初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。

カテゴリ: 全組


スポンサードリンク

 


あと何時間かで2017年が終わろうとしております。というか、あと何時間かで花組が初日の幕を開けようとしています(←こっちのほうが大事)。

というわけで、雨宮的に今年の宝塚で「こりゃぁていへんだ」ってニュースを10個ピックアップしてご紹介します。

新生月組スタート、月城かなとさんが月組へ。

たま様(珠城りょうさん)がトップとして本格的にスタートした月組。美弥ちゃん(美弥るりかさん)主演の別箱公演『瑠璃色の刻』かられいこちゃん(月城かなとさん)が雪組から月組へ組み替えし、月組の体制が大きく変わりました。

れいこちゃんの月組での活躍はみなさんご存知の通り。今後も楽しみです。

雪組・中日劇場公演『星逢一夜』が大幅改変。

雪組の中日劇場公演は『星逢一夜』の再演となりました。ちょっとしたセリフが変わることで主人公の立ち位置が変わり、物語全体の印象が全然違うものとなりました。私は中日バージョンのほうが好きなので、スカステでオンエアしてほしいなぁ。

花組全国ツアーで『EXCITER!!』再演。

まさか、また花組でこのショーが見られるなんて! 再演が決定したと知った時は嬉しかったなぁ。とにかく嬉しかったです。

そして、初演の時に後ろで踊っていたゆきちゃん(仙名彩世さん)とあきら(瀬戸かずやさん)が、今では花組を引っ張るメンバーとして活躍しているのを見て涙涙でした。

嬉しすぎて無茶な遠征もしました(笑)。

新しい劇場・日本青年館オープン。

宝塚メインの話ではありませんが、宝塚でもたびたび使われる日本青年館。今年、星組『阿弖流為』でこけら落としとなりました。オープン当初は「座席番号がわかりづらい」「二階席の手すりが最悪」「お手洗いの行列やばい」など問題山積みでしたが、その後番号表示も増え、二階席も底上げされたのかな、手すりが邪魔にならなくなりました。お手洗いの行列も休憩時間でなんとかおさまるようになりました。

愛月ひかるさん、新境地・ラスプーチンに。そして芹香斗亜さん宙組へ。

93期の二人、宙組の愛ちゃん(愛月ひかるさん)と、花組から宙組に組み替えになったききちゃん(芹香斗亜さん)。仲良しの二人が明暗を分ける形となってしまった2017年でした。

私は愛ちゃんのことが好きで、少しずつ殻を破って成長しているところを見るのが楽しみなのですが。2015年の『TOP HAT』から新境地を見せてくれ、2016年の『エリザベート』では”愛ちゃんにできるの?”と心配されながらもルキーニを演じきり、そして2017年『神々の土地』ではさらなる新境地、ラスプーチンを見せてくれました。

このまま路線に乗るのかな、どんどんおもしろい役者になっていくといいなと思っていたら、同期のききちゃんが宙組に組み替え、二番手に入りました。

愛ちゃんは来年『不滅の棘』で初東上します。宙組の布陣はどうなっていくんでしょうか。95期のずんちゃん(桜木みなとさん)も控えてるしね…。

ちぎみゆ退団、そして望海風斗さんが雪組トップスターに就任。

雨宮的には、今年最も大事な出来事でした。 ちぎちゃん(早霧せいなさん)、みゆちゃん(咲妃みゆさん)の退団も、望海さんと真彩ちゃんのトップコンビ誕生も。

望海さんのトップ就任は、本公演で号泣するかと思っていたのだけど、意外と二番手で大羽根初めて背負った姿を見た時のほうが「うああああああああああああ」ってなった気がします。それとか、別箱で主演して真ん中から出てきた時とかね。ショーとしては、全国ツアーバージョンの『“D” ramatic S!』を見た時のほうが「トップさんになったんだなぁ」ってウルウルした気がします。

本公演でのトップお披露目はこっちも心構えができていたというか、『SUPER VOYAGER』のジワる感じとかに押されて、なんかヘンなテンションで「おめでとう」しました(笑)。

テオドロス様、『EXCITER!!2017』『はいからさんが通る』で柚香光フィーバー。

今年の年間MVPは、花組の柚香光ちゃんだと思ってます(笑)。『金色の砂漠』『雪華抄』では初日からハプニング、東京公演でもハプニング、舞台の神様に猛烈に愛されているとしか思えないことが続きました。で、テオドロス様のイケメン度も異常(笑)。

さらに全国ツアー『EXCITER!!2017』での客席降りのエロさ、さらに『はいからさんが通る』でものすごい少尉になってしまったり。そして『タカラヅカスペシャル』では晴れて花組二番手に。

雨宮さん個人的にも、柚香光フィーバー、きてました。

伶美うららさん、退団。

まあ様(朝夏まなとさん)が退団することは、心の準備をする時間があったのでいいんです。問題は伶美うららさんが退団してしまったこと。大人の女性を演じられる、美しい娘役さんでした。お歌がもっと歌えれば…ね……。

花組新人公演主演に、飛龍つかさくん、そして聖乃あすかちゃん。

花組の下級生はせのほの(帆純まひろくん&聖乃あすかちゃん)でおしていくのかと勝手に思っていたので、『邪馬台国の風』と『ポーの一族』(まあこれは2018年だけど)の新人公演の主な配役につかさくんとほのかちゃんのコンビがおさまったのが意外でした。

まひろくん、来年はチャンスが巡ってくるといいねぇ。

専科の箙かおるさん、退団。

なにげに、ガチ宝塚ファンになって最初に好きになった専科さんでした。 なんといってもお歌がすごい。そして渋い声とお芝居の存在感。見た目ビシッとしていて怖そうですが(笑)、パレードなんかでは舞台から優しく客席を見てくださる、とても素敵な専科さんでした。
 

ひとまず10個あげてみましたが、まだまだ気になること、注目したこと、今後が楽しみなこともたくさんありました。 

あなたは2017年の宝塚ニュース、何が印象に残っていますか。

来年はどんな年になるのかなぁ。

ちなみに、昨年「2017年の目標」と掲げていた「フェリエ」「くすのき」デビューは、果たせませんでした(笑)。

今年中に「2017年公演ベスト3、ベストじゃない3」を発表したいです。が。間に合うかしら。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ宝塚歌劇団ランキング

宝塚歌劇団ランキング
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
 


今年の『タカスペ』は、ライブ中継を観劇してきました。(去年は雪組公演中だったので、タカスペは欠席でした)

今回はちゃんとした感想というより、覚書です。ついでに今年の観劇を振り返ったりしています。
  • 花組コーナーで、忘れかけていた『邪馬台国の風』を思い出した(笑)。
  • 今年の花組はいろいろ大変でしたよねぇ。
  • 光ちゃんが二番手ポジにいることに感動。
  • 花娘かわいい。
  • 華優希ちゃんかわいい。
  • 雪組コーナーのお衣装がピンクで、望海さんと真彩ちゃんがピンクで並んでるだけで泣けてきた。リアルに。雪組のトップさんになって嬉しいし幸せにやってるみたいなので喜ばしいけど、ことあるごとに「花だったら」と思ってしまう。まあ、仕方ないね。
  • ネモ船長再来。
  • 真彩ちゃんかわいい。
  • そうだ、どうでもいいけど生田先生、東西で公演する時は、毎回途中で改訂が入っちゃうけど(権力に負けたのかなーって感じの)、頑張って! 自分を信じて戦って!
  • 今年は『長崎しぐれ坂』だけ見に行けなかった、そういえば。
  • 結愛かれんちゃんかわいい(定期post)。
  • かれんちゃん見たさに不自然な方向を見つめるライブビューイング。
  • でも生の舞台ではないのでどんなに横向いても映ってないものは見えない。
  • 宙組はあれかね、パリ祭からの選曲が多かったのかな?
  • 『VIVA! FESTA!』楽しかったね。
  • そうそう、コーラスの中に私の好きな花宮沙羅ちゃんが。
  • 轟さんは調子が悪いのかと思った…。
  • けれど後半すごかった…。
  • トップ4人のトークがグダグダしてておもしろかった。
  • みりおさんの「あやちゃん」呼びな。
  • 望海さんが「あやちゃん」て呼ばれてるのを見ると、なんかこっちが照れる。
  • 私が見た回のお客様とのセリフ掛け合いコーナーは、たま様とお客様のオスアン。たま様がアンドレで、お客さんがオスカル。お客さんがノリノリでお芝居される方で、むしろアンドレやってもらいたかったw お上手でした。お客さんのほうが印象に残って、たま様がどんな芝居してたのか忘れました。
  • 娘役シャッフル、いつもは「やっぱりいつものコンビ最高だな」って思うんだけど。
  • だけど。
  • 望海さんとゆきちゃん(仙名彩世さん)のカップルが驚くほどしっくりきて…。
  • 望海さんと真彩ちゃん大好きだけど。大好きなんだけど。
  • ああ、ゆきちゃんいいなぁと思ってしまった。
  • 望海さんが、ゆきちゃんの表情に引っ張られるように包容力のある男な顔になってて。
  • そうだった、こういう顔が見たいんだったと。
  • 望海さんとゆきちゃんコンビで何か見たいなぁと思ってしまったのでした。
  • で、タイトルに書いた何が「残酷」なのかというと。
  • 『タカスペ』ってトップ二番手以外の生徒さんのポジションが、いやってほど明確になる場でもありまして。
  • 愛ちゃん(愛月ひかるさん)が。”ああ、このラインに入ったのか”という。あからさまなチームに組み込まれていて。「新人公演主演やって、そこそこのとこまで行ったけどトップ路線ではないのかな…」というポジションを私は勝手に「2.5番手」と呼んでいるんですが。そんな2.5番手ラインに入った気がした『タカスペ』でした。
  • 真ん中に立てるのは一人だけなので、その路線からはずれる人がいるのはいつもわかっていることなんだけど。その順番が大きく変わる瞬間に出くわすと、なんだかとてもさみしいというか、胸が締め付けられる思いがします。
  • いちおうまだ希望は捨ててないのだけど。どう組み替え妄想をしても、今のままでは行き場がない。
  • でもそうやって宝塚100年の歴史が紡がれ、数々のスターが生まれてきたんだよねぇ…。たくさんの涙や悔しさに支えられてきた舞台でもある。
  • という部分も含めて、私は宝塚が好きだと思いました。
というわけで、今年もよく観劇しました。

バックナンバー 2017年 | 宝塚歌劇公式ホームページ 

↑ここに掲載されている演目で観劇できなかったのは、『宝塚舞踊会』と『長崎しぐれ坂』。あとは全部観られました。出演者に拍手ですが、私も頑張った(笑)。

今年は久々に超えてはならない大台を超えてしまった(たぶん中日『星逢一夜』とACT『ハンナのお花屋さん』を観劇しすぎたせい)ので、来年は少し控えめに観劇しようと思ってみたり。でも、なるべく全部の公演を観劇したいと思っています。いつどこで、どんな輝く人に出会うかわからないからね!

年末年始は、未掲載の書きかけ記事を地味にアップしていると思います(笑)。

そして年明けは、花組『ポーの一族』からスタートです。

というわけで、ブログ自体はまだ年内も記事アップしていきますが、今年のシメっぽいのは今回で。今後ともどうぞよろしくお願いしますー!

なんて書いてる間に組み替え発表とか出たらどうしよう。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


宝塚友の会のチケットですが、新システムの導入により2018年3月の宙組大劇場公演『天(そら)は赤い河のほとり』から、順次変更になるようです。

ポイントとしては、
  • 友会先行販売「抽選方式」における、申し込み期間中の追加・変更・取消ができるようになります。
  • 友会先行販売「先着順方式」における、スマホ・タブレットでの座席選択ができるようになります。
  • 「先着順方式」で購入できるのは友の会の会員のみに変更になります。
  • チケット発券機が新しくなり、会員カードをかざすだけで発券できます。
  • 会員カード(一部) を改札でかざすだけで入場できるシステムが導入(入場認証)されます。
などがあります。一見良さげな変更ばかりです。

が!

いいことばかりとは限りません。ひとつめちゃくちゃ気になる変更があります。

SS席のチケットは入場認証か当日発券のみ

「SS席のチケットは入場認証か、発券機での公演当日発券のみ」

これは………。高値での転売対策なんでしょうが、なかなかドキドキする変更です。それに、これまでチケットは予約番号とパスワードがあれば発券できましたが、新システムは「予約・購入の際に、入場認証・自動発券機を選択されたチケットは、会員証カードが必要です」と書かれている。どうやら予約番号とパスワードで発券することはできなさそうです。チケットは、もちろん自分が観劇するために申し込みするのは当たり前ですが、万が一自分で観劇できなくなったらどうしたらいいいんだろうか…。

と思ったら、一応「よくあるご質問」に「どうしても当日いけなくなったので友人に譲りたい。どうすればよいですか」という項目がありました。「座席はご本人様の観劇のため、もしくはご本人様とお連れ様同伴での観劇のためご用意しております。あしからずご了承ください」と書いてあります。が、これじゃあ何も解決してないよ。SS席1枚の時はどうしたらいいんだ。

劇団四季はチケット出品サービスがありますよね。

キャンセルできますか?
チケット購入後、ご都合により観劇できなくなった場合、ケータイQRチケットであれば、劇団がチケットの売買を仲介させていただく「チケット出品サービス」があります。劇団四季idセンター登録をされている方がチケットの出品システムをご利用いただけます。
こういう万が一の時の解決策のないまま、SS席は当日発券のみに踏み切るってのが、さすが宝塚友の会です。

どうしても行けなくなってしまった人に、救いの手が差し伸べられることを祈ります。 (まあ、そもそもSSなんてほとんど当たったことないけれども)(あ、でも絶対に行ける日しか申し込みしない人ばかりになったら、当たる確率増えたりするんだろうか)
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。
 

↑このページのトップヘ