2017年7月31日、
新しい日本青年館ホールが
星組公演『阿弖流為』で幕を開けました。

日本青年館ホール、礼真琴主演の宝塚公演でオープン! | チケットぴあ[演劇 ミュージカル・ショー]
宝塚歌劇星組『阿弖流為-ATERUI-』東京公演が7月31日に開幕した。この作品は日本青年館ホールのこけら落とし公演。主演は星組の礼真琴が務める。星組の二番手スターとして高い人気を誇る礼は、これまで本拠地・宝塚での主演経験はあるものの、東京の地で主演を務めるのは初。新劇場での東京初主演と“初ものづくし”となった。
新国立競技場の建設に伴い2015年3月、36年の歴史に幕を下ろした旧・日本青年館。日本青年館ホールはその後継施設で、以前より南に約100メートル場所を移した敷地に立つ。7月にオープンし、記念コンサートなどを行っているものの、一般客を入れた公演は今回が初めてで、この日が本格スタートとなる。

『阿弖流為』はそれはそれはよい公演で、
雨宮さんも号泣したのですが。

日本青年館ホールがいろいろ大変です。
外観は立派な感じになりました。

IMG_0444

ホールは2階部分、上には日本青年館ホテルもあります。
6000円台から泊まれるので、
遠征組にはオススメかも。

改札は階段をのぼった2階にあります。
生徒席のチケット預かりも2階。
ファンクラブのチケット出しは1階。
差し入れやお手紙のお預けは
1階階段下あたりです。

新しい日本青年館ホールは
1階811席
車いす4席
2階434席で
合計1249席。

詳しい座席表は公式さんへどうぞ。
日本青年館ホール[ 座席表 ]

1階席はこんな感じ。
前からA列〜S列なんですが、
1階席はアルファベットの前に「1」がついています。

IMG_0446

なので、「O(オー)列」はこんな表示に…。
たまたまO列のチケットを手にいれていたのですが、
初日が来るまで「10列」だと思ってた…。
IMG_0459

通路側の1席だけ背もたれの裏側
(後方扉から客席に入って見えるほう)に
席番号が書いてありますが、
他の席はすべて自分が座る側の背もたれに
席番号が書いてあります。

この席番号が案外小さい。

この通路側の背もたれの席番号しか手がかりがないので
公演が始まってしまうと
暗い中でお席を探すのはかなり厳しいです。

と思ったら、
2日目にはこんな表示が。
IMG_0456
オープンしたばかりのホールの床に、
ガムテ手書きの席番表示。
こうして一つずつ改善していただければ。

1階席後方からは、舞台がよく見えました。
IMG_0477

しかし、Twitterなどでも話題のように、
2階席はかなりひどい有様のようで。











東京宝塚劇場の2階席も、
かつて同じようなバー問題がありましたが、
何年か前に座席自体の高さをあげることで解決しました。
(でもそのせいか、2階席に座ると腰が痛くなるのよね)

青年館も、そのうち座席が上がるといいね…。

そしてお手洗い問題。
こちらは簡単には解決しそうにありません。

そもそも、入場者の大半が女性だと設定されていないせいか、
個数が圧倒的に少ない。
旧青年館よりも少ないのではないでしょうか。

ちゃんと数えてませんが、
1階に約16個、2階も同様だとかなんとか。
しかも、並んでいる先頭の人から
すべての個室が見えないので回転が悪い。
(これは東宝も梅芸もそうだけど、
そもそもの数が違うからね…)

そして、お手洗いの個数に比べて洗面の数が多い。
5、6個あったかと思うのだけど。
宝塚大劇場なんて、50弱の個数に対して
洗面は6個か8個くらいだったはず。

手を洗うところはなんとか譲り合えても、
個室は譲り合えないのです(笑)。

それに、ホテルじゃないんだし、
基本的にそんなに念入りにお化粧直しもしないです。
(まあ、するっちゃするけど)
(バッチリメイク直すほどじゃない)

あと、お手洗いに並ぶ動線が異様に長い。
なんだかぐるぐる歩いて個室にたどり着いた気が。
あの動線部分も全部個室にしてくれればいいのに。

というわけで、
動線と洗面を半分にして
そのぶん個室を増やしてほしいです。

と言ったところでどうにもならないでしょうが…(笑)。

1階部分にはショップが入りそうな感じ。
(初日はシャッター閉まってた)
1階部分にもお手洗いはあるのだけど、
まだ解放されてませんでした。

8月1日からホテルがオープンしたので、
ホテル館内にも使えるお手洗いがあるといいのだけど…。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。