初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 観劇レポ


スポンサードリンク

 

年末未掲載記事一掃アップ中につき、やや中途半端な記事になっております。(いつもか…)


今回、ハッとするお芝居を見せてくれるのが、ロベスピエールの友人、ジョルジュ・ジャック・ダントンを演じる咲ちゃん(彩風咲奈さん)。

ジョルジュは、ロベスピエールとは全く別のアプローチで幸せを求めている革命家です。ロベスピエールが苦しみに耐えた先に光を見ようとするならば、ジョルジュはいま手元にある小さな幸せを少しでも長く、そして少しでも大きくしていこうとするというか。自分が喜びを知らなければ人を喜ばせることはできない、劇中でもジョルジュはロベスピエールにそんなことを言います。

生き方も、ロベスピエールとジョルジュは正反対。革命を成功させるまでは結婚なんてしているヒマはないと思うロベスピエールと、愛妻家で美食家(というか、食べることにも楽しみを見出している)で友人思いのジョルジュ。

ジョルジュは何度も、ロベスピエールに人としての生きる喜びを伝えようとするのです。

時には真正面から対立して、時には友人として、そして時には子供をあやすように。

パリに戻ってきたジョルジュは、決してロベスピエールの手を離さなかった。私は、手を振りほどいたのはロベスピエールだと思っています。ロベスピエールも本心では彼の手にすがりたかったんだと思う。でも、それができなかった。ロベスピエールも、何か大きな恐怖に支配されていたのではないかと。

この二人の悲しいすれ違い、そしてジョルジュのロベスピエールを思う気持ちに男気を感じて、涙が出ちゃうのです。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。




 

 
やっとこさ星組公演を観てきました。ナチスの時代の映画の話ってことはなんとなく知っていたけど、何も勉強しないで観劇。

先日の夕刊に劇評載ってました。

宝塚歌劇:星組公演 抵抗貫いた映画人の信念=評・小玉祥子 - 毎日新聞
最初がミュージカル「ベルリン、わが愛」(原田諒作・演出)。  
1927年のベルリン。倒産の危機にある映画会社を立て直すため、助監督テオ(紅(くれない)ゆずる)は、初のトーキー製作を進言し、友人のエーリッヒ(礼真琴)の脚本で自身が監督をつとめた映画をヒットさせる。

感想は箇条書き。120%個人的なメモなので、意味不明です…あいかわず雑です。うっかり読んじゃって「おいこれなんだよ」ってなったらすいません(そういうの投稿しないでって思われるかもしれませんが、自分の老後の楽しみのためにメモしてます)。
  • 天彩峰里ちゃんが可愛すぎた。メイクしてるとことか。とにかく可愛い。
  • 天寿さんと万里柚美さんのカップルが素敵すぎて泣いた。
  • 有沙瞳さんの貫禄…。オープニングから目立ってた。さすが。
  • せお。せおがすごい。
  • 紅さんのナチ軍服姿が見たい(←ずっと言ってるけど、トップさんになられたのでお芝居ではもう無理かもしれないなぁ。ショーでもいいんで………)
  • いくらギャラやコストを下げるといっても、サイレントよりトーキーのほうが制作費かかる気がするんだけどなぁ。だって音楽がいるじゃない? 音楽は安いのかしら。それか、よほどベテラン俳優に高い出演料払ってたとか…それかな(永遠ループ)。
  • はるこちゃんかわいかったよ、はるこちゃん。あのトンチンカンな女の子を演っても可愛くなるのははるこちゃんだからだよ。ああ可愛い。
  • 岡田敬二先生っぽいお衣装のプロローグ。ふわっとした色合いのメルヘンな感じとか。でも酒井先生のレビューです。
  • 天彩峰里ちゃんが可愛すぎた(二度目)。ついでにエトワールの歌声もすごかった。可愛い(←言い過ぎ)
  • 峰里ちゃん見てると自然にこっちも笑顔になっちゃうのよ。
  • でも、スパニッシュの大人っぽい場面ではキリッとしちゃうからまた可愛いと思っちゃう。
  • パリの紅さん銀橋渡り、あーちゃんと有沙瞳さんが同等だったのだけど…。
  • え、と思ってお衣装もじっくり見たのだけど、全く同じ…だよね?
  • せおがすごい(二度目)。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。



↑このページのトップヘ