初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: ニュース


スポンサードリンク

 


宙組大劇場公演
『神々の土地』『クラシカル ビジュー』が
初日を迎えました。

とうとうスタートしてしまった
まあ様(朝夏まなとさん)退団公演。

見に行けるのは大劇場終盤なのですが、
みなさまの感想を見ていると
早く見たい……。
(と思ってどっか遠征できないか考えたけど)
(花組東京と雪組全ツがあるので)
(おまけに月東京もあって)
(どうしても遠征できないことが発覚)
(じっと我慢…)



朝夏まなとサヨナラ公演初日、ソロ場面でファン魅了 - 芸能 : 日刊スポーツ
 芝居の舞台はロシア革命前夜。ロシア帝国最後の皇帝と、その親族、周辺の人々を描いた作品。有能なロシア軍人にふんした朝夏が、大公妃と婚約者への愛、そして国を思う心に揺れる様を描くオリジナルだ。
 役者をイメージして書く「あて書き」に定評のある上田久美子氏が演出を担当。朝夏には「明るくて聡明(そうめい)な中に陰がある」ロシア軍人を配した。
 今年4月に前トップ娘役の実咲凜音(みさき・りおん)が退団後、宙組はトップ娘役不在のまま。今作は相思相愛の大公妃に朝夏と同時退団する伶美(れいみ)うらら、朝夏の婚約者役は、次期トップ娘役・星風まどかが演じ、ダブルヒロインで上演されている。
 革命を進める朝夏の旧友貴族は、次期トップの真風涼帆(まかぜ・すずほ)が好演した。  朝夏はトップ就任時から「宙組の太陽」としての存在を心がけ、目標としてきた。その「太陽」のもと、組メンバーはそれぞれが熱演。人気スターの愛月ひかるは、朝夏にとって敵役となる怪僧ラスプーチンを“怪演”。朝夏・宙組の有終作へ、結束力を見せた。
 また、ショーでは、朝夏の身上から書き下ろし曲「宙の太陽」も用意され、朝夏は満面の笑みでセンターに立った。花組出身で、ダンサーとしても定評がある朝夏は、ソロ場面でもファンを魅了した。
宝塚宙組・朝夏まなと、サヨナラ公演初日で「最高の舞台を作りたい」 : スポーツ報知
 宝塚歌劇宙組トップスター・朝夏まなとのサヨナラ公演「神々の土地~ロマノフたちの黄昏(たそがれ)~」(作&演出・上田久美子)、「クラシカル ビジュー」(同・稲葉太地)が18日、兵庫・宝塚大劇場で初日を迎えた。
 在団15年半を「振り返る時間がないぐらいお稽古に没頭して」取り組んだというラスト作。「最後の舞台なんですけど、最高の舞台を作りたい。オリジナル作で、今の宙組に合った芝居、ショーを表現できるのは幸せ」と平常心で臨んだ。
宙組トップ朝夏まなと退団公演開幕「最高に高いハードル」/芸能/デイリースポーツ online
 「神々の土地は」ロシア革命前夜の皇帝一家を中心とした物語。朝夏は国を憂う、皇帝の一族でもある軍人を演じた。「最後に高いハードルを頂いた。サヨナラ公演というより、これまでで最高のものをお届けしたい」と意欲を見せた。
【宝塚歌劇団】宙組トップ、朝夏まなと サヨナラ公演開幕…ヒーローの「光と影」を高い歌唱力とダンスで演じる(2/2ページ) - 産経WEST
 ショーは、原石から磨かれるダイヤモンド役の朝夏を筆頭に、組のメンバーをさまざまな宝石になぞらえて構成するレビュー。「宙組の太陽でありたい」と言い続けた朝夏の、現在の心情を表したかのような、書き下ろしの楽曲「宙の太陽」はファンの心に染みることだろう。 
 屈指のダンサーでもある朝夏ならではの黒えんび服姿でソロのダンスも用意され、銀橋(エプロンステージ)では華麗なグラン・ジュテ(片足を投げ出す高い跳躍)も披露。客席のファンを魅了していた。
▼写真はこちら。愛ちゃん(愛月ひかるさん)が
 えらいことになってるのと、
 涼帆さんのリフトが一体どうなってるのか
 大変気になります。 
宙組「神々の土地/クラシカル ビジュー」(2017年8月18日)/宝塚フォト/芸能/デイリースポーツ online

Twitterから気になる感想を。














どう考えても楽しみで
泣く気しかしない…。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 

元月組トップスターの
あさこさん(瀬奈じゅんさん)が
予科時代を振り返って話していました。

瀬奈じゅんが明かす宝塚音楽学校時代 入学初日に思わず笑いも - ライブドアニュース
--上下関係がとても厳しいと聞きますが。

「入学初日から始まります。宝塚音楽学校には下級生の予科生と、上級生の本科生の2学年しかありません。まず入学式のあと、オリエンテーションみたいな感じで、本科生が予科生を指導する『対面式』があります。講堂に入ってくる姿勢や歩き方ひとつで、まず注意されます。予科生と本科生にわかれて円になって向かい合うのですが、立つときに足の角度が60度にならなくてはいけない。たまたま、私の横に立っていたコが60度より開いていたんです。先輩に『〇〇さん、立ち方が違う。脚開き過ぎ』と怒られて。すると、予科生全員で『すみませんでした』と、皆で謝らなくてはいけないんです。謝ったあと、隣のコが60度くらいに直したら『勝手に直さないで―!』って、怒られるんです。『失礼します。足の角度を直させて頂きます』と許可を取らなくちゃいけないんです」
いろんな方が、音楽学校時代の話をされますが。
正直「大変だなぁ」とか
「そこまでやるんだ」って思うわけです。

でも、よく考えたら宝塚って、
一度に80人近い役者が舞台に出て、
それぞれ役があり、衣装が何着もあり、
舞台の裏をこれだけの人数が駆け回り、
毎日定時に幕が開き、定時に終わる。
それを1ヶ月くり返す。

役者としての技量だけでなく、
人としての基本ができていないと
とてもじゃないけどまわらない。

社会人になって、新入社員なんかが入ってくると、
「なんでもっと早く言わないの!」
「こうなる前に質問してよ」
「あの子どこいった!」
ってことがよくあります(笑)。

音楽学校入学時って、
新入社員みたいなもんで
(まだ働いてはいないけど)
みっちり2年かけてそういう裏側の動きも
教えてくれるってのは
いまどきありがたいことですよね。

新入社員も、ちゃんとそこらへん教育されないと
「どうしてこうなった!?」ってことが
いつまでも改善されないまま
大きくなっちゃうから(笑)。




どうでもいい話ですが、宝塚ファンも、
ファンクラブに入って
粛粛と活動しているような人は、
割とこの上下関係に敏感になります(笑)。

下級生のファンクラブに入った人は、
それまで愛称呼び捨てにしていた
上級生のスターさんを
急に「〇〇さん」って丁寧に呼び始めたり。

なぜか、ファン同士にも
上級生下級生感が発生するからおもしろい。

雨宮さんはかつて、
非路線スターさんのファンクラブに入っていたのですが、
ファンが少ないので(おい)
全国ツアーなんかの時は
入り待ちがひとりぼっちだったりしたのです。

「この子、いつもひとりだわ」って
どこかで見てらしたんでしょうね(笑)、
上級生のファンクラブの方が
「せっかくだからランチご一緒しましょう」って
誘ってくださる。

観劇がかぶらない時でも、
何かあるとわざわざ
「〇〇ちゃん、今日は**がかっこよかったわよ」と
下級生の感想を教えてくださる。

上級生ファンの方が、
下級生ファンの面倒をみてくれたのです(笑)。
(雨宮さんが頼りなさげとか
そういうことではないと思いたいです)

そんなご縁で知り合って、
今もおつきあいのある方、
たくさんいます。 

宝塚ファンって、
素敵な人がたくさんいるのです。 
(よそのファンの人もそうでしょうけど)

大人になってから友達を作るのって
なかなか難しいけれど、
宝塚ファン同士だと、
いろんな世代の人と仲良くなれる。

観劇を楽しむのはもちろん、
素敵なお友達ができるという点でも
宝塚ファンでよかったなぁと思う
今日この頃です。 
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 

 
昨日、月組大劇場公演『All for One』の
新人公演が行われました。

初主演のれんこんちゃん(蓮つかささん)に、
初ヒロインのかれんちゃん(結愛かれんちゃん)。

Twitterを見てみると、
とても盛り上がったみたいですね。
みなさんの感想が愛に溢れてて
とっても素敵です。
東京が楽しみ!








ニュース記事もまとめ。




7年目の蓮つかさが初主演 宝塚月組公演「All for One」の新人公演― スポニチ Sponichi Annex 芸能
宝塚歌劇団月組公演「All for One」の新人公演が1日、兵庫・宝塚大劇場で行われ入団7年目の美形男役、蓮(れん)つかさが初主演を果たした。

(中略)

舞台映えする蓮が早々に銀橋に登場すると、超満員の客席からは割れんばかりの拍手が起こり蓮も「すごく緊張したけれど、あの拍手で“よし、やってやるぞ”という気持ちにさせてもらった」と振り返るほどだった。
 カーテンコールでのあいさつは緊張から解き放たれたのか、噛み噛みで「たどたどしいごあいさつで大変申し訳ございませんでした。ひとつ反省いたしまして…」とやって、さらに笑いが起こっていた。終演後も「ごあいさつは、ちゃんと考えてはいたんですが…。つたないあいさつで、あれでマイナス50点ぐらいですね」と初々しく振り返っていた。

宝塚月組新人公演、蓮つかさが最終学年で初主演 初々しいあいさつ/芸能/デイリースポーツ online
初舞台から7年目までの生徒で上演される新人公演で、蓮は最後の学年。実力派らしい、歌と芝居を披露した。
 だがあいさつでは、それまでの舞台とは一転。「無事終わってホッと…中央からの景色は想像以上で…責任ある…幸せな気分です」と言葉につまるなど、初々しい様子を見せた。「たどたどしいあいさつで、申し訳ありません」とペコリと頭を下げると、会場からは割れんばかりの、大きな拍手が送られた。
 また初ヒロインの結愛(ゆい)かれんは、女性ながら、性別を隠し国王として振る舞う難しい役。「娘役としてもまだまだなのに、プラス男役。できないことばかりでした」と反省を口にしていた。

宝塚歌劇月組・蓮つかさ初センター好演!あいさつをかみまくり「マイナス50点」 : スポーツ報知
 蓮は成績順に新人公演メンバーのリーダーでもあり、終演後は代表あいさつも担当。「作品のモットー『All for One, One for All』(みんなは一人のために、一人はみんなのために)を合言葉に掲げ、精進してまいりました」とスピーチした。緊張のあまり、言葉をかみまくり、「たどたどしいごあいさつで申し訳ありません。反省して頑張ります」と話すと、場内は爆笑だったが、やがて万雷の拍手に変わった。
 終演後の会見では「真ん中からの景色を見て、すごく責任のある場所だと感じました」。自己採点は50点と厳しかったが「最後のあいさつは、その場の空気にのみ込まれてしまい、その分、マイナス50点」と充実の笑顔を見せた。
 実は女性だったという設定のフランス国王ルイ14世役は、入団3年目の娘役・結愛(ゆい)かれん。初ヒロインで、“男役”と“娘役”の2つの顔に挑んた。「初めての経験ばかりでしたが、温かい笑い声、拍手に助けられました」と、ほほ笑んだ。

蓮つかさ苦笑い 初の新公主役あいさつかみまくり - 芸能 : 日刊スポーツ
連は新人最長学年で、なおかつ主演の重責。「今日、本番で、銀橋(舞台前方)で歌い、お客様の拍手を受けて、温かい気持ちになり、気持ち良かった。同時に、(背後で演技する)みんなの勢いを背中で感じ、合い言葉(オール・フォー・ワン)を実感しました」と、手ごたえもつかんだ。

【宝塚歌劇団】「みんなは1人のために…」 宝塚歌劇団月組公演「『All for One』~ダルタニアンと太陽王~」新人公演(2/2ページ) - 産経WEST
 主演を実感したのは、本編では1幕のラストにあたる場面。ほぼ全員が舞台上にいる中で、1人で銀橋に向かっていくと、「背中に舞台上からの仲間の熱気や勢いを感じ、目の前にスターが浴びる光が入ってきた。今、(主演を)やっているんだな、と思った。幸せな瞬間でした」としみじみと話す。
 自己採点は「50点」とかなり辛め。というのも「あいさつをちゃんと考えていたんですけど…。空気に飲み込まれてしまった。マイナス50点です」と苦笑いしていた。
 また、初ヒロインの相手役、結愛(ゆい)かれんは男装する役柄だけに、「男役であり、娘役であり、ヒロインで、と悩むことは多かったですが、みんなと一緒に舞台を作っていきました」と話していた。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。


本日初日を迎えた
花組東京公演『邪馬台国の風』『Santé!!』。
ニュースまとめです。
記事が少ない…。







【花組】明日海りお、東京公演をPR 「ブラッシュアップしている」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
明日海は「芝居は立ち回り、ロマンスもあり楽しめる作品。東京公演に当たりブラッシュアップしている。ショーは花組ならではちょっと悪い、ちょっと甘い、ちょっと大人のショーです」とアピール。
 仙名は「(芝居では)人と人のつながりだったり、命の大切さなどいろいろなメッセージを伝えていけたらと思っている」と話した。公演は8月27日まで。
明日海りお「ガッツ頼もしい」新コンビ仙名彩世語る - 芸能 : 日刊スポーツ
この公演が新トップコンビのお披露目公演となる。明日海は「作品ごとに新鮮に映るようなトップコンビでいたい」と意気込んだ。
 また互いの魅力を聞かれると、明日海は「ここは決める、やるのだ、っていう気合とガッツが頼もしい。それが見え見えなところがかわいらしく見えたり、鼻息荒く見えたり、魅力的です(笑い)」。仙名は「全てに心がこもっていて、たくさんあって語れないんですが…」と赤面していた。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

 
先日、月組大劇場公演『All for One』
観劇してきましたー。

おもしろかった!

登場人物の気持ちを考えて
ゆっくりじっくり…、
というタイプの演目ではないので、
要所要所で「あれ、これでいいの!?」と
思ったりはしますけど、
全体的に軽いタッチなので
「まあいっか」と楽に見られます。

物語はサクサク進みます。
宝塚初心者の方にもおススメしやすいかも。

そんな作品について、
演出の小池先生と、
主演のたま様(珠城りょうさん)が
インタビューに答えていました。

【華麗なる宝塚】若きトップ・珠城りょうは「自分を縛っていた“タガ”が外れ、解放された」 『All for One』脚本・演出の小池修一郎氏語る(1/3ページ) - 産経WEST
月組は、珠城(たまき)りょうという若いトップが立ち、組の雰囲気が変わりました。同じメンバーでも、存在の仕方や光り方など、「位相」が微妙に変化し、面白いなと感じています。今作はそんな今の月組にぴったり合った群像劇です。

 トップの珠城は、包容力のあるとても魅力的なスターです。3年前の「PUCK」で、初演時に天海祐希(あまみ・ゆうき)が演じた明るい若者役を演じてもらったのですが、稽古をすればするほど、彼女のまじめさが前面に出てしまって、おおらかな魅力を出せずにいました。

 ですが、トップとして大劇場2作目の今回、自分で自分をしばっていた「たが」が外れ、解放されてきている。青いつぼみがふくらみ、花が咲き出した勢い、旬のスターの魅力にあふれています。

【華麗なる宝塚】珠城りょう、あっという間のトップ就任1年「以前より楽に呼吸できる」 『All for One』上演中(1/3ページ) - 産経WEST
 主人公は田舎からフランスにきた「純粋でまっすぐな青年」。典型的なヒーローで、今回はウソのない人間である人柄が強調して描かれているという。 

 「自然豊かなところで育った大らかさが出せれば。共感はしやすいです。私も田舎出身なので。え、そこじゃない? ははは」。役柄同様、大らかに笑う。 「芯がぶれない強さは、自分もそうですね。信念や思ったことをすごく大事に過ごすタイプなので」 

 主人公をとりまく人々が個性豊かゆえ、「自分がシンプルに演じれば演じるほど、その対比が際だつ」と考える。かつて男役だった娘役トップ、愛希がルイ14世役なのも斬新だ。「群像劇なので、題名通り、組の1人1人の力が作品に反映されると思います」





ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ