初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: ニュース


スポンサードリンク

 


雪組のひとつの歴史が終わりました。
千秋楽当日は、
同じ気持ちをリアルタイムで分かち合う人がたくさんいて、
どこかお祭り騒ぎにような慌ただしさで。

でも今日は、自分ひとりで。
公式サイトが変わるのを
そっと見守ろうと思っていたりする。

この千秋楽翌日の朝の時間が
実は一番さみしかったり。

こうしてさみしがっている間にも、
退団された方々は、
もう次の道を歩き始めている。

そんななんともいえない
不思議な時間。

昨日から今日にかけて、
OGのみなさんや関係者のみなさんが
SNSなどに気持ちをアップしていたので、
まとめ。



▼ちぎさんの妹さんのInstagram。
ちぎさんが宝塚に入るまでを、
一番近くで見てきた方。


Instagram
ずっと2人部屋だったので、歴代スターさんのポスターに囲まれて私も中学高校時代を過ごしました
恋い焦がれてやっと入れた世界 .
お披露目公演で初めて大羽を背負って大階段を降りてきた姿が一番心に焼き付いています .
成績優秀、運動神経抜群、私にとっては小さい頃から自慢のスーパースターでしたが、今日はトップスター卒業の日! .
素晴らしい世界を教えてくれて、魅せてくれて本当にありがとう✨ .


▼元雪組トップスターの音月桂さんもツイート。


▼ちぎさんの1個上さん、緒月遠麻さん。
3枚目になつかしい『ニジンスキー』のお写真が。


緒月遠麻さん(@toma_ozuki) • Instagram写真と動画
素晴らしく綺麗な雪景色でした。

本日 卒業の皆様 宝塚生活お疲れ様でした☺️
ファンの方々も本当に本当にお疲れ様でした!
卒業するその日まで
大勢の皆様の愛をうける事が出来る
宝塚って本当素敵。
#雪組 #千秋楽
今日 ニジンスキーのハガキもらったよ。笑
なつかし。
ちぎの卒業日だから 記念に載せます!
みんな ゆっくり休んでね〜。
心に残る1日を ありがとう。


▼元雪組、89期の蓮城まことさん。

今日は 雪組公演 『幕末太陽傳』 『Dramatic S!』 千秋楽。 つまり、 ちぎさん、ゆうみ、大さん、 がおちゃん、ももちゃん、あんり、りょーこ の卒業の日。 朝からとにかく日比谷を離れたくなくて、 ずーーっと近辺をうろうろとしていました! 朝の楽屋に入って来てから、 公演をして、楽屋を出て、 フェアウェルパーティーまで 退団者の皆の輝きは 増すばかりで目が潰される!!ってくらいでした!! あー、本当に宝塚って素晴らしい。 れいちゃんとみなこにも会えたし、 近頃しょっちゅう会っているはずのきたさんと 宝塚的な所で会えて なんかめちゃくちゃ嬉しくて、 あー、なんかこうやって素敵な 人の繋がりってできるんだなって なんか嬉しくなりましたー いなくなって寂しいとかやっぱり思うけど、 こんなに輝いていた人達の事忘れるわけないから、 ちゃんと心に置いておけば良いんだなって 思いました!! また新しい雪組が始まります。 120%でサポートできる事はして行きたいと 思っています! 私が偉そうに言うことではないですが、 雪組を、宝塚をこれからも よろしくお願いします!!! #宝塚 #雪組 #幕末太陽傳 #dramatics #千秋楽 #早霧せいな さん #咲妃みゆ #鳳翔大 さん #香綾しずる #桃花ひな #星乃あんり #蒼井美樹 #卒業 #おめでとう #雪組の皆 #お疲れ様でした #絆絆 #ただの #雪組ファン #朝風れい #愛原実花 #久しぶり

蓮城まこと Makoto Renjoさん(@hiro_in_ny)がシェアした投稿 -


蓮城まこと Makoto Renjoさん(@hiro_in_ny) • Instagram写真と動画
今日は
雪組公演 『幕末太陽傳』 『Dramatic S!』
千秋楽。 
つまり、
ちぎさん、ゆうみ、大さん、
がおちゃん、ももちゃん、あんり、りょーこ
の卒業の日。
朝からとにかく日比谷を離れたくなくて、
ずーーっと近辺をうろうろとしていました!
朝の楽屋に入って来てから、
公演をして、楽屋を出て、 フェアウェルパーティーまで
退団者の皆の輝きは
増すばかりで目が潰される!!ってくらいでした!!
あー、本当に宝塚って素晴らしい。
れいちゃんとみなこにも会えたし、
近頃しょっちゅう会っているはずのきたさんと
宝塚的な所で会えて
なんかめちゃくちゃ嬉しくて、
あー、なんかこうやって素敵な
人の繋がりってできるんだなって
なんか嬉しくなりましたー
いなくなって寂しいとかやっぱり思うけど、
こんなに輝いていた人達の事忘れるわけないから、
ちゃんと心に置いておけば良いんだなって
思いました!!
また新しい雪組が始まります。
120%でサポートできる事はして行きたいと 思っています!
私が偉そうに言うことではないですが、
雪組を、宝塚をこれからも
よろしくお願いします!!!
▼元雪組・91期のタジィ(央雅光希さん)はライビュに行かれた模様。


タジィさん(@tatatata_ayk) • Instagram写真と動画
泣いたさ。ああ、泣いたさ。 
でも寂しさの中にも、
とても暖かいものが心に残った千秋楽でした。
最後はちぎさんらしく笑わせてくれたり、
ゆうみとのイチャコラ見せてくれたり、
本当に幸せな時間でした。 
退団者の皆様のこれからが
更に充実した輝かしいものでありますように!
こちら側でお迎え致します✨
▼大湖せしるさん。

大湖せしるさん(@cecile_daigo) • Instagram写真と動画
雪組 東京宝塚劇場公演 千秋楽。 
ちぎ兄、ゆうみ、まりえ、がを、ももちゃん、あんり、りょーこ。 
今、最高に幸せな瞬間を迎えてるんやろなぁ。 
7人の笑顔が輝きに満ちてますよに。
・ ・ おめでとう。。。 
・ ・ 上海から愛を込めて。
▼元花組の扇めぐむさん(今は扇けいさん)。

雪組公演!|扇けいオフィシャルブログ「Happy Happy Everyday」Powered by Ameba 

まだまだあるけど、いったんこのへんで。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

 
本日初日を迎える星組梅芸公演
『オーム・シャンティ・オーム』。
昨日の舞台稽古を、
原作映画の監督がご覧になったようで、
大絶賛していました。

なんか、嬉しいねぇ。

【宝塚歌劇団】星組公演「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」紅ゆずる「お客さまと楽しみたい」 - 産経WEST
宝塚歌劇団の星組トップ、紅(くれない)ゆずる主演「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」(脚本・演出、小柳奈穗子氏)の公開舞台稽古が21日、大阪市北区の梅田芸術劇場メインホールで行われた。大ヒットしたボリウッド(インド)映画をミュージカル化。この日は原作を手掛けたファラー・カーン監督が訪れ、宝塚とともに紅を絶賛した。
 稽古後の取材でカーン監督は「私の映画をここまでにしていただいて、言葉がない。本当にありがとうございます。ヒーロー(紅)が素晴らしい。男も女も関係ない。感激しました」と、何度も紅の肩に触れ、女性だけの劇団の舞台への感動を表現した。
 さらにボリウッドのトップ舞踊監督は「ダンスも素晴らしかった。インド映画に連れていきたい。次の映画は日本で、ということも視野に入れています」と話した。

宝塚歌劇団星組「オーム・シャンティ・オーム」通しげいこ 映画版のカーン監督が観劇― スポニチ Sponichi Annex 芸能
カーン氏は、全編ほぼダンスと歌でつづられる宝塚版に「素晴らしくて言葉がありません。私の映画をここmでしてくださってありがとう」と大感激。紅やトップ娘役・綺咲愛里(きさき・あいり)に「映画の方にも出てもらいたいわ。次の映画は日本で作るから」とラブコールを送っていた。

星組紅ゆずるにインド映画の監督「連れて帰りたい」 - BIGLOBEニュース
稽古後、紅とともに取材に応じたカーン監督は「こちらのヒーロー、とってもすばらしい。タレントに男女は関係ないんだと思った。びっくりしました」と言うと、紅の肩に抱きついた。
 カーン監督は、宝塚歌劇が、女性だけの集団によるミュージカルであることに、あらためて驚いた様子。監督は、相手娘役の綺咲愛里(きさき・あいり)とともに「ダンスもすばらしい。この人たち、みんな『ボリウッド(インド映画界)』に連れて帰りたい。次の映画は日本で撮りたいわ」と、感心しきりだった。

宝塚星組・紅ゆずるがトップ始動作再演へ入念リハ!アンコール公演は「お客様も一汗流して」 : スポーツ報知
 通し稽古終了後には映画のメガホンを取った女性監督のファラ・カーンさんも出席して、紅らが会見。紅は「初演の時はガムシャラにインドを求めてやってましたが、出演者もがらりと変わったので、新たな作品をお届けできるよう頑張りたい」と抱負を語った。カーン監督は「タレント(才能)に男女は関係ない。ビックリ。涙を流しながら見ました。ダンスも素晴らしく、みんなボリウッドに連れていって映画を撮りたいぐらい」と絶賛した。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。


礼真琴さん主演の星組DC・青年館公演
『阿弖流為 –ATERUI–』が始まりました。


観劇した友人からは
おもしろかった、と感想がきました。

▼写真はこちら。
星組「阿弖流為-ATERUI-」(2017年7月15日)/宝塚フォト/芸能/デイリースポーツ online  

宝塚歌劇団星組・礼真琴、エネルギッシュに  外部初主演「阿弖流為-ATERUI-」が開幕(1/3ページ) - 産経WEST
宝塚歌劇団星組の人気男役スター、礼真琴(れい・まこと)主演「阿弖流為-ATERUI-」が15日、大阪市北区の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで開幕した。自身初の外部主演公演。魅力的なヒーローをエネルギッシュに演じた礼は「ダンス、立ち回りがたくさんある公演。いっぱい食べて体力、筋肉つけて、阿弖流為の世界をまっとうしたい」と話した。大阪公演は23日まで。東京公演は31日~8月6日、日本青年館ホールで上演される。

宝塚星組2番手・礼真琴主演「阿弖流為」開幕!「勉強になり、ありがたい」 : スポーツ報知
入団9年目の星組2番手スター・礼真琴の初の外部劇場主演作。高橋克彦氏の小説「火怨 北の燿星アテルイ」が原作で、8世紀の東北で大和朝廷の侵攻から国を守ろうと奮闘した蝦夷(えみし)のリーダー・阿弖流為(あてるい)を躍動感たっぷりに好演。歌、ダンス、芝居の三拍子そろった実力を存分に発揮した。
 礼は「あまり世に出ていない人物ですが、すごく愛されている。この作品との出合いは勉強になるし、ありがたい」と手応え十分。舞台バックの大画面では多彩な映像も流され、出演者の動きとリンクしてダイナミックなステージを展開した。

宝塚歌劇団のニュース - 礼真琴 3度目の主演作開幕!3度のカーテンコール 熱演に客席からはすすり泣きも - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN
 同作は高橋克彦氏の大ヒット小説「火怨」をもとに8世紀、東北の蝦夷征伐に乗り出した大和朝廷と、故郷を守るため立ち上がった青年を描く力作。ダイナミックな立ち回りと、映像を駆使したスピーディーな展開、後半にかけては敵味方とも友情をはぐくむ物語に、超満員の客席からはすすり泣く声がもれた。
 初日からスタンディングオベーションのカーテンコールが3回も続き、礼は「原作を何度も読み、何度も涙を流しました。阿弖流為の本当に格好いい男の生きざま、この役をできる幸せをかみしめながら…。あ、まだ初日でした」などと笑いを交えあいさつ。激しい立ち回りにも「いっぱい食べていっぱい筋肉つけて男らしく頑張りたい」と、さらなる熱演を誓った。
やはり泣けるのか。

星組礼真琴「弾けて暴れたい」外部劇場で初主演 - 芸能 : 日刊スポーツ
 けいこ中には「え? 私、笑っていいの? みたいな感じで。今回はがむしゃらに弾けて、暴れたい」と話していたが、その通り、本番では、剣を持って立ち回り、仲間とともに笑顔を弾けさせた。
 今作は、高橋克彦氏の小説「火怨」がベース。8世紀の日本を舞台に、東北へと支配を拡大する大和朝廷に立ち向かい、故郷の蝦夷(えみし)を守ろうとする阿弖流為(あてるい)の活躍を描く。02年には劇団☆新感線が、市川染五郎主演で舞台化。15年には同じく染五郎主演で「歌舞伎NEXT」として公開されている。
 もともと、劇団☆新感線ファンの礼は、舞台版も見ており、蝦夷の独特の刀をイメージして、殺陣にも励んできた。

魅・宝塚、たゆまぬ挑戦:仲間と成長、自分に重ね 「ATERUI」主演 星組男役スター・礼真琴 - 毎日新聞
 人気と実力を兼ね備えた星組男役スター、礼真琴がミュージカル「ATERUI」(15~23日、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)に主演する。8世紀、蝦夷(えみし)征伐に乗り出した大和朝廷に対し、古里を守ろうと立ち上がった蝦夷の若き指導者、阿弖流為(あてるい)の物語。「仲間の影響を受けて成長する姿や、故郷や仲間を愛する気持ちを次の世代に伝えたいと思う気持ちは、今の私にも通じる」と話す。
原作も泣けたからなぁ。
雨宮さんは青年館公演待機組なので
早く観たいー。楽しみー。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 

 
月組さん、初日おめでとうございます。
どんな舞台になってるのかな…楽しみです。

さて、今回の『All for One』新人公演で
初主演をつとめるれんこんちゃん(蓮つかさくん)。

新人公演主演って、
早くから大抜擢!というのもあれば、
れんこんちゃんみたいに
経験値を積んでから…というのもある。

最近メキメキかっこよくなっているだけに、
新人公演も楽しみです。

そんなれんこんちゃんの
インタビューが掲載されていました。

私なんかが想像するより
はるかにたくさんのことが
ご本人の中にはあったんだろうなと
いうことが知れるお話。

月組は群雄割拠の時代ですが、
チャンスを生かしてほしいなぁと
思うのでした。
なんか、泣けてきちゃった。

初主演に「頭ぐちゃぐちゃ」も経験値武器/蓮つかさ - 宝塚 ~ 朗らかに ~ - 芸能コラム : 日刊スポーツ
 「うれしい気持ちと、不安と…。(7年目で)いろんな役をさせてもらっているので、これぐらいは…って期待も大きくて、こたえられるかな? とか、頭の中がぐちゃぐちゃです」  

(中略)

 「4年目の時(100周年作の)新人公演でショーがあって、1場面だけ、龍さんの位置でトップライトを受けました。視界が真っ白で、あっという間でした。そこから、もう1度(トップライトを)という思いはありました」
 与えられた役、立場を丁寧に務め、ついにセンターをゲット。その間に、月組では1年後輩の暁千星(あかつき・ちせい)が主力に成長していた。「後輩ですが、堂々としているところなど学ぶことがある。良きライバル」と意識する。
 もともと芝居は好き。小学3年から高校生まで、地元(宮城)の市民ミュージカルで演劇に親しんできた。高校2年時、仙台の七夕イベントで、男性が少なく身長が高かった蓮に男役が回り、男装して舞台に立ち「この道、好きかもしれない」。2度目の挑戦で宝塚音楽学校に合格した。
 東北を震災が襲った11年春に入団。「当時は落ち込みましたが、今は、全国ツアーで地元へ、というのが夢です。あたふたするタイプなので、(本役のトップ)珠城(りょう)さんの包容力、男らしさ、大きさを盗みたい」と課題意識を持ち、けいこに励む。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

宝塚:宙組トップコンビ決まる - 毎日新聞
 宝塚歌劇団は7日、宙(そら)組トップスターの朝夏(あさか)まなとさんの11月の退団に伴い、次期トップスターに真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんが決まったと発表した。相手役となるトップ娘役には星風まどかさんが就任する。

宝塚宙組次期トップコンビに真風涼帆と星風まどか - 芸能 : 日刊スポーツ
次期トップの真風は、06年入団。星組に配属され、175センチの長身と、男役らしい立ち姿で頭角を現し、09年に新人公演に初主演。以後、新人には近年では最多タイの5回も主演するなど、若手時代から人気を誇ってきた。
 星組時代は、6年超え在位だった元同組トップ柚希礼音(ゆずき・れおん)のもとで“帝王学”も学び、15年5月、柚希の退団と同時にに宙組へ移り、当時新トップに就いたばかりだった朝夏を2番手として支えてきた。
 真風はここまで、バウホール公演はもとより、大阪、東京の外部劇場公演でも主演経験は豊富。最近は歌唱力にも磨きがかかり、年々、存在感を増していた。

宝塚・宙組トップに真風涼帆さん、娘役は星風まどかさん:朝日新聞デジタル
宝塚歌劇団は7日、宙(そら)組の次期トップスターに真風涼帆(まかぜすずほ)さんが就任すると発表した。トップ娘役には、星風(ほしかぜ)まどかさんが抜擢(ばってき)された。就任は、いずれも11月20日付。

【宝塚歌劇団】宙組次期トップスターに真風涼帆さん 相手役は星風まどかさん(1/2ページ) - 産経WEST
真風さんは熊本県菊池郡出身で平成18(2006)年に初舞台。星組に配属され、早くから頭角を現し、入団3年目で新人公演初主演。23年、宝塚バウホール公演で初主演。25年に主演舞台で初東上。27年、宙組に組替え。175センチの長身と華のある容姿で、大人の男性も演じられる正統派の大型男役として活躍している。

次期宙組トップスターに真風涼帆 トップ娘役は星風まどか― スポニチ Sponichi Annex 芸能
宝塚歌劇団は7日、次期宙組トップスターに真風涼帆(まかぜ・すずほ)、トップ娘役に星風まどかが就任すると発表した。
 現トップスター朝夏(あさか)まなとが11月19日の東京公演千秋楽を最後に退団。これに伴うもので2人は来年1月12日、東京国際フォーラムで開幕する公演(演目は未定)でトップお披露目となる。

宝塚歌劇宙組次期トップコンビに真風涼帆&星風まどか : スポーツ報知
 真風は、11月19日で退団するトップスター・朝夏(あさか)まなとの後任。トップ娘役は実咲凜音(みさき・りおん)が4月30日で退団したが、朝夏のサヨナラ公演千秋楽まで後任は設けず、約7か月の“空位期間”を経て星風が引き継ぐ。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ