぐそばをスターが通ったら、触れてみたくなりますよね。こういった時は、どうしたらいいのでしょうか。

《お芝居の場合》
お芝居でスターが客席を通る場合は、あくまでもお芝居の役として通りますから、声をかけたり触れたりしてはいけません。また、演目によっては武器などを持って走ったりしますので、急に手を出すのは危険です。

《ショーの場合》
ショーはお芝居の役とは違い、そのスターが芸名の本人として客席を通ります。そのため、陽気な曲の時などは、ハイタッチしてくれることがあります。誰も手を出してないけどハイタッチしてもいいのかな…?と不安な時は、自分の顔の横あたりにスターから手のひらが見えるように手をあげておくと、気づいたスターがそこに手を合わせてくれることもあります。また、中には手をとって目を見つめてくれたり、肩などに触れたりと、スターのほうから絡んでくれる場合もあります。スターに絡まれるなんてめったいにない機会です、照れずに一緒に盛り上がりましょう。

ただしショーでのハイタッチなどは、あらかじめ決められている振り付けではなく、それぞれのスターのアドリブです。ですから、必ずハイタッチできるわけではありません。また、通路から離れた席に座っているのに、隣の人を乗り越えたり立ち上がったりして手を伸ばすと、思わぬケガをすることもありますのでやめましょう。それから、スターの衣装やアクセサリーはデリケートなものですから、触れないようにしましょう

観劇に最適なオペラグラスは何か。実に頭を悩ませる問題です。オペラグラス選びにはいくつかのポイントがあります。

◯倍率
まずは倍率。大きく見えるほうが嬉しいのは当然ですね。ただ、困ったことがひとつ。大きく見えすぎると、周りの様子がわからない。踊るスターの顔はよく見えますが肝心のダンスが見えないとか、顔に見とれている間に大切な小道具を受け渡ししているのを見逃すといった問題が発生します。

◯明るさ
照明が暗いシーンでも、舞台のスターをハッキリと見たいもの。対物レンズの口径が大きなほうが、視界が明るくなるそうです。明るさの数値もそれぞれの製品のスペック欄に書いてあります。

◯実視界
オペラグラスをのぞいた時に見える視界の範囲を「実視界」と言うそうです。倍率が高くなるほど実視界は狭くなりますので、実視界が広いほうがよりスターの周りまで見えることになります。倍率のところでも書きましたが、見える範囲が広いほうが、いろいろ取りこぼしなく楽しめます(笑)。

あなたは何を使っているでしょうか。私は長年こちらです。



倍率7倍、レンズ口径17、実視界6.5度で、明るさ5.8。レンズがクリアで、舞台がかなり明るく、しかも見える範囲が広くなっています。離れた掛け合いの芝居でも、きちんと登場人物2人が視界に収まってくれます。デュエットダンスで、手をつないで少し離れていても2人収まるくらいの視界です。

(2015.9.1.追記)
東京宝塚劇場の2階B席からのぞいてみて、0番から左右2番まで一度に視界に入りました(笑)。


コンパクトで持ち運びが便利なのもいい。ただ、四角いフォルムのため持ちづらく、手ぶれしてしまうのが悩みです。

そこで、今気になっているのがこちら。



倍率は6倍と少し落ちますが、レンズ口径16、実視界8.3度、明るさ7.3。お値段がかなり高額な点を除けば、スペック、重量、大きさなどすべての数値が高い。現在発売されている中ではもっとも注目しています。

実際に劇場で試用できないので、買ってみるしかないのですが…。いかんせん、高い(笑)。

 




宝塚歌劇団ランキングへ

↑このページのトップヘ