初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 観劇レポ


スポンサードリンク

 


昨日行われた雪組大劇場新人公演『凱旋門』を観てきました。

新人公演の演出が上田久美子先生ということで、うえくみ信者の私は始まる前から期待大でした。


縣くんはおもしろい役者かもしれない

正直に言うと、私は主演の縣くん(縣千くん)は、それほどお芝居や歌が上手だと思っておらず。技術力よりも、”なんか目をひくんだよね”タイプの人だと思っていました。

が。


今回の主演を観てみて、彼はちゃんと役の設定があればそれを表現できる役者なんだと思った。

(ということは、本公演は自身の役への書き込み不足(に見える)か、一瞬でテンションを役に持っていくのがうまくないのか、そんなところなんでしょうかな)

声はまだ可愛い部分もあるけれど、ヴィジュアルはパワータイプのイケメン。たまに動きがぎこちなくなる場面もあったけど、スーツもかなり着こなしてた。

セリフを言ったり歌をうたったりするのは、まだまだ全然…というところなのだけど、縣くんの演じるラヴィックは、何を考えているのか手に取るようにわかる。伝わってきた。

そして何より、舞台を見ていて常に、縣くん(ラヴィック)がどんな顔をしているのか気になった。

縣くんがセリフを言っている時よりも、他の登場人物のセリフを縣くんがどんな顔をして聞いているのかが気になった。

私がこういう風に感じたスターさんは、他にはまあ様(朝夏まなとさん)なのだけど。

とにかく、自分のセリフがない時にどんなことを考えているのか、彼の表情の中にそれが見えた。

本公演との設定の違い

本公演のラヴィック(轟悠さん)とジョアン(真彩希帆ちゃん) は、年の差を感じる。大人の落ち着いた男であるラヴィックが、無邪気で自由奔放な女の子・ジョアンに、知らないうちに夢中になっていくような、そんな感じ。

新人公演は縣くんのピュアな感じと、大人っぽい潤花ちゃんの雰囲気に合わせたのか、恋愛に慣れていない若い男ラヴィックが、ちょっとしたたかな女性・ジョアンに惹かれて振り回されていく感じ。

昨日もツイートしたのだけれど。

女性に花を買って渡すことも、「幸せ」と言われることにも慣れていない男だった。

きっと出会いも、弱っている女の子を放っておけなかっただけなんだと思う。いい人。

その結果、自分のホテルに数日泊め、忘れられなくなってしまった。

もし私が、縣ラヴィックに恋愛相談されたら(妄想)

もし、ラヴィックが、ジョアンの働く「シェーラザード」を訪れる前に、私に恋愛相談していたとしたら。

ラ「こないだ雨の日に、死にそうな顔してる女の子がいてさ。事情を聞いたら困ってるみたいだったから助けて、ホテルに数日泊めてあげたんだよね」

私「泊めただけ?」

ラ「いや………その………………」

私「(ニヤニヤ)ふーーん。気になってんの?」

ラ「そっ、そういうわけじゃ…」

私「いまその子、どこで何してるの?」

ラ「ボリスに話して「シェーラザード」でやとってもらった」

私「じゃあ、会おうと思えばいつでも会えるんだ」

ラ「でも、もう3週間(←だっけ?) 会ってない…」

私「会いたいの?」

ラ「………………」

私「気になるんだろ!?」

ラ「‥………………………」

私「恋だな!」

ラ「えっ‥‥‥」

私「あんた、それは恋だよ」

ラ「そっ、そうかな(そわそわ)。どうしたらいいのかな…」

私「とりあえず店に行って、仕事終わりに食事にでも連れてけ!」

ラ「わ、わかった! 行ってくる!」

私「え、いま!?  あ………いっちゃった……」

みたいな(笑)。 縣ラヴィックはそんな男に見えた。

芝居に描かれていない部分を客に想像させるのは、いい役者なんだと思う。 縣千、おもしろい役者になるかもしれない。

縣ラヴィックとの恋愛相談妄想、案外楽しいので続けます。
▼ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団ランキング

▼右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
格安国内旅行なら阪急交通社で!



▼その他の宝塚系ブログさんはこちらから。


月組のれいこちゃん(月城かなとさん)主演の日本青年館公演『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~』フィッツジェラルド最後の一日を観てきました。

観てよかった。

本当に、れいこちゃんでこの作品が観られてよかった。

今日の感想はウザめです。でもこれだけは言っておきたい。この作品見る予定がない人も、もし時間とチケットが都合できるなら、見ておいてほしい。

れいこちゃんの転機になる作品であることに間違いない。

れいこちゃんの繊細なお芝居に感動

私は別にれいこちゃんのものすごいファンというわけではないけれど、ただただ涙。

れいこちゃんの繊細なお芝居に、本当に感動したのでした。


物語は、タイトル通り「フィッツジェラルド最後の一日」から始まります。

まあ、この設定にも若干トリックがあるのだけど、まあそれは実際に見ていただくとして。

とにかくフィッツジェラルド最後の一日から始まるので、彼はその時44歳。

そのあと、時が巻き戻り、彼が作家としてスタートする20代前半へ。

44歳から20代へ戻り、そして20代からまた徐々に年を重ねていく。このれいこちゃんのお芝居の見事なこと。声色、動きのキレ、少しずつ年老いていく。ほんの少しずつ。

思い出して感想を書いていても、ぞくっとするようなスコット(・フィッツジェラルド)だった。

彼の感情がジェットコースターのように上がったり下がったりする、そのたびに見せる顔に胸が痛くなったし、思わずそばについていてあげたいような気持ちにさせられた(←ダメ男にひっかかりがちな女子の発想)。

正直、ほとんどれいこちゃんの一人芝居かっていうくらい出ずっぱり喋りっぱなしなのだけど、感情の糸がピンと張っていて、少しも緩むことなく、ものすごいパワーで演じてた。

彼とその妻ゼルダと一緒に、自分もあの時代を生きてる感覚になった。

なので、観劇後めちゃ疲れました(笑)。

破滅的なカップルについて

破滅的なカップルは、現代までの間にもたくさんいた。

私が思い浮かぶのは、ボニー&クライド(宝塚では『凍てついた明日』という作品になりました)、シド&ナンシー、そしてある意味カート&コートニー。ちなみに私はシド&ナンシーが好きなのだけど。

▼あ、Blu-ray出てた。買おう。DVDしか持ってないのよ。


なんだろう、人は、欲望のまま破滅的に生きる若者に対してある種の憧れを抱くのでしょうか。そして、自由に見える彼らの中にある苦悩を感じることで、自分が穏やかに生きていることを肯定しているような気もする。


私はどちらかというと破滅的な人に惹かれてしまうのだけど(え?)、幸い周りに「それ以上行ってはいけないよ」と引き止めてくれる人がいるので、かろうじてまともに生きています(笑)。

でもね、自分の「まともな意識」の手綱を握っていられるか、それとも手放して楽になってしまうのかって、本当に紙一重。

れいこちゃんのスコットからは、そんなギリギリのところをさまよいつつも、「ゼルダを愛する」という手綱だけは決して離さなかった、ものすごい愛を感じた。

ゼルダのジレンマ

それと同時に、ゼルダの、ただスコットのミューズでいることのジレンマも痛いほど伝わってきた。

自分の美しさだけではない「何か」を認めてくれたスコット。

でも、次第にスコットが自分の「何を」愛しているのかわからなくなってしまう。

他人から見ればそれが「自由」であり、彼女の好きに生きているように見えるのだけど。そこに彼女なりのジレンマ、苦痛が生まれる。

スコットとある種対等でありたい、スコットのように何かに熱中したいという欲望が、彼女を狂わせる。

うみちゃん(海乃美月さん)は、キラキラとゼルダを演じてた。これまで見たことないくらい、美しかった。

もしかしたら、「ゼルダが何を考えているのかわからない」と思う人もいるかもしれない。

でも、 彼らのように破滅的な愛でなくても。愛する人と、愛されている人の間に、 ねじれが生じることって、あると思う。

人は、その人の自分に見えている側面を愛す。愛されている方には、どの面が見えているのかわからない。

だからこそ、愛しているけど「自分の知らないあの人」が存在し、愛されているけど「あの人が愛しているのは自分ではない」と感じることがある。 

この物語は、その究極のような気がする。


感想を書こうと、少しずつ物語を思い出していたのだけど、思い出すだけで涙が出てくる。正直、自分でもどうして泣けてくるのかわからないけど、そんな気持ちにさせてくれる作品。

愛するということについて、自分の中の常識を取っ払って、彼らと同化して観てほしいです。

▼ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団ランキング

▼右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
格安国内旅行なら阪急交通社で!



▼その他の宝塚系ブログさんはこちらから。


↑このページのトップヘ