「宝塚のチケットって、どうせ取れないんでしょ?」

実によく質問されることです。まず結果から言いますと「取れます」。 まあ、チケットが販売されている以上、誰かの手に渡るのは当たり前なのですが…。さらに詳しく言えば、取りやすい公演と取りにくい公演があります

ここでは「チケットが取りにくい公演」をご説明しましょう。 

トップスターが退団する公演

各組にひとりいるトップスターも、いつかは退団する日がやってきます。この退団公演はチケットがなかなか取れません。それまで応援してきたファンが、1回でも多く観劇しようと本気でチケットの確保に動くからです。また、トップスターの退団公演の前楽(千秋楽の1回前の公演)と千秋楽には、終演後に30分ほどの「サヨナラショー」という特別な演目が上演されるため、さらにチケットは取りにくくなります。チケット代は通常と同じです。

「エリザベート」や「ベルサイユのばら」といったメジャー公演

宝塚で何度も上演されている演目の代表格が、「エリザベート」や「ベルサイユのばら」です。他にも人気作品はありますが、この2つは特に知名度が高いため、「この作品なら見てみたい」というお客さんがたくさん現れます。その結果、チケット難となるのです。

宝塚での評判がよく、東京で盛り上がる公演

本公演は、まず本拠地である宝塚で上演してから東京にやってきます。そのため、初日が開けるまではチケットがたくさん残っていたのにいざ開幕してみたら評判がよく、宝塚でのチケットが徐々に売れ、さらに東京公演のチケットも発売後すぐに売り切れるという現象が起こることがあります。 2015年に雪組が上演した「ルパン三世」もそのパターンでした。

本公演の千秋楽、新人公演

本公演の最終日・千秋楽には、終演後に組長さんやトップスターの挨拶があるだけでなく、退団者が緑の袴姿で大階段を降りて挨拶したり、千秋楽ならではのアドリブが入ったりと、大いに盛り上がります。そのため、千秋楽のチケットはすぐに完売します。また、本公演中に一度だけ行われる研7生までの若手だけで出演する新人公演のチケットも、1回しか上演されませんのですぐに売り切れます。 

こうした公演を避ければ、チケットは案外手に入ります。続いては、チケットの購入方法をご説明しましょう。

チケットはどこで買う? : 初心者のための宝塚観劇講座 

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村