初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 全組


スポンサードリンク

 


昨日、2018年版「宝塚おとめ」が発売になりました。お買いになりましたかー。私もとりあえず買いましたが、まだざーっとしか見れていません。

昨日付けで退団となった、元雪組の大河そあちゃんも掲載されてるね…。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝塚おとめ(2018年度版) (タカラヅカMOOK)
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/4/21時点)





ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング

格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


あと何時間かで2017年が終わろうとしております。というか、あと何時間かで花組が初日の幕を開けようとしています(←こっちのほうが大事)。

というわけで、雨宮的に今年の宝塚で「こりゃぁていへんだ」ってニュースを10個ピックアップしてご紹介します。

新生月組スタート、月城かなとさんが月組へ。

たま様(珠城りょうさん)がトップとして本格的にスタートした月組。美弥ちゃん(美弥るりかさん)主演の別箱公演『瑠璃色の刻』かられいこちゃん(月城かなとさん)が雪組から月組へ組み替えし、月組の体制が大きく変わりました。

れいこちゃんの月組での活躍はみなさんご存知の通り。今後も楽しみです。

雪組・中日劇場公演『星逢一夜』が大幅改変。

雪組の中日劇場公演は『星逢一夜』の再演となりました。ちょっとしたセリフが変わることで主人公の立ち位置が変わり、物語全体の印象が全然違うものとなりました。私は中日バージョンのほうが好きなので、スカステでオンエアしてほしいなぁ。

花組全国ツアーで『EXCITER!!』再演。

まさか、また花組でこのショーが見られるなんて! 再演が決定したと知った時は嬉しかったなぁ。とにかく嬉しかったです。

そして、初演の時に後ろで踊っていたゆきちゃん(仙名彩世さん)とあきら(瀬戸かずやさん)が、今では花組を引っ張るメンバーとして活躍しているのを見て涙涙でした。

嬉しすぎて無茶な遠征もしました(笑)。

新しい劇場・日本青年館オープン。

宝塚メインの話ではありませんが、宝塚でもたびたび使われる日本青年館。今年、星組『阿弖流為』でこけら落としとなりました。オープン当初は「座席番号がわかりづらい」「二階席の手すりが最悪」「お手洗いの行列やばい」など問題山積みでしたが、その後番号表示も増え、二階席も底上げされたのかな、手すりが邪魔にならなくなりました。お手洗いの行列も休憩時間でなんとかおさまるようになりました。

愛月ひかるさん、新境地・ラスプーチンに。そして芹香斗亜さん宙組へ。

93期の二人、宙組の愛ちゃん(愛月ひかるさん)と、花組から宙組に組み替えになったききちゃん(芹香斗亜さん)。仲良しの二人が明暗を分ける形となってしまった2017年でした。

私は愛ちゃんのことが好きで、少しずつ殻を破って成長しているところを見るのが楽しみなのですが。2015年の『TOP HAT』から新境地を見せてくれ、2016年の『エリザベート』では”愛ちゃんにできるの?”と心配されながらもルキーニを演じきり、そして2017年『神々の土地』ではさらなる新境地、ラスプーチンを見せてくれました。

このまま路線に乗るのかな、どんどんおもしろい役者になっていくといいなと思っていたら、同期のききちゃんが宙組に組み替え、二番手に入りました。

愛ちゃんは来年『不滅の棘』で初東上します。宙組の布陣はどうなっていくんでしょうか。95期のずんちゃん(桜木みなとさん)も控えてるしね…。

ちぎみゆ退団、そして望海風斗さんが雪組トップスターに就任。

雨宮的には、今年最も大事な出来事でした。 ちぎちゃん(早霧せいなさん)、みゆちゃん(咲妃みゆさん)の退団も、望海さんと真彩ちゃんのトップコンビ誕生も。

望海さんのトップ就任は、本公演で号泣するかと思っていたのだけど、意外と二番手で大羽根初めて背負った姿を見た時のほうが「うああああああああああああ」ってなった気がします。それとか、別箱で主演して真ん中から出てきた時とかね。ショーとしては、全国ツアーバージョンの『“D” ramatic S!』を見た時のほうが「トップさんになったんだなぁ」ってウルウルした気がします。

本公演でのトップお披露目はこっちも心構えができていたというか、『SUPER VOYAGER』のジワる感じとかに押されて、なんかヘンなテンションで「おめでとう」しました(笑)。

テオドロス様、『EXCITER!!2017』『はいからさんが通る』で柚香光フィーバー。

今年の年間MVPは、花組の柚香光ちゃんだと思ってます(笑)。『金色の砂漠』『雪華抄』では初日からハプニング、東京公演でもハプニング、舞台の神様に猛烈に愛されているとしか思えないことが続きました。で、テオドロス様のイケメン度も異常(笑)。

さらに全国ツアー『EXCITER!!2017』での客席降りのエロさ、さらに『はいからさんが通る』でものすごい少尉になってしまったり。そして『タカラヅカスペシャル』では晴れて花組二番手に。

雨宮さん個人的にも、柚香光フィーバー、きてました。

伶美うららさん、退団。

まあ様(朝夏まなとさん)が退団することは、心の準備をする時間があったのでいいんです。問題は伶美うららさんが退団してしまったこと。大人の女性を演じられる、美しい娘役さんでした。お歌がもっと歌えれば…ね……。

花組新人公演主演に、飛龍つかさくん、そして聖乃あすかちゃん。

花組の下級生はせのほの(帆純まひろくん&聖乃あすかちゃん)でおしていくのかと勝手に思っていたので、『邪馬台国の風』と『ポーの一族』(まあこれは2018年だけど)の新人公演の主な配役につかさくんとほのかちゃんのコンビがおさまったのが意外でした。

まひろくん、来年はチャンスが巡ってくるといいねぇ。

専科の箙かおるさん、退団。

なにげに、ガチ宝塚ファンになって最初に好きになった専科さんでした。 なんといってもお歌がすごい。そして渋い声とお芝居の存在感。見た目ビシッとしていて怖そうですが(笑)、パレードなんかでは舞台から優しく客席を見てくださる、とても素敵な専科さんでした。
 

ひとまず10個あげてみましたが、まだまだ気になること、注目したこと、今後が楽しみなこともたくさんありました。 

あなたは2017年の宝塚ニュース、何が印象に残っていますか。

来年はどんな年になるのかなぁ。

ちなみに、昨年「2017年の目標」と掲げていた「フェリエ」「くすのき」デビューは、果たせませんでした(笑)。

今年中に「2017年公演ベスト3、ベストじゃない3」を発表したいです。が。間に合うかしら。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
 

↑このページのトップヘ