初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 演出家


スポンサードリンク

 

Instagramで演出の先生を見つけたので、
とりあえず貼っておきます(笑)。

昨日は稲葉先生も来てくださいました😊お忙しい中、本当に幸せ💓💓 いつかまたお仕事ご一緒したいです👍

柚希礼音 ReonYuzukiさん(@reonyuzuki_official)が投稿した写真 -





ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

石田昌也先生が、来年1月28日から愛媛県東温市の坊っちゃん劇場で上演されるミュージカル「52(フィフティーツー)デイズ~愚陀佛庵、二人の文豪~」の脚本演出を担当することが発表になりました。
 
「漱石と子規の52日間」舞台化 脚本は宝塚歌劇団理事 愛媛 - 産経ニュース
 明治の文豪・夏目漱石と俳人・正岡子規が来年で生誕150年となるのを記念し、2人の交友を描いたミュージカル「52(フィフティーツー)デイズ~愚陀佛庵、二人の文豪~」の制作発表会見が19日、ゆかりの地・松山市の子規記念博物館で開かれた。愛媛県東温市の坊っちゃん劇場で来年1月から公演する。
(中略)
脚本・演出を手がけるのは宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)の石田昌也理事(59)で、「ユニークな娯楽作品にしたい」と、意欲を見せた。

坊っちゃん劇場第11作ミュージカル「52デイズ」 制作発表記者会見 | 坊っちゃん劇場事務所からのお知らせ
今作の脚本・演出の石田昌也先生は「(ミュージカル作品の主人公として)地味な 二人をどのように華やかに見せるか。史実を極端にねじまげない程度に、これを 観て試験を受けたら落ちるよ。というくらいのギリギリのところで娯楽作品として、 皆さんに楽しんでいただきたい。お子様からご年配の方まで、誰が見ても楽しめる 作品を作ることは難しいが頑張りたい。」と意気込みを述べられました。

子規記念博物館の竹田美喜館長が宝塚ファンということで、そんなつながりのオファーなのかなーと思ったり。

こちらのミュージカル、全国から出演者を募集してオーディションを行うそうなので、興味のある方はぜひどうぞ。

どうでもいいけど、去年松山の道後温泉に行った際に見た、夏目漱石の若い頃の写真がものすごくイケメンで、どうしようか思いました。 

IMG_5555

ほら、かっこよくない?

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






 

↑このページのトップヘ