星組の礼真琴さんが、
今年夏のDC・青年館公演の主演に決定。
演目は『阿弖流為 –ATERUI–』です。
初の東上となります。おめでとう!

2017年 公演ラインアップ【シアター・ドラマシティ、日本青年館】<7月~8月・星組『阿弖流為 –ATERUI–』> | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
■主演・・・礼 真琴
◆シアター・ドラマシティ:2017年7月15日(土)~7月23日(日)
◆日本青年館:2017年7月31日(月)~8月6日(日)


ミュージカル 『阿弖流為 –ATERUI–』
原作/高橋 克彦「火怨 北の燿星アテルイ」(講談社文庫) ©高橋 克彦/講談社
脚本・演出/大野 拓史

1999年に講談社より刊行され、2000年に吉川英治文学賞を受賞した高橋克彦氏の小説「火怨」を舞台化。8世紀、東北へと支配領域を拡大する大和朝廷が蝦夷征伐に乗り出す中、故郷を守る為に立ち上がった蝦夷の若き指導者・阿弖流為は、仲間と力を合わせて朝廷軍を打ち破っていく。しかし勝利は更なる戦いを招き、やがて朝廷軍の切り札である坂上田村麻呂に征夷の命が下される。蝦夷の誇りを守るため戦う阿弖流為の生き様を、迫力に満ちた立ち回りを織り交ぜ、スペクタクルなミュージカル作品としてお届け致します。   

ちなみに新しい青年館は場所変わります。

2017年初夏、新しい日本青年館がオープン。 : 初心者のための宝塚観劇講座
前の日本青年館から南へ100メートル移動してますので、JR千駄ヶ谷駅からは遠くなっちゃいます。銀座線の外苑前駅を利用している方にとっては、100メートル近くなるってのは大きいですよね。

さっそくニュース記事にもなってた。
 
宝塚 礼真琴主演で「阿弖流為」ミュージカル化、父は元日本代表浅野氏― スポニチ Sponichi Annex 芸能
宝塚歌劇団は13日、星組男役スター・礼真琴主演で劇団☆新感線や歌舞伎としても上演された名作「阿弖流為」をミュージカル化すると発表した。
 同作は00年に吉川英治文学賞を受賞した高橋克彦氏の小説「火怨」をベースに8世紀、東北へと支配を拡大する大和朝廷に立ち向かい、故郷を守ろうとする阿弖流為(あてるい)の活躍を描くもので、02年には劇団☆新感線が市川染五郎(44)主演で舞台化。大きな話題を呼び15年には同じく染五郎主演で「歌舞伎NEXT」と銘打ち中村勘九郎(35)中村七之助(33)も出演して大ヒットした。

とりあえず、さっそく原作を読みましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

火怨(上) [ 高橋克彦 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2017/1/13時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

火怨(下) [ 高橋克彦 ]
価格:884円(税込、送料無料) (2017/1/13時点)



私は最近家にものが増えすぎたので、
電子書籍で買うようにしています。
スマホで読めるので便利。



ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村