初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 花組


スポンサードリンク

 

 
昨日初日を迎えた花組大劇場公演『MESSIAH』『BEAUTIFULGARDEN』。

各所でニュースになっていますので、貼っておきますー。

【花組】明日海りお、主演公演で天草四郎演じる - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
宝塚歌劇団花組トップスター、明日海(あすみ)りおが主演する公演「MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-」が13日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で開幕した。
 江戸幕府によりキリスト教の信仰が禁じられる中、1637(寛永14)年10月に起きた島原・天草一揆を題材とし、衣装や美術に現代的なエッセンスを加味したオリジナルミュージカル。明日海は一揆の総大将、天草四郎時貞を演じる。先日行われた取材会では「根幹にあるのは、人に対する熱い感情や愛情。信じる心が強い人かな」と思いをはせていた。

花組明日海りおが天草四郎演じる 宝塚大劇場で開幕 - 芸能 : 日刊スポーツ
今作の天草四郎は倭寇(わこう)の頭目が、天草に流れ着いた設定。明日海は「海賊の男、荒々しい男が天草の人々、イエスの教えから、温かさを知り、民衆のために立ち上がる」と、とらえた主人公を演じ、感情の機微、心情の変化を演じ分けた。
 実在の南蛮絵師、山田右衛門作には、人気スター柚香光(ゆずか・れい)がふんし、明日海演じる四郎と、島原の娘をめぐる葛藤を経て、友情が築かれていく様を描く。トップ娘役の仙名彩世(せんな・あやせ)が、その島原の娘・流雨(るう)を演じた。
 瀬戸かずやは、遭難した四郎を助ける小西行長の遺臣を好演。鳳月杏(ほうづき・あん)は、究極の悪役になる島原藩主を“怪演”し、トップ明日海が率いて5年目に入った花組の充実ぶりが発揮された。

宝塚花組「MESSIAH」開幕 天草四郎役の明日海りお「熱く闘うぞ!」 : スポーツ報知
長髪や衣装の赤色が特徴的で「『心 勇気の赤に染めて』という歌詞もあって、熱く闘うぞ! という思いが色に表れている」と明日海。映画や漫画の「魔界転生」でのオカルトチックな四郎像が知られているが、明日海は語気も強く、荒々しさを秘めたストレートなヒーローを体現した。
 一方のショー「BEAUTIFUL GARDEN」は「いろんな個性があふれている組。咲き乱れ、咲き誇っている姿を描きたいということで“花園”というタイトルを考えていただきました」(明日海)。プロローグも「花詩集」の花組バージョンといった趣向で、彩り豊かなステージを展開した。

宝塚花組・明日海りお 天草四郎を熱演「歴代トップの方は神様!」/芸能/デイリースポーツ online
 花組トップスター明日海りおは、江戸時代初期のキリシタンで、島原の乱の指導者である天草四郎を演じた。もともと天草四郎は謎の多い人物だが、今回は元は海賊で天草に流れ着き、島原藩主圧政に苦しむ領民を救うべく立ち上がる設定。明日海は「私にとっての神は…自分自身がトップになって、歴代のトップの方々はみんな神様!」と笑顔を見せた。
 ショーの「BEAUTIFL-」では、オープニングでは「楽しみ」だった大きな蝶のセットに乗り、天井から降りてきて登場。黒燕尾やマタドール、グラディエイターなどまさに百花繚乱のステージを繰り広げた。
神といえば…私は、10年ほど前に銀橋で「神はおひとりでし!」とキラキラの笑顔で言ってたあの人を思い出しました。




“美しき救世主”明日海りお、真夏の宝塚を熱くする! : スポーツ報知
主人公・四郎は、隠れキリシタンの反乱などが火だねとなって、1637~38年に勃発した島原の乱の総大将。5月の博多座公演を終えた後、関連の地へ足を運んだ。「お城や教会、美しい海に浮かぶ島々の光景を目に焼き付けてきたので、イメージは湧きやすいかな」
 生誕などに謎の多い人物でもあり、フィクション色の強いオリジナル設定で描かれる。「海乱鬼(かいらぎ)=海賊だった荒々しい男が、天草に流れ着き、救われる。神を信じ続ける人々を救えたらと、彼らを率いていく。根本にあるのは人に対する熱い愛情、信念の強さですね」。死した時で15~17歳とされるが「十代より、もう少ししっかりした男性像で」役作りする。
 報われない潜伏キリシタンの運命を扱った映画「沈黙―サイレンス」(2016年)も参考に。「かなり怖くて、一人では見られず、稽古場で少しずつ…」と迫害の残酷描写に目を覆ったが「今回は、自分たちの手で『はらいそ』(キリシタン用語で天国)を築こうよ!という物語。拷問の場面はありますが、心の有り様を描いたタカラヅカらしい作品になるのでは」。前向きな世界観を披露しようと、猛稽古に励んでいる。

熱く赤く花組カラーまとい咲き乱れる/明日海りお - 宝塚 ~ 朗らかに - 芸能コラム : 日刊スポーツ
 100周年後、劇団新世紀の“顔”としてトップに就いて5年目に入った。「楽になることは、何年たってもないんだなって…。今回はとくに実感しています」。芝居では、江戸時代に幕府の圧政から隠れキリシタンを救おうと、立ち上がった天草四郎を演じる。
 「(演出の)原田(諒)先生のフィクションで、もとは海賊の男が、天草に流れ着く。荒々しい男が天草の人々、イエスの教えから、温かさを知り…」  前作の博多座公演後、仲間と島原へ行った。資料館や、柚香光(ゆずか・れい)が演じる山田右衛門作が描いたとされる旗も見た。
 「キリシタン文化が根付いている場所をめぐり、お芝居の中にも出てくるんですけど、ほんとに美しい海に、島々が点々とあって…。その景色は、目に焼き付けてきました」

舞空ちゃんの新公初ヒロインの意気込み記事も。

首席入団の歴女「1人でも輝けるように」/舞空瞳 - 宝塚 ~ 朗らかに - 芸能コラム : 日刊スポーツ
新人公演「MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-」は3年目の舞空瞳が初ヒロインに抜てきされた。宝塚は31日、東京は9月20日。
 隠れキリシタンを描いた斬新なミュージカル。新人公演ヒロインを演じる舞空瞳。3年目で初ヒロインに抜てきされ「尊敬する(本役のトップ娘役)仙名(彩世)さんのお役をさせていただく。身を引き締めていかなきゃという思いでいっぱいです」と話す。
(中略)
今回、稽古場で仙名の役作りを追うとともに、島原の乱が起こった時代の人々の暮らし、日本の貿易事情までを調べ、映画も見た。
 「もともと日本史が大好き。江戸時代を調べることは、趣味でもあって、楽しいです。一番好きなのは幕末で、坂本龍馬さんです」
 父が歴史好きで、坂本龍馬の本が多くあった。 
 「今回、再び『歴女』のドアを開けられた気がして(笑い)。天草四郎の時代も、年貢の取り立てが厳しくて限界で生きている。どん底でもきっとマリア様が助けてくださるからって、人を強くするエネルギーがあった。小さな幸せが生きる希望だった」

写真はこちらにも。
花組「MESSAIAH-異聞・天草四郎-/BEAUTIFUL GARDEN」/宝塚フォト/芸能/デイリースポーツ online 

さて、私も感想書き始めようかな…。
▼ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団ランキング

▼右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
格安国内旅行なら阪急交通社で!



▼その他の宝塚系ブログさんはこちらから。



 
今年11月、12月に上演される専科・花組公演『蘭陵王』。なかなかおもしろそうなお話であります。

花組公演 『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
『蘭陵王(らんりょうおう)—美しすぎる武将—』
作・演出/木村 信司

蘭陵王は、6世紀の中国に実在した北斉の皇族・高長恭に与えられた王号。武将であり、その類い稀なる美しさゆえ今日まで名を残しています。あまりの美貌ゆえ、兵士たちの士気が下がることを恐れ、戦場では仮面を付けて戦ったという伝説は、雅楽「陵王」や京劇の演目ともなっています。生い立ちが謎に包まれている蘭陵王を主人公に、美しさだけでなく高潔さと勇猛さを併せ持った武将が辿る波瀾の生涯を、彼の命を狙う刺客として送り込まれる女性とのロマンスを交えドラマティックに描き上げる物語。
というわけで、ちょっとずつお勉強しようかなーといろいろ探し始めました。



ドラマ版『蘭陵王』は途中からでも楽しめる

ドラマ版があるのは知ってましたが、レンタルしてまで見るのはなーと思っていたら、GYAO!で話数&期間限定で無料配信されてました。

1話はしばらくずっと見られるのだけど、続きは1話ずつ入れ替わっているので、今(2018/07/09時点)だと25話、26話が配信中。

雨宮さんは21話くらいから見始めたのですが、途中からでも全く(とは言い切れないが)問題なく楽しめます。

大事な話のところはちょいちょい回想シーンが入るので、「へーそんなことがあったのか」ってわかります。

蘭陵王 【吹替版】話数限定 第1話 巫女の予言-動画[無料]|GYAO!|ドラマ
蘭陵王 【吹替版】話数限定 第1話 巫女の予言
私はじっくり腰すえて見ている余裕がないので、お風呂に入りながらスマホで見て、残りは寝る支度しながらなんとか見る、って感じです(笑)。でもおもしろい。

ちょうど現在やっているところは、蘭陵王の妻と、蘭陵王の妻の座を狙う女の戦いの部分なので、昼ドラみたいな要素もあります。

オススメでーす。

で、あともうひとつ、本も買いました。が、まだ届いていないので感想がない。今日あたり届くはずなのだが。



はやく読みたいー。

 ▼ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団ランキング

▼右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
格安国内旅行なら阪急交通社で!



▼その他の宝塚系ブログさんはこちらから。

↑このページのトップヘ