昨日宝塚大劇場で、星組新人公演『眩耀の谷』が行われました。

というわけでニュースまとめ。

星組・碧海さりおが新人公演初主演!新トップ・礼真琴に「どこまでも付いていきたい」 : スポーツ報知
 宝塚歌劇星組「眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~」の新人公演が25日、兵庫・宝塚大劇場で上演された。
 2015年入団の第101期生・碧海(あおみ)さりおが、6年目突入を前に、うれしい初主演。紀元前・中国の国争いを描く物語で、大国の悩める大夫・礼真(れいしん)役を務めた。情感たっぷりの歌声と、丁寧な演技を披露した碧海は、カーテンコールで「志厚く、理想に燃える礼真のように強くなりたいと思いました。緊張と不安で押しつぶされそうな自分がいましたが、たくさんの方々が手を差し伸べてくださり、温かな拍手をいただき、頑張ることができました」と感謝した。

星組・碧海さりお 新人公演初主演で初々しい演技披露「時々素に…」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
トップスターで本役の礼真琴(れい・まこと)から「うまくやろうとしなくていいから、思い切り楽しんでおいで」と背中を押され、はつらつと舞台に登場した碧海は、澄んだ歌声と初々しい演技で客席の心をとらえ、大きな拍手を浴びた。
 しかし一転、カーテンコールでは「緊張や不安でおしつぶされそうになる自分がいました」と声を震わせ初主演らしい一幕も。
 開演前は「あまり緊張しなかった」そうだが「舞台に出て緊張で“あれ?”っていう瞬間があって、ライトがとてもまぶしかったり、カツラを気にしたり…。役ではなく時々(素の)碧海さりお”になってしまう瞬間があった」と反省も忘れなかった。

星組の新人公演で碧海さりお初主演「すごく緊張」 - 芸能 : 日刊スポーツ
稽古場で「0番」に立った時から「いろんな人の思いを背負っている。責任をもって」と覚悟を決め、開演の直前までは「緊張しなかった」という。 「ところが舞台に出た瞬間、すごく緊張して…」と苦笑。それでも「お客様の拍手が支えになりました」と言い、無事に主役を務め終え、安堵(あんど)の笑みを浮かべた。 
本公演は、新トップ礼真琴と相手娘役・舞空瞳の本拠地お披露目。入団から約1年後の「こうもり」新人公演で、礼の役に抜てきされた縁もある。 この日、礼から「上手にしなくていいから、思い切り楽しんでおいで」と言われ、送り出され「すごい気持ちが楽になりました」と感謝した。



碧海さりおさん、4回受験で入団したんですね。

サッカー本田魂で星組新人公演初主演/碧海さりお(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
「頭が真っ白に。ここまで驚いたことはなくて、そこまでに覚えていた振り付け、セリフが全部飛びました」 初主演を告げられた時を振り返った。本公演は、新トップ礼真琴の本拠地お披露目。入団から約1年後の「こうもり」新人公演で、礼の役に抜てきされた縁もある。「(礼が)肩をトントンとたたいてくれたのが、何よりうれしかった」。あこがれの先輩の節目作での初主演にも感謝する。
「私、受験を4回し、毎年、3次の最終で落ちていて…」。3年連続、発表ボードに番号はなかったが、あきらめなかった。「原動力は? って、よく聞かれるんですが、宝塚受験をやめる選択肢はなかった」。

101期の碧海さりおさんが初主演。星担の友人によると、とても努力家のダンスの上手な男役さんだそう。今回の本公演も見つけやすい場所にいた気がしますー。

ヒロインの桜庭舞ちゃんは、歌うまの可愛い娘役さん。星組に組替えになった時は「なぜこのタイミングで!?」と思ったのだけど、ヒロインできてよかったねぇ!

これからの活躍も期待しています。

▼ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ