初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ:初心者にオススメ > 観劇の心得


スポンサードリンク

 

宝塚の公演は30分の休憩を含め3時間。結構な長丁場ですので、お手洗いの心配をされる方も多いでしょう。

宝塚大劇場では、2014年の100周年を機に、劇場のお手洗いがリニューアルされて綺麗になりました。

特にすごいのが、劇場改札を入って左奥にある女性用のお手洗いです。長い廊下の両側にずらりと個室が並び、その数およそ50。列に並びながらこの廊下をゆっくり歩くうちに、空いた個室に入るというシステムです。

こんな感じです。
IMG_4482

お手洗いの行列は長くなりますが、立ち止まることなく列がどんどん進むので、ストレスなく並ぶことができます。開演前に行列ができていても、どんどん進みますので諦めなくて大丈夫です。

また、この長いお手洗いのほかにも3カ所のお手洗いがあるほか、劇場改札外にもお手洗いがいくつかありますので、30分の幕間休憩でも時間の心配はありません。

各お手洗いにはハンドドライヤーが設置されています。

生理用品は2階売店で扱っているそうです。

ちなみに、男性用お手洗いは利用したことがないのでわかりませんが(笑)、開演前や幕間に行列ができているのはほとんど見たことがありませんので、心配しなくてもよさそうです。


劇場へ行くと、コアな方はオペラグラスを使って観劇しています。宝塚以外の舞台やコンサートなどで使い慣れている方は、どうぞお手持ちのオペラグラスを持ってご観劇ください。

個人的な感覚ですが、オペラグラスがあるといいなと思うのは、1階17列以降、2階7列以降くらいです。ですから、少し後ろの席のチケットを入手した場合は、オペラグラスがあるといいでしょう。劇場でもレンタルできますが、比較的安価ですので、今後も観劇しそうな場合は購入してもいいかもしれません。劇場でレンタルしてるオペラグラスはこちらです。8倍の倍率です。

Vixen 双眼鏡 アリーナH 8×21WP ダハプリズム式 8×21WP コンパクト 小型軽量 防水 ピンク 13503-5

ご覧いただけるとわかるように、組カラー(花はピンク、月はイエロー、雪はグリーン、星はブルー、宙はパープル)と同じカラーバリエーションで発売されています(笑)。

ただ、オペラグラス初心者の方には、いきなりオペラグラスでの観劇はちょっとハードルが高いかもしれません。オペラグラスを使う際のメリットは気になる人の顔や、舞台での小道具などがよく見えることです。でも、オペラグラスを使い慣れていないと、ピンポイントで見たいところを覗くのがなかなか難しいようです。さらに、オペラグラスで気になるスターの顔を見ているうちに、舞台の違うところで大事なお芝居が進んでいた…なんてこともよくあります。どうぞオペラグラスで夢中になりすぎないよう、ご注意ください(笑)。

宝塚を観劇してみると疑問に思うのが、客席で拍手が起こるタイミングです。

宝塚の公演では、スターが登場する際など、独特な拍手のタイミングがなんとなく決まっています。普通のミュージカルではあまりない光景ですので、初めて観劇するとかなり不思議な感じに思えます。 ルールはありませんので、観劇する方が「素晴らしい!」と思ったタイミングで拍手をするのが一番だと思います。しかし、どうも周りが気になるという方のために、拍手が起こるお決まりのタイミングをご紹介します。

《宝塚で拍手が入るタイミング一覧》
トップスター、トップ娘役、二番手スターなどが最初に登場した時。スターさんはいかにも“ここで拍手してください!”という間をとって登場されますので、わかりやすいと思います。ただし、舞台にスターさんが登場してすぐではなく、振り返った瞬間やスポットライトが当たった瞬間など、きちんとお顔がわかった時に拍手を入れるのがポイントです。

大ナンバーが終わった時。大勢で壮大なスケールの曲を歌ったり、ソロで1曲歌い上げた時などに拍手が入ります。これは、普通のミュージカルやコンサートと同じ感覚ですね。ただし、場面によっては歌い終わりから次のシーンにそのまま繋がることもあります。こういった時は拍手は入りません。

スターさんが銀橋に出てきた時、銀橋を渡り終える時。宝塚の独特の舞台機構である、オーケストラピットの前の「銀橋(ぎんきょう)」と呼ばれる橋。ここをスターさんが渡る時に拍手を入れます。また、渡り終わる時にも拍手します。主にショーでの拍手ですが、お芝居で主題歌を歌う時なども拍手することがあります。

ショーでリフトしている時。男役と娘役がペアになって踊る、デュエットダンスも宝塚の魅力のひとつです。その中でも、男役が娘役を軽々と持ち上げくるくると回転する「リフト」と呼ばれる技があります。ショーで(まれにお芝居でも登場しますが)このリフトが披露された際は、トップスターでなくても拍手が入ります。

トップスターが「フォッ!」と掛け声をかけた時。ショーのクライマックスで男役の群舞のシーンで、ポーズを決めたトップスターがシーンとした中「フォッ!」とか「フッ!」とか「ハァッ!」とか掛け声をかける時があります。これは男役のダンスの醍醐味のひとつ。掛け声で場面が引き締まったあと、拍手を入れると場面が盛り上がります。

ロケット(ラインダンス)で足上げが始まった時。本公演(宝塚大劇場と東京宝塚劇場での公演)と全国ツアー公演には、最後に必ずロケットと呼ばれるラインダンスのシーンがあります。ここで足上げが始まったら手拍子をどうぞ。オペラグラスでじっくりと見たいお気持ちもわかりますが(笑)、手拍子が大きいと舞台の盛り上がりが違います。

ショーの最後に、トップスターが大階段から降りてきた時。出演者は全員大階段を降りて、舞台の一番前で客席にお辞儀をします。この時は普通に拍手をして大丈夫です。最後にトップスターが出てきて、まず大階段の中央で立ち止まりますので、ここで拍手。少し歌ってから階段を降りますので、階段を降りて舞台を歩き始めたら再び拍手。そして舞台の真ん中でお辞儀をしたらまた拍手。このお辞儀が終わったら出演者が銀橋に向かって歩き始めますので、ここからは手拍子をお願いします。

こんな拍手のタイミング覚えられないよ、と思われるでしょうが心配ありません。劇場に通いつめるコアなファンの方が、一足先に拍手を入れてくださいます(これを「拍手を切る」と言います)。ですから、誰かが拍手をしたのを聞いてから、それに続けば間違いありません。
 

宝塚に限らず、劇場とコンサート会場はマナーが違います。例えば、コンサートでは声援を送ったり手を振ったり、自由に体を動かしたりしてステージにアピールすることがありますが、劇場では座席に腰掛けたら、途中で声をあげたり動いたりすることはありません。とはいえ、座って自由な姿勢で楽しめばいいのですが、お芝居などではみなさん集中して観劇していますので、他人の邪魔をしない心がけは必要かもしれません。みなさん観劇を楽しみにしていますし、この1回だけしか観劇しない方も多いでしょう。また熱心なファンの中には、お芝居の中で自分の好きなタカラジェンヌが数分しか舞台に登場しない、その数分のために劇場に足を運んでいる方もいます。ですから、ほんのすこしの雑音が命取りになるのです。

《観劇の際に気をつけたいこと》
携帯は電源を切るなどして電波を遮断しておきましょう
着信音が出るのはもってのほかです。マナーモードでもいいじゃないかと思われるかもしれませんが、お芝居のシリアスなシーンなどにバイブ音が響くと、その場面が台無しになってしまいます。また、マナーモードにしていても目覚ましやアラーム、緊急地震速報などは音が出ますので、注意が必要です。(緊急地震速報に関してはいろんなご意見があると思いますが、個人的には、観劇中に鳴ったところでどうにもならないような気もします)

座席の背もたれに背中をつけて座りましょう
前のめりな姿勢になると、その後ろに座っている人は信じられないくらい舞台が見づらくなります。また、座高が高めの方は、すこし浅く腰掛けて背中を背もたれにつけると後ろの方に喜ばれます。背の高い男役OGの方が観劇される際、このようにして座ってらっしゃるのを見かけることもあります。

盛り髪、帽子はやめましょう。 
せっかくの観劇ですからヘアスタイルも気合を入れたいのはわかりますが、普段以上にこんもりとした髪型ですと、はやり後ろの席の方が舞台を見づらくなってしまいます。頭のてっぺんのお団子ヘアなどにも気をつけたほうがいいでしょう。帽子をかぶっている方は、開演前に劇場スタッフの方から脱帽するよう声をかけられることがあります。

ビニール袋の取り扱いに注意しましょう
レジ袋に入れてある飴やペットボトルのドリンクを、観劇中にカバンから取り出す方がいらっしゃいます。レジ袋のカサカサ音は、思った以上に客席に響きます。開演前にレジ袋から取り出して手元に置いておきましょう。

お話し声にも注意しましょう
自分はヒソヒソ声で話していると思っていても、周りには迷惑をかけてしまいます。上演中は集中して観劇し、感想は幕間や終演後に思う存分どうぞ。

咳にもご注意を
劇場の中はとても乾燥しています。そのため、体調万全の方でも、急に咳き込んでしまうことがあります。 咳をする際は、ハンカチなどで口元を押さえてなるべく音が大きくならないようにしましょう。また、飴などをなめながら観劇することで、ある程度咳を防ぐことができます。

普段、観劇の際に気になることをピックアップしてみましたが、宝塚だからといって特別なことはありません。マナーを守って、楽しく観劇していただければと思います。 

宝塚の舞台では「客席下り(きゃくせきおり)」と言って、タカラジェンヌが舞台から客席に下りてくる演出が盛り込まれている時があります。また、客席のドアから登場する「客席出(きゃくせきで)」などもあります。

観客のすぐそばをスターが通ったら、触れてみたくなりますよね。こういった時は、どうしたらいいのでしょうか。

《お芝居の場合》
お芝居でスターが客席を通る場合は、あくまでもお芝居の役として通りますから、声をかけたり触れたりしてはいけません。また、演目によっては武器などを持って走ったりしますので、急に手を出すのは危険です。

《ショーの場合》
ショーはお芝居の役とは違い、そのスターが芸名の本人として客席を通ります。そのため、陽気な曲の時などは、ハイタッチしてくれることがあります。誰も手を出してないけどハイタッチしてもいいのかな…?と不安な時は、自分の顔の横あたりにスターから手のひらが見えるように手をあげておくと、気づいたスターがそこに手を合わせてくれることもあります。また、中には手をとって目を見つめてくれたり、肩などに触れたりと、スターのほうから絡んでくれる場合もあります。スターに絡まれるなんてめったいにない機会です、照れずに一緒に盛り上がりましょう。

ただしショーでのハイタッチなどは、あらかじめ決められている振り付けではなく、それぞれのスターのアドリブです。ですから、必ずハイタッチできるわけではありません。また、通路から離れた席に座っているのに、隣の人を乗り越えたり立ち上がったりして手を伸ばすと、思わぬケガをすることもありますのでやめましょう。それから、スターの衣装やアクセサリーはデリケートなものですから、触れないようにしましょう

↑このページのトップヘ