本日、宝くじが発売。
東京の西銀座チャンスセンターで
発売セレモニーが行われ、
紅ゆずるさんが出席されたそうです!

ドリームジャンボが販売開始! 紅ゆずる、役所広司らが夢を語る「もし7億円が当たったら?」|ニフティニュース
5月10日より全国で「ドリームジャンボ宝くじ」「ドリームジャンボミニ1億円」の販売が開始された。販売期間は6月2日まで。宝くじ売り場のある西銀座チャンスセンターでは発売セレモニーが開催され、イメージキャラクターを務める役所広司さん、島崎遥香さん、宝塚歌劇団星組の紅ゆずるさんらがトークセッションを行った。

島崎遥香:ファンへの塩対応を反省 紅ゆずるのフォローに「泣きそう」 - 毎日新聞
紅さんは、花言葉で「奇跡」を意味するレインボーローズの花束を手に、島崎さんにひざまずいて「遥香、君と僕の出会いの奇跡にこれを受け取ってください」と言いながら花束を渡した。紅さんのファンの歓声とともに、花束を受け取った島崎さんは「(普段)遥香と言われることはないので、すごくときめいた」と“塩対応”とはうって変わって笑顔だった。
ふんがー!
ざわざわする(笑)!

島崎遥香、塩対応を後悔…宝塚トップスターの気遣いに「泣きそう」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
この日は屋外でのイベントもあり、会場には宝塚ファンが集結。紅は、歓声を送ったファンに手を振るなど気遣いを欠かさなかった。島崎は「塩対応と言われてきたので反省した。ファンの方を大切にしてきたつもりだけど、それを伝えればよかった。紅さんみたいにやればよかった」と後悔。グループから卒業したこともあり「改めてファンの大切さを感じた。今日も少ないけれどファンの方が来てくださったんです」としみじみだった。
 イベントでは、紅の左隣に立った島崎。初対面の感想を聞かれると「私はトップになれなかったんで。直視できない…」と恐縮。そんな島崎に、紅は「塩対応も一つの愛情。塩対応を通しての愛。キャラを貫くことは大変だと思う」といたわると、「泣きそう。私が夢をもらっちゃいました」と感激していた。

役所広司、7億円あれば「映画を作りたい」 島崎遥香「私は通行人で…」|ニフティニュース
 今回、宝塚代表として出演した紅は「最初にお話を頂いた時は、夢のようだと思いました。宝塚と宝くじはドキドキと夢があるという点で、とても共通点のあるタイアップ。私も夢の懸け橋になれたら」と目を輝かせた。
(中略)
  一方の紅は、やはり宝塚代表としての思いを吐露。「宝塚のチケットは安いものではありません。学生の方はバイトをされてチケットを買ってくださっている。なので、星組が主催となり、星組貸し切り公演をさせていただきたいと思います」とファン思いの一面を見せていた。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村