初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 花組


スポンサードリンク

 


東京に来て微妙に変更があったとはいえ、
見ればみるほど謎が深まる
花組公演『邪馬台国の謎』
………違った『邪馬台国の風』。

タケヒコのお師匠さん・李淵の謎は
大劇場公演中に妄想補完しました。

タケヒコの師匠・李淵は、いったい何者なのか:花組『邪馬台国の風』感想(4) : 初心者のための宝塚観劇講座 

お師匠さんと並ぶ大物(中の人的にも)、
巫女の頂点に君臨するのが
美穂圭子さん演じる「大巫女様」です。

では「ルサンク」片手に
大巫女様の言動を確認しましょう。
  • 巫(かんなぎ)とは、神に祈り、その声を聞く人のことである。
  • でも、神は祈りに応えてくれる時もあるけど、応えてくれない時もある。
  • 巫は、神の声を聞けなくなった時、死をもって償わなければならない。
  • 大巫女様、神意をうけて「マナが次の大巫女になる」と予言。
  • 大巫女様、邪馬台国の王に「あの巫女(マナ)を邪馬台国の女王にしろ」と告げる。
  • 大巫女様、マナにその位と役目を譲ると発言。それにあたり、マナに「ヒミコ」という名前をつける。
  • そのあと大巫女様は自害(←東京公演から追加の設定)。
なんか、この時点ですでに
ちょっとした矛盾が感じられるのですが。
 
大巫女様にまつわる『邪馬台国の謎』。
  • 王さまがたが「巫女を王にたてる」と話している時、「神の声を聞き、人々を救うた娘がおると聞いた」と言っているけど、大巫女様も「神の声を聞き、人々を救っている」のでは? 大巫女様を王にするのは、諸王の間で”ちょっと違くない?”って感じなのか。
  • 巫は「神の声を聞けなくなった時死ななくちゃいけない」わけだが、大巫女様は「マナを女王にしろ」と神託を受けた直後に自害。したがって、神の声が聞けなくなったら死んだわけではない。
  • ということは、大巫女様が「マナを女王に」と言ったのは神託ではなく、大巫女様が何らかの理由で個人的に「次の大巫女はマナがいいと思うー」と発言した、または大巫女様はまだ神の声が聞けるのにもかかわらず「もう、大巫女なんてやりたくない…」と自害したということになる。極端な二択。
  • ちなみに不弥王は「巫女の名がマナではな…」と苦言を呈するのだが、どうして女王の名前が「マナ」ではいけないのか不明。
というわけで、困った時のウィキペディア先生です。
なんでも載ってるね、ほんと。 
マナ - Wikipedia
日本におけるマナ観

折口信夫は、『若水の話』で「柳田(國男)先生は、マナなる外来魂を稜威(イツ)という古語で表したと言はれた」と言う説を引き、『花の話』等で、日本人の霊魂観が、「魂と魄のような区別」がなく、増えたり減ったりするマナ(外来魂)であり、神道はマナ信仰の最高峰であるとした。

また、『万葉集研究』において、マナの最も古い語を「日(ヒ)」とし、天皇の玉体(ミマと呼ばれる)に附ける儀礼が後ミ、ヨとなったとし、 『水の女』で中臣氏(藤原氏のフジハラを「淵原」とする)を、元「天皇にマナをつける儀礼を司る一族」だったとした。

白川静は、日本語のヒ(霊)、サチが外来魂であるとする折口説を承け『字訓』、『遊字論』において「マナを増やす儀礼」であるミタマノフユは、東アジアに分布しているという説を立てた。

また白川は、「万葉集の歌は、風景 郷土からマナを得るための呪歌である」と言う折口の説を襲う形で、『初期万葉論』を発表し、土橋寛も『日本語に探る古代信仰 フェティシズムから神道まで』で、「万葉集の研究家は、日本語の霊魂観における「魂の遊離性」は取り上げても「呪力(マナ)」に関心を払わない」として、タマシヒのマナ性を指摘した万葉集研究を発表している。

谷川健一は『民俗の思想』[1]で、フツ、スヂ、ケ、琉球語のセヂ、マブイをマナとする説と、個人あるいは所属する一族とマナを共有する動植物(トーテム)との関係を「ライフ・インデックス」と呼んだ折口の説を享け、太陽からのマナである「フツノミタマ」を受けて金属を孕む大地と言う信仰と、その儀礼を司る物部氏が、信仰と共に日本の辺境へ散る様(『青銅の神の足跡』『鍛冶屋の母』『白鳥伝説』)を研究し発表した。

小松和彦の、『憑霊信仰論』によれば、「憑きもの筋は、マナが異常に多く憑いた状態を説明する為の説明体系」である。

最後の「憑きもの筋は、マナが異常に多く憑いた状態」
というのはちょっとよくわからないけど、
むしろ「マナ」という名前のほうが
大巫女として適しているような気さえする。

というわけで、
私の中では大巫女様が心を病まれ、
「もう大巫女なんてやりたくない」
「ここから逃げ出したい」
「あ、このマナって巫女、後継者にいい感じ」と、
ご自分の立場の後始末をした上で、
自ら命を絶たれたのだと思うことにします。

次回は、
「ほんとにそれでいいの? アケヒちゃん!」
をお送りします。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。


本日初日を迎えた
花組東京公演『邪馬台国の風』『Santé!!』。
ニュースまとめです。
記事が少ない…。







【花組】明日海りお、東京公演をPR 「ブラッシュアップしている」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
明日海は「芝居は立ち回り、ロマンスもあり楽しめる作品。東京公演に当たりブラッシュアップしている。ショーは花組ならではちょっと悪い、ちょっと甘い、ちょっと大人のショーです」とアピール。
 仙名は「(芝居では)人と人のつながりだったり、命の大切さなどいろいろなメッセージを伝えていけたらと思っている」と話した。公演は8月27日まで。
明日海りお「ガッツ頼もしい」新コンビ仙名彩世語る - 芸能 : 日刊スポーツ
この公演が新トップコンビのお披露目公演となる。明日海は「作品ごとに新鮮に映るようなトップコンビでいたい」と意気込んだ。
 また互いの魅力を聞かれると、明日海は「ここは決める、やるのだ、っていう気合とガッツが頼もしい。それが見え見えなところがかわいらしく見えたり、鼻息荒く見えたり、魅力的です(笑い)」。仙名は「全てに心がこもっていて、たくさんあって語れないんですが…」と赤面していた。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。


大劇場公演ではエアーだった
『Santé!!』の客席おりの乾杯。

(お客さんはグラス持ってるんだけど、
肝心の組子のみなさんは手ぶらだったのです)
(乾杯するためのショーなのに!)
(初日の衝撃すごかった)

どうやら東京では
組子のみなさんもグラス持ってるようです。
スカステのお稽古場映像でも映ってた?
(ぼんやりとしか確認してない)



よかった………!
だってサンテグラス、
うちに2つもあるんだもの(笑)。






ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




本日、花組全ツ
『仮面のロマネスク』『EXCITER!!2017』の
DVDがリリースされました。




わー買わなくちゃ。
早く『EXCITER!!2017』を見たい。
どこ収録? 神奈川かな?





でも今日から花組スタート。
見てる時間がないよ…。
たぶん千秋楽終わってから
ゆっくり見ることになるんだろうなぁ。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

 
花組DC・青年館公演
『はいからさんが通る』の
ポスターがでました。

ポスター | 花組公演 『はいからさんが通る』 | 宝塚歌劇公式ホームページ 

私の中のイメージとはちょっと違ったけど(笑)
登場人物勢揃いしてみると
かなり豪華な感じ。

なんとなくだけど、
原作の漫画よりも、今年公開の劇場版に近い気がする。
劇場版、少尉が若返ってる(笑)。



劇場版のトレーラー公開されてたので貼っときます。
二人の出会いの場面はどうなるんだろうか。

 

そしてまだ原作読み直してないので、
これから買います(遅い)。


雨宮さんは電子書籍派です。
(紙だと外に出る時に持ってくの忘れがちだから)


それよりなによりも…
チケット探しだよ………。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 

↑このページのトップヘ